ひだまり

あなたの心に暖かいおひさまの光がさします様に

明るいニートから明るい会社員へ

2018-02-04 16:43:53 | 第六章・螺旋状に上昇する意味


我が家の朝は、息子の出社から始まります。一昨年は、車を買いました。愛車に乗っての毎日の出社が、日常になっていました。

昨年の暮れから、その日常の光景が変わってきました。

10年近く、部屋に閉じこもっていた明るいニートは、アルバイトを始めました。近くの自転車販売店でした。その店の若社長さんは、息子のような子供たちが、働ける環境を作ることに力を注いでいたらしく、社長さんも奥さんも良い方で、息子に仕事を教えてくださったようです。その自転車販売店を、退社する時に高い自転車を買って、時々乗ってはどこかに出かけていましたが、それも何時しか、玄関の横に置かれたままになっていました。

ゴルフを、始めるのかと内心うれしく思っていましたが、頂いたゴルフセットは、倉庫の中にこれも置かれたままになっています。

ある日、30万円するという、自転車が息子の部屋の中に置かれるようになりました。それから毎日、玄関の横に置かれていた自転車で、会社に出かけるようになりました。
まだ、私に対して反抗期の息子は、主人だけに話をしていますが、主人から聞いた話では、自転車レースに出て、大変な思いをしたそうです。

それで毎日の自転車出勤となったようですが、心なしか少し体が引き締まってきているように感じます。

昨日は、主人と話しながら、どこそこのスーパーが、半額で安かったと私に伝えているような内容に、思わず微笑んでしまいました。

会社に勤め、自分の稼いだお金で、生活できるようになった息子を、私は今誇らしく感じています。  息子を信じて待って良かったと心から思います。

息子の行動を、体験の解釈を変えて、辛さではなく成長の過程だと思ってきたことが、実を結んだようです。まだまだ、中年のおじさんの、反抗期は続きそうですが、此処で挫けることなく、明日に向かってファイトです。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

希望を信じて

2018-01-20 18:06:58 | 第四章・愛とゆるし
昨年一年間は、私にとってつらい出来事の連続でした。

年の初めに、ストレス曲線から書き始めるのは、少し抵抗がありましたが、国立系の子供専門の精神科の門をたたいて、治療を始めた孫たちの結果が、とても良いものに変わったので、この一年の私の心の戦いを書きたくなりました。

けしてどんな状況の中でも諦めない希望を、持つことは大事なのだと新たに思いました。孫の異常が初めて分かったのは、輝きのない感情のない薄茶色の紙を貼ったような目の動きでした。

それが、この一年間の娘夫婦と私達との戦いの始まりでした。私がこの勉強をしていなければ、孫のその状態を見逃していたと思うと鳥肌が立つような思いです。

娘の悩みを聞いて、子供たちの為に動いてくださった方々の愛の行動は、彼らに数多くの愛の原型を与えてくださり、今、孫たちは、サッカーに熱心に取り組んでいます。自分の時間でゆっくりと動いていた長男の孫は、自発的にサッカーに行くようになり、症状の重たかった次男は、ママのそばから少しずつ離れて、サッカーを中心に動き始めています。

いじめに耐えた、上の孫たちに隠れているような末っ子の孫は、いじめからの記憶も新しい幼稚園で塗り替えられているようで、今生き生きと幼稚園に通っています。

ストレス曲線(不安・怒り・身体症状・ウッ状態・錯乱)から幸福曲線(平安感・友好的感情・健康感・幸福感・統御感)へ移行させていただいたN病院の先生方心から感謝します。また神父様方の暖かい思いやりがなければ、まだまだ時間がかかったと思います。Y神父様方、M神父様、心から感謝します、

良い人たちとの出会いを、与えてくださった神様にも感謝の思いでいっぱいです。

そして恩師に、この紙面上で、「ありがとうございました。」と心から感謝申し上げます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。




ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました。

2017-12-31 22:58:25 | 第一章・意識と知覚
  

         希望はわたしたちを、欺くことはありません (ローマ 5。5)


今年は、思いがけない心を痛める事が続き、なかなかブログを書く事が出来ませんでした。

大人の方からの、孫が受けた虐待と取れるいじめは、私の心を重くしました。この勉強をしていたおかげで、孫の異常な行動に早く気が付く事が出来、一年経とうとしている現在、たくさんの方々の暖かい支援で、心が少しずつ元気になっています。

