五感で観る

「生き甲斐の心理学」教育普及活動中。五感を通して観えてくるものを書き綴っています。

久しぶりにピアノ

2020年09月20日 | 第2章 五感と体感


久しぶりにピアノ   2020年9月20日

久しぶりにピアノの蓋を開けたら、
薄っすらと白い埃が被っていました。
柔らかいタオルで静かに拭き取り、
楽譜を乗せ、弾いてみると、
案外ピアノの音が崩れていません。
しめしめ、、、と、思いつつ、
八月から九月にかけて「ドはまり」した
韓流ドラマ愛の不時着のピアノ曲の
楽譜を入手し、弾いてみました。
観た人ならお判りでしょうが、
あのピアノのメロディが耳から離れず、
私には絶対音感が無く、譜が頭に湧いてこないので、
楽譜を見つけた時には、ホッとしました。
(主人公のセリはどうも絶対音感がある(笑))
ドラマ全体の鍵となるこの曲を聴いていると、
スイスの風景が浮かんできます。
コロナ禍のおかげで、このドラマに出会い、
6月あたりから見よう見ようと思いつつ、
結局は仕事が平常に戻ったあたりから見はじめ、
楽譜に目を通したことでようやく気が鎮まりました。

能楽の仕舞と謡を習い始めたと同時に
ピアノを弾く気にならず、
仕舞と謡いの稽古に没頭してきたというよりも
今までの習慣とは違う技量を身に付けるのに
12年間アップアップだったのだと思います。
音楽が無いと生きていけないし、
何かを表現していないと、自分のエネルギーが
萎んでしまうのを自分自身知っているだけに、
今まで自分を表わす仕事と能にのめり込んでいたことを
コロナ禍の静かな時間にしみじみと自覚しました。

久しぶりにピアノの蓋を開けると、
やっぱり、5歳の頃から習っていた
ピアノは私の原型なんだな。。。
と、改めて思い知らされるのでした。
高校2年まで続け、大して上手ではなかったけれど、
そこから20年後に再度先生に付き、
リハビリしながら、好きな曲だけを習いました。

今回のドラマの中でショパンのノクターンを聴くと
「ああ、、そうそう、やっぱり好きよ。」と、言う思いが
湧いてきて、
無くてはならなかった音楽が蘇ってきたのです。

ドラマの内容も良かったけれど、音楽の丁寧さに
とても心を動かされたのです。

9月に入り、普段通り以上の忙しい生活で、
少々脳みそが崩れていたようですが、
譜読みをしてピアノを弾くと
あら不思議。。。脳みそが固まっているのが解れたのです。

何十回もブログの締め括りに使っている言葉が
またまた降臨。。。

遊びをせんと生まれけん

ほんとうに、まったくその通り。

先週聴き始めた二枚組の愛の不時着サントラ盤を
百回は聴いているのですが、まだまだ飽きない気がします(笑)

だんだん、歌の中から韓国語の単語が聞こえてくるように
なった、、、こともお伝えしておきます(笑)

音楽家のナム へスン氏の才能に乾杯。




東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校
最終回終了しました。
次回からは、目黒学園カルチャースクールへ移行します。
10月15日13:00~15:00
目黒学園カルチャースクール 目黒駅アトレ2階受付 
教室はカトリック目黒教会施設   
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

東急セミナーBEは、9月28日で閉校となります。
以後、
目黒学園カルチャースクールにて講座を開設させていただく事になりました。
南北線目黒駅ビル アトレに受付がありますが、会場はカトリック目黒教会の施設となります。
目黒駅から徒歩3分の場所です。
  
講師:越


綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:10月13日第4回(第2火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半

小金井勉強会
場所:会報をご確認ください。ユースフルライフ研究所会員限定
日程:9月15日火曜日
時間:13時~15時半








コメント

終う覚悟

2020年09月13日 | 第2章 五感と体感


終う覚悟   2020年9月13日

夏は過ぎ、急に涼しくなると、
あんなに暑かった夏がすっかり過去の事に
思えてしまうのが、自分でも信じられませんが、
それが、人間の生き抜く力なのかもしれません。
「忘れる」ということは、一人の人間が精神的に健やかに
生きていくための必要な作用のように思います。

