ぶたころの愉快コレクション

近くの国営昭和記念公園の近況、アウトドア活動を中心に愉快を探していきたいと思います。

私の生活で介護は(+長男の単独介護日記)の巻

2017年06月22日 05時05分00秒 | 日記


私の生活で介護は大きな部分を占めていたことが解ります。


急な病気やけがで介護に入る場合はいつからと言えるでしょうけど、母のようにフェイドインの場合、どこから介護と言えるのかなと思います。


父が74歳で亡くなって母を引き取ってから外回りの銀行や郵便局、買い物は母が担当してくれ、食事は私が作っていました。

昼に私がいない場合お昼はお弁当を作って食べてもらっていました。

私は料理は嫌いではないので、このあたりは作業分担で介護とは言えません。


カートを使うようになってからもスーパーでカートいっぱい買い物をしてくれました。

買い物は好きでした。


この頃も介護と言う意識はありませんでした。



最初は折りたたんで車のトランクに入れるコンパクトな車いすを買いました。
これはお墓詣りに行くときに使っていました。

また、この頃今の車いす(普通のタイプ)を買って長距離歩く公園の散歩などでは使っていたと思います。



次第にカートも押せなくなり、出かけるのは車いすになりました。

今入院している病院にお世話になっていましたが、次第に付き添わなければならなくなってきました。

二駅離れた眼科には通えなくなりました。


Pトイレを用意し(今は肘掛付ですが最初は肘掛なしでした)ベッドに手すりをつけてだんだん寝ている事が多くなりました。

この頃急に衰えたように思います。


だんだん私一人での介護がきつくなり、介護保険を考えるようになり、手続きをして利用し始めたのが一昨年(平成27年10月)です。


その前にベッドからずり落ちて起きられず 隣のおくさ~ん助けて~ などと騒いだことが3回程度あります。


この半年前あたりから認知が急に進んだと思います。

たぶん介護と言われる状態はその1年前くらいからではないかと思います。



母をかかりつけの内科に連れて行ったときかかりつけの内科医から 医療と介護は違う、介護に関して早めに手続きをしたほうが良い、ここで説明していたらいくら時間があっても足りない などと言われました。

その後介護保険のケアプランでその内科医さんの担当日には行けなくなり今の先生に代わってもらいました。






色々調べて地域包括センターに相談に行き、介護保険の利用が始まりました。


介護保険の利用に関しては解りにくいです。


まず地域包括センターに行き、介護認定を受け(2週間程度先)ケアマネさんの事業者を選定し契約、それからケアプランを作ってもらい各事業者さんと契約。

実際に介護保険のサービスを受けるまで地域包括センターに行ってから約2か月ほどかかります。



ヘルパーさんやPT(理学療法士)さんが入って利用前より少し認知のレベルが下がったように思います。



食べものは良く食べていましたので褥瘡も無く、入浴介助やリハビリを受けて、誰が来たかも認識していました。


前のケアマネさんも良くやっていただきましたが、今月からケアマネさんが交代し、この方もとても親切です。





次第にではあるのですけど意識レベルが低下し、Pトイレの蓋を開ける事も出来なくなったので声や気配でわかるようにと、数か月前から母の様子が解る隣の部屋(DK)で寝るようにしました。

Pトイレの蓋をあけると二階の私の部屋と台所でチャイムが鳴るようにしてあるのです。


このあたりからADLはすっかり落ちたと思います。

風邪前くらいからPトイレの蓋を開けることが出来なくなり、オムツにしました。



内科受診で病院に連れて行ったとき、咳をしていた人が近くにいて、数日後母と私は風邪をひいてしまいました。


熱はすぐ落ちましたが咳が残りました。


風邪の前にもずいぶん落ちてきたなと感じていましたが、どうも風邪でない咳だなと感じ、毎朝測っているバイタルで血中酸素飽和度が下がっているのが気になり、そういう時、私の介護疲れも心配してくれたケアマネさんの配慮で ※地域包括ケアで2か月間 の入院を勧められ今回の入院となったのです。

