闘う社長の再起編

夢を実現すべく再起に向けてエネルギーを充填する日々の記録

年度末に何が言いたいのかわからん

2010年03月31日 22時45分46秒 | Weblog
あー今日で激動の2009年度が終わります、いゃぁ~厳しかったなぁ・・・
まぁ楽だった企業は一握りだったでしょうけど、
体力のないうちのような零細企業では、本当に大ダメージ。
昨日だったか、ニュースで雇用調整助成金を申請した事業所が
十数万事業所になり、2010年度末には財源が不足するのだ言っていた。

こうなってくると、少なくとも給料が出るだけマシとか
3Kの仕事や他人が嫌がる仕事でも、仕事があるだけマシというような、
大変低いレベルで妥協しなければならない事態がまだまだ続きそうだ。

私が通っていた起業家塾の同期で、やはり会社をたたんだ人がちらほら。
ウソか本当かわかりませんが、夜逃げ同然で行方不明になった人もいるそうだ。
私がまだ塾生だった頃は、先輩塾生が起業して
会社を潰した人はゼロだと聞いていたのに、今は惨憺たる状況のようだ。

景気回復には、経済活動の活発化が一番だが、
どうも日本人というのは、耐え忍ぶところに美徳を見出しているせいか
徳川吉宗のような倹約の傾向にあるから、余計に景気回復が遅いのだと思う。

丸々ではないにしても、私は川宗春の考え方にも一理あるように思いますが
日本人の性格からして、宗春公はまさに出る杭だ。
結局、家臣からも足を引っ張られ失脚してしまうのだが・・・

今のようにお金の流れが滞っている場合、誰かがエンジンとなって
その流れを動かさなければなりませんけど、今の民主党政府では
そんなエネルギーもなければ、効果的な施策もなさそうです。
その一方、オバマさん率いるアメリカも、今一元気がありませんな。
トヨタ叩きやアフガン増派と、国民の目線を海外に向けさせようとして失敗
いろいろ経済政策を打ち出しているわりには結果がでていません。

今は良いけどバブルが崩壊したら危ないといわれる中国だが、
とりあえず現在は世界経済を牽引してもらって、中国のバブル崩壊までに
こちらの経済を立て直せればそれでいいわけで
中国の場合、共産主義、貧富の格差、民族問題、そこにバブル不況がきたら
多分内乱が勃発して、旧ソ連のように独立する地域が出てくるでしょう。
そうなったら、それはそれでまた新しい世界経済の流れもできるでしょう。

とりあえず中国バブルのカウントダウンは、もう確実に始まっていますから
ちんたらちんたら経済対策していたら、経済が立ち直る前に
中国のバブル崩壊の影響を受けて、今よりもっと不況になりますよ日本は。

とウダウダと書きましたが、結局何が言いたいのかわからん投稿になりました


今日目に付いた記事:
 ・外来「野良ガメ」猛威、ペット育って手に負えず
  こんなの売った業者にも、捕獲費用を負担させればいいんだ!!

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 心静かに行く2009年度を送りませう
コメント

離陸します

2010年03月30日 15時08分54秒 | Weblog
うちの会社にとって激動の2009年度も、今日を含めて2日...

正直な話、創業以来、2009年度ほどしんどかった年度はありませんな、
過去、かなりヤバイ時もありましたが、どこかに逃げ道がありましたが
2009年度は完全に袋小路状態、いやいやもっと悪い蟻地獄状態でした、
もがけばもがくほど、更により悪い状態になっていくのですから。

しかし、そういう状態ですから、逆に得たものも沢山ありました。
一番大きかったのは、やはり真の仕事のパートナーが誰かという事が
明確に見えた事でしょう。捨てる神あれば拾う神ありというところでしょうか
また、このようにすれば生き延びられるという人生訓なんかも
身に付きましたし、多分、1年前よりかなり賢くはなっていると思います
もし今、ホームレスになる事があっても、復活するだけの自信がありますよ

また私の恩師の教えを逸脱した方向に進んで、痛い目にも遭いました。
人間困った時や追い込まれた時というのは、まさに藁をもつかむで
冷静な判断ができなくなってしまう場合があります。
私自身、そのような状態があり、そんな時は普段から頭に叩きこんでいる筈の
恩師の教えですら、頭の片隅にも出てきませんでしたよ。