「忘れる事に意味がある」と考えると、
「忘れる事」は、その人にとって大切で
必要な生き抜く力なのです。

コロナ禍自粛中の街は静かで、
その静かさは、自分の暮らすペースに
負荷がかからず、とても暮らしやすかったのですが、
9月に入ると、静かな街が、すっかり元通りに。
猛暑の不快感を忘れてしまうように、
あの静けさも、今思い返すと幻のようです。





現実問題は変わらずとも、
人の解釈いかんで、
こんなに激変してしまうのかと思うと
人間が愚かな生き物であることを痛感する日々です。

そんな中、お世話になり、親しくお付き合いさせていただいていた
鎌倉の邸宅でサロンを経営されているKさんが
邸宅を閉じる覚悟を決められ、
数年かけて、9月にいよいよ現実のものとなりました。
お世話になったお礼に、Kさんから頂き
掛け軸にしたてた作品を邸宅のサロンに、
初めて主を中心とした展示会を静かに開催しました。
その展示会も、昨日搬出し、
サロンは、一層がらんとなりました。

富士山と江の島を望む風光明媚なお宅での
15年間のお付き合いで、
人との出会いも多くありました。

私自身、人生で一番動ける時期に
ここで人間関係が築けたことも、
貴重な宝物です。

時は流れて、次へと流れていき、
生命もまた然りであることを
素直に受け容れることも
人の人生にとって、
とても大事な理(ことわり)であるように
思うようになりました。
まだまだ
そうなるには、時間がかかるかもしれませんが、
自分の終い時は、
自分で決めるしかなく、
終い方も人それぞれであることを
静かに受容することも
私自身の今の修行であるように思います。

持続しながらバタッと倒れるか。
一旦お終いにして、次を身の丈で楽しむか。

こればっかりは、
人の指図を素直に受けられるものではないようです。

元気なうちに自分の終い支度を
シミュレーションしておくのが、
私の生き方かな。。。
ということは、うすうす思うようになっています。

やっぱり他者に迷惑はかけられない。。。
というのが、真っ先に湧く感情であるかな。。。
このことが人生で一番腹を括る決断かもしれないと、
推測しておこうと思います。

人生の先輩に感謝を籠めて。
とにもかくにも15年間、
感謝と満足でいっぱいです。

ありがとうございました。

そして、鎌倉のK邸で、集った皆様との
思い出を心に納めて、
次へ進んで参ろうと思います。

祇園精舎の鐘の声
盛者必衰の理をあらわす

この理の意味が、段々と解ってきたような
年齢になってきたことも、ありがたいことです。






東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

東急セミナーBEは、9月28日で閉校となります。
以後、
目黒学園カルチャースクールにて講座を開設させていただく事になりました。
南北線目黒駅ビル アトレに受付がありますが、会場はカトリック目黒教会の施設となります。
目黒駅から徒歩3分の場所です。
  
講師:越


綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:10月13日第4回(第2火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半

小金井勉強会
場所:会報をご確認ください。ユースフルライフ研究所会員限定
日程:9月15日火曜日
時間:13時~15時半




コメント

腹を括りながら原初感情を大事にする

2020年09月11日 | 第2章 五感と体感


腹を括りながら原初感情を大事にする  2020年9月11日

ニューヨークのあの事件を思い出す朝です。
1980年代の中ごろにワールドトレードセンターの屋上に立ち、
マンハッタン見渡したことが昨日のことのように思い出されます。
二度とあってはならない事件だと思いましたが、
悲惨な出来事は、それ以降数えきれないほど起きています。
地震や津波、気候変動による諸々の現象を合わせると、
今まで当たり前だった動物や生物にとって住み心地の良い環境が
どんどん生きにくい環境へと変化しています。
コロナ禍における社会生活は、
労働する者にとって明暗が分かれ、
知恵を持たない人たちの生きにくさが
露呈してきたようにも思います。

