教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

今年もおわりですね

2009年12月31日 | その他
黒豆ができました。
乾燥豆をもどすのに一晩、
煮るのに8時間、
冷やして味を含ませるのに一晩。



三日目、晴れてこの艶姿となりました。
今年は小さい豆を使ったためか
仕上がりが例年よりも少しかたいような・・
いやいや、もしかしたら火が強かったかもしれません。
でもいいのです!皮は破れず味も良く満足です。

お正月にこの



ちょろぎを上にのせて完成です。
ちょろぎはシソ科の植物の根茎で、お正月用のものは
梅酢に漬けてあり長老喜などおめでたい字があてられるそう。
購入したものは“長呂儀”と書いてありました。




一日たったくらいで人間が変わるとはとても思えませんが、
年が替わるのは自分を振り返るいい機会です。
今年は立ち止まってぼんやりしてしまったかな・・と反省。
来年は成長するため行動したい、と思います。

今年もおつきあいいただきありがとうございました。
皆様よいお年をお迎えください!


コメント

たまたま?

2009年12月30日 | 生き物
先日行った墓地の隣には住宅がたちならび
そのうちの一軒の窓辺で
ほぼ毎回日向ぼっこしている猫がいます。



やっぱり朝青龍に似てる・・

ブロック塀の上からは
凛としたコがこちらを見下ろしていました。



猫に見守られながらお墓参りするのもよいものです。



墓地には猫が多いような気がします。
まるで墓守みたい。

古代エジプトの女神 



バステトを思い出しました。
コメント

マメに暮らせますように~!

2009年12月29日 | その他
母にはいらないといわれるのですが
私が味もいわれも好きなので毎年年末には
お正月用に黒豆をつくります。

黒豆の袋の裏に書いてある調理法などいろいろ試しましたが
数年前に購入したNHKの『きょうの料理』12月号に
掲載されていた土井善晴さんのレシピが一番イイ!
まったくの失敗知らずです。
これを頼りに今年も準備してみました。

乾燥黒豆300gに対し



砂糖250g



醤油1/4カップ



塩大さじ1/2



重曹小さじ1/2
以上が必要な材料です。

作り方は



水10カップを煮立て、火からおろしたらさめないうちに
砂糖、醤油、塩、重曹を入れかき混ぜる。



あればガーゼに包んださび釘10本ほども入れる。



そして黒豆投入!

一晩おいて黒豆をもどします。
今日はここまで。

明日この鍋を煮立て、アクをとりのぞき
差し水をする、ということを2~3回繰り返し
落しぶたをして弱火で8時間煮るだけ、
そのまま冷ましたら出来上がりです。

今年のお正月はそれどころではなかったので
黒豆もいただきませんでした。そのせいではないでしょうが
(いつもどおり?)だらけ気味な一年だったかも・・
来年こそはマメに暮らしたい!
そんな願いを込めて明日仕上げをしたいと思います。

コメント

海辺での出会い

2009年12月28日 | 生き物
お墓参りに行った後
またまた海辺へ出かけました。



静かな海上には漁をしている人
シーカヤックやウインドサーフィンを楽しんでいる人などが見えます

海中には、この時期珍しい!



大きな蟹がいました。接写の鬼(姉)がCX-1で撮影。
驚くほどよく写っています。
そうそう
以前購入したCX-1用の(純正品ではない)バッテリー
もちは悪くないものの、撮影中電池容量がなくなると
レンズが出たまま動かなくなります。こんなものなのでしょうか?

見上げればトンビがたくさん。



海岸に打ち上げられた魚を狙っていました。

以前材木座海岸でサンドイッチを食べていたところ
(その時同じような人は結構いたのに)私だけ
後ろからトンビに狙われ、頬が少し切れたことがあります。
翼で殴られたような衝撃!痛かった~。



そのことを帰宅後家族に話したところ
母は顔を真っ赤にし涙を流して笑い転げ、
心配してくれたのは父だけでした!私はけっして忘れません。


釣り人のあげた魚を狙うのは鳥だけでなく



猫もなかなかのハンターです。



警戒しつつ、かわいくないたり見つめたり
近づいたりさっと離れたり、上品に座ってみたり
生き抜くため皆知恵を絞っています。

素敵な犬にも出会いました。



やさしい表情でしょう?
甲斐犬とゴールデンレトリバーのミックスの男の子だそう。
人懐っこくおだやかで、大きくてふわふわで
しばらく触らせてもらったら心身ともにあたたかくなりました。
こんな仲間がいたらいいな~。

夕暮れ・・



美しい光景を眺めながら
少しだけ今年を振り返りました。

コメント

ジョウビタキ~!

