闘う社長の再起編

夢を実現すべく再起に向けてエネルギーを充填する日々の記録

そんな事言っている場合か!?

2017年03月31日 21時22分26秒 | Weblog
明日から4月というのに、今日は真冬のコートを着ないと寒いくらい。
どーなってんのかここのところの天候。来週は暖かくなるという予報だが・・・

さて、また私にとって憂鬱な季節がやってきた。
野球好きの方には申し訳ないが、私は野球中継が大嫌いである。
また「開幕戦」とか聞くとイライラする。
まぁもっとも、競馬中継、フィギュアスケート中継も同じようにイライラいするが。

日本では、法改正により4月から日常生活で様々な影響があるという時に
何が開幕戦だ! どの馬が勝っても法は変わらない!!

開幕戦でどのチームが勝ったかを知るより、どの法律が改正されたか
また今国会でどういう法案が通り、日常生活にどう影響するのかの方が大事だ。

税制改正で、この4月から変更される点については、まさに弱者いじめ!
そのいじめられている人たちが、それに気づかず、巨人が勝っただの
阪神が勝ったなど言っているのを見ると、アホちゃうかいな?と見える。
そんな事言っている場合か!?

また北朝鮮が、また核実験しようとしているし、先日の固形ミサイル発射実験が
成功して日本への脅威が増している時に、何をのんきな事をいっている。
平和ボケも甚だしい!

マスコミもマスコミや、下らん番組を延々と流して国民を腑抜けにしてどうする?
マスコミは、政治批判する立場だろう?
もっと安倍政権が密かにやろうとしている事を国民に暴露し
政府の批判を展開するのがマスコミの仕事だろうが!!

私はテレビ番組一つとっても、
日本の国民を腑抜けのアホにしようとしているとしか思えない。

今世界で起こっている事、それはすべて大なり小なり日本に影響を及ぼす。
今はまだ蟻の一穴でも、将来、大問題に発展する可能性のあるものもある、
日本国民は、その事実を知り、考え、将来に備える必要があるだろう。

もっといろいろ世の中で起こっている事を知らなければならない時に
何が春の特番や! 全く日本人のお目出度いのには参ってしまう。


今日目についた記事:
 ・<米国>保護主義政策始動 貿易赤字削減令に署名へ
  具体的な内容は公表されていないが、最悪、貿易戦争が起こるぞ!

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 もっと日本人は、世界の事を知らなあかんわ!無知すぎる!!

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
コメント

池上彰さんの本

2017年03月30日 20時57分02秒 | Weblog
この記事を昨日書いたのですが、記事の設定が下書きになっていたので公開されませんでした。
改めて設定を公開にして投稿しています。
-----------------------------------------------------------------------------------------

池上彰さん、この名前を知らない方は殆どおられないでしょう。
あらゆる分野の難しい事を分かりやすく解説する事で、
TVのみならず講演などでも引っ張りだこの方です。

私も池上さんの出演される番組をよく拝見させて頂いております、
というかNHKのこどもニュースの時からのファンです。
当時、子供向けにいろいろ解説されていたのですが、
大人が見ても大変面白い番組だったので、毎回欠かさず見ていました。

現在、政治、経済、国際のみならず、宗教や教育まで幅広い範疇の事を解説され
その幅広い知識をどのように勉強されているのか大変興味があるところです。

池上さんの知識の源泉の一つである読書については、
先日、佐藤優氏との対談形式の「僕らが毎日やっている最強の読み方」という本で
どのように読書されているのかを知ることができました。

今日は、NHK時代から今日まで、どのように継続して勉強されていったのかを
知ることができる「学び続ける力 池上さんと考える教養のすすめ」という本を読みました。


180ページ程のコンパクト判サイズの本ですから、
完読するのに3時間ほどでしたが、内容はなかなか面白かったですね。
どのようにな所に力点をおいて勉強されたのか、どういう所で悩まれたのか
池上さんにとって「学ぶ」という事はどういうことなのかがよくわかりました。

本の帯のところにも書かれていますが、
「すぐに役立たない事を学んでおけばずっと役にたつ」
この考え方は大変面白いですねー。
でも本来の勉強とはそういうものだと思います。

私自身、志を持って将来の為に勉強しているのですが、
何分、現在の為じゃなく将来の為の勉強なので、
いろいろ迷いが出ることがありますが、
池上さんの本を読んで、そういう迷いを捨て、
将来必ず力になると信じて勉強する事ができると思います。

