威風堂々

晴れ晴れと、伸びやかに日々を過ごすために。
「心」と向き合うことで、日々の健康を大切にしましょう!

転向ということ

2017年03月29日 | 「今、ここで」


私は本当に疑問です。
それは、塚本幼稚園のことです。それはあの小学校のことでもあります。
まず、幼児教育において、教育勅語を諳誦させる教育が素晴らしいと思っている人が総理大臣だという事実に私は驚きを禁じ得ない。

立命館設立に関わったかの西園寺公望公は教育勅語に対して、「文明の進歩に少なからず障害を与える。古く偏った考えを打破し、世界の文明に合わせた教育を、、、」(1895年東京師範学校訓示)とはっきり言っているようだ。でも、勅語は出たし、それと、天皇皇后のご真影と共に学校に飾られたわけだ。原武史先生は「今の憲法にはっきりと規定されている国民主権、基本的人権の尊重とは正反対」と。しかし、私も職場で40代の者が「親孝行しろとかいいことも書いてある」と言っていたのでびっくりしたわけです。

君が代解釈と同じ(君が代:天皇の世の中という意味)で、勅語というのは「天皇の臣民」達に向かって天皇が語っているわけだ。だから勅語なのだが、これすら分からない人が多いので、そりゃ『立憲君主主義』という概念や『基本的人権はいらない』と平気で云う人達が票を獲得するはずだと納得した。

教育勅語を教えるということは、対中国、対米英戦争で負けた戦前の教育に戻るしか脳がない教育を行うということであります。でもそんな学校建設には、には役人の忖度が働いてしまうのでしょうか???情けない。首相を侮辱したから急に「証人喚問」にしてまぁ、いつもの自民と維新のあのものの言い様ですからね。だから、今の自民と維新はあの教育方針はOKなんですよね。びっくりです。

安保法制も憲法違反じゃない、という学者も小数いるわけで、また、教育勅語を教える学校があってもよいと考える人も小数いるわけだ。だが、安保法制は「政治」だが、教育勅語とかになると日本の国体、日本という国の形、日本人の哲学に関することなので、真善美、正邪、世界と日本の在り方、きちんと襟を正さないといけない問題なのです。あの安保法制の時には僕は控えていましたが、もうダメです。僕は、天皇に人権を与えない日本人を酷い奴らだと思う人間です。ましてや天皇のための日本だなんて思いません。天皇を含む税金を払ってテイル日本に定住してる皆のための国家だと思っています。憲法上天皇は国の象徴ですから、残念ながら人権も無いのかも知れませんが、それだってへんてこりんです。そこへ「朕思ふに、、、」なんてナンセンスです。こういうことをなぜ、公然と言えなくなってしまったのか。私は共産主義者ではありませんが、塚本幼稚園を素晴らしい教育方針だと言えるようなセンスも持ち合わせてはいない。ヘイトだし、人権問題として「朕思ふ、、、」ってものを持ってくるのはヘンでしょう。


森友事件の本質はこういったことにあるのです。


支持率が下がらない現実が私には分かりません。『沈黙』のロドリゴ神父ではないが、私も「転ぶ」べきなのだろうか???転ぶことで精神の安定を図ることはあって良いのかも知れない。





人気ブログランキングへ よろしくお願いします。 お読み頂きましてありがとう存じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝刊を読んで、庭の草をむしった

2017年03月25日 | 「今、ここで」



勿論何も責任もないいつもの独断と偏見で書いております。が、かなりの危機感は抱いております。それは、「人権意識」と「表現の自由」への乱暴な狼藉が普通になり(ヘイトスピーチなど)私のような普遍的な理想論を展開して行くことにやりにくさを感じだしているからです。国家は、政治を行います。経済活動に関しても昔から国家は口出ししてきました。まずは「不正義を質すため」。しかし結託するケースが多いのですがね。そして思想統制です。教育と出版物です。江戸幕府はどうして陽明学は嫌って朱子学を採用したのか、、、等。秦帝国やナチスの焚書坑儒を俟つまでもなく答えは明らかです。今後我々は本当に日本人を世界のリーダーにすべく、未来に平和を享受する機会を与えてくれる仁愛をもった人間を育てて行かなくてはいけないのです。

