五感で観る

「生き甲斐の心理学」教育普及活動中。五感を通して観えてくるものを書き綴っています。

鎌倉三十三観音巡り5

2019年10月19日 | 第2章 五感と体感

photo:ホトトギス

鎌倉三十三観音巡り 10月16日

秋の観光シーズン。
鎌倉は、八幡宮あたりまでは、混雑していますが、
そのあたりを過ぎると人が分散し、静かになります。

5月に始めた鎌倉三十三観音巡り、今回は第五回目。

今回は八幡宮の奥、鎌倉宮近くの頼朝の墓をお参りする事から始めました。


頼朝の墓の袂には白幡神社があります。

頼朝の墓から更に歩いて10分程北上すると第五番札所来迎寺があります。


静かな住宅地が谷戸の奥まで連なっていますが、この近くには
北条家の祠があります。私は怖いので滅多に近寄りません。

来迎寺を巡礼し、そのまま八幡宮まで南下すると、萩で有名な宝戒寺があります。
宝戒寺は第二番札所。




来迎寺と宝戒寺を巡礼したことで、今回の三十三観音巡りの若宮大路の東側の寺院は全て完了。

若宮大路の和食屋さんで昼食を頂き、八幡宮前のバス停から
建長寺に移動。




建長寺も台風の被害が見受けられましたが、いつも通りの質実剛健さで、ホッとする心地で参拝。

建長寺の札所は3か所です。


第二十七番札所 妙光院

第二十八番が大本山建長寺

第二十九番札所 龍峰院となります。


建長寺の二つの塔頭は、札所巡りの参拝者のみが入ることができます。


そして、
方丈で庭園を眺め、休息し、座禅の座布団に座り、少しばかり瞑目させていただき、
第五回目の札所巡りを無事に終えました。


「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座


10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  台風19号のため中止となりました。


2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年11月15日  小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  中止



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 11月15日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日
2019年11月26日です。以前の予定とは違う日程ですのでご注意ください


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください






























コメント

先ずは自分の身体と生活を整える

2019年10月16日 | 第2章 五感と体感

photo:今年もフォーレ協会のコンサートに(30.sep)私の師匠は連弾も披露。11月9日は汐留でコンサート。これもまた楽しみ。

;;;;

2019年10月16日  先ずは自分の身体と生活を整える

昨日10月15日は小金井勉強会でした。
比較宗教学、比較文化を思索する中、
世界各地で学んだ先輩方、各分野のスペシャリストの方々の言霊を
お聞きしながら、
私自身「学んでいる=考えている」という状態自体が、
自分の生活の全てであることをしみじみと感じるのでした。

考えている事が、私事の日常である人々が
集まる小金井の学びの会は、
言葉を変えれば、哲学サロンとも言えそうです。

比較文化、比較云々を学問的に捉えることで、
私の文化的背景を改めて俯瞰し、図式化することで、
自分の今の生活が見えてくるのです。
簡単に言うと、
私という個人は、
「私」という一人の人間を
命のある間、保ち維持していかなくては
ならない、という大きな任務を任させているのです。
つまり、
自分自身、そして自分の身近な人々とが
心地よく繋がっていれば、更に多方面へと連鎖し
永遠の繋がりとなっていく、ということです。

今回の台風で、被災はせねども、恐怖の時間を
過ごした人も多くいらっしゃいます。
先ずは、身近な人々の体験している感情や経験を
お聞きしながら、自分の高ぶっている感情を
鎮めることが先決のようです。
多方面からの情報を一旦遮断し、
疲れている脳を休ませることも必要でしょう。

私自身、台風が過ぎ去った翌日辺りから、
とても炭水化物を欲する状態が続いています。
いつもの三倍ぐらいはお米を頂いています。
たぶん、脳が疲労しているのと、
生存本能が働いている事が重なり
糖分を欲しているのだと推測しています。
糖分を摂取すれば、睡魔にも襲われます。
三日間ほど、そのような体の状態が続き、
今朝は、段々と変な空腹感が
治まってきたような体感で過ごしています。

先ずは自分と、身近な人々の心と身体の生活を整える事が
先決で、自分の健康感が戻ってきたら、
次の事を考えることが、健全な道筋かもしれません。


「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座


10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  台風19号のため中止となりました。


2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年11月15日  小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  中止



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日
2019年11月26日です。以前の予定とは違う日程ですのでご注意ください


