よっちゃんのおててつないで

よっくんとカブの夫婦ウオーキングブログです。
2017年10月オールジャパンカップ達成。





太宰府政庁跡(福岡県太宰府市)

2012-10-17 19:44:38 | ウォーキング
先週の日曜日JRウオーキングで大宰府を散策しました。

    

【太宰府】といえば、大宰府天満宮ですね。
都を追われ九州大宰府に流されそこで詠んだ歌が
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
一夜にして飛んで来たという「飛梅」は天満宮本殿の横にあります。

  

太宰府天満宮は学問の神様で受験シーズンになるとたくさんの受験生が
参拝に来られます。
今日は韓国からのツワー客が来られていました。

太宰府天満宮に通じる池は「心字池」と呼ばれそこにある太鼓橋は
過去、現在、未来を指しているそうです。

参道にはお土産屋さんがたくさん並んでいます。
ここの名物は「梅が枝餅」
私の同級生もここで梅が枝餅店を開いていますのでそこに立ち寄り
餅を買ってきました。同級生は外出中で会えませんでした。

天満宮の横の方には「光明禅寺」があり九州の紅葉のスポットです。
紅葉は?とみると少し紅くなりかけています。
  
天満宮から約2kmぐらい行くと「大宰府政庁跡」があります。
奈良時代から平城京の出先として韓国、中国、などとの政治交流の場であり
九州全土を管轄していました。
  
ここには先ほどの菅原道真の他、山上憶良、大伴旅人などが高官として
都からやってきました。

「青丹よし寧楽(なら)の都は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり」
これは教科書で習いましたね。「あおによし」が枕詞で「奈良」にかかっている・・・
試験にも出ましたね。

この歌は作者の小野 老(つゆ)が大宰府に赴任した時に都を思って詠んだ歌です。
意味はおわかりですね。
「奈良の都は、におうように花が美しく咲き、今真っ盛りである」

奈良、平安時代この都から遠く離れた大宰府に都の出先があり人材の交流も
激しく行われたそうです。今でこそ新幹線でしたら4時間弱ですが昔は相当の時間が
かかったのでしょうね。
唐招提寺を建てた「鑑真和上」も薩摩~佐賀を通りこの地のお寺に滞在しています。
ここから瀬戸内を通り平城京に行かれました。

昨年奈良のウオーキング大会に参加して平城京あたりを歩きましたが
奈良には土佐町」というのがあって平城京を建てるときに土佐からたくさんの人が
奈良に入ったそうです。
今でこそ通信手段はメール、携帯、FAXなどいろんな種類がありますが
この時代どうやって通信したのでしょうか?
いろいろ考えて見ますと歴史って面白いですね。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 尾道ラーメン | トップ | 海の中道海浜公園のコスモス... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私達も行きましたよ (ぼくちゃん & 相棒)
2012-10-17 20:18:48
こんばんわ
私達も、この日は、折尾をダッシュで歩き、JR二日市ウォーキングへ参加しましたよ
そうそう、ぼくちゃんが受付の方に「風車を付けた人来られてましたか」と聞いたら、「来られている」と言われていましたよ 
ブログでは載っていませんが、ゴール前の酒蔵祭りは楽しまれたのかなぁ 
別れる運命? (しんちゃん)
2012-10-17 20:35:40
実は若い頃、恋人と二人で太宰府の橋を渡ると
「別れる」といわれました。
僕は、好きな女性ができると必ず太宰府でデート
しましたが、別れると決まってはいないようです。
えっ、何人ぐらいか?
奥さんには内緒ですよ、奥さんを含めて5人かな?
今では、初詣は人が多いので、
年末に「末詣」に行くことが多くなりました。
ぼくちゃん&相棒さん (よっくん)
2012-10-18 04:18:21
おはようございます。
土曜日からカブが風邪気味だったので一人で行こうかなと思いましたがカブが行くというので車で行きました。
ゴール地点の酒蔵祭りは車でしたので止む無くパスしました。

次は吉塚に行きます。
「だるま食堂」は会社に入ってすぐの頃よく食べに行きました。40年ぐらい前の話です。
塩辛が美味しかったです。

※コメントが重複していましたので一つ削除させていただきました。
しんちゃんさん (よっくん)
2012-10-18 04:25:21
コメント有難うございます。
太宰府の太鼓橋は恋人と一緒に行くと別れるって
言い伝えがありますね。
さだまさしの「飛梅」にも歌われていますね。
私はどうだったかな・・・・・・

参道では私の同級生が梅が枝餅を焼いています。
今回会いに行ったのですが外出中でした。
Unknown (あすか)
2012-10-18 05:13:43
当時学校の歴史で習った数々を思い出しました。
当時は何も解からないままの まる暗記でしたが、今こうして改めて拝読し 今更に驚いています。
Unknown (kumasan)
2012-10-18 14:51:10
よっくんさんのお友達の梅が枝餅店は2軒あると以前のブログに書いてありましたが、私は孫たちを連れて昨年、上手の店にいり食事しました。もちろん梅が枝餅もいただきました。美味しく懐かしかったです。
九州人にとって大宰府は聖地みたいなもので、事あるごとに行ってお参りします。
ゆっくり歩いてみたいですね (もりちゃん)
2012-10-19 07:42:36
 よっくんさん。おはようございます。
大宰府の写真はすべて絵になりますね。
 今まで太宰府には2回行ってます。でも30年前位です。1回はご招待の初詣。3社参りで。大型バスで駐車場からちょっと歩いて行っただけ。
あと1回はデート?ほとんど記憶がありません。
ポッーとしていたんでしょうか?赤い橋を渡り別れました。。。

 次回はゆっくりと歩いて楽しみたいと思います。
広々と。 (ぶたころ)
2012-10-19 08:01:47
 よっくん しゃん

おはようたい。

さすが広々ですね~。

受験シーズンを迎えるといっそう沢山の人が来るのでしょうね。

歴史の九州、ウォーキングコースが充実している様子が伺えます。
懐かしい~です。 (あるくーちゃん)
2012-10-19 18:29:10
こんばんは。

太宰府天満宮の記事、興味深く拝見いたしました。
かつて、はるか昔、訪れたことがあります。

私の家から気軽に行けるところにある「亀戸天神」のご本社がこちらだそうです。亀戸天神にも太鼓橋もありますよ。子供達の七五三にお参りに行きました。
あるくーちゃんさんへ (もりちゃん)
2012-10-20 00:21:43
 あるくーちゃんさん。こんばんわ。
亀戸天神の近くにお住まいなんですね。
 私も5年前単身赴任の東京生活時代。錦糸町にいました。亀戸天神はお散歩コースでした。藤の花の下に亀がいましたね。境内から見える東京スカイツリーに是非行って見たいです。
 

コメントを投稿

ウォーキング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事