教育改革国民会議 なるものが2000年にはあり、ずっとその流れで教育臨調以降の教育改革の流れは決定ずけられている。現行教育は、よく「日教組」だの共産偏向教育だのと印象づけられている一方、実は今回のように、道德が教科に位置づけられるような教育制度に変更(偏向)してきていることに皆は気がついていない。大津のいじめ自殺事件がきっかけで道徳教育の大切さが注目されることで道徳を教えるようだが、そこにあるのは、伝統・愛国・敬老・家族なんかで、国家を超えた「ヒューマンライツ」や何人も生きる権利があることや主義主張の自由はないようだ。こういう人権や生命権、言論の自由を言うとその人はもう共産主義者で、中国韓国の手先だという人々がいらっしゃる。怖いですね。

参考までに、
「教育改革国民会議」の当初メンバー(ウィキペディアより)
江崎玲於奈  (座長、芝浦工業大学学長)
浅利慶太  (劇団四季代表)
石原多賀子  (金沢市教育長)
今井佐知子  (社団法人日本PTA全国協議会会長)
上島一泰  (ウエシマコーヒーフーズ代表取締役社長)
牛尾治朗  (ウシオ電機会長)
大宅映子  (ジャーナリスト)
梶田叡一  (京都ノートルダム女子大学学長)
勝田吉太郎  (鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授)
金子郁容  (慶應義塾幼稚舎長 )
河合隼雄  (国際日本文化研究センター所長)
河上亮一  (川越市立城南中学校教諭)
木村孟  (大学評価・学位授与機構長)
草野忠義  (連合副会長)
グレゴリー・クラーク  (多摩大学学長)
黒田玲子  (東京大学教授)
河野俊二  (東京海上火災保険取締役会長)
曾野綾子  (日本財団会長、作家)
田中成明  (京都大学教授)
田村哲夫  (渋谷教育学園理事長)
沈壽官  (薩摩焼宗家十四代)
浜田広  (リコー会長)
藤田英典  (東京大学教育学部長)
森隆夫  (お茶の水女子大学名誉教授)
山折哲雄  (京都造形芸術大学大学院長)
山下泰裕  (東海大学教授)


教育を変える17の提案における提案内容の概要は、次の通りである。

人間性豊かな日本人を育成する
教育の原点は家庭であることを自覚する
学校は道徳を教えることをためらわない
奉仕活動を全員が行うようにする
問題を起こす子どもへの教育をあいまいにしない
有害情報等から子どもを守る

・一人ひとりの才能を伸ばし、創造性に富む人間を育成する
一律主義を改め、個性を伸ばす教育システムを導入する
記憶力偏重を改め、大学入試を多様化する
リーダー養成のため、大学・大学院の教育・研究機能を強化する
大学にふさわしい学習を促すシステムを導入する
職業観、勤労観を育む教育を推進する

・新しい時代に新しい学校づくりを
教師の意欲や努力が報われ評価される体制をつくる
地域の信頼に応える学校づくりを進める
学校や教育委員会に組織マネジメントの発想を取り入れる
授業を子どもの立場に立った、わかりやすく効果的なものにする
新しいタイプの学校(“コミュニティ・スクール”等)の設置を促進する

・教育振興基本計画と教育基本法
教育施策の総合的推進のための教育振興基本計画を
新しい時代にふさわしい教育基本法を

で、様々変革がなされてきたし、安倍内閣での改革は教員免許講習制度だろうね。
「教員免許更新制が具体化したのは、2000年頃からの学力低下論争や教員の質の問題(マスメディアによる報道が活発化)などを受け、以前から教育に関心のあった安倍晋三首相(第1次安倍内閣時)が政権に就いた後、教育再生会議が教員免許更新制を提言、2007年6月の教育職員免許法の改正によって、2009年4月から導入された。」(ウィキぺより)