※地域包括ケア病棟は最長2か月の入院で、本人の為だけでなく、介護者も少し休めるように配慮されていて、リハビリなどをして在宅に戻すためリハビリも組まれています。



入院前の検査で肺炎であることが解りました。


風邪以来口から食べると吐いてしまう状態が続いていたので、たぶん入院しなかったら手遅れになっていたと思います。

今は点滴をしています。

昨日行ったらリハビリ担当の方が後ろから支えてベッドに座っていました。


二日ほど前、夢を見たのか 笑ってる とか 喜んでいる などと言っていましたが、私の顔を見てもはっきりしません。



口からはほとんど食べられていないと思います。


人は終末期になると食べものを食べられなくなります。

それは自然の事で、意識レベルも落ちて苦痛も無くなるのだそうです。


どういう終末期が本人にとって幸せなのか考えさせられます。


今、母は点滴で栄養を摂っています。

点滴も延命措置に入るかも知れませんが、家族にとって覚悟する時間も大事だと思います。


介護は介護される人とともに介護する人の問題でもあります。







20年ちょっと前、身内が入院したときは2週間食事がとれませんでした。


人は誰でも何度かそういう経験をするのでしょうけど身内の入院はストレスになります。

回復がはっきりしている場合はそうでもなく、むしろ元気に退院してくると不死身になったように感じますが、重い病気だったり、高齢の場合は家にいても気がかりで胸がふさがる気持ちがして食欲が無くなります。


kumasanさんが10キロ痩せたのすごく解ります。

冷蔵庫などの食品を整理しています。

母に作らないとあまり在庫はいらないものですね、入院で1週間たちました。


口から食べ物を食べられるようになり、Pトイレが使えるようになったら退院と言う目標を立てていますが、今の状態を見るとどうなりますか。


入院の区分で最長2か月との事なので退院してきたらベッドを介護ベッドに替えたり、昼夜を問わず数時間おき(2~3時間おき)の体位交換、オムツ交換が待っています。

たぶん私は以前より睡眠不足になるのかなと思います。

そうなったら仕事は少し無理かも。

ま、まだ先なので解りませんけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よく寝ていました(+長男の単独介護日記)の巻

2017年06月21日 05時05分00秒 | 日記


大きな分譲地がそろそろ終わりに近くなっているので物件が少なくて今週は木曜日に1件あるだけです。

建築士の定期講習、お金は4月にクレジットで支払っていたのですけどやっと写真と建築士の免許証のコピーを送り申し込みを完了させました。

7月下旬に丸一日の講習です。


12月には事務所登録の更新(1か月前から)もしなければなりません。

建設評価の仕事しかしていないので事務所登録はしなくても良いのですけど、もう一度だけ更新しようと思っています。

建築士の番号も事務所の番号もずい古い番号になりました。






面会は12時から20時までなのですけど、12時すぐ行くとまだ食事介助中なので13時に行きました。

昼食は終わったようで13時からの右即位状態で良く眠っていました。


声をかけても起きないので昨日童謡のCDを買ってMP3プレイヤーに入れて持って行ったのを小さい音で耳元に置いたのですけど聞こえているかどうか?

1時間いて帰りました。


数分で行って帰ることが出来るのは助かります。


私の生活で介護はそうとう大きな部分をしめていたなと思います。


今の車いす、いつごろかったかなと思い出そうとするのですけど解りません。

この車いすではよく母を公園に連れて行き、砂川口のテーブルでお弁当やお茶を楽しんだものです。


春のお花見、秋の紅葉にも良く行きました。


今年もお花見に連れて行けました。


行ける時に行って良かったと思います。


何でもいつか よりできる時にやるだと思います。


これが後悔を少なくするコツなのだと思いました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口から食べるのが難しいみたい(+長男の単独介護日記)の巻

2017年06月20日 05時05分00秒 | 日記



昨日も昼の時間に行きましたがゼリー状にした物、とろみ食なのですけど口から食べると吐いてしまうようです。


点滴も延命の一部だとするとけっこう厳しい状態だと思います。



でも主治医の先生が来て説明してくれたところによると胸のCTは問題なく抗生物質は私がいる時に点滴していたもので終了との事。

とりあえず肺炎は大丈夫のようです。



後は口から食べられると良いのですけど、今は点滴栄養と水分を摂っている状態です。



昨日は口腔ケアのウェットティッシュを下の売店で買って持って行きました。



好物のサイダーも持って行ったのですけどとろみ食になっているので無理、持ち帰りました。


昼、言っている間にケアマネさんが顔を出してくれました、感謝。







しばし介護から解放されてすっきり休めるかと言うといつも母が気になって食欲が無くこれも介護うつの状態かも知れません。

宅食を届けてくれる人とか宅配便のこのエリア担当の方も同世代でそれぞれ親の介護経験者、話をすると少し癒されます。


それにしても恐るべし、介護 ですね。



欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療 単行本 – 2015/6/10

宮本 顕二 (著), 宮本 礼子

と言う本を買ってみました。


延命治療は希望しない人が多くなっていると思いますけど、本人が望んでいても親族の中に見捨てるななどと言う人がいると自分の意志と関係なく延命治療が施される場合もあるかも知れません。