何をもって「知恵」というのか、
何とも言えませんが、
援助を受ける事や、制度を利用する事、
そして今までの習慣や考えを改める事も
「知恵」に当てはまるはずです。

狭まった条件の中で、どう生き抜くかは、
思索だけでなく、行動力もより必要になってきます。

成すがままに生きてきた時代が、
そうもいかない時代になり、
腹を括って真剣に生き抜く事が
私にとっての「コロナ禍による新しい生活様式」と、
思うようになってきました。

人間の本来持つ力を顕わにしなくてはならない時期でもあり、
そのためには、
生き抜く事に腹を括ることが一番大切な
ことかもしれません。
偉そうなことを云う立場でもありませんが、
「正直に真剣に生きないと、
フワフワと躊躇しながら生きていたら
死んでしまうかもしれない、、、」ということを
頭のどこかで意識して生きて行かなくてはならなず、
厳しい環境になってきたことは
確かのようです。。。。

既成概念にとらわれず、
人間の持つ原初感情(怖い・怖くない)の
感性を研ぎ澄ましていきたいものです。

人間の本領とは。。。
また、皆さんと思索したいです。




東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

東急セミナーBEは、9月28日で閉校となります。
以後、
目黒学園カルチャースクールにて講座を開設させていただく事になりました。
南北線目黒駅ビル アトレに受付がありますが、会場はカトリック目黒教会の施設となります。
目黒駅から徒歩3分の場所です。
  
講師:越


綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:10月13日第4回(第2火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半

小金井勉強会
場所:会報をご確認ください。ユースフルライフ研究所会員限定
日程:9月16日
時間:13時~15時半



コメント

最近湧いてきているモヤモヤ感

2020年09月10日 | 第2章 五感と体感


最近湧いてきているモヤモヤ感   2020年9月10日

重陽の節句が過ぎ、
猛暑の夏もそろそろお終いとなりそうです。
台風の心配はありますが、
この時期が過ぎれば、過ごしやすい気候が続くはずです。

未だに学校が始まらない大学生に
気の毒さも感じますが、
抑圧的な表現しか目や耳に入らないことに
現代の受け身な大学生に
管理されすぎた教育によって育まれた
弊害を感じたりする思いが湧いています。
自分の好みの範囲だけで付き合う狭いネット
(決して広いとは思わない)の使い方に、
疑問を感じつつ、
もっと、街角で訴えてもいいんじゃない?
自分たちの現状主張を外で発言してもいいのでは?
とも思います。

自分の身に起こっている現状を訴える事は、
民主主義社会の中でとても大切な事なのです。

私に起こっているもやもやした違和感は、
60年代、70年代の学生運動をテレビの画面で見、
そのような時代に学生だった教員に教育を受け、
そしてベルリンの壁の崩壊を見た80年代、
それらを知っている私だからこそ感じるのかもしれません。

自由意思を公的に発言して初めて、
理想と現実のギャップによる不安感のバランス取りが
始まるのではないでしょうか?

出来ない現状。
自分の望み。
どこまで何が出来るか。
ニュースを見ている限り、
管理者と学生が本音で
コミュニケーションしているようには見受けられないのです。

コロナだからしょうがない。。。
という諦め100%から脱却するやんちゃな大学生が
出てくることを期待したいところです。

大学は、自分の意思を発露し、志に向かうための
教育機関であるはずです。
なにはともあれ、
日本は民主主義の国であるのですから。。。

私自身、いろんな意見が公に可視化されていないことに
気味の悪さを感じています。

諦めモードの陰鬱な事ばかりが目に付くこと自体が
日本の特徴でもあるのかもしれませんが。

「学校が始まらないから休学する、退学する、しょうがない」のではなく、
その前の段階である「学校を開放してください」「学校に行きたい」という
主張が抜けている事に、血気盛んな時代を垣間見てきた
おばちゃんはもどかしさを感じるのであります。



東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:10月13日第4回(第2火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半