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください














コメント

古墳の適地と縄文人が住んだ場所

2019年10月15日 | 第2章 五感と体感

photo:奈良 山の辺の道 三輪山を望む:

古墳の適地と縄文人が住んだ場所

5.6年前に高槻方面山頂、大阪の街と生駒山方面
を見渡たすことのできる古墳を
案内してもらいました。
そこに眠っているのは、藤原鎌足。

こんな山の上に。。。と、思いきや、
この古墳から下界を眺めると、
藤原鎌足の意図を感ずることができるのです。

きっと土地が良いのでしょう。
気象の施設が古墳の真下にあります。

藤原鎌足は、生駒山からの旭日を拝み、
箕面や有馬方面の山々に沈む夕日を体感しながら
古墳に眠っているというわけです。
しかも、南は大阪湾であり、
北は京都方面。
木津川の流れに沿いながら、社会を未だに
見渡しているようにも思います。

「場」に立ち、そこから湧き上がる感情や
体感を意識化する訓練を
センシビリティトレーニングと云うそうです。
つまり、感受性訓練。

土地の匂いを嗅ぐと、
そこに漂う気を感ずることがあります。
案外、そういった直感は、
まやかしのものではなく、身体が正直に反応した
真実を意味している事もありそうです。

縄文から弥生に移り、
人々が定住化し、農作物を繰り返し
作るようになり、
文字を使うようになると、
記録が生まれます。
それと同時に、
土地にも名前が付けられます。
日本語の「音」には、
それぞれ深い意味があるそうです。
カタカムナの研究も進んでいるようです。
(神秘主義やスピ系とは違います。)

大抵は、土地の性質が悪い方が、
危険を示すために、そのような名前が
真っ先に付けられたのではないでしょうか?

村や町が統合し、
新たな地名を付けることで、
太古の人々が伝達してきた土地の性質の概念が
消え去ってしまう現象が各地で起きています。

縄文の頃から人々が大事にしてきた土地に
奈良時代になり記録が成され、
今に引き継いできたことを
改めて私達は忘れてはならないということも
心に留めておきたいものです。

地球がバランスを取るために起こす気象現象に
これから知恵を絞るには、
私達の祖先の知恵を改めて知る事から
始めなくてはならないとも思います。

単純に「堰き止める。埋める。防ぐ。」ことでは、
済まない環境に生きている事を
心に留め、
自分の住む地域の縄文の遺跡から
頭(こうべ)を垂れて手向けながら
学び取る姿勢を大切にしたいものです。


「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座


10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  台風19号のため中止となりました。


2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  中止



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日
2019年11月26日です。以前の予定とは違う日程ですのでご注意ください


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください











コメント

地球の生命体

2019年10月13日 | 第2章 五感と体感

photo:縄文からの伝達が息づいているアイヌ民族の刺繍が素晴らしい 京橋のギャラリーモーツアルトにて


地球の生命体   2019年10月13日

私は地球の生命体の一部として生きている「ヒト」です。
ヒトは何のために考える力を持ち備えたかを、
ここ数年考えています。
考えてはいますが、哲学的な事は考えられても
それを立証することなど出来るはずがありません。
実存主義的な思索しかできない事をもどかしく思います。

私自身年間を通して、太平洋の海水の温度を
気にはしてはいるものの、
海水の温度が台風の勢力に影響を及ぼすことが
私が生きている間に、こんなに深刻になるとは、
正直思っていませんでした。
横浜や東京の縄文地図と比べると、
縄文時代に海だったところが多く冠水している事も
今回の水害で感じるところです。

ヒトの知恵が、人工的な工夫を凝らしても、
自然に治まる地形には
抗うことが出来ないのかもしれません。
地球の生命体の一部のヒトである私が、
大きな事を求めても、目の前にある危機を回避することで
精いっぱいであることも昨年の秋から立て続けに起こっている
我が家を巻き込む台風被害を経験して思うところです。

氷河や永久凍土が消え、南極北極の氷が解けている事実は
地球の生命体の限界を意味しているとも言うことができそうです。

ヒトありきの地球制覇的概念をそろそろ考えるのを止めて、
クジラやマグロ、オットセイやイルカ、ゴリラやオラウータン、
そして、渡り鳥の皆さんと真面目に会議をしたいものです。
これだけの文明の発達を遂げたヒトの役割は、ヒト以外の生物との
生命の共存目標であるかもしれません。
今や、ヒト中心のダイバーシティなんて、
もう古い言葉かもしれません。
生きとし生けるものの多様性に焦点を向けて、
それらを真面目に取り組むことを受容できるヒトを
育てることが私達の役割であるのかもしれません。