個人的にも、親友に助けられる事が多かったですね。
一番励みになったのは、大学時代からの友人です、
現在、彼は金沢在住なのですが、これまでいろいろ紆余曲折ありましたけど
何ともたくましく生きているヤツで、その生き方に随分勇気付けられました
まぁ、彼にしたら、私を勇気付けるような気持ちは毛頭なかったと
思いますけど、、でも私にしてみたら本当に感謝!感謝!です。

今年に入ってから、長く暗いトンネルから抜けられそうで
少し向こうに光が見えてきました、それも仕事のパートナーさんのお陰。
まだ本格的に稼動しているわけではありませんが、
生まれて初めて海外出張へ行かせて頂き、また個人的にも、
今までした事のないような経験ができたり、カルチャーショックを受けたり
公私ともに、来期の忙しさを予見する出来事が起こっています。

いずれにしても、苦しい時にいろいろ手を差し伸べてくれた人々への
一番恩返しは、きっちり仕事して復活した自分を見てもらう事でしょうから
来期は、再出発のつもりで、身を粉にして精一杯やって、
誰にも納得して頂けるような素晴らしい成果を出したいと思っています。

来期のキーワードは、ずばり「再起動」です
離陸します、晴れた大空へ♪


今日目に付いた記事:
 ・京都タワー、高さ10傑から陥落!?東京スカイツリーの誕生で
  別に高い事と素晴らしい事は違うじゃない!?
  それに、京都タワーは、他にない特徴が沢山あるしいいじゃん!

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 負けない事♪
 投げ出さない事♪
 逃げ出さない事♪
 信じ抜く事♪
 駄目になりそうな時♪
 それが一番大事~♪

 負けないでもう少し、最後まで走り抜けて♪
 どんなに離れてても心はそばにいるわ~♪
 追いかけて遥かな夢を♪

 
コメント

昨日より明日

2010年03月29日 10時32分59秒 | Weblog
「耳が悪いのか口が悪いのか、お互いさまだ」(菅さん)
私としては、まぁどちらでも良いのですが、まぁ熱いのは良いとしても
そんな子供のケンカの下らない事に、時間を使わずもっと内容のある
議論に時間を使って欲しいものですな。

今日のネットニュースであるアサヒ・コムに
邪馬台国の地、皆既日食で決着か 岩屋戸神話から推論
という、なかなか面白い記事が載っていた。

天照大神が、弟である建速須佐之男命の悪行に怒り
天岩戸に隠れてしまったという伝説は皆さんもご存知だと思いますが、
その伝説が、古代で発生した日食の事をさしているのではないかという点から
アプローチして、邪馬台国の位置を探ろうという研究だとか。

ははは、なかなか興味深いアプローチですね、
そういう発想は、古代史研究かからはなかなか出てこないですから。
そういう切り口から研究されるのも良いとは思いますが、
あくまでも神話の話ですから、それに厳密な科学を当てはめても
正しい答えはでてこないだろうし、神話が興ざめになってしまいます。

でも「伝説と思っていた事が、実は真実だった!」という事は
シュリーマンのトロイ発掘という成果が残っているので
十把一絡げに作り話と言い切れない部分もありますね。
まぁそこが研究者のロマンかもしれませんけど。

以前もここで書きましたが、私も以前は古代史なども好きでしたが
今は過去の事より、未来を想像する方がずっと好きですね。
確かに古代の事実を見つける事は楽しい事かもしれませんけど
一握りの研究者以外は、多くの場合自己満足の域を出ないような気がします。

聖徳太子が実在していたのか架空の人物か?
その答えが出たところで、教科書は変わってもその時代の未来(即ち現在)は
いっこうに変わりませんから、そういう面白みがない。
しかし、未来はまだまだ如何様にでも変わるし、
ひょっとしたら明日の未来を私が変える事になるかもしれません。