現在、いろいろな事を勉強していますけど、日々知らない事を覚え
前日より進歩している自分を感じる事は、とても楽しい事です。
しかしながら、私のようにロジカルな考えを持っていると、数学と同じで
やったことに対してすぐ結果がでないと、時として不安になるんですよね~。

池上さんの歩まれた道と私が求めている物とは随分異なりますが、
池上さんが自分自身を信じて勉強されたのと同じように
私も自分を信じて、日々勉強を進める事ですな。


今日目についた記事:
 ・Wi-FiにつなぐとiPhoneが乗っ取られる!? 恐怖のハッキング手法
  何と危険な!!これじゃぁ海外でフリーWifiにつなげられないじゃないの!

今日の気持ちステータス: 今日は暖かかった

今日の一言:
 池上さんの『おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書)』も読みたい!
 Kndle版だと、何と349円!

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・学び続ける力 池上さんと考える教養のすすめ 完読
コメント

毒物カレー事件の再審請求の棄却に思う

2017年03月29日 21時06分18秒 | Weblog
今日、1998年に起こった和歌山市の毒物カレー事件の再審請求が
最高裁で棄却されたというニュースが流れました。

ヨミウリ・オンラインの記事
毒物カレー事件、林死刑囚の再審請求退ける決定

若い人はこの事件の事を知らない人も沢山いるでしょう。
私はよく覚えていますよ、連日、報道されましたからね。

結局、林真須美死刑囚が夏祭り会場のカレー鍋にヒ素を入れ、カレーライスを
食べた住民4人を急性ヒ素中毒で殺害して63人に重軽症を負わせたとされる事件。

様々な報道で、限りなく林真須美が怪しいとは思いますが、どこか釈然としない。
別に林真須美を弁護するわけではありませんが、有罪とされたのが全部状況証拠。
確たる証拠もなく、本人はずっと否認したままでしょう?

当時最先端のスプリング8による蛍光X線分析を行って
カレー鍋に入っていたヒ素と、被告の家にあったヒ素とほぼ同じものだと断定。
それが証拠の一つとして、有罪の根拠の一つとなっている。

もし万が一、ヒ素が同一だったとしても、被害者が出たら一番最初に疑われるのに
自らヒ素をカレー鍋に混入させるだろうか?という疑問も残る。

いずれにしても、未だに本当の犯行理由や、何故、カレー鍋にヒ素を入れたか等
明らかになっていない事も沢山あるし、死刑判決後に集まった情報もある、
又、事件からもう20年も経っているので、当時より検査精度も上がっているし
再審をやっても良かったのではないかと思いますけどね。

あともう一つ気になるのが、林被告の自宅が放火された事。
憶測すれば、真犯人が林被告をハメた後、証拠隠滅の為に自宅を放火した線も
無きにしも非ずという気もする。

一応死刑判決は出ているが、決定的な証拠と動機が不明な事から
冤罪の可能性もあるのではないかとも思う。
それをもう一度はっきりさせる意味でも、再審をやった方が良かったと思うのだが。


今日目についた記事:
 ・英首相、EU離脱書簡に署名=29日夜に通告へ
  ついに英国のEU離脱プロセスが始まる。どういう結末になるのやら。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 一度判決が出たものは、もう一度ゼロベースで見直すことはできないのか?

今日の読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
コメント

果たして核兵器のない世界は単なる理想だろうか?

2017年03月29日 00時33分14秒 | Weblog
今日のYAHOOニュース
核禁止条約交渉、日本は不参加=「国際社会の分断深める」と軍縮大使―国連

何で日本は不参加なんだろうと思ったら、日米安保条約で核の傘に守られているから
核禁止条約に不参加なのだそうだ。

世界で唯一の被爆国である日本が率先して核禁止に動いて当然、
否、使命なのではないかと思うのだが、不参加とは日本政府は何と腰抜けな事か!