小金井勉強会
場所:会報をご確認ください。ユースフルライフ研究所会員限定
日程:9月16日
時間:13時~15時半
コメント

2020年重陽の節句

2020年09月09日 | 第2章 五感と体感


2020年重陽の節句  2020年9月9日

本日9月9日は重陽の節句です。
9は陽数。陽数の最大値。
それが二つ重なるので、
菊の香りの酒を頂き、
邪気を払い、未病息災を祈願する習わしがあります。
「菊」は仙境に咲く霊薬。
能では菊慈童(金剛流)を舞います。
他の流派では、菊慈童と云いますが、
金剛流では枕慈童といい、
中国の伝説を舞います。
毎年9月9日に京都嵐山の法輪寺での
能「枕慈童」は、一度は拝見したいと願っていましたが、
今年も願いかなわず。

中国の王様に寵愛されていた童が、
うっかり王様の枕を跨いでしまい、
本来なら殺されてしまう刑を受けなければならないのですが、
温情に与り、二度と戻れない高い高い山の上に
置き去りにされました。
その童は、その高い山に注がれている清水(菊水)を
飲み、生き長らえます。
そして、いつしか700年が経ってしまう、、、
というお話。
ざっくりいうと、こんな内容です。

昨日、仕事帰りに花屋に立ち寄り、
ちょっと変わった色の菊を一輪買い、帰宅しました。

陰陽のバランスを身体で感じながら、
季節の変わり目の体調を気にしたいものです。







東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:10月13日第4回(第2火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半







コメント

秋の香り

2020年09月04日 | 悔いのない人生とは?

某茶室

秋の香り   2020年9月4日

台風10号が心配な週末です。
我が家の萩は、夏が暑すぎたせいか、
まだ咲いておらず、9月に咲く草花もまだ花が咲きません。

例年ならば、お盆辺りから
朝晩の涼しい風が秋の香りを運んでくるのですが、
9月に入り、ようやく微かに秋の香りが
聴こえるようになってきました。

秋の香りを具体的に表すのはとても難しいのですが、
湿度の低いやや冷たい風の中に、
生命力あふれる青葉とは違う香であり
水気の無い枯れかかった葉の寂(さび)の
香りがするのです。

その香りが、「もののあはれ」の日本人の季節感の原型に
繋がるのかもしれません。

低気圧と湿度の高さで体調を崩す人も多いと思います。

今朝の朝焼けは、秋らしさを感ずる
透き通った美しい朝焼けでした。
空のうんと高いところでは、秋の準備はできているようですが、
先ずはいくつかの野分を切り抜ける必要があります。

ともかく無事を祈ります。
天高く馬肥える秋を明るい気分で望みたいものです。


2019年9月の我が家の萩



東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半




コメント

秋の味覚を楽しむ

2020年09月02日 | 第2章 五感と体感

晩餐会 ホテルオークラ東京にて(昨年秋)






味覚の秋を楽しむ   2020年9月2日

味覚の秋を楽しみたいのですが、
今年は、未だ秋刀魚を頂いていません。
旬の食材を意識しながら日々の献立を考える日々ですが、
残念ながら、今年の秋刀魚の漁獲量は、
例年の1%だそうです。
魚が食べられない時代がやってくることを
覚悟しなくてはならないのは、
もしかしたら、すぐ先のことかもしれません。

そういえば、鯵の塩焼きも
最近は、食卓に上がる頻度が減りました。

飽食の時代から渇食の時代への
分岐点だということを覚悟する時期なのでしょうか。

それでも、
近所の八百屋さんでは、
梨やブドウ、北海道産のかぼちゃが並び、
店頭が秋の色合いになってきました。

暑い間は、大根やニンジン、キュウリを酢漬けにしたものが
夕食には欠かせないメニューの一つでしたが、
ここ数日は、やたらと炭水化物の摂取欲が強く、
仕事先でのランチにパスタをついつい選んでしまいます。
多分、身体が冷えてきた証でありましょう。

どうも真夏の味覚から、秋の味覚へと
身体が変化してきたようです。

味覚の秋を楽しむ前に、
自分が摂取したい食材や味付けを
素直に聴き取り、摂取することは、
体調のバランスを図るための優先的な
方法かもしれません。
自分の体調を上手に管理しながら、
免疫力を高めて過ごしたいものです。









講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:10月6日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半