今日創った製品が、明日の世界を大きく変える製品かもしれないし
私が今考えている事が具現化して、世界から飢餓がなくなるかもしれません。
まだ私たちは、どういう事象が起こったのかをしらないだけで
もう既に固定してしまった古代に比べて明日や未来には
「夢」と「ロマン」が無限に広がっています。

それに来年の自分を想像してみてください!
良い自分、悪い自分、貧乏な自分、金持ちな自分、いろいろ想像できます
ひょっとすると絶望的な事態が起こり、公園のトイレで寝泊りしているかも
知れませんし、芦屋に豪邸を建て神戸の夜景を眺めながらワインを
飲んでいるかもしれません、
もし悪い想像ならそうならないように頑張るし、
良い想像ならそれが叶うように頑張るし、いずれにしても良くても悪くても
一寸頑張ってみようかなって気になるじゃないですか
だから、古代史研究は研究者にお任せいたします。


今日目に付いた記事:
 ・阿久根市長「反対派を排除します」 反市長派会合で宣言
  ここの市民、不幸だね~! 市長もダメ、議会もダメ

今日の気持ちステータス: 寒い・・・

今日の一言:
 明日は全員平等にやってくる!
コメント

番組再編

2010年03月28日 11時32分57秒 | Weblog
春のテレビ番組再編で、おなじみの番組が打ち切りになったり
期待できそうな番組が始まったりと、チェンジの時期ですな。

今日、日曜日の朝のテレビ朝日の看板番組「サンデープロジェクト」
(田原総一郎司会)も消え去る番組です。
一説によると「田原総一郎氏の出演料が高くなりすぎた」とか
北朝鮮の拉致被害者への不愉快な発言で裁判を起こされているからとか
いろいろ言われていますが、真意の程は勿論わかりません。

しかし、田原氏の強健な発言や出演者に対する差別的な態度など
視聴者の中に、大変不愉快な気持ちを持っている人も多く
放送直後には、毎回、かなりクレームもきていたようです。

私としては、番組内容や田原氏の番組の進め方はともかくとして、
現役代議士が出演したり、問題の渦中にある人が出演したりと
政治経済ショーとして毎回楽しんでいたので
放送の打ち切りは少々残念に思いますね。

と思いきや、BS朝日で4月3日(土)から田原総一郎さん司会の
新番組「激論!クロスファイア」がスタートします。
そちらで田原さんのご活躍を期待します。
私の家には、BSを受信する環境がないので見られませんが・・・

そうそうゴールデンタイムの番組「総力報道!THE NEWS」(小林麻耶司会)は
1年で消えましたね、まぁ前評判の割には、今一キレがありませんでしたし
出演者やコメンテーターも今一、全体的に中途半端な感は否めません。
特集では、大変興味深いものもあったのですけどね。

その一方で、新番組といえばやっぱりドラマとアニメでしょう。
ドラマでは、主役を誰がやるかで大きく視聴率が変わってきます。
私はドラマもアニメも興味がありませんので、
どんな新番組が始まるのか知りませんけど、
どーせ、主演俳優ならキムタクや高橋克典、嵐のメンバーとかでしょうし、
主演女優なら仲間幸恵とか上戸あや、蒼井優とかじゃないんですか?!
アニメの方は、全然想像もつきませんな。

でも新番組ドラマで、唯一私が楽しみしているのが「救急救命室ER13」
これは初期シリーズから見ているし、展開の早いところが何とも言えません。
ERは、シカゴ総合カウンティでのお医者さんたちの熱~いドラマです。
ジョージ・クルーニーやローラ・イネスなど、
他のアメリカ映画でも活躍している人たちも出演されていましたしね。

ところで、私のようなテレビの録画好きの人間には、厳しい季節がきました。
そう!プロ野球中継。 プロ野球中継以後で録画予約する場合は
延長される事を考慮して録画予約しなければなりません。
楽しみにしていた録画番組が途中で切れていることほど
腹立たしく、かつ悲しい事はありませんよね。


今日目に付いた記事:
 ・【日曜経済講座】編集委員・田村秀男 むなしい郵貯引き上げ論議
  別な意味でもむなしい議論ですな

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 チェン~ジ
コメント

やりたい時が旬!

2010年03月27日 15時18分03秒 | Weblog
逐家好!恁最近好無?