「教育再生会議」での提言は以下の通りだ(ウィキペより)
「七つの柱」とされた報告書の内容は以下の通りである。 1. 学力の向上に徹底的に取り組む
~未来を切り拓く学力の育成~
全国学力調査、PISA調査の結果を徹底的に検証し、学力向上に取り組む
「6-3-3-4制」を弾力化する
英語教育を抜本的に改革する、今の時代に求められる教育を充実させる
「大学発教育支援コンソーシアム」の推進により新しい教育モデルを創出し、実証する
2. 徳育と体育で、健全な子供を育てる
~子供たちに感動を与える教育を~
徳育を「教科」とし、感動を与える教科書を作る
運動・食育・生活習慣が一体となった体力向上とスポーツの振興を図る
体験活動により子供の心と体を育てる
3. 大学・大学院の抜本的な改革
~世界トップレベルの大学・大学院を作る~
大学・大学院教育の充実と、成績評価の厳格化により、卒業者の質を担保する
国立大学法人は、学部の壁を破り、学長リーダーシップによる徹底したマネジメント改革を自ら進める
「国際化」「地域再生」に貢献する大学を目指す
大学・大学院を適正に評価するとともに、高等教育への投資を充実させる
4. 学校の責任体制の確立
~頑張る校長、教員を徹底的に応援する~
学校のマネジメント改革を行い、校長がリーダーシップを発揮できるようにする
子供の教育に専念できるよう教員を応援する
5. 現場の自主性を活かすシステムの構築
~情報を公開し、現場の切磋琢磨を促し、努力する学校に報いる~
学校の情報を公開し、保護者、地域の評価、参加により、学校の質を向上する
適正な競争原理の導入により、学校の質を高める
多様な分野の優れた社会人等から教員を大量に採用し、学校を活性化させる
教員養成を抜本的に改革する
学校の適正配置を進め、教育効果を高める
6.社会総がかりでの子供、若者、家庭への支援
~青少年を健全に育成する仕組みと環境を~
子供、若者、家庭に対し、教育、福祉、警察、労働、法務等の連携システムを作り、総合的に支援する
有害情報から子供を守るため、全ての子供の携帯電話にフィルタリングを設定する
幼児教育を充実する、子育て家庭、親の学びを地域で支援する
7. 教育再生の着実な実行
動き出す教育再生
教育再生の実効性の担保、フォローアップ

学校見学も行われ、有能な教員を育てることにも熱心であるが、
私には日本を
「天皇を中心にして、夫婦相和し、兄弟仲良く、年長者を敬い、国家のために進んで命を投げ出し、心を1つにして過ごしましょう。共産主義者や自由主義者など追放しましょう。」といったまさに「教育に関する勅語」そのままのものにしてゆこうとしか見えてこない。例えば今回の道徳教科書の例で、パン屋さんが和菓子屋さんに偏向させられる等、、、。
『Hanada』や『WILL』といった新手の右翼雑誌の吊り広告や新聞広告、「売国野党」「ありもしない南京大虐殺」とか、「日報なんてどうでもいい そこに駐留(とどま)ることが大事なんだ」とか、嘘も百回聞いたりすると本当になるって感じで困ったもんだ。『文藝春秋』や『時事放談』に執筆、出演している自民党代議士先生がまともに思われる。いや、『文藝春秋』や『時事放談』は昔からずっとまともであるよ。こういう歴史的流れの中に、今の塚本幼稚園や、稲田朋美さん、篭池氏、大阪維新の会、安部夫妻等日本の方向性があると思っている。未来永劫安倍首相というわけにはいかないので普通は後継者を育てる必要が生まれる。しかし、これだけ騒がれても盤石なわけでたいしたものだ。だが、教育に関しては大変にイヤーな感じがしている。今言っておかないと過去を振り返って自分を見たときに卑怯者のように思われるので敢えて申し上げる。教育に関するこの流れは間違えている、と。だが、もう無理そう。


ちなみに、教育改革国民会議 メンバーの一人、梶田氏は大阪府私学審議会の偉いさんで、NHKのインタビューで『急に何かの力が働い』て籠池さんの小学校は認可へと向かったていうてはりました。





人気ブログランキングへ よろしくお願いします。 お読み頂きましてありがとう存じます。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの歴史を読んでいると