この時期に太平洋の海水温度が30度というのは、
現在の地球上の生命体を維持するには
異常な事態でありましょう。

正面から素直に生命科学者のデーターを聞き
吟味するヒトが少しでも多くなりますよう
祈るばかりです。

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座


10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  台風19号のため中止となりました。


2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  中止



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日
2019年11月26日です。以前の予定とは違う日程ですのでご注意ください


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください








コメント

台風への備え

2019年10月11日 | 第2章 五感と体感

photo:江ノ電腰越駅のカフェにて

台風への備え   2019年10月11日

10月11日金曜日から13日日曜日までの町田勉強会は中止となりました。
これだけ大きな台風がやってくると一か月前に味わった恐怖と同等かそれ以上ではないかと、心配しています。
一昨日から昨日にかけて、車で買い出しに出かけ、我が家の一週間分の食料や燃料、水を準備しました。車のガソリンも満タンです。
我が家にしては高くなり過ぎた夏椿の幹を半分に切り落とし、電線にかからないようにし、自転車もロープで括り、外に置いてある物を安全な場所に置き換えたりして、とりあえずは大丈夫、というところまで片付け終わりました。
そうはいっても、今回の台風はやはり北方面から吹いてくるので、我が家の玄関側は前回を思い起こすと直撃間違い無し。雨戸の無い寝室やリビングの出窓も心配ですが、あとは通り過ぎるのを静かに待つだけです。

私は父の仕事の関係で高知県に住んでいました。住んでいたのは、生まれてから5歳までです。高知と云えば台風であり、昔ながらの木造二軒長屋の社宅は、台風が近づくと会社の人たちがやってきて、外から板を打ち付け、停電断水に備えて、諸々の準備をして静かに過ぎ越したことを鮮明に覚えています。
父はロックフェルダムの設計者で山の現場に泊まり込みであったため、赤ちゃんの妹と母と三人で、不測の事態も父をあてにせず自分たちで行う事を前提に成長してきたように思います。
そのような経験が、未だに自分の思考や行動の傾向として定着しているようです。
大きな台風がやってくるたびに、高知に住んでいた頃の台風経験を思い出します。
インフラの仕事に携わる父は、家族よりももっと多くの人々の身の安全の方が生優先であったことは今になってよく理解できる事です。

昔は、何かがあるとよく停電しましたし、断水にもなりました。断水後の水の出始めは管の錆が混じり、茶色く濁った水が出続けるのも何度も経験しています。
インフラが整備され、電気で動く物ばかりに囲まれている現在の私達の生活ではありますが、50年ぐらい前までは、電気を使う器具と云えば、電燈と冷蔵庫、炊飯器や脱水機付きの洗濯機があるかないかぐらいであったと思います。

そんなことを思い起こしながら、停電になったら、精密機器のコンセントを抜いておくことだけは忘れないよう過ぎ越しの時間を持ちたいと思います。
皆様もご安全にお過ごしくださますよう。。。

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座


10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  台風19号のため中止となりました。


2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院  中止



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日
2019年11月26日です。以前の予定とは違う日程ですのでご注意ください


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください





コメント

私が期待しているもの

2019年10月03日 | 悔いのない人生とは?

photo:the okura

私が期待しているもの   2019年10月3日

地球上の人間が、地球という
今や狭まれた環境の中で
どうやって互いに生き延びていくか。

火星に期待し、移住する時代は、
もしかしたらそれほど先の事では
無くなるかもしれませんが、
期待することを他所に求める前に
私達が住んでいる地球のことを
人間の知恵でどうにかしない限り、
人が住むことの出来る環境を
保つことはできないことが
本当に現実の問題となっています。

同じ地球に住む人々が
それぞれのボーダーラインを引く事で、
自分たちの身を守ってきたことが、
段々と限界に近付いてきたようにも思うのです。

地球環境に警鐘を鳴らす学者と政治家と資本主義者が
どうしたら共鳴し合えるかを考えて
まとめようとする人が出てこないのが
それこそ自然の摂理であるようにも
思ってはいましたが、ジャンヌダルクのような
一人の少女に期待するも、彼女を叩きのめす人々の
存在も浮き立ち、共生を唱えようとする人々の
声が地面にしみ込んでいっているようにも思えてなりません。