↑これは「皆さんこんにちは!ご機嫌如何ですか?」という台湾語。
北京官話だと「大家好!最近好嗎?」となるらしいです

今後、台湾の人と仕事するなら、せめて挨拶や簡単な単語くらいは
話せて理解できないといけません、それで少しお勉強です
もちろん英語のリスニングの練習も欠かしておりません。

大学の頃は、外国人講師と議論できるくらい英会話ができたのに
今では読む事や片言を話せても、リスニングの能力は殆どありませんからね。
(私、大学は英語学部でした

大学を卒業した後に、一度、ゼミの先生に会いに行ったら、
「君なら通訳の仕事ができるのに、コンピュータ技術者とはもったいない」と
半ばお世辞だと思いますが、そう言われるくらいかなり話せたのに・・・

まぁでも必要とあらば何とか努力しますから、
昔のようにまた話せるようになるでしょう。
台湾語の勉強も、とっても興味深いですよ
同時に北京官話も勉強できるし、一挙両得!となるか
「二兎を追うもの一兎も得ず」になるかは、心がけ次第

他の言語を勉強するなら、絶対音から入るべきですな。
日本の英語教育のように文字から入ると絶対ダメだと私は思います、
中国人やインド人で、かなり訛っていても自由に英語を話せるが
英語を読み書きできない人は沢山います。

北京官話や台湾語の場合、日本と同じ漢字文化圏なので、
どうしても日本の漢字の呪縛から抜け出せません。
特に台湾語の場合などは、半分くらい漢字を見たら
意味が理解できてしまうところに落とし穴があり、
意味がわかってしまうが故に、音の方がおろそかになってしまいます。
実際に他人と話すのは筆談ではありませんから、
やはり音を大切しないと、外国語は上達しませんよ。

この間の台湾出張で、何かそこらあたりの学習意欲が弾けました
同じ勉強するなら、商談ができるくらいにまで上達したいものです。
もっと言えば、大学の時に第二外国語として勉強していたドイツ語や
ラテン語を研究してしたので、それの現代版であるスペイン語なども
勉強してみたいと思っています。

そうそう、以前、韓国の人と仕事した時にも少し韓国語を勉強したのでした
その韓国の人、直ぐにプロジェクトから外されて、
その後、韓国語を使う場面がなくなり、勉強する事もなくなりましたが
できれば韓国語も再度チャレンジしてモノにできたらなぁと思います。

もう頭がボケてくる年なのに、よく頑張りますねーと言われますが
興味を持って何かをやるのに、年は関係ないでしょう
肝心なのは、「面白い!」と思ってやる事が大事、
それと勉強を義務化しないことですな、「適当に」やるのが一番!
面白かったら「適当に」と思っていても、一生懸命やるでしょうから。

まぁ私の当面の目標は、英語のリスニングと台湾語と北京官話の習得です、
あーーこうなってくると、台湾にはまた仕事で行くとして
早く北京官話も片言でもいいから話せるようになって
紫禁城や万里の長城、楽山石仏などを是非とも訪問してみたいものです。


今日目に付いた記事:
 ・ABBA再結成も? 元メンバーが気になる発言
  これが事実なら、英語の勉強にも熱が入りますな
  私が大学生の時に飛躍的に英会話が伸びたのは、ABBAやビートルズ
  アメリカンロックなど音楽のおかげによるところが大きいですからね。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 必要は発明の母であり、最大の先生だ
コメント

期待外れ

2010年03月26日 22時10分57秒 | Weblog
それにしても寒いですね~、京都では場所によって雪がちらついたようです。
また、明日の最低気温は全国的に氷点下の所も多く、京都でも天気予報では
最低気温がー1度と言っていました。 もう来週は4月でしょう~~!!
どこが地球温暖化しているんだよぉー


さて、ここのところ鳩山さんのリーダーシップの欠如としか思えない事柄や
挙げた手が下げられないような事象が次々と起こっているようです。
郵政問題での亀井さんと意見の相違などは、何とも見苦しい。
まるで鳩山さんが亀井さんにナメられているような感じですし
やはり鳩山さんは、総理としての器ではないように思えてきます。
良くも悪くも、小沢さんくらいの影響力がないとダメです。