2009年12月27日 | 生き物
畑の前の小道を歩いていたら、すぐ近くで
「 ピーッ ピーッ 」
大きな鳴声がしました。

見回すと、なんと目の前に



かわいい!



スズメより少し小さく
ピンポン玉のように体をふくらませています。



1.2メートルほどに近づいて、フラッシュをたいても逃げません。
大喜びで連写していたら

「こんなところに・・」
カメラを持った男性がつぶやき、一緒に撮影し始めたので
「何ていう鳥ですか?」と質問してみると
「ジョウビタキのメスだよ、とりわけかわいい鳥なんだ」
と親切に教えてくれました。

帰宅後調べたら、ジョウビタキは冬に渡ってくる鳥。
な~んてラッキーなんでしょう!
場所は大和市の泉の森近く、引地川沿いでした。

同じ日、同じ引地川沿いで



オナガが集団で木の実をついばんでいました。
オナガは大和市の鳥。
黒群青色の帽子、青灰色のマントと
素敵なファッションです。



ヒヨドリもやってきました。



ムクドリも?
見ているとさまざまな鳥がやってきます。
この木は何かしら・・

冬はバードウォッチングに最高の季節!
寒いからと言って家に閉じこもっていてはもったいないですね。

コメント

澄んだ瞳

2009年12月26日 | 生き物
久しぶりに訪れた相模原麻溝公園での
一番のお目当てはハイラックスの赤ちゃん。



もう幼児、でしょうか?
チェダーにリコッタです。



暖房器具の下で寄り添いつつ押しあっている姿を見ていると
自然に笑みがこぼれてきます。いつもありがとう!

シマリス小屋も大好きですが
今は病気やケガをしているコたちが多く
あまりに痛々しいので、今回は見ていられませんでした。

次に好きなのは大きな鳥籠
人間はその中を歩き回ることができます。



そんなに見つめないで~



小鳥たちのさえずりを聴きながら
小屋の中央でぼんやりしていると時を忘れます



透明感のある瞳に吸い込まれそうです



孔雀はこちらを見ていないようで
カメラのレンズに興味津々



こちらがよそ見をしていると
近くに寄ってきてじっとこちらを観察しています
ひょっとして怒ってる?



純粋無垢な姿に触れると心が洗われます。


コメント

きらきらひかる

2009年12月25日 | その他
今年はイルミネーションが流行っているのでしょうか。
景気低迷でなんとなく暗くなりがちな街を明るく照らそう!
ということなのか、あちこちできらびやかな住宅が見られます。



ブルーで統一したこのお宅は遠くからでも目立っていました。



楽しい形がいっぱい!点灯は今日まででしょうか。

近くの公園には
青空をバックにきらきら光るものが・・



葉を落としたイイギリです!



赤珊瑚の珠のようです。
見つめていると気分が晴れ晴れとしてきて
赤という色の持つパワーを感じます。



ヒヨドリが盛んに訪れていました。



木の下にはカメラマンが三脚を立てて
目当ての鳥が来るのを待っていました(たぶん)。
鳥たちの訪問は1月中旬までは続くはず。

年賀状を書き終わったら、私も三脚を抱えて行こうかな・・
コマーシャルで小栗旬さんが
「年賀状は25日まで出しましょう」と言っていましたが
ちょっと無理そう。マメに暮らせないまま今年も終わりそうです。


コメント

クリスマス・キャロル

2009年12月24日 | その他
友人がクリスマスらしいお菓子をくれました。



ユーハイムのバウムクーヘンです。



外側にかかっているホワイトチョコ?の部分が
厚めで生地もしっとり。自然な味でおいし~い!



