鹿島アントラーズ原理主義

愛する鹿島アントラーズについて、屈折した意見を述べていく場です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岳、しっかり準備することが大事

2015年06月30日 | Weblog
柴崎 ナビスコ決勝T初戦に自信「FC東京とは相性がいい」
ナビスコ杯決勝T抽選会


オープンドローで一番のくじをひく鹿島MF柴崎(代表撮影)
Photo By 代表撮影


 FC東京と対戦することになった鹿島の日本代表MF柴崎は「FC東京とは相性がよく、いつもいいゲームをさせてもらっている。しっかりいい試合をしたい」と自信を見せた。

 FC東京のDF吉本も「相性は悪いが、そういうものを打ち破って、タイトルを獲りにいきたい」と意欲を見せた。
[ 2015年6月30日 05:30 ]

6度目V狙う鹿島、F東京にJ1で7年間無敗もナビスコ杯では…
15/6/29 15:30



 ナビスコ杯の決勝トーナメント組み合わせ抽選会が29日、都内で行われ、ACLに出場していたため決勝トーナメントから参戦する鹿島アントラーズは準々決勝でA組1位のFC東京と対戦することが決まった。

 歴代最多5度の優勝を誇り、3年ぶり6度目の頂点を狙う鹿島。一方、6年ぶり3度目の優勝を目指すF東京のDF吉本一謙は抽選会後、報道陣の取材に「鹿島さんには歴史と伝統がある。僕らもそういうチームになっていくために、倒さないといけない相手」と意気込みを語った。

 吉本は累積警告で出場停止だったが、今年5月10日のJ1第1ステージ第11節ではアウェーの鹿島が1-0で勝っている。リーグ戦では09年以降、鹿島の7勝4分と相性の良さが目立つが、ナビスコ杯に限ってはF東京が3連勝中。過去2シーズンともにグループリーグで対戦し、13年は4-2、昨年も3-1でF東京が勝利している。

 自ら抽選を引いた鹿島MF柴崎岳は「最近はうちのほうが分がいい」としながらも「1試合1試合、どうなるか分からないし、しっかり準備することが大事」と表情を引き締めていた。

(取材・文 西山紘平)


ナビスコ杯準々決勝にて対戦することが決まったFC東京に対してコメントした岳である。
ドロワーとして1番を引き当て、対戦相手に恵まれた。
そして「FC東京とは相性がよく、いつもいいゲームをさせてもらっている。しっかりいい試合をしたい」と語る。
相性という意味では、FC東京に負けた記憶が少ない。
確かにリーグ戦では7年間も無敗を誇る。
しかしながら、去年、一昨年とナビスコ杯グループリーグにて二年連続で敗戦を喫しておる。
これは心してかからねばならぬ。
気を引き締めて挑みたい。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ナビスコ杯決勝トーナメント... | トップ | カズ、引退試合参加へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-06-30 08:40:46
昨年は東京の選手は若いメンバーで来てやられた記憶があり今年はグループリーグではなくほぼ一発勝負なのでお互い代表組抜いたメンバーで戦うと向こうがどの選手を出してくるのか。

こちらはほぼ確定で柴崎選手だけど可能性ある選手では昌子選手なのでその両ポジションの代わりは青木、山村選手を使う事になると(ソッコもいますが)
向こうは守備的な選手が抜けることが予想されますが攻撃陣は残ると思うので、守備の面をしっかり練習してもらい、逆に守備陣が複数抜ける事でこちらの攻撃陣には点を取れるだけ取って欲しいです。
Unknown (Unknown)
2015-06-30 15:24:05
↑その通りですね。若いメンバーで統率が出来なかった、一昨年は、確かキャプテンマークを初めて背負った大迫が、怪我をさせられて前半で退いたのも大きかったと思います。
どちらも、不運と言ったら不運です。

ただ今回は、予選ではありませんし、トーナメントですから
いい山に入ったと思っています。

しかし、他チームさんのこととはいえ、もう少し喋れる人をセレクトしないと・・・。
岳君の風格は他の人にはないモノでしたよね。