この本は外国の例をあげて書かれています。

それぞれ高齢社会になりいろんな対応をしていますけど、海外の例を見てみるのは参考になります。


私の場合も延命治療は望みません。

次第に食べられなって、意識レベルも落ちて解らなくなってくると苦しまなくて眠るように逝きたいものだと思います。


今日も午後病院に行ってみます。

少しでも口から食べてくれていると良いのですけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスを一口二口(+長男の単独介護日記)の巻

2017年06月19日 05時05分00秒 | 日記


昨日は12時から13時半まで病院に行きました。


昼食中でアイスを二口ばかり食べたようです。


他にもゼリー状の食べ物がたくさん出ていましたが、まだ口から栄養を摂るのは難しいみたいでした。

栄養の点滴はしていました。


意識レベルは行ったときは少し上がっているようで私を認識していました。


看護師さんから口腔ケア用のウェットティッシュを用意してくださいとの事なので明日売店で買って持って行こうと思います。


この春にお花見に行って撮った写真をパウチして見せ、置いてきました。


また病室でただいるのは退屈なのでビーパルを置いてきました。


午後雨の予報だったので1時間ちょっといて帰りました。







介護をしていると言えるのは四六時中介護をしている主介護者だけだと思います。




四六時中数時間おきの 排せつ介助、体位交換 この大変さは主介護者でなければ本当には解りません。



介護の本は技術的なものから事例、コツなどたくさん読んでいますが、自分に照らしても酒を飲まずにはいられない。

ハイキング仲間のご主人も自分の母親を看ていた時は同じ状態だったと言います。


介護苦による 介護うつ、自殺、介護殺人、介護心中、これらはこれから確実にどんどん増えていくと思います。


そうでなくてもストレスはとても大きく、心身ともにかなり厳しい状態になっていきます。



本でも良く見ますが手を出さずに口だけ出す外野もいるでしょう、小姑が時々来て小言を言うとか、もう解決したことに対して意見するなど良く聞いたり読んだりします。

そういう時は  もし、先に自分が倒れたら後は宜しく が良いようです。



主介護者は特攻隊の気持ちが解ると思います。


介護者を何とか看ることだけが生きがい、特攻機の後部座席(特攻機に複座を使うのは無いかまれだったと思いますけど)に介護される人を乗せて何とか空母に体当たりを成功させたい、そんな気持ちなのです。


撃墜されるわけにはいきません。


介護される人より先に死ぬわけにはいかない!


そんな気持ちでやっています。


真面目で献身的に行う性格の場合、介護鬱、介護ロスになるようです。

今、母はすぐそばの病院に入院しているので、夜頻繁に起きなくてもすんでいますが、真夜中に一度目が覚めて、布団を掛けているか見に行かねば と思って、あ、入院しているんだったと気が付きます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意識レベル(+長男の単独介護日記)の巻

2017年06月18日 05時05分00秒 | 日記


昨日15時くらいに妹夫婦が見舞に来たと言うので私もそろそろと思っていたところなので行きました。

寝ていて相変わらず点滴していました。


口から栄養や水分が摂れない状態なのでこの入院をしないでそのまま在宅で看ていたらきっと終わっていたでしょう。


長く看ているのでだいたい解ります。


在宅介護の本に出ていた、

欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療 と言う本を注文して今日届く予定です。

自分で食べることもできず、意識レベルも低下して無理な治療は高齢者の虐待になると考える国もあるようです。



自然に眠るように亡くなるのはむしろ幸せなことではないか、自分に当てはめてもそう思います。


重い咳は無くなり、入院する前より状態は良くなっていると思います。

でも、意識レベルは低いと思います。


見舞に行ってもはっきりしませんがそれだけしか出来なくて毎日行っています。






今日は先週の書類を仕上げて返送、そして午後は見舞です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加