陰湿ないじめは、周りの人も気が付かないほどに巧妙にされています。

どうか、いじめで自殺を考える人たちや子供達が、一人でも多く周りの人たちが、気が付くことで、救われますように願いながら、新しい年を迎えたいと思います。

来年もよろしくお願い申し上げます。



ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

希望を大切に

2017-12-09 18:18:06 | 第四章・愛とゆるし


時が過ぎるのは、早いものですね。もう12月も半ばになりました。

私の毎日は、あっと過ぎてしまいます。年を重ねるごとに、日々の時間の速さが増すように感じています。

ただ過ぎ去る時間の速さと日々起きる事柄の凄さに、面白さと怖さと同時に経験しています。

テレビで、良くご老人たちの運転の手違いで、車がお店の中に飛び込んでしまった映像を見ていました。大分でも少し前ですが、ある病院に駐車しょうとしたおばあさんが、間違って飛び込んでしまい受付まで車が止まらなかったことが、大々的に放送されていました。

まさか、そのことが自分たちに降りかかるなどと思ってもいませんでしたが、娘婿の経営するアパートに隣のマンションに住むご老人の車が、飛び込んできたのです。娘の電話で、私もアパートに向かいました。警察の方と関係者の方に交じって何が起きたのか理解できない様子のご老人が、見えました。

壊れた壁の凄さにびっくりしましたが、住人と娘と警察の方の話し合いから離れて、私が借りている部屋に入りました。その部屋も天井の部分が、歪んだ箇所があり、車の衝撃の強さにまた驚き、この状態でけが人が出なかったと内心ホッとしました。

ちょうど事故の前に末娘が、出かけました。忙しくて体調を崩していたのですが、その日大事な用事があって、お断りするつもりだったとの事でした。途中、思い直して、出かけた後の事故でした。

隣の方の車が飛び込んだ部屋には、娘さんと息子さんが寝ていました。物が落ちてきたのですが、お二人には、物も当たらず、けがもなかったとの事です。

不幸中の幸いだと思わず心で、神様に感謝しました。

そして、また心の中で祈りました。大雨も地震も修理が終わるまでありませんように・・・・。

この様な突然の事態に、娘は気丈に振舞っていました。警察との対応、保険会社とのやり取り、管理を委託している担当者との話し合い、住人との事故に対する不安感を和らげる接し方などに、住人のお一人から聞かれたようです。

「何故そんなに強いの」娘の返答は、「いろいろと辛いことを経験して乗り越えたから」

ふと、ストレス曲線(不安感・怒り・身体症状・ウッ状態・錯乱)から幸福曲線(平安感・友好的感情・幸福感・統御感)へと移行する時の「体験の解釈を変える」を思い出しました。

そして、辛い事苦しいことを乗り越えた、娘の力強い言葉に私も励まされました。

人生は、本当に何が起きるか分かりませんが、何が起きようとも希望を無くさないように意識して、日々を過ごしたいと思います。



庭に咲くバラも猛暑の中、過酷な環境に耐えて
今寒さも栄養にして
美しく咲いています
その輝くように真紅のはなびらは、私の心の奥に凛とした静けさを誘います。


ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加

別れの後で

2017-11-19 06:50:58 | 第三章・無意識の世界



昔々、祖父が亡くなった時、もうこれで私を愛してくれる人がいなくなったと思った時がありました。11歳のある日でした。

その思いは、通り過ぎる記憶の中での思い出ととらえていました。今回大親友が、旅立って感じる感情は、此処に来る前の家の近くで、突然亡くなられた若いお父さんのお葬式の時に、お別れの際、葬儀場の中から聞こえてくる3歳の娘さんの鳴き声に、私は我を忘れるほど泣いた事があります。

何故そのような泣き方をしたのか、今でも不思議でならなかったのですが、大親友の突然の死で分かりました。

祖母が亡くなった時も、父親がなくなっても感じなかった感情を、お二人の亡くなられた方々で、祖父の死を思い出したのだと思います。

突然の祖父の死に対する悲しさ寂しさ辛さ、そしてあの温かいやさしさを、失うことの恐れから私は心の奥に閉じ込めてしまったのです。

大親友の友の死は、そのような私の心を素直に見つめる勇気を与えてくださいました。

人が生きていくためには、こんな辛さも乗り越える力があるのだと教えていただきました。

さあ、生きていく旅路の道のりを、また前を向いて歩こう。  ファイト


悲しみの後に、くるものは 涙の谷か 苦しみの闇か

いえいえ あふれる笑顔の喜びの園




ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

この記事をはてなブックマークに追加