ロジャーズが云う「人はよき方向に向かっていく」という
性善説を元にした「自己成長理論」も、
考えてみれば自分のみをよき方向に持っていく事に
焦点を当ててみると、間違ってはいないようにも
思うのです。言葉を変えれば「他人を蹴落として
自分勝手な自己成長」も人間の性質というわけです。

リーマンショック以来に現れた
新しい経済の形を唱えたピケティの
話題は誰も語らなくなりました。
経済のみを中心に動く政治に
もはや品格を見出すことはできません。

人間のみならず「生きとし生けるもの」が
共生する美しい地球を期待するのは、
現実味の無い私の幻想にすぎないのでしょうか。

日本でも、某インフラに関わる
悪代官の存在が浮上しています。
ドラマにするにも品が無さすぎる悪代官ぶりに
ぼかんと口を開けてニュースを見ています。
明治以降、そして戦後からの高度成長期には
このようなことは各地で横行していたことは
想定内のことではありますが、
今回の出来事も、これ以上膿が出ないための
口封じ出ない事を祈ります。
各地の悪代官が露呈することを
密かに心の中で期待しています。

(先日の腰越勉強会でのテーマは、
ギリシャ神話のピュグマリオンでした。
自分の思い通りの女性の彫刻を作り、
その彫刻が本物の人間になることを
期待し、祈っていたピュグマリオンは、
ついに願いが叶います。
源氏物語の紫上にも通ずる神話です。
光源氏は、幼い紫上を育て上げ、
自分の思い通りの女性へと成長させます。
最後は、葵上の自立で幕を閉じるのですが。

腰越勉強会では「あなたは何に期待するか」という
お題を語り合いました。そのようなわけで
改めてブログにて言語化してみました。)
・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください





コメント

満足という理(ことわり)

2019年10月02日 | 第3章 無意識の世界

photo:日本橋三越での英国展にてアフタヌーンティー

満足という理(ことわり)   2019年10月2日

人生50年と謳われた戦国時代以降、
段々と人の平均年齢が高くなり、
令和の時代は、人の人生100年が、
当たり前のように言われるようになりました。
それでも、周囲を見ていると、
90歳を超えて、自立して活動している人は、
そうそういらっしゃらないように
見受けられます。
私の親族を見ていても
80代あたりから何らかの他者の助けが
必要になっています。
私自身の人生も、怪我や病気にならなければ、
死に至るまで、このような行程を歩んで
ゆくのだと思っています。

自分の出来る事が限られてくるのは
頭では分かっていても、
自分の能力が低くなってくると、
「出来る事は限られている」事への
認知が低くなり、結局は諸々を片付けられないまま
他者のお世話が必要な段階へと
突入してしまいます。

私は現在58歳。
還暦まであと二年を切りました。
たぶん、これから10年ぐらいの月日を歩みながら
徐々に自分の衰えを切実に感じるようになるのだと思います

かといって、よほど大きな転機が無い限り
自分の役割を狭めていく事は
かなりの勇気がいるはずです。

満足な自分
不満足な自分
これらを考えてみると、
現在の私は、不満足な自分の割合の方が多いように思います。

まだまだ足りていない自分を感ずるわけです。

つまり、不満足な自分を感ずるということは、
まだ自分の伸びしろに期待しているということでも
ありましょう。

夏目漱石の「吾輩は猫である」の猫は、
水の張った瓶の縁にあと一寸手がかからずも
満足感を得ながらの最期となります。

私が「もういい」「もう充分」と、
ほんとうに思えた時に、
「おばあちゃん、もっと頑張ろうよ」
言われたら、手を振り払うような頑固者であるかもしれません。
でも、それが人間の理(ことわり)の姿であろうかとも思うのです。

「もう充分」という思いの湧く時は、
天国への階段をかろやかに昇る時であることを
確信はありませぬが、私自身何となく
そのことを信じているように思います。


・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 11月5日 鎌倉腰越勉強会
     12月3日 鎌倉腰越勉強会最終回

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日


2019年11月14日
清澄白河庭園での勉強会 詳細は各勉強会にて告知します。
            会報をお読みください


コメント

自分に正直だと、

2019年10月01日 | 第1章 意識と知覚

photo the okura41floor star light

自分に正直だと、   2019年10月1日

昨日の講座は実に面白かったです。
「自分に正直に生きている人は、
自分の死に時がわかる」という話題から
カール ロジャーズの19の命題と
同じくロジャーズのプロセススケールの
関係へと学びが進みました。