CNNでは、アメリカの立場が載っている
「家族の為に何よりも核兵器なき世界を望むが、我々は現実的でなければならない」
「北朝鮮が核兵器禁止に同意すると誰が信じられるだろうか」

確かにアメリカの主張のような状況にあるのは事実だが、
このような主張をしているという事は、
現在あるイージスシステム、ハッキングや新兵器で
北朝鮮の核を阻止する事ができないという事を露呈している。

果たして核兵器のない世界は単なる理想だろうか?私はそうは思わない。
確かに今すぐは無理かもしれない。これまた全く矛盾しているのだが、
私は日本も、現状、核兵器を持つべきだと思っている。

だが、日本政府として理想を追求するなら、アメリカが何と言おうが、
私のような危険な一国民がなんと言おうが、核禁止条約に参加すべきだ。
そして核保有国に対して核禁止条約に参加する事を
説得するくらいの意気込みが欲しいところだ。

いずれ近い将来、核による大量破壊兵器が無用な時代がやってくる。
ブラックパラドックスだが、ピンポイントでターゲットを破壊する兵器や、
SF映画に出てくるようなレーザー兵器ができれば、
核弾道ミサイルなど無用の長物になる日が必ず来る。


今日目についた記事:
 ・中部空港:カプセルホテル開業へ ビル内に4月8日から
  関空でもこれやって欲しい!早朝便や深夜便の利用客は絶対利用したいはずだ

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 いつも日本は、ここ一番という処で腰が引けるな

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
コメント

最初から打率3割を目指している人は、打率3割は打てない

2017年03月28日 00時22分46秒 | Weblog
今日も遅い更新となりました。

ここのところ英会話のレッスン中級に入って難しくなり、予習・復習の時間が多く必要になったので
なかなかブログを書いている時間が少なくなりました。
でもなかなか楽しいですよ、日々、新しい事を覚えていくというのは。

現在、TOEICで言えば600点台のあたりのレベルかな。
それでちゃんとついていっているので、夏ごろには700点レベルにはなりそうです。
でも目標はあくまで満点の990点!!

イチロー選手と同じ気持ちです。イチロー選手は、100%安打を打つことを目標にしているが、
それでも2/3は失敗している、逆を返せばそれでも打率3割台を残してきた。
高い目標を立て、それに向かって努力するから、他の人以上の成績がのこせるのだ。

最初から打率3割を目指している人は、打率3割は打てない。
何故なら、3割を打つ努力しかしないからだ。
100%を目指しているからこそ、イチロー選手は3割の打率を残せる。
結局、ちんけな目標しか立てられなかったら、ちんけな結果しか残せない。

だから私も満点とれるための努力を惜しまない。


今日目についた記事:
 ・「日本人の民度は高い」って言うけど、実際どれくらい高い?=中国報道
  先日、中国人留学生が日本の大学に留学する人数が増えているとTVで言っていたが、
  そういう人たちが日本で勉強し、中国に戻って教育する立場になる頃から
  中国の民度も上がってくるものと期待したい。

今日の気持ちステータス: 一体いつになったら暖かくなるのか?

今日の一言:
 今年に入ってから、私の目標としている通過点の一つが見えてきた。

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
コメント

こういう理由で私は最近殆どテレビを見ない

2017年03月26日 20時51分36秒 | Weblog
そろそろプロ野球が始まる季節になってきましたね。
プロ野球に全く興味のない私にとって、あまりテレビを見なくなった私が見る数少ない番組が
プロ野球中継によって潰れたり、延長されて時間が変わってしまうと、頭に来ます。
だからプロ野球中継など無くなってしまったらいいと思っています。

テレビ番組への不満で、今日の東洋経済オンラインに面白い記事が載っていました。
テレビに視聴者がうんざりしている真の理由』という記事。

この記事では、テレビへの不満として一番多かったのが「CM前後で同じ映像を見せられる」
次に「番組のスタート時間が、〇時54分などバラバラで分かりにくい」
「特番のような長時間番組ばかりなのはなぜ?」、「出演者が多すぎる」「芸能事務所によって扱いが違う」
と続く。

私としては、昨日の夜、池上彰さんの番組を見ていた時、CMが入って、番組が始まると
また直ぐにCMが入る、直ぐにCMが入ったからイライラしていたら、直ぐまたCMだ。
こんなことなら、小まめにCM入れるくらいなら、ちょっと長めでもいいから
まとめてCMを入れて貰いたい。

それに決まった番組を録画して、あとからCMカットの編集をするので
こういうように小まめにCMが入ると、CMをカットする手間が増えるし、
その部分がエンコードし直されるので、動画をDVDに焼くのに時間がかかってしまう。