普天間基地移設問題でも、現在、ニュース報道から知る限りでは
政府案は、分散移転という何とも中途半端な結論に進みそうで
負担を分散するというより、不満を分散するだけのような気がします。
アメリカも納得するとは思いませんし、郵政問題と普天間移設問題で
鳩山政権は空中分解するような気がしてきましたな。

せっかく期待して、一票を投じたのですけどね・・・
まだ政権ができて半年ですから、希望は捨てていませんけど
もう少しどこかで未来につながるような光を見せてもらわないと。
現状では、あまりにも多くの矛盾を抱えすぎていて
どこかで大幅な政策転換しない限り、袋小路に入ってしまいます。

いいんですよ「マニュフェストは机上の空論が多かったし
政権をとって、いろいろ政府の内情が見えてきたので
これとこれの政策をこのように大きく変換します」と言えば。
妥当な転換政策なら、国民の支持は十分得られると思いますよ。

現状でも、多くの支持を得られている政策はあるじゃないですか!
事業仕分けなんかは、今では自民党からも評価する声があがるほど
また国民の大多数が支持する良い政策じゃないですか。
連立が足かせになっているのであれば、それはそれで連立を解消して
しっかり自分たちの主張を貫けばいいじゃないのでしょうか。

確かに3党連立で、話し合いも平等に行われてたらいい、
でも、国民の多くが支持したのは、連立3党でも国民新党でもない!
多くの国民が支持したのは、あくまで民主党ですから
最終的なキャスティングボートは、民主党が握らないとダメです。
仲良しクラブじゃないんだから「3党で平等に」なんて意味がない。

さて普天間問題で、三方一両損のような結果を狙っているとすれば
結局、全部敵になっちゃいますよ、鳩山さん!!


今日目に付いた記事:
 ・「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送
  まさに烏合の衆、こういう人間がいるから困るんだ。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 三方一両損は、三つ巴の争いの元
コメント (2)

5月18日6時44分14秒

2010年03月25日 18時28分56秒 | Weblog
金星探査衛星あかつきの打ち上げが「5月18日6時44分14秒」に設定されました
日本の探査衛星は、月探査かぐやでも実証されたように、大変高い完成度や
ハイビジョンなど、惑星探査に新しい一歩を踏み出すものです。
しかしその反面、火星探査機のぞみの失敗や小惑星探査機はやぶさ等の
トラブルも多く、まだまだ課題は山積しています。

金星探査衛星あかつきは、何とか成功して欲しいですねー、
このプロジェクトで金星に届けるメッセージ募集で
私もメッセージを投稿しただけに、心から成功を祈っています。

一方、小惑星イトカワ離脱後、様々なトラブルに見舞われて
一時は地球帰還を絶望視されていた小惑星探査機はやぶさは
何度か行われた軌道変換の試みが成功しつつあり
今年6月に地球に帰還する目処が立ったようです。
本当に良かったです!!
長い間、通信が途絶して、一時期、行方不明にもなったのにね。
ここまでくると科学技術というより、はやぶさプロジェクトの人たちの
執念みたいなものを感じますな。

何だかんだと言っても、最後は精神の力ですよね
先日、アポロ13号の帰還までのちょっとしたドキュメンタリを
どの番組でしたか流していましたけど、アポロ13号のクルーが
地球に帰還できたのも、地上スタッフや乗組員の執念の賜物でしょう。

以前から、もう何度も言っていますように、私は技術者ですから
神の存在など信じませんが、いろいろ聞き及ぶ中には
本当の極限状態で、まさに神様が微笑んだとしか思えない
奇跡の物語がいくつもあります。
但し、その瞬間に至るまでには、想像もできないくらいの努力や忍耐など
人知を超えた状態にならないといけないようですが。

まぁそこまでにならなくても、私の起業家塾の師匠などに言わせると
一生懸命商売をしていると、他人からは偶然に見える必然が次々と起こり
当事者ですら、振り返ってみれば大変驚く事があるとの事です。
ただ必然が起こるには、前向きに考え、行動を起こし、決して諦めず
他人のために自分として何ができるかを真剣に考えて努力する事が必要との事

