東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

ジャガイモの植え付け準備作業

2017年02月26日 | 野菜:芋類

 そろそろジャガイモの種芋を植え付ける季節です。毎年2種類以上のジャガイモを植え付けます。しかし、去年から仕事が忙しくなったため、たくさんの品種のジャガイモ畑を管理できません。シンシアを植え付けたかったのですが、今年は園芸店でも入手が困難とのことで諦めました。カレーなどの料理に万能に使えるメークインにしました。

 購入したメークイン2kg     大きなものは半分に    切り口を乾燥
  

 購入したのは1kgのメークインを2袋です。小粒の芋ばかりですが、中には大きな粒が混入していたため、ナイフで2分割しました。切り口が早く乾燥するように、網状の箱に入れて風通しが良い場所に置きました。さらに、芽が緑になって強くなるように日差しが当たる場所に置きました。

             切り口を天日で乾燥中のメークイン


 続いて、去年陸稲を育てた畑をジャガイモ畑にするため耕耘機で耕しました。今回は耕耘しただけですが、数日後肥料を混ぜ込んだ後に種芋を植え付けようと思います。ところで、お米や豆などの作物は害虫にやられたり病気になることがあります。そのため、対策をおろそかにすると収穫が見込めないことが多々あります。その点、サツマイモ,ジャガイモ,里芋などの芋類は確実に収穫できるありがたい作物です。

            ジャガイモを植え付ける畑を耕耘


コメント   この記事についてブログを書く
« 田布施町 楽しかった古墳ウォ... | トップ | 柳井市 伊保庄周辺ウォーキン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野菜:芋類」カテゴリの最新記事