バウムクーヘンはドイツ語で「木のお菓子」を意味するそう。
確かに木の年輪のような模様です。

クリスマスだからといって何をするわけでもありませんが
コーヒーでも一緒に飲みながら本を読み直したくなりました。
たとえば
チャールズ・ディケンズの名作 『クリスマス・キャロル』



訳者はモンゴメリ作『赤毛のアン』シリーズも
手がけている村岡花子さん。
私の持っているこの『クリスマス・キャロル』でも、さすが
わかりやすくあたたかい言葉えらび!心に響く名訳です。
何度読んでも素晴らしい。

この冬映画が公開されていますね。




166年前に発表されたこの物語は
もう50回以上映像化されているそう。
見たい気もするけれど、本を読んだ時のイメージ世界が
壊れるのが心配で見たくないような。


私の好きなアメリカの作家、レイ・ブラッドベリの本のなかに
ディケンズがよく登場するので気になり
読んでみようと思ったのがきっかけで



だいぶ前にこの『二都物語』と『大いなる遺産』を読みました。

ディケンズが活躍したのはイギリスの産業革命の頃。
それにもかかわらず、その言葉は今なお生き生きとして
強く心に響き、古臭さを感じさせません。

貧富の差が激しい時代の流れの中で欲にとりつかれ
自分を見失い、愛情も恩も忘れてしまう主人公。
『大いなる遺産』のピップと義兄ジョーとのやりとりを
読むたびに泣けて仕方ありません。

激しく怒り、泣き、笑う魅力的な人物であったろう
チャールズ・ディケンズ。『オリバーツイスト』
『骨董屋』『デイビット・コッパーフィールド』など
読みたい作品がたくさん!これからの楽しみです。



コメント

生き物が集まる樹

2009年12月23日 | 自然
上郷森の家周りで歩いていると
カラスザンショウの迫力ある姿が目に付きます。



7月ごろ咲く花も葉もボリュームたっぷり

幹にも特徴があり



棘のようなボツボツがあります。

12月初旬には



葉が黄色くなり実が熟します。

私がこのカラスザンショウに注目するのは
ミカン科でアゲハ蝶の仲間の食草のため。
昨年落ちていた葉に蝶のサナギがついていたので
今年もないかな~と探しましたが、未だ見つからず・・



見上げると蜂の巣がありました。



落ちていた実は
ミカンとドクダミを合わせたような強く爽やかな香り。



カラスザンショウ、という名のとおりカラスや



メジロのような小鳥



そしてタイワンリスにも好まれています。

タイワンリスは、困ったことに
実がなくなってしまうと樹皮までかじるのです。

大木でも、この木のように樹皮を広く剥がされてしまえば
細い枝から徐々に枯れ、いずれ死んでしまいます。


コメント

今年最後の

2009年12月22日 | 教室風景
早朝、森の家駐車場近くでボーっと立っていたら
ポリポリ、パリポリという音が聞こえてきました。



音の主は食事中のタイワンリスです。
敏感にこちらの気配を察し、ボリュームあるしっぽを枝に打ちつけ
声でも威嚇してきます。どうです、この不敵な面構え!

池は前回よりも凍っていました。



これではヤマアカガエルの産卵どころではありません。
やはり年明けでしょうか?楽しみだな~♪


2009年度最後の教室日です。



和やかな時間は変わりませんが
今日だけはお帰りになる皆さんと
『よいお年を~』
と節目のご挨拶をしました。



お昼は風も弱く快適・・ぽっかり雲が浮かんでいました。
大きな巣をはってがんばっていた蜘蛛が
とうとういなくなってしまったのに気がつきました。

午後は3時を過ぎるとかなり日がかげります。
次回の教室は新年1月8日、約半月後なので
少し日が伸びているでしょうね。



今年もありがとうございました。
《グループ彩雲》があたたかい会なのは
メンバーの皆さんのおかげです!
来年度もよろしくお願いいたします。



今年で最後かと思うと名残惜しくて
また森をぶらぶらしてしまいました。
コメント