2017年03月23日 | 第五章 和解と平和


アメリカの歴史を読んでいると

1924年。これは我が父の生まれた年であるが、1924年移民法によって移民総数が絞られて特に、日本人や中国人は《帰化の資格を有さない》とされ、移民入国が禁止された。自由の女神に象徴される「自由」「機会」を求める世界の人の避難所としての役割をやめたと言うことである。また、自己とは異質なものを法によって排除したということである。『アメリカ史:山川出版社 :参考』

今のトランプ大統領をもって嚆矢とするものでもないのが、移民の規制法案である。昔は「排日条項」、今はイスラム諸国民排斥というわけだ。1924年の移民排斥法は、日本人に屈辱感を与えて、後には反米感情に繋がって結局は戦争が避けられなくなっていったわけだ。

この時アメリカ人を突き動かしたのは、ヤンキー・プロテスタント優越主義で、Fundamentalist(原理主義者:ここでは聖書に関してかな)、極端な行動としては進化論を教える教師を吊し上げるといったことであり、民衆の道徳心や戦争敵国への嫌悪感などが相まって、禁酒法なんかも成立しているのだ。法律が結果としてマフィアを利した事実はご存じの通りである。

以上のような雰囲気は今の世界と、いや、アメリカとそのアメリカを30年遅れで追従する日本で起きている現象のような気がするのだ。アメリカの原理主義は現代日本では「日本会議」に相当する。日本会議の雑誌や研究本を読むと、統一原理教会のオルグ方法に似ているところがある気がする。一応生長の家が前面に出ているが危ないと思われる。手法は左翼系でも一般社会の民間会社で採用されている手段でもあろう。聖書の一字一句を大切にして進化論を教えるなんてもってのほかとしたアメリカの過去(現在もそうしているところはあるのかもしれない)。教育勅語を教えることが素晴らしいことだと言い切る人たちがいる日本。勅語は政治。聖書は宗教なので問題性はかなり違っており一緒にはならない。が、これを同じだとして今の日本を正当化する論調があるのが不気味である。勅語は天皇の言葉である。給食前に「主の祈り」を唱える幼稚園とは根本的に違っている。ある考えに強烈に染まっていると、何を言っても聞き入れないし、自分の都合のよい解釈をする人を賛美して、ちょっとでも違う意見を持つ人がいたら攻撃を惜しまない。どういう心理構造なのだろうか。

そろそろ、真剣に勉強しませんか? でも、面倒くさい人々には、Fundamentalistたちの演説が心地よい。ヒトラーを見れば分かりやすい。敵対勢力を攻撃する姿はかっこよいのだ。「だからね、~」といって広げようとする運動はかったるく映るもんだ。でも正義はどっちだ????


平和はいつやってくる????






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和を乱すのは誰だ。

2017年03月18日 | 第五章 和解と平和


ある方から、最近の投稿は「政治的」過ぎないか?とのご指摘がありましたが、、、。

右翼も左翼も共通していて欲しいことがあるからです。いや、思想信条の前にある絶対哲学が欠如していては何時までも戦争がなくならないので、主張しているのです。そして、感情だけで他者を断罪してもだめでしょう。その場合は距離をおくことしかできません。好き嫌い、快不快だけで組織は回らない。
私のスタンスは、
「弱きを助けて強きを挫く」(世の中で色んな事象で衝突したときの話しですが)です。つまり、近代ではそれが権利、となり、また責任、義務でもあるのではないでしょうか?世の中は二項対立軸でどうしても動いています。雌雄、陰と陽など。だから大学入試やなんか、選択肢問題が作れるんです。
対立軸が「神の見えざる手」によって自然にかつ即効力を持って、止揚(アウフヘーベン)して人類、地球の安心安全のために寄与して行くのなら、部屋にこもって「瞑想」でもするわけですが、そうも行かない。

ルールというのは、強者のために作ったらあかんのです。僕の若いときです。昔運転免許の更新講習で偉そうな退職警官風の講師先生に「交通ルールは何のためにある」と聞かれて「交通弱者を守るためです」って答えたら変な顔された。その時には「絶対歩行者を優先する法規になっていない」と思っていたものでした。