まだある、お笑い芸人が買い物をする番組。これ程面白くない番組はない。
食べ歩きもムカついているが、まだ美味しい店の紹介にものなっているのでまだマシ、
ところが、買い物の場合、ドン・キホーテに行ったり、家電量販店に行ったりと
別段目新しいものもなく、出演している芸能人の自己満足に過ぎない。
当然のことながら、そんな下らん番組は時間の無駄だから見るはずもない。

最近つくづく思うことは、殆どのテレビ番組は見たらバカになると思っている。
勿論、ニュースやNHKスペシャル、ためしてガッテン、サイエンスゼロ、ジパング、
ガイアの夜明け、池上彰さんのニュース解説等、素晴らしい番組もあるのだが少数派だ。

NHKで国会中継を延々とやっているが、昼間テレビを見られないサラリーマン用に
夜、ダイジェストをやるなり、国民に国会で決まった法案を解説する番組などができないかね?
そういう風に、国で決まったことを国民に知らせないのはおかしい。

最近、勉強に忙しい事もあるが、こういう理由で私は最近殆どテレビを見ない。


今日目についた記事:
 ・地球の「きょうだい」に「生命発見」の現場を見に行く方法
  いずれそういう方法は見つかるだろうが、私が生きている間には無理だな

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 季節の特番も下らん!

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
コメント

また極小期に入るのか?

2017年03月25日 21時18分50秒 | Weblog
相変わらず寒いですね・・・もう少しで4月だというのになぁ~。
で、気象庁の過去の資料で調べてみると、やはりここ数年で一番寒い。
前回、異様に寒い春があったのが、2010年と2011年。
2011年は3月が特に寒く、2010年は4月が寒い。
これには様々な要因があるようですが、太陽の活動が低下しているのも
原因としてあるのかもしれません。

皆さんはご存知かどうか知りませんが、2016年の6月から
太陽表面の黒点が全く無くなってしまったという日が増えているいるようです。

黒点があまり出ない時代は、歴史的には、寒冷化の時代に入ることが多かったようで
テムズ川が凍り付いたとされるマウンダー極小期(1645年~1715年)や
ダルトン極小期(1790年~1830年)は太陽活動が低かった期間であるとされている。


また極小期に入るのか、回復するのか、専門家の中でも意見が分かれているようです。
ロシア科学アカデミーの科学者は、ミニ氷河期は「2015年にすでに始まって」おり、
今後「200年から250年間続く」と主張しているらしいです。

気象は、経済に大きな影響を及ぼしますし、特に農業は大きく左右されます。
いずれにしても、ここ数か月~1年は、太陽の活動がどうなるのか注意です。
でもたとえ極小期に入ったとしても、人類にはなすすべがありませんが。


今日目についた記事:
 ・台湾発「金魚ちゃん」ティーバッグ 海外初の京都支店オープン
  これは面白い!! もっと拡大するだろうなぁ~

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 やっぱり暑い国に移住やな

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・DUO 3.0 / ザ・カード 第5組
コメント

これが世界でウケる製品とウケない日本製品の違いだ

2017年03月24日 22時00分01秒 | Weblog
今日は、ちょっと面白い比較をしてみました。

かなり私の偏見に満ちた内容なので、異論はあろうかと思いますが
私の個人的意見なので、そこは言論の自由です。

先日、台湾に行く前に、一人旅なので自撮り棒を購入しました。
確か純日本製で2000円弱(平均的な価格のもの)だったと思います。
それを持って台湾に行きました。

ところが台湾の友人が台湾のショップに連れて行ってくれた時
自撮り棒が売ってたのを見つけてとても安いので購入しました。
中国製だと思われるもので、約320円(100NTD)

その2本の写真がこれ↓ 上が日本製、下が中国製


伸ばした感じはこれ↓


ここからが本番。

日本製の自撮り棒は、アタッチメントもいろいろ付属していて
自撮り棒の先端にそれらを取り付けるだけで、様々なものを装着する事ができます。
iPhone、デジカメ、ハンディビデオ等。
作りはしっかりしていて、少々重い装置を先端につけてもたわまないず
安定して綺麗な画像が撮影できます。
シャッターは、別に手元で操作できるBlueTooth内蔵シャッターボタンです。
おまけに腕を通すストラップも着いているので、落とすこともない。
自撮り棒は、無限段階に伸ばせて、伸ばしたところでしっかり固定できるようになっています。
重さは約300g(iPhone用アタッチメントをつけた状態)