西行は
願はくは 花のもとにて 春死なむ
その如月の 望月のころ
と、詠います。

そして、如月の望月(満月)の頃に亡くなりました。

釈迦の命日2月15日の翌日
2月16日が西行法師の命日です。

人生の閉じ方を連想するのと、
自分の生き方を考える事は
同じことだと、常々思います。

人の死や自分の死について考える事を
忌み嫌い考えないことほど、
つまらない人生はないと私は思っています。

でも、不慮の事故や思わぬ病気が
自分に襲い掛かり、突然命を失うこともあるかもしれません。
その時は、その時だと腹が括れるようになりたいものですが、
実際に体験しない限り、
理想的な事は語ることはできません。

死を想う
死を考えろ
という概念はメメントモリという言葉で
最近は馴染みのある言葉となってきたようです。

フランスの画家ラトゥールのシャレコウベに手を当てた
女性の姿は、メメントモリを描いた絵画としては
代表的な絵かもしれません。
蝋燭の灯と共に美しく描かれています。

法華経を唱えて、天井から垂れた五色の紐を
引っ張りながら浄土へ旅立つ平安人(びと)の
心持もよくよく理解できます。

秋の夜長、
「自分に正直な人は
自分の死に時が解る」
という仮説を、ぼんやりと意識しながら
古今東西の人々が考えてきたことを
思索しつつ、
本格的な秋に、溜まっている本を読み進めたいものです。



・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 10月25日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日









コメント

鎌倉三十三観音巡り4

2019年09月23日 | 第2章 五感と体感
鎌倉三十三観音巡り4  2019年9月18日

9月8日から9日にかけての台風による
暴風雨のため、鎌倉の寺社の多くが
被害を受けました。
横浜、三浦半島、湘南地区も
倒木、がけ崩れ、家屋の損壊だけでなく
畑の被害を受けたところもあります。

大きな野分の後の巡礼でしたので、
お寺には損壊箇所にロープが張られていたり、
植木屋さんが入っていたり、
台風の後始末に追われている様子でした。

我が家も昨年はカーポートの屋根が吹き飛び、
結局、これからの気候を考えて、
カーポートを全て撤去しました。
今年は、これから見ごろの萩に近所の物置の柱が直撃し
南側の枝が全て折れてしまいましたが、
萩の枝が絡まったおかげで、我が家の損壊は免れました。

台風の進路を見ながら慎重に生活することは
台風の季節の習わしのようなものですが、
勢力がますます強くなる地球環境を
まずは私は何をすべきかを考える今日この頃です。

やはり、地球の自然環境に抗いながら
マイファーストで生きてきた人間への
最後の警笛のように思えてなりません。

さて、話は戻り、
鎌倉三十三観音巡りの第四回は


第十六番札所光明寺
第十九番札所蓮乗院
第二十番札所千手院
と巡り、

第十七番札所補陀洛寺
第十六番札所九品寺
第十五番札所向福寺
第十四番札所来迎寺

以上七寺を巡りました。


このあたりは、前回7月25日に巡礼した寺院よりも
海側、材木座海岸寄りになります。

第十六番札所光明寺は、蓮の庭で有名です。
懐石料理も頂くことが出来ます。
大きな山門が特徴でもあります。











光明寺の左脇の位置;第二十番札所千手院


光明寺の右脇の位置;第十九番札所蓮乗院


第十七番札所補陀洛寺
写真撮り忘れ。。。後日アップします。

第十六番札所九品寺





第十五番札所向福寺


第十四番札所来迎寺



巡るルートとしては、鎌倉から七番の逗子行きのバスに乗り、
光明寺バス停で降りて、巡ると歩きやすいと思います。

光明寺以外は、小さなお寺なので、
見逃さないように注意を払いながら歩くのをお薦めします。


・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年10月15日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日





















コメント

鎌倉三十三観音巡り3 7月25日

2019年09月22日 | 第2章 五感と体感
鎌倉三十三観音巡り3 7月25日

2019年7月25日

鎌倉三十三観音巡り三回目は、
材木座方面、材木座海岸に面した南側を
巡りました。
このあたりには、十一の札所があるので、
二回に分けて巡礼。


鎌倉駅から10分程海に向かって歩き
横須賀線の線路くぐるとすぐに、延命寺があります。






延命寺 第十一札所


逗子、横須賀方面に歩いていくと、教恩寺、別願寺、庵養院があります。
他にも寺院が多くあります。

江戸時代の地震、関東大震災で多くの寺院が倒壊焼失し、
それ以来、復興が難しい寺院が多くあり、鎌倉は第二次世界大戦で
空襲を受けなかったことで、寺院の維持を保っている事も理解することができました。