でもそれができる起業家は、そんなに多くないでしょうな。
最初は全部揃っていても、悲しいかな業に負けてゆき
それらのどれかが欠けてしまいます、そして失敗していきます。
まぁ、それに近いのが、ここにも一人居ますけど
まぁ私の長所が、楽天的なところと諦めが悪いところでしょうか


今日目に付いた記事:
 ・おむつはかせロフトに2年、食事も1人 奈良5歳児餓死
  この事件、「虐待」という軽い言葉で終わらせていいのか!!
  この事件の報道が流れるたびに、亡くなった子の不憫さと
  こやつらへの怒りが倍々に膨れ上がりますわ。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 一体、春は今どこに?
コメント

グーグルと中国

2010年03月24日 10時17分12秒 | Weblog
ついに本格化してきましたグーグルと中国の闘い。
第三者の私としては、どっちもどっちという気がしますが・・・

大体、情報統制する事自体、自由を旨とする自然の摂理に反する行為ですし
歴史的に見ても、そんな事が長く続いたためしがありません、
ベルリンの壁崩壊が象徴しているように、いつか絶対破綻します。
一方「郷に入っては郷に従え」という言葉があるのですから
アメリカお得意の「相手の意思を無視して、アメリカ式自由を押し付ける」
という行為は間違っていますよ。

ちょっと不気味なのが、アメリカ政府が静観している点ですね。
まぁこれでアメリカ政府が正式に乗り出してくると、
事態は収拾できなくなる可能性もあるし、アメリカ政府からすると
債権を買って頂いているお客さんですから、今口出しするのは得策ではない。

今日の各ニュースサイトでも、このニュースは取り上げられています。
「グーグルがなくなっても百度があるから困らない」という意見や
逆にグーグルの撤退を歓迎する意見などが掲載されています。

私自身、確かに今グーグルが無くなっても、他のモノで代替できますから
食料がなくり窮するのと同様に困る事は全然ありません。
でもまぁ便利なツールは沢山あった方が、時間短縮になったり
仕事の効率が上がる事も多いからできるだけ多く使いたい、それだけです。

それより私にとって大きな問題は、ニッケイオンラインが縮小され
有料の日経新聞電子版に大きくシフトした事です。
つまり今までタダで見ていた内容と同等の内容を見たいなら
お金を払わなければならなくなる!!
この場合は、日経だけのスクープがありますから、代替が利きません
無料からいきなり月額4000円というのは、本当に困ったものです・・・
せめて1000円くらいなら考えてもよいのですけどね。

私自身は、情報には価値があるので、インターネット上の情報が
全部タダだと思い込んでいる日本人の考え方は間違っていると思いますし
しっかりした情報なら、それなりの対価を払いたいと思います。
しかし、無料だったものを、いきなり一方的に「はぃ今日から有料ね」
といわれても納得できませんな。
本当に無料版だった時と比べて、4000円分の価値のある情報を流してくるの?
という疑問がありますな。

という事情ですから、どちらかというと中国に味方したくなりますな


今日目に付いた記事:
 ・小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回
  生方氏を解任した事はworse、解任撤回はworst

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 どっちもどっちや!
コメント

世界規模での陰謀?!

2010年03月23日 23時07分01秒 | Weblog
出張から帰って以来、お蔭様で大忙し。大変ありがたい次第です。

さて、まだまだ寒い毎日ですけど、この時期になると気になるのが桜前線!
日本気象協会によると、今年の京都での開花予想が3月25日
つまり明後日という事ですが、今日の最低最高気温を考えると
25日に開花するかどうか・・・もう少し遅れそうな予感です。

先日、未来予測のテレビ番組で言っていましたが
50年後、桜の開花時期は、地球温暖化でもっと早くなるらしいです、
でも100年後には、桜がもっと早く咲くのかと思いきや
桜の開花には冬の寒さが必要なのですが、
100年後には寒くならないので、もはや桜が咲かなくなるのだとか
となると100年後の皆さんは、お花見で一杯という事がなくなるのですね。