さて台湾で購入した中国製。最初見た時、玩具かと思いました。
あまりにもちゃっちぃ作りで、iPhone専用。BlueToothもなく
手元のシャッタと先端のコネクタと線でつながれています。
長さは日本製の2/3くらいの長さ、細いので伸ばすと少したわむ感じがあります。
重さは、多分100gくらい。

それぞれの自撮り棒の説明は上の通りです。

私が言いたいのはここからです。

撮りたい風景があります、さてそれぞれの自撮り棒をスタンバイして撮影します。
日本製は、まずiPhone用アタッチメントを装着して、iPhoneをBlueToothで接続し、
iPhoneをアタッチメントに装着して自撮り棒を伸ばし、そこで固定してハィチーズ。そこまで約3分。

中国製は、まずiPhoneを装着し自撮り棒を伸ばしてハイチーズ。そこまで約20秒。

確かに日本製は、様々な撮影機材に対応しており、多少重い撮影機材を装填しても
たわまず安定した画像が撮影できる、おまけにBlueToothなので、シャッターと
機材が無線でつながる先端技術を使ってある。
一方、中国製はiPhoneにしか対応しておらず、iPhoneを装着したらちょっとたわむ。

台湾の各観光地に行った時に、観光客が持っている自動り棒を見ましたが
九割がた中国製と思われる私が台湾で購入した自撮り棒でした。

ここに日本製品が世界で売れない理由の一つがあると思います。

日本製は、いろいろなものに対応でき作りもしっかりしている、でも高価だし
いざ使おうとしたら、いろいろ準備が要る。
一方、中国製はつくりがちゃっちぃが、iPhoneに特化していて値段も安く
いざ使いたい時にすぐ使える。
上でiPhoneを装着したらたわむと書きましたが、実際撮影する時には
iPhoneの映像を見ながら撮影するので、たわみは全く気にならない。

つまり、実際iPhoneで撮影する時には、不要な機能をそぎ落とし、iPhoneに特化して、
撮りたい時にすぐ撮れる中国製の方が使い勝手が良いという事。
おまけに要らない機能はついていないので安い。

結局、日本製は使わない機能が沢山ついていて、過剰なばかりの安定性、
組み合わせが沢山あるから、セッティングに時間がかかる等、使い勝手が悪い。
それでいて、使わない機能の分も価格にふくまれているから高い。

多分、日本の家電にも同じ事が言えるのではないでしょうか?
中国製は、単に作りが良くないから安いのではなく、いらない機能はすべてカットされ
最低限の状態で最低限の事ができればいいように作られている。
だから日本製より安い。

世界中で中国製品や韓国製品のシェアが伸びている中、
日本製品はなかなか売れない理由の一つが見えたような気がしました。

うちの洗濯機、東芝製ですけど、細かなメニューがあり、様々なものを
最適な状態で洗えるようになっていますが、そんな機能殆ど使った事がありません。

洗濯機の本分は、洗濯物がきれいになったらいいわけであり、
理想では、洗濯物と洗剤を洗濯機に入れて、ボタン一つが理想。

東南アジアの田舎町で、日本製の細かな機能メニューが必要だと思いません。
それに比べたら、分厚い操作説明書も読む必要がなく、
洗濯物と洗剤を洗濯機に入れてボタン一つで洗濯してくれる
シンプルで安価な中国製や韓国製が売れるに決まっています。

で、何が言いたいかというと、日本の製品も、自らの技術におぼれず、
シンプルで世界に通用する安価なものを作るべきだと思いますね。


今日目についた記事:
 ・日本の新車市場は「500万台・世界3位」を維持できるか
  無理だね、今日の記事に書いたように日本車は確かに高品質だが
  新興国市場中心に拡大すると、高品質より安価なものにニーズが集まる。

今日の気持ちステータス: もう少しで4月なのに寒すぎる!

今日の一言:
 耐久性については、日本製の方が優れているので、安価な製品が作れれば
 世界で売れると思いますけどね。

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・DUO 3.0 / ザ・カード 第5組
コメント

10日遅れで桜が満開に。今年も会えたね!

