教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

イモガイあらためマガキガイ

2012年06月28日 | その他

 からりと晴れ上がった日、お墓参りに行きました。



家族の中で一番きれい好きで花好きだった
父の笑顔を思い浮かべながらお参りしました。
心の中にいつもいるので月命日毎に行かなくても
良いとは思っているものの・・お墓をきれいにして
お花を供えるとやはり気持ちがすっきりします♪

今回は姉が出張続きで忙しいため母と二人。

そういえば先月は泊りがけで来たっけ・・・

海水浴シーズン直前の浜辺は駐車場整備が
されてはいるものの、とっても静か。



潮だまりをのぞけばきれいな貝がたくさん!
動き回っている様子を見ていると飽きません。



あっ、きれいな貝♪
ボリュームのある手前の2枚貝も奥の巻貝も生きているようです。

奥の貝はひょっとして恐ろしい毒を持つというイモガイなのでは!
トングで恐る恐るひっくり返してみると



さっと飛び出しナイフのようなものを繰り出しました!



この目玉、絵に描いたようです。
どのくらい見えているのでしょうね?



この刀のような足を勢いよく2回振ったと思ったら
クルリっと裏返りました。
その動きが素早く力強かったうえ、毒もちだと思い込んでいるので
あまり近寄れませんでした。

家に帰って調べたら無毒で美味しいマガキガイだと
わかりました。刀を振りかざす様からチャンバラ貝とも
呼ばれるのだとか。怖がらず動画を録っておけば
良かった・・。



この海草の塊に見えるものは小さなカニで
名前はモクズショイ。藻屑を背負って身を守って
いるそうです。
潮溜まりはおもしろいな~♪

遠くで遊ぶ幼稚園児たちの声と波の音を聴きながら
楽しそうにしている母や貝やきらめく水平線を見ていると
心まで凪いできて、海に溶け込んだような感覚になりました。

かわったさえずりで現実にもどされ
見回すと



岩場にヒヨドリのような鳥。
前回見た、イソヒヨドリの幼鳥でしょうか?

もうそろそろ海開き。
次回車で海辺を訪れるのは9月以降となりそうです。

コメント