かわいそうですな~、アルコールを飲む口実が一つ減るのですから
それにしても、奈良時代以来ずっと馴染んだ桜なのに
全く咲かなくなるというのは、少々寂しいものですね。
でも、私が生きている間に咲かなくなるわけでもないし
100年も先なら、もっと品種改良されて100年後の環境でも咲く桜を
作り出しているかもしれませんし。

こういう話になると、いつも疑問を持つのが「地球温暖化問題」
最後の氷河期が終わったのが、約1万年から2万年前ですから
それ以来ずっと大気の温度上昇は続いているわけで
まぁ多少なりとも、人間が加速する方向に手をかしているとしても
温暖化の流れを止めたり遅らせる事はできないと思いますよ。

二酸化炭素に温室効果がある事は、まず間違いないでしょうけど
二酸化炭素をできるだけ排出しないようにする人間の微々たる努力が
自然の力による温暖化に、大きく影響を及ぼすとは考えられません。
「地球温暖化」を誰が言い出したのかわかりませんが、
これにはとっても裏があるように思えて仕方ありません、
即ち、世界規模での陰謀です。人類はそれに踊らされているだけは?

現在の「地球温暖化」は、ちょっと前の環境ホルモンやダイオキシン問題
もっと言えば、常温核融合やオゾンホール問題などと同様に、それを利用して
儲けようとする人間が仕掛けた罠のような気がしてなりません。

ただ、それらの事柄と地球温暖化との違いは、
それらは時がくれば必ずウソがバレてしまいますが、地球温暖化の場合
人類が全く手を加えなくても、最後の氷河期以来、地球の平均気温は
上昇し続けるわけですから、それを「二酸化炭素で温暖化している」という
論理に偽装しやすくウソがバレにくい仕組みなっています。
相当頭のキレる人が考え出したビジネスモデルでしょう。

いずれにしても、地球の平均気温がいくら高くなるといえども
金星のように500度を越えるような事にはなりませんから
また、マヤ暦のように2012年かノストラダムスの予言が終わると
ノストラダムス自身が記している西暦2242年には、どーせ
人類は滅ぶのですから、そんなに未来の事を心配する必要もないでしょう


今日目に付いた記事:
 ・11兆円の追加対策案発表=国民新
  本質が見えていませんな! カネを投入するだけでは解決にならない。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 そんなに目くじらを立てなくても・・・地球温暖化
コメント

台湾出張記 Ⅱ

2010年03月22日 09時47分20秒 | Weblog
昨日の「台湾出張記」は、ほとんど感想でした

今日は工程の面から書いています。

南海電車は関空2Fに到着、関空では、航空各社のチェックインカウンターが
3Fにあるので、まずエレベータで3Fへ向かいチェックイン。
とりあえずセキュリティチェックを超えれば、
出国手続きは事務手続きだけですから、簡単なものです。

行きはチャイナエアライン(CI157)、
エアバスA330-300ですから、全体的にきれいなフォルムの機体です。
キャビンアテンダントは、人気の高いチャイナドレス風の制服
いやぁ~いいですね!!、JALやANAも着物風にすれば良いのにね。

関空から台湾桃園国際空港まで、往きが約3時間、帰りが約2時間。
まぁ平均して、大阪から東京に行くのと、同じくらいの時間で行けます。
私の席はWindowsですから、外がよく見える席ですが
国際線の航空機は、国内線よりずっと高い高度で飛びますから
水平飛行中は、雲しか見えません

台湾桃園国際空港では、先に行っていたお客さんと合流。
わーーー周りをみると漢字だらけ!それも旧字がたくさん。
そりゃぁ当然ですよね、ここは台湾ですからね

そこからリムジンバスで、高鐵・桃園駅まで30元(約85円)
高鐵とは新幹線の事、車両がオレンジですが日本の新幹線そのまま
高鐵・桃園駅からホテルのある高鐵・板橋駅まで1駅で110元(約350円)
ちなみ板橋は、バンチャオと発音します。

面白いですよ、台湾には日本のような地名が沢山あります。
バンチャオ(板橋)もそうですが、フウツォン(府中)、ガオション(高雄)
ははは、まぁお互い漢字文化ですから、似たものがあるのでしょう。