2017年03月23日 21時50分06秒 | Weblog
さて、いよいよ隣家の桜が満開近くなってきました。

去年、3月14日頃が満開だったのに対して、今年は3月24日頃が満開ですから
去年より10日も遅く満開を迎えます、この冬はそれだけ寒いという事ですね。







今年も、淡いピンク色の花びらが、何とも可愛い。


主張し過ぎず、それでいて可憐。
それでいてまだまだ寒風が吹く中力強く咲いている様は、
まさに大和撫子のようです。


今年も私たちの目を楽しませてくれて、
春の到来を教えてくれるこの桜に感謝。


今日目についた記事:
 ・籠池氏「首相夫人から百万円」、政府側は否定
  今日の喚問で名前が出た全員を喚問すべきだと思いますね。真相が未だわからない状態で
  名前が出たのですから、全員グレーですしね。安倍夫人も含めて。

今日の気持ちステータス: 

今日の一言:
 今年も会えたね! 桜の花を見て暖かい気持ちになりました。

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・DUO 3.0 / ザ・カード 第5組
 ・異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 完読
コメント (2)

読書時間確保のキーポイントはネット断ち」と「酒断ち」?!

2017年03月22日 22時52分31秒 | Weblog
DMMのポイントがかなりたまり、もうすぐ無効になるポイントが出てきたので
何と交換しようかといろいろ見ていたら、以前から読みたかった池上彰さんと
佐藤優氏の対談形式の「僕らが毎日やっている最強の読み方」という電子書籍を購入。
この本には、本を読むコツだけでなく、新聞や雑誌の読み方、ニュースの読み方などが書かれています。

今日は仕事も暇だった事もあって完読。なかなか面白い本でしたな。
池上彰さんといえば、一日に10数誌の新聞を読み、年300冊以上の本を読んでいる事で知られている。
なかなか本を読み進めない私としては、池上さんがどのように大量の本を読んいるのか知りたくて
この本を購入したのですが、その秘密がこの本には書かれていましたね。
佐藤さんも、月300冊の本を読むという強者、やはり池上さんと共通点がありました。


池上さんにしろ佐藤さんにしろ、かなり速読されているのは確かですが、
ポイントは必要な情報とそうでない情報を選択する事。
つまりじっくり精読する本と速読で済ませる本を選択する事です。
私のように全部の本を精読しているようでは、いくら時間があっても足りなくなる。

まぁ私読むような本と池上さんが読む本のジャンルはかなり違うので
そのコツをそのまま適用できませんが、本を選ぶという点では同じですね。

驚いたのは、両氏とも本に書き込みをしたり、メモをはさんだり、角を折ったりと
徹底的に使い込んで、読書ノートなるものを作っている点です。

あと私が最も知りたかった読書時間の作り方は、やはり秀逸ですね。
少しの時間があれば、徹底的に読書する。
両氏とも意見が一致しているのは、「ネット断ち」と「酒断ち」です

池上さんの発言で『私もよく「どうしてそんなに本が読めるんですか?」と聞かれますが、
「下戸で酒が飲めないからです」と答えると大半の人は納得してくれます』とあります。
さらに『ある程度は浮世の義理を欠かないと、本を読む時間がとれないのは事実だと思います』
と発言されています
佐藤さんも極論と前置きをして『「酒を飲むのは人生の無駄だ」と私は思っています』と
発言しています。

これは私が自分の目標の為に、浮世の義理を欠いている事と似ていますね。
私にとっては、他の人とバカ話をして酒を飲むのは時間の無駄と思っていますから。
ただ厳選した友人と建設的な意見交換や情報交換しながら、酒を飲むのは大変有益ですけどね。

もう一つの「ネット断ち」は、私には耳の痛い所です。
確かにネットサーフィンしていても、殆ど実になる情報はありませんからね。
ここはちょっと反省して、ネットを見る時間を減らし読書の時間に充てたいです。

他にも英語教材の話や、海外のニュースサイトの読み方など、いろいろ両氏のテクニックがかかれているので
ポイントを使って殆どタダで買った本ですが、最初から最後まで楽しめましたね、この本は。


今日目についた記事:
 ・<藤原定家>日記の「赤気」はオーロラ 極地研などが解析
  京都でもオーロラが見えたんだ!!

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 やっぱり達人達の持っているコツは凄い

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・DUO 3.0 / ザ・カード 第5組
 ・異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
 ・僕らが毎日やっている最強の読み方 完読
コメント