教恩寺 第十二札所  草木花が手入れされ、心地よい境内。


別願寺は、本堂に見えず、一見普通のお宅です。玄関を開けて
中に入ると、本堂であることがわかります。


別願寺 第十三札所



庵養院 第三札所は、北条政子が、源頼朝を弔うために建てた寺院。
歴史の深さを物語る大木にも手を合わせてきました。

庵養院は、境内撮影禁止です。なので外観のみの撮影。

以上、猛暑の中、四寺を巡り、ギブアップ。
鎌倉駅まで再び歩いて戻り、ゆっくりとランチして終了しました。


・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院



//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 10月18日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年10月8日










コメント

野分の所感

2019年09月10日 | 第2章 五感と体感

photo:京都 小倉山を望む  kyoto


photo:萩 hagi

野分の所感   2019年9月10日

伊豆諸島から東京湾のど真ん中を進んだ台風15号は、
真夜中の三浦半島、横浜、千葉と通り抜け、
各地で大きな被害をもたらす結果となりました。
被害に遭われた方も多かったのではないでしょうか?
電車も止まり、翌日も復旧が遅れる中、
電車に乗るための静かに並ぶ規則正しい長蛇の列に、
今の日本の象徴的なものも感じ、台風のみならず、
社会の閉塞感も垣間見え、悲しい気分にもなりました。

我が家は、南側の庭に落ちてきた隣の施設の物置の柱が、
咲き始めた萩に直撃。萩の茂みのお陰で、
強風にこれ以上あおられず、家の損壊は免れました。
昨年九月の台風では、カーポートの屋根が吹き飛び
散々な目に合いましたが、今回はギリギリで難を逃れました。

それにしても、毎年勢力が大きくなっていく台風は、
通り過ぎるまで待っているしかかりませんが、
あの嵐のすごさは、幼い頃に高知の木造社宅に住んでいた頃を思い起こします。
台風がやってくる前に会社の人たちが詰めかけ、
社宅の雨戸に板を打ち付け、蝋燭と水を準備して、
静かに嵐が治まるのを待ったものです。
太平洋の大海原から真っ直ぐやってくる台風のすごさは、
3,4歳の私が記憶に残っているくらいですので、
幼い子供にとっての大きな出来事だったのだと思います。
源氏物語でも、野分が治まった朝に、庭の荒れようを見て、
光源氏が悲しむシーンが登場します。
でも、これだけ大きな野分が来たら
貴族の家だって吹っ飛んでしまうでしょう。
ましてや民草の家なんて、跡形もなくなります。

地球が自らを維持するために起こっている気象現象の中で、
どうやって現代の私達が生き延びていくかは、
それぞれの人の独りよがりのLove&Peaceを
総体的に考えて行動できる人が増えてくることを
期待するしかないようにも思います。
大きな問題定義を、台風から学ばぶのが、
知恵を授かったヒトの役割のはず、だと、思うのですが、、、
そちらの方向に向いていない事にジレンマを感じます。
ジレンマを感じるからこそ、
古典の読み物に回帰してしまう私は、
かんぜんに逃避状態かもしれません。


今日は、夏休み明けの藤沢での勉強会です。
二か月ぶりの再会を楽しみにしています。


・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校



・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校

藤沢マリアの家勉強会
2019年9月10日


コメント

芭蕉

2019年09月08日 | 第2章 五感と体感




芭蕉   2019年9月8日

現在出光美術館で開催されている芭蕉 奥の細道330年展には、
芭蕉直筆の俳句だけでなく、芭蕉が描いた画のみならず、
芭蕉が憧れた西行や与謝野蕪村も展示しており、
とても分かりやすい内容の展覧会となっています。

平安の世が終わろうとしているさ中、
佐藤義清は、自分の地位も役割を捨てて、
出家してしまいます。
歌の名手と言われ、今の言葉で言うと
宮中でもアイドル的な存在であった彼が、
すがる娘を縁側から蹴落としてまでも
飛び出たかった世界は、
私にもわかるような気がしています。
結果的に、出家をしたことで、
乱世を生き延びたわけで、
西行が隠遁した吉野の庵跡を訪ねてみると
西行の静かな暮らしが目に見えてくるのです。
激しさと鎮まりは、相対しているものであっても、
激しければ激しいほど、鎮まりの理想は、
極端に大きいものであったのでは、とも思います。