さて、「自由・平等・博愛」もそうですし、論語もそうで、日本でも昔から村社会では、村八分風習もあったけど、無尽講もあり、富者が貧者をバックアップするのが人の道とされてきたわけです。無意識の世界では「人類が生き延びる知恵として」こういった扶助意識が刷り込まれてはいるのです。だから、マルクス主義もあるし、チュチェ思想(詳しくは知る気もありませんが)もあるし、イスラム原理主義もバチカンも天理教も、日本会議もあるような気がします。が、時に人間は傲慢になります。絶対に民主主義的で無ければいけない共産党が過去にリンチ事件を起こしていたり(立花隆『日本共産党の研究』)特高警察が無実の民を連行して人権を無視した取り調べをしたり、、、。いずれにせよ加害者には正当性があります。正義感に基づいて行っています。そこにいくらかの諧謔趣味があったとおしても。ローマ帝国の暴君、古代中国の王様、日本人を含む人類のやって来たことです。確かに恐ろしくもあり吐き気を催す事実もあります。

で、マスコミ人や真の教育者こそは、科学的に勉強し、社会規範は弱者を守るためにある、という信念を持って現象に対処しないと本当に間違うのです。別に思想信条が保守でも革新でも良いというのが私の立場です。が、『天皇と東大』は名著ですのでお読み下さい。「忖度「流れ」「日本の保守」ということがよーっく分かります。それに、戦後の国会で、教育勅語は廃止されたし、教育基本法が制定された。この法律が(日本会議の人たちの運動の成果:自民党によって)改正されたし、道徳科はなんか一般教科になりそうだし、元号法が出来たし、君が代を卒業式、入学式に歌っているか、までチェックされるし、なんか調子乗ってませんか???そのうち「戦陣訓」も出てくるんでしょうね。千人斬り、慰安婦、南京大虐殺、あ、また話題がそれたかぁ。でも、そういうことです。なぜ、巣鴨プリズンから戦犯が解放されたか。アメリカでのマッカーシズム旋風の中、『独裁者』等の名作を作って来たチャップリンがスイスへと逃れることになったか。よーっく考えて欲しいのです。ユダヤ人チャップリンはあかだったんでしょうか?あかはあかんのでしょうか?誤解の無いように。僕は新聞『赤旗』や『前衛』(今あるのかどうかは知りません)、聖教新聞、とか読んでいられません。同様に、右よりの月刊誌や産経新聞は読んでいられません。基準は、一人は皆のために、皆は一人のためにであり、ルールは弱者の権利を守るためにこそあるべきだからです。この基準にめちゃめちゃ逸脱する主張には反吐が出るということです。
どう頑張ってもヒトラーの『わが闘争』(翻訳)も読めません。数頁まで進むんですが、無理ですね。でも、少年の頃、ドイツ軍の軍服や戦車や小銃や飛行機大好きでした。格好良かった。今でもそう思います。ナチス式敬礼というか宣誓というか、かっこええですよね。甲子園とかの「せんせい~我々は、、、」がナチス風で世界標準的にはタブーであることは分かりますが、ついついやっているのを見ても、ま、ええかとなりますよね。『致知』ぐらいは読めるし、『世界』も一部読めないものがあるが、情報としては大変貴重なので読めますね。

焚書坑儒って分かります??? 人権と書籍は大いに連動するんです。この件についてはまた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち着いて勉強がしたい

2017年03月13日 | 第九章 愛


今日の朝刊に前田吟さんの「私と学校」という記事があった。実に心が清清しくなった。前田さんは実に苦労を背負った幼少期で、学校の帰りも、牛乳配達や新聞配達と、ゆっくり落ち着いて学校で勉強が出来なかったそうである。それでも、俳優になって活躍されている。

『だから、今の子ども達にはのびのびと勉強して、友達作って、遊んで、自由にして欲しいよね。それだけだね。』

僕も同じ意見なので、本当に清清しかった。




人気ブログランキングへ よろしくお願いします。 お読み頂きましてありがとう存じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加