到着した夜には、現地法人の社長とお客さんと3人で台北市の中心で食事
小籠包が大変おいしいお店という事でしたが、本当にうまかったです
日本人には、永康街地区にある「鼎泰豊」が有名なのですが
中山地区にある「京鼎楼」の方が、汁が多くておいしいとの事で
今回は「京鼎楼」へ連れてもらいました。

ちなみに、台湾はさすが亜熱帯、長袖シャツだとじんわりと汗がぁ~!
現地の人は、半そでシャツに短パン格好の人も結構いましたよ、
京都の自宅を出る時には、まだ吐く息が白かったのにね

2日目は、ホテルからジェユン(捷運)とバス(巴士)を乗り継いで
一緒に仕事をする台湾の会社へ。
捷運とは、MRT(Mass Rapid Transit)で、日本でいう地下鉄です、
巴士は、英語のBusに漢字を当てはめたもの。

捷運では驚きの連続です。 まず最初の驚きは、電車に乗るのに
みんなきっちり整列していて並んでいます。
日本のように、ラインが引いてあったりアナウンスは流れません。

次の驚きは、時刻表がありません!
要するに、電車が来た時が到着時刻なのだそうです、
まぁ最低でも15分に1本は来るのだそうですが、日本も同じですが・・・
お客さんによると、他の国でも同じで、日本だけが特殊なのだそうです、
1分でも電車が遅れたら、イライラしたりクレームをつけるのは
日本人だけで、他の国では遅れるのが当たり前だとか

あと通勤時間帯だというのに、スーツ姿は誰も居ません!
居たと思ったら日本人、台湾では重要な商談で客先で出向く時ぐらいしか
スーツで出かける事がないのだそうです。
ちなみに私はお客さんからその事を聞いていたので、カジュアル姿でしたが。
それにしても、同じ紺色のスーツ姿の日本人集団は異様でしたね。
まるで、何か宗教の信者一行のような

MRTから、とても日本では考えられない台湾の巴士に乗って先方へ。
何が考えられないって、急発進や急ブレーキは当たり前!
まるでレースをしているように、おもいっきりスピードを出します。
ちなみに、巴士でも時刻表はありませんからね。

その夜、ホテルのある板橋の夜市へ、台湾の技術者と往きました。
夜市とは、まぁ縁日のような屋台が沢山並びます、現地の人で超満員!
その狭く人ごみの路地を、原付バイクがひっきりなしに通るのですから驚き
その夜市、食べ物、雑貨など売っているものが、滅茶苦茶安い!!
私はラーメンと麻婆豆腐を食べましたが、その両方で150元(約450円)
日本なら、1000円を軽く超えていますよ
まぁそのかわり、店といっても掘っ立て小屋のような場所でしたが。

最終日は、航空機の時刻の関係で、4時起きの5時にホテル出発。
台湾の捷運は、6時にならないと動かないので、
まだ暗い台湾の早朝、ガラガラとキャリーバッグを引きずりながら
歩く事約15分、リムジンバス乗り場へ行きました。

帰りの飛行機もエアバスだったはずなのに、
何故かボーイング747-400に代わっていました。
エアバスは静かだったのに、ボーイングはかなり喧しかったです。
帰りは約2時間で帰ってこられましたよ、早いですな。
新幹線の東京→京都間より早い!!

また近いうちに台湾へ出張する日も来そうです。
但し、次回は完全に一人で行かなければならない可能性が高いです。
まぁ少々不安なところもありますが、まだ台湾は良いですよ
何故なら、台湾も漢字文化ですから、漢字を見れば大体推測できますからね。
それに気候といい、風土といい、いい加減さといい、私にはぴったりなので
不安にも増して期待の方が大きいですな
次回には、土日も絡めて、少し観光できる時間が取れるとうれしいのですが。

と、今日は思いっきり長文を書きました、お疲れ様でした。


今日目に付いた記事:
 ・<殺人容疑>「介護に疲れ」69歳妻を絞殺 三重
  こういう悲劇が最近多すぎますな・・・回避する仕組みを考えねば。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 もっと世界を見てみたい
コメント