一方、芭蕉が、超激しかったかというと、
そういうことは書かれておらず、
芭蕉が生きている時代から500年前の西行に、
憧れを抱き、その憧れを成就しようと奥の細道の旅に出たことが
理由の一つであったことも、知れば知るほど、
「いつの世も始まりはミーハーでいいじゃん!」と、
楽しい気分になるのです。

そして、今年は、芭蕉が奥の細道の旅に出て、330年の年。
芭蕉が憧れた500年前の西行よりも短いのです。
奥の細道の旅で詠んだ膨大な俳句を
厳選を重ねて抽出したはずで、
大好きすぎる西行にいちいち手を合わしながら
詠んだ芭蕉の思いが詰まっている事であろう、
という、私の妄想を膨らましています。

縄文、役行者、空海、西行、そして芭蕉の
繋がりを考えたくなる現代に生きている自分は、
何と幸せ者でありましょう。

・・・

歴史を辿ることの愉しみを教えてくれた
偉大なる人物を、こうやって辿ることの出来る
時代に生まれたことに感謝するとともに、
地球で人や動物が生き続けていられる環境を
知恵を持つ「ヒト」が、どうにかせねばなりません。
地球を見渡し、自分の持ち物を増やすことばかりに
気が向く人が多くなればなるほど
芭蕉のように、西行のような旅に憧れてしまうのが、
私の傾向であるということも言えそうです。

大きな自然災害で、芭蕉や西行の観た風景が
壊されない事を祈るばかりです。
・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校




コメント

縄文から芭蕉へ。更に夏目漱石へ。

2019年09月05日 | 第3章 無意識の世界

縄文時代からの聖地であろう天河弁財天 奈良・・・・・


縄文から芭蕉へ。更に夏目漱石へ。 src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/74/f4/42692049c6f056b765841ceba3a8bc59.jpg" border="0">
天川 奈良

縄文から芭蕉へ。更に夏目漱石へ。   2019年9月5日

この秋から来年にかけては、
今までの学びの整理をしたいと思うようになり、
生き甲斐の心理学教育普及のために
設立したNPO法人CULLカリタスカウンセリング学会が
来年で15周年となる事と重ねて、
私達の祖先から現代までの時空の旅を
学びの仲間とまとめながら繋げていきたいと考えています。

そこで登場するのが
縄文人
役行者えんのぎょうじゃ
空海
西行
芭蕉
そして、正岡子規と夏目漱石
です。

室町時代に活躍した世阿弥は、
歴史上の人々をめぐる物語、そして漢詩や和歌を
「室町時代」という現代に、
今様の人々が魅力を持つような
戯曲を次々と生み出していきました。

時代が移り変わる中で、過去と現代を繋げ、
魂の連鎖を言葉に表して、
更には満願成就するという巧みな表現力を持ち、
権力者や民衆を喜ばせていきました。

何故これだけ私が謡曲に魅せられるのか、
という理由が、まさしくこのことなのだと思います。
言葉にできない亡霊たちの無念さと
過去に起こった出来事が、
見事に文学の基礎である漢詩や万葉集や伊勢物語等に
繋がってゆくことが
見る側の知的好奇心に刺激を与えるのです。

そして、ますます知りたくなる。。。

縄文人が聖地と定めた処に
役行者も赴き、
空海も辿り、
そして西行も魅せられ、
芭蕉は憧れ、
文字を綴る人々が、
それぞれの形で表し、
それらが、今、令和に生きている私達の素地を
成しているのだと私は感じています。

世阿弥が歴史のつなぎ手であるならば、
現代の歴史のつなぎ手は、
夏目漱石であるように思うのです。

私自身、
点と点を繋げる事で妄想をし続ける
子供時代を過ごし、還暦近くまで
確たる何か表現するというわけでもなく
ぼんやりとこれらの流れの人々が
表現したものを読んだり、学んだりしてきました。