コメント

抑圧の夏と身体症状

2020年08月30日 | 第2章 五感と体感

某茶室


抑圧の夏と身体症状   2020年8月30日

24節気の処暑から
72候の「綿の実がはじけて綿花がのぞく時期」へと移り、
31日の頃は「天地始粛」(てんちはじめてさむし)。
暑さが収まり、
空気が澄み切り、涼しくなるころだそうです。
確かに、満月に近づいている夜の空は
澄み渡り、横浜の夜空には、
今まで見えなかった星がいくつも確認できます。
それが、天地始粛の証なのかしら、と
解釈して、
少しでも気分は涼しくありたいものだと
自分に言い聞かせている秋の始まりです。

我が家でも今年初めて綿の種を植えました。
少しばかり種まきが遅かったせいか、
ようやく花が咲き終わり、
実が出来始めているところです。
友人からは、綿花の写真が送られてきたので、
静かに待っていれば、大丈夫かな、、、と、不安にも思いつつ、
お初の綿花を心待ちにしています。

このように暑さが続くと、
身体は、かなり疲れているはずです。
8月に入ると、とたんに
体調を崩したり、熱中症になったり、病気が見つかったり、、、
という知らせが、頻繁に届くようになりました。

私は大丈夫、、、と、思うよりも、
今年の一月末からの精神的な疲れは、
自分が自覚している以上のものかもしれない、と。
心に留めておく必要もありそうです。

大袈裟にならず、
過剰反応せず、
流れに任せながら、
過ぎ越しの時を待つのが、
得策のように思います。

私自身の八月は、
通信講座の会報編集で、
一か月が終わってしまったような感覚があります。
世の中の動向を見据えながら、
この先の予定や変更事項を
吟味し、整理し、通達するためには、
先ずは、自分の頭の整理が必要であり、
頭を整理すると同時に師匠の頭の中にあるものを
私なりに整理し言語化するところから
始めたので、いつものパターンでサクサク進む編集とは
いきませんでした。
昨日、ようやく印刷を終え、
会員の皆様に送る準備が整いつつあります。

世の中の人たちも、
通常業務であれば、慣れの中で仕事が進みますが、
今年は、そういうわけにはいきません。
まだまだ、思索と実行の繰り返しでしょうが、
人間の情動は、急には変わりません。
喉元過ぎれは、便利な方に、楽な方に、
楽しい方に、人は流れていきます。
それらのことを頭に入れながら、
「コロナ後の世界」という、
変な煽りに惑わされないで、
出来得ることをやりながら、粛々と
乗り切っていきたいものです。

変化に惑わらせず、
体調を気遣いながら、
自分の生き方を自問自答する良い機会かもしれません。

講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 9月18日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  9月25日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:9月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半





コメント

猛暑の体調管理

2020年08月18日 | 第2章 五感と体感


猛暑の体調管理   2020年8月18日



50年前頃は、30℃超えると大変な暑さだと思っていましたが、
その頃は、家にはエアコンは無く、
扇風機を回しながらだらりとしていたことを思い出します。
大抵、午前中は小学校がプールを解放しており、
学校のプール日でない時は、茅ヶ崎海岸や山側の市営プールに行き、
思いっきり遊んでいました。
昼食を終えると扇風機を回しながら昼寝の時間。
小学生時代に住んでいた茅ヶ崎は、
夕方の一時の時間帯に凪となり、
風が止まってしまうのです。
そうすると、家の中がじわじわと暑くなり夕涼みに外に出たものです。

夕立が上がると、一気に涼しくなり、
8月の毎週土曜日の近所の子供たちの花火遊びが、
とても楽しみでした。

暑ければ、涼しくなるまで待つのが、
今までの倣いであったように思いますが、
いつまでも涼しくならない昨今の気象は、
ほんとうに風情を感じません。

風情を感じないからといって、
クーラーを効かせた部屋で普段通りの動きをしていたら、
多分、身体は参ってしまうでしょう。
暑い時は暑い時なりの身体の動きをしたほうが良さそうです。

今年の夏は減速した動きで、ゆるりゆるりとしています。
情報に翻弄されず、
あたかも繋がっていると思ってしまうネットの世界に頼り過ぎず、
自分の五感を体感する時間を大切にしながら、
人間が本来持っている原初感情的な勘を
大事にしていたいものです。

