咲とその夫

 定年退職後、「咲」と共に第二の人生を謳歌しながら、趣味のグラウンド・ゴルフに没頭。
 週末にちょこっと競馬も。
 

賭けマージャン市長及び副市長・・・辞任の意向

2017-01-12 21:14:21 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 2016年12月22日、飯塚市(福岡県)の市長と副市長が、平日の昼間に市庁舎を離れて掛けマージャンを繰り返していたことが判明したとの報道があった。
 年末の多忙な時期、驚きの報道が流れていた。
 
 その直後の記者会見では、「賭けなかったら麻雀をする人がどれだけいるのか」と、開き直りもあったとか。
 ところが、その開き直りを聞いた市民などから、「市のイメージが悪くなった」とか、「辞任しないのか」というような抗議の電話、メールが市の方に多数届いたらしい。
  
 24時間勤務体制下にある市長職、そうは言っても一般職員が勤務をしている真昼間、市庁舎を抜け出して賭けマージャンに没頭していたとは・・・言語道断であろう。
 さらに市庁舎に出入りする業者も一緒だったとか。
 さすがにこれは、まずいでしょう。

 それにしても、何とも情けない話である。
 当然のことながら一連の報道は、常軌を逸する内容だった。

 当事者にとって大きな問題になったと気づいたのか、開き直り会見以後、改めて真摯に謝罪会見をしたらしい。
 遅きに失したと言わざるを得ない。
 
 昨日のメディア報道によると、問題となった「飯塚市の市長と副市長が、11日午後に会見し、賭けマージャン問題の責任を取り、辞任する意向を明らかにした」とのこと。
 やっと、決断したのか。
 先月の掛けマージャン騒動が露見した時点で、潔く辞任を決断しておれば、少しは漢が上がったであろうが・・・。 
 今となっては、すべてが終わりであろう。

 地方議会の政務活動費不正授受の議員とか、今回の市長・副市長とか、氷山の一角であってほしくないが・・・。
 これも人間の性(さが)なのだろうか。
 
 潔しを清とした日本人が、また遠のいた感である。(咲・夫)

[追 記]~辞任の意向・飯塚市長と副市長~
 福岡・飯塚市の市長と副市長が、11日午後に会見し、賭けマージャン問題の責任を取り、辞任する意向を明らかにした。
 飯塚市の斉藤守史市長は、「1月31日をもって辞職する旨の願いを提出したので、ここにご報告させていただきます。これ以上、市政を停滞させるわけにはいかず、1日も早くこの事態を収拾したいという思いから、私が身をひくことが一番の方法であると考え、辞職届を提出した」と述べた。
 辞任の意向を固めたのは、飯塚市の斉藤守史市長と、田中秀哲副市長。
 斉藤市長は、平日の昼間などに、田中副市長らと賭けマージャンを繰り返していたことがわかり、2016年12月に謝罪していた。
 しかし、この問題をめぐり、4日の仕事始めには、市民らおよそ80人が、市長の辞任を求めて抗議したほか、市長が、8日の成人式を急きょ欠席する事態に発展していた。
(出典:Yahoo!ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)