60年程かけて、頭の中で巡らしてきたものを
そろそろ繋げていくのも
還暦辺りの私のお仕事なのかもしれません。

生き甲斐の心理学の学びのお陰で、
うっすらとそんな位置まで来ていることを
意識しだしています。

11月14日に白河清澄庭園の庵にて
開催する学びの会では、
そのような流れの一部を、勉強仲間と
共有できれば、うれしきかな。
今週末に仕上げに入る木版画家とのコラボ
芭蕉の奥の細道シリーズの巻子も
思索のためのご縁なのだと思っています。

・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校





















コメント

腰越勉強会からのお知らせ

2019年09月04日 | 第9章 愛


腰越勉強会からのお知らせ   2019年9月4日

9月3日は鎌倉腰越の勉強会でした。
風光明媚な贅沢な邸宅での勉強会は
2006年から始まり、月に一度の勉強会を
14年間続けてきました。
その間に、泊りがけの勉強会も行い、
生き甲斐の心理学の講座生の皆様と
親睦を図る尊い時間を過ごさせていただきました。

2005年からのお付き合いの邸宅の主Kさんの
ご厚意に甘え、信頼関係を持ちながら、
今まで開催し続ける事が出来たことに心から感謝しています。

14年間の間に腰越で共に学んだお仲間との思い出が
たくさん詰まったこの場所が、
今年いっぱいで閉じる事となり、
残念ではありますが、あと3回の勉強会の時間を
大切に過ごしたいと思います。
このことにあたっての、詳細は会報に掲載しますが、
カウントダウンが始まったので、
Blogで告知する事にしました。

最後の勉強会が12月3日です。

9月3日は、植村先生の代行を私が行う予定でしたが、
皆様へのサプライズで、先生が復帰。
身体の回復は、まだ過程ですが、
電車に揺られて、「初めてのおつかい気分」で、
いらっしゃることもでき、安堵しています。

歳を重ねてゆくうちに、出来る事の限界も見えてきます。
このことは、抗えない真の事。
とりあえずは、更なる10年の動きを見据えて、
新たな展開を画策していますので、皆様と共に
学びを深めてまいりましょう~





・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 10月1日 鎌倉腰越勉強会

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校







コメント

身の丈の姿

2019年09月02日 | 第2章 五感と体感

写真は矢来能楽堂  ・・・・


身の丈の姿    2019年9月2日

自分の仕舞いの写真を見て、
ぐっと足を地に付けて、立っているつもりが、
ひょろひょろと立ち、
腰も入っておらず、
次こそは。。。。
と、毎回反省しつつ、
それでも、舞台に立つのは、
ドキドキだけれど、
立ってしまうと喜びが身体の底から湧き上がり、
ワクワクするのです。
能舞台に魅せられて、
「次は何を舞うか」という話題は、
お稽古に励む私を含めた皆さんとの
楽しい会話のひと時です。

仕舞をしている時に、
自分の立ち姿の意識が足りないことを
もう少し、体得してゆきたいものですが、
きっと、それは、自分の身の丈の姿であり、
まだまだ伸びしろがあると自ら慰め、
次への課題をクリアしていきたいものです。

鏡に映る自分の姿を
ほどほどに確認しながら、
姿勢よく生活することに目覚めたのは
太極拳や能楽のお陰ですが、
次は、もう少し身の丈から背伸びをして、
姿を作ることに心を向けるのを、
秋からの所信表明と致します。

生活環境が自分の姿を作る、
というのは、
真の事だ、と、
反省を込めて。。。
もう一歩、もう少し、
身の丈の姿を糺してゆきたいものです。




・・・・・・・・・・

「生き甲斐の心理学」

公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所 講座

2019年 9月3日 鎌倉腰越勉強会
お知らせ:
ユースフルライフ研究所主宰者植村高雄先生が
体調不良のため、9月の鎌倉腰越勉強会は、私が担当致します。
現在各講座は、私が代行しています。代行する講座に関しましては、
各講座関係者と打ち合わせしながら行っている状況です。

2019年9月11日 小金井勉強会
小金井・桜町病院の修道会 修道院が会場です

4月5日~7日  二泊三日 
琵琶湖の畔でのんびりと 唐崎勉強会  終了

7月13日~15日 二泊三日
宝塚 売布神社のお隣の修道院にて勉強会 終了

10月11日(金)~13日(日)
東京 町田勉強会 会場:マリア会修道院


//

NPOキュール「 ♯生き甲斐の心理学 」講座
 
東急セミナーBE講座
2019年 9月20日  13:30~15:30雪谷校
2019年 9月27日 10:30~12:30たまプラーザ校







コメント