自分の心と身体と魂を整えつつ、
この猛暑を乗り切って参りたいものです。

・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  8月28日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半



コメント

掛け軸に花を添える

2020年08月17日 | 第2章 五感と体感


掛け軸に花を添える   2020年8月17日



終戦記念日の日でもあり、聖母被昇天祝日の15日に
鎌倉の邸宅に掛けさせていただいている掛け軸に
花を添えてもらいました。
広い敷地の野趣を楽しみ、華美な花を植えず、
自然に任せた庭づくりを長年維持されているK邸。
その実直な姿勢からお付き合いしてきた15年間で色々な事を
学ばせていただきました。
鎌倉の文化人が集うサロンを経営され、
私達の勉強会のグループも長きにわたり、
お世話になりました。
そろそろこの大邸宅の役割がお終いに近づいてきましたので、
家主のFさんご自身の書と、この家に深い縁のある方々の書画を
長年かけて掛け軸にしつらえた掛け軸を
お礼の気持ちを籠めて掛けさせていただいています。





邸宅の役割を終えるのは残念ですが、
15年かけて、鎌倉で積み上げてきた人間関係と
本物を愛する人々とのお付き合いから、学ばせていただいた
審美眼は、これからの私の人生のスケールとなることでしょう。
私自身、かけがえのない宝物を心身に沁み込ませていただきたことに
心から感謝しています。



改めて、掛け軸の似合う邸宅であることをしみじみと思い、
長年草木花と共に生きてきた友人が、
K邸の敷地から草木花を手折り、
僅かな親しい人たちだけで集い、
囁かな会を開きました。

「花を活けるんじゃないのよ。
あなたの軸に花を添えるだけよ」という
友人のかっこいいセリフが
私への温かい気持ちであることも伝わり、
鎌倉腰越で尊い時間を過ごしました。

遊びをせんとうまれけむ

心底そう思います。


Fさんが書かれた古今和歌集の和歌の短冊を
今度は茶掛けに致しましょう、、、
と約束し、また一つ遊びのお道具が増えたことを
喜びながら、次はどんな遊びをしようか考えている私が居ります。

ネットで画面を見るだけの
文化継承では体得できません。
精神文化を空気で体感してこその
時間のかかる修業です。
お金だってかかります。
そうであっても、
そのような感性を磨きたい人が一人でも
増えていくことを真に望みます。





掛け軸は、しばらく掛けさせていただきます。
鎌倉のK邸に所縁のある方々にご観覧していただき、
私のけじめとさせていただきます。
感謝を籠めて。

・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  8月28日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半


コメント

夏休みの庭

2020年08月10日 | 第2章 五感と体感



夏休みの庭  2020年8月10日

我が家の名物萩が、今年はしなやかな枝ぶりです。
というのは、コロナ禍自粛のお陰で、
この春の庭仕事が丁寧に出来たからです。
萩の新芽が出始め、4,50センチぐらい伸びたところで、
一本ずつ地面から2,30センチの高さに剪定しました。
昨年までは、地面から5センチぐらいの高さで剪定していたのですが、
枝が太く育つのと、枝の本数が少ない事に気付き、
少し高めの剪定を試してみたのです。
梅雨が明け、夏真っ盛りのこの時期には萩の枝ぶりも安定し、
あとは蕾が出るのを待つだけです。
大きな野分さえなければ、この秋は、まんべんなく花が咲くはずなのですが、
さてさて、どうでしょう。

我が家は、洋花は敢えて控えていますが、実家からもらったセージの
花だけは、大事に増やしており、
今のこの時期は、セージと百合とミズヒキが花を咲かせています。


8日から外に出る仕事が夏休みに入ったので、
家での仕事が進むと思いきや、
書類の山を片付けるだけで丸二日間費やし、ようやく
先が見えてきましたが、それでも、片付けたとは言えない状態です。
そんなことをしていると、ついつい、庭に目が動き、
灼熱を受けながらも涼しげに揺らぐ萩をついつい
ボーっと眺めてしまいます。

家に居ると何事もない穏やかな時間が流れています。

この時期には必ず涼を求めて山中湖へ行ったり
京都に行ったりしていましたが、今年はそういう気にもなりません。



家に居る穏やかな時間の愉しみを、自粛期間中に味を占めてしまったので
片付けても片付かない書類の整理をしながら、
会報の編集をボチボチ始めると致します。
そうすると、また、書類が積み重なるのよね。。。
隠居までは、程遠いけれど、
隠居の風情ぐらいは、庭に求めたいものです。



・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  8月28日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半








コメント

2020年の立秋

2020年08月07日 | 第2章 五感と体感

三渓園の蓮。。。。。

2020年の立秋

世の中コロナ禍真っ最中ですが、
自分の事を淡々とこなしているうちに、
立秋となってしまいました。

5時半の外での太極拳も
三か月やり続けています。
正中線が毎朝整えられるので、
ふとした時の姿勢も改まってきたように思います。

今朝は、昼間の猛暑を忘れるくらいの涼風が吹き、
秋の気配を感じました。
暦の上では立秋。
季節が順繰り巡ってきたことを肌で感じ、
清々しい心地となりました。

我が家の名物萩は、
4、5月の丁寧な剪定のお陰で
太すぎず品良い枝でしな垂れ、
酷い野分が来なければ、
いつもよりも優雅な花見ができるはずです。

相変わらず、やること多しの日々ですが、
蝉の声に耳を傾け、
時々飛んでいるアゲハチョウの美しさに目を奪われ、
庭に目を向けて水引の赤い色に癒され、
我が家の敷地で育っているお隣さんのゴーヤの
成長を楽しむことで、2020年の夏を楽しみ、
立秋からの残暑を乗り切ろうと思います。


我が家のミネラルウォーターは、熊野です。
熊野古道のお水で、更に元気を頂いています。


・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年  8月28日10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:9月8日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半







コメント

生き延びる

2020年07月31日 | 第2章 五感と体感


小金井の某修道院のラビリンス(ヨーロッパの教会の床で時々見かけます。ラビリンスを辿ると円の中心に辿り着きます。
祈願成就を願いながら歩きます。)

生き延びる   2020年7月31日

「あなたはどうやって生き延びてきたか?」
という設問を始めてされたときに、非常に戸惑いました。

「生き延びる」という大それたことを経験しながら、
今までの人生を生きてきた意識が無いので、
「生き延びてきた」と云われても、
ピンと来なかったのが正直な気持ちです。

でも、生き甲斐の心理学を学び進める内に、
生きとし生けるものの尊さが感ぜられるようになり、
自分自身も、生を受けた一人の人間として、
生き延びてきた一人であることに気付かされました。

尊い自分の命を守り育てた両親は、
生き延び方も諭してくれました。
もともと持っている自分の性質に加えて、
森羅万象から影響を受けながら、
「私」という個人の生き延び方で、
今に至っているのです。

最近は「あなたはどうやって生き延びてきたか?」という
設問に耳慣れし、思索しやすくなってきました。

確かに自分は生き延びてきたのです。

どう生き延びるかは、
運、不運もあるかもしれず、
何とも言えませんが、
自分を主体に、自分が主導していかない限り、
自分を生かすことはできません。

自分の生かし方は、
自分をどう活かしたいかにも繋がります。

生きていくには、
色々なストレスとも向き合わなくてはならず、
それとの向き合い方も、人それぞれです。

理想と現実のギャップが生む不安感は、
生き延びる術を与えてくれます。

そして、不安感とのそれぞれの向き合い方が、
個性の美なのです。
私自身、尊い自分の命と正直に向き合えるよう、
まだまだ精進が必要です。




・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年 7月31日  10:30~12:30たまプラーザ校
    8月28日

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:8月4日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半





コメント

蓮を観る

2020年07月28日 | 第2章 五感と体感

蓮を観る  2020年7月28日

梅雨が明けず、台風も来ず、
長雨が続き、僅かな日差しが本当にありがたいと
思う今日この頃。
既に大暑も過ぎ、
8月に入ると、すぐに立秋というのに、
青空に映える真っ白な入道雲も未だ見ていません。

まさしく「疫病と飢饉」が重なるのでは、
と思わせる天候不順で
秋の実りのことも気にかかります。

そんな思いの中、
連休最後の日に早起きをして
横浜三渓園の古代蓮を観に行きました。
三渓園の早朝蓮鑑賞は、
8月2日までです。
私達が鑑賞した日は7月27日。
庭の手入れをしているボランティアにお聞きすると
一週間前が花のピークだったそうですが、
今年は花が多めだそうです。
天候不順が、却って蓮にとって功を奏し、
花の環境にはよかったのかもしれません。
三渓園の古代蓮は町田の薬師池公園の蓮よりも
小ぶりに感じます。
それぞれの環境で命を繋ぐ、古代の姿を
存分に楽しみました。

誘いを受けた友人と共に
のんびりと庭園を散策し、
園内の庵で朝食を頂き、


どの茶室で花を活けたいか。。。
掛け軸を掛けたいか。。。
等と、楽しい妄想を巡らし、
実現に至る行動を起こす思いに
駆られています。

泥の中から生まれる美しい花は、
咲いて三日も経つと花弁が散ります。
花托に鎮座する仏様が撒く散華の景色に
光を観、
冥土の土産が一つ増えたと
宣う私達は、
無への境地には程遠い、と、
笑い合いました。
煩悩だらけのこの世に居直りながら、
自分の自己実現への叶え方が
少しばかり要領よくなってきたようにも
感じるのでした。


仏様の散華を拾いたい欲求があるうちは、
拾い続けようとも思うのです。
マリア様が広げる手に包まれようと思う心持ちも
まだまだ現世を満足させたい証でもあることに
すんなり自己受容できることも、
自然(じねん)ゆえ、かもしれません。





・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年 7月31日  10:30~12:30たまプラーザ校
    8月28日

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:8月4日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半




コメント

疲れの意識化

2020年07月21日 | 第2章 五感と体感


疲れの意識化   2020年7月21日

今日は土用の丑の日。
そして、半年ぶりに武蔵小金井の
勉強会が再開します。

コロナ禍の中、自粛解除からそろそろ二か月が経ちます。
ウィルスとの共存生活に慣れてはきたものの
気遣いは平素の数倍。
人それぞれの解釈もあり、
私自身は、最低限の自分が出来る事をやることに
集中し、余計な情報を取り入れず、
シンプルな暮らしを心掛けています。
そうはいっても、
通常とは異なる行動を続けている事での
ストレスが出てきているようにも感じます。

自分だけの解釈に拘り過ぎると、
世の中全部が否定的に感ぜられ、
自尊感情も萎えて、
自己否定的になりがちになります。

友達との会話を楽しみ、
愚痴を漏らしながらも、笑い合える人と
時間を共有すると、
ちょっぴり世界が広がったように感じます。
そうすると、
自分が如何に疲労していたかの意識化にも繋がります。

やっぱり疲れていたんだ~
という気付きによって、
疲れている事を受容することが、
「疲れを癒す始まり」でありましょう。

スタンプの絵で感情を誤魔化よりも
自分の言葉で互いに語る時間を
大事にしたいものですね。
リモートでの難点は、
五感を直に体感できない事です。

ほんものに触れて、五感を直に使い巡らすことは
人間の自然治癒力そのものでありましょう。

人間に与えられている感官を大切にしたいものです。

・・・・・・・・
講座予定


東急セミナーBE講座
2020年 8月21日  13:30~15:30雪谷校 
  

2020年 7月31日  10:30~12:30たまプラーザ校

  
講師:越


婦人会館での講座、いよいよ始まりますよ~

綾子塾「生き甲斐の心理学」 
場所:横浜桜木町 婦人会館
時間:13時~15時半
日程:8月4日第3回(第1火曜日)  
(綾子塾は、限定メンバー制)

③越乃生き甲斐の心理学 
場所:横浜桜木町 婦人会館
(公開講座)
時間:13時~15時半
日程:8月27日第2回(第4木曜日)  



紅葉坂植村勉強会
場所:横浜桜木町 婦人会館
日程:9月1日(第1火曜日) 
時間:13時~15時半







コメント