教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

今年も暮れゆく

2015年12月31日 | その他

三浦半島の浜辺を訪れたときはかなり強い風が吹いていました。


遠くに富士山が見えます。


厳しい風のなかウインドサーフィン!
方向転換をするところが難しいようで同じ所で倒れる方続出。

どれだけ筋力があるのだろう!倒れて水没してからまた立て直して
滑り出すまで、無事なのかつい長時間見守ってしまいました。


太陽の前を横切る瞬間を何度か狙って


ものすごいスピードで疾走するさまをだんだんとらえられるように♪


そうだ、動画を録ればよいのにまた忘れていました。

強い風に押し寄せる波。腹の底に響くような波の音。深い深い色。
生命の源、底知れぬ海には畏怖の念を抱かずにはいられません。


チャレンジし続ける姿は美しいです。


神々しい風景を見ていたら拝みたくなってしまいました。

2015年もあとわずかとなりました。
この「教室・自然いろいろブログ」にお付き合いいただきまして
本年もありがとうございました。
「上郷森の家絵画教室」の皆さんの活動や作品をご紹介しようと
講師が始めたこのブログ。毎日書くと決めてから数年がたちました。
訪問してくださる方々がいるからこそ元気よく続けることができます♪
度々脱線することと思いますがこれからもご覧いただけたら嬉しいです。

皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい☆

コメント

剪定を手伝ってくださいな

2015年12月31日 | 生き物

玄関と床の間にお正月用の花を飾ろうと庭に出ると


するりっ!カランコエとシクラメンの間に


にゃんきち登場!


赤と黄色の千両、南天、金柑の実を切ってご近所さんにもおすそ分け。


にゃんきちは大鳴きしながらどこまでもついてきて


塀の上にピョン!
ムッとしているようですがあまりかまわないでいたから拗ねたのかな?
でもいつもこんな顔だからわかりにくいな~。


にゃんきち、ぶらぶらしていないで一緒に剪定してよ!


ハ~イ。
こちらの思いが通じたのかカエデの小枝をかじりとっていました。

ツゲが勢いよく伸びているのに気がつき、姉とこれを何かの形にするなら
今だね!と話し合ってフクロウ、カモ・・猫?
丸く刈りだしたのはいいけれど、やっぱり年末の夕方にすることじゃない
と気がつきやめました。洗車したくなったり普段は気にしていない所を
磨きたくなったり。今頃になってそわそわしています。



コメント

ちらりとミソサザイ

2015年12月30日 | 生き物

制作をして郵便局で今年最後の払い込みをしてから、日が暮れる前に
少し遠くの公園へ行きました。


クヌギ林のうしろに広がる青い空に白い雲♪爽やかです。
ルリタテハはどこで眠っているのかな?
そうそう、フユシャクは珍しいことに弾丸のように速く飛びまわっていました。
楽しみにしていたのにまったく追いつけず撮影できませんでした。


大きな池では遠くから渡ってきたカモたちがかしましくおしゃべりしながら
活発に泳ぎ回っていました。今日はこれでも暖かいのかな?

カイツブリはどこだろう。

ぽこん!突然目の前に浮かび上がりました♪


すぐさまジャブン!


ものすごいスピードで水中を飛ぶように泳いでいってしまいました。
お正月にでも母を連れてこよう。昔から大のカイツブリ好きなのです。

ピッピッピッ・・
アオジにしては大きなさえずりだなぁ~と草むらを見ると


チョコレート色の小さな鳥!ミソサザイだ~♪


ああ、2枚しか撮れなかった・・。でも居るとわかっただけでもよかったです♪
スズメよりふたまわり以上小さいこの鳥があんなに大きな声でさえずるとは
驚きました。

 
まだ少しカエデの葉が残っていました。 

だいぶ日が傾いてきてヒヨドリとムクドリとカラスたちが賑やかに
鳴き交わしていました。歩く人はいつもより少なめかな?

そういえば年末なのだった!ホームセンターのいつになく混みあう
駐車場を見て思い出しました。

コメント

コナラの森の春を想う

2015年12月29日 | 散歩

額をしまって片付けて水張りをして今年最後のゴミ出しをして。
梱包材の整理までしたらすっかり冷えてしまったので歩くことにしました。


久しぶりに訪れた森はとても静かでしたが、このキジトラくんだけは
大声で何かしゃべりながら一直線に飛んできました。


このあと新聞を広げている方のところへ。一緒に新聞を読むように
行儀よく日向ぼっこしているさまは猫ではなく小さな犬のようでした。


日なたは暖かい♪


ふわふわの白いボールはエナガちゃん♪


一緒にやってきたメジロも落ち着きがなくすぐ飛び去ってしまいます。


クヌギよりコナラが多く、とても手入れされている森。
登り道が急なためか人が少なく小さな生き物に出会えるので大好きです。


まだ幼いコナラの葉が美しい色に染まっていました。
ここでは春、ミヤマセセリの産卵が見られたのです!

ヤマアカガエルの産卵が1月末以降、ミヤマセセリが出てくるのは4月。
冬の眠りについたコナラ林をぼんやり眺めながら春の夢をみました。

コメント

さくさく落葉をふみしめて

2015年12月28日 | 散歩

明るいうちに年賀状を書き終わり、ポストに投函するついでに
少し歩くことにしました。
さくさくさく・・・落葉をふみしめる音を楽しみながら川沿いを行くと


小鳥用に残されたご近所さんの柿の実にはムクドリ。
黙々とついばんでいます。


ムクノキの実にはオナガ。
こちらは大勢の仲間たちと賑やかに。


カワセミ君は川に飛び込んで獲物を丸呑みしてくれたけれど撮影失敗。
もうだいぶ暗くて手ブレピンボケ連発です。


この黒猫さんだって、難しい~!
15時を過ぎると光が足りません。


見るたびに誰かに可愛がられているキジトラさんはブレずに撮れた♪
半年前に比べてちゃんと警戒しており逞しさを感じる面構えになりました。


ムラサキツバメが越冬場所に選んだマテバシイの葉を見上げると
前回見たときより数頭減ったよう。今は4頭かな?


水仙が良い香りを漂わせていました。例年より見頃が早いですね。

家でじっとしているより外に出たほうが断然気持ちいいし暖かい♪
この後行ったスーパーではお正月商品が満載で雰囲気がざわざわ・・。
何か買い忘れているような気がして歩き回りましたが何も思いつかず
結局コーヒーと牛乳と卵だけを買って帰宅したのでした。

コメント

ふたたびの海

2015年12月27日 | 散歩

父の月命日だった先日、134号線を南下しました。

鎌倉高校前の海は穏やかで水面キラキラ♪
たくさんのサーファーが波を待っていました。


母姉と一緒にあれこれおしゃべりしながらお墓を綺麗に。
次回はお父さんが植えた庭の水仙と二色のセンリョウを持ってくるね。
またすぐ来るよ~♪

ご住職に年末のご挨拶をして清々しい気持ちになってから
電話予約したお弁当を引き取りに行き


本日のお楽しみ、海辺へ移動♪
午前中はそうでもなかったのに風が強く波も高くなってきました。


トンビに狙われるといけないので車中でお弁当。


イソヒヨドリでしょうか、こちらに興味津々です♪


だいぶ潮が満ちていたので波をかぶらないように気をつけながら・・


釣り人とウインドサーフィンをする人には何度かすれ違いましたが
浜辺でしゃがみこむ同志にはまったく出会いませんでした。
年末ですものねぇ。。

今年最後のお墓参りそして貝拾いができて心が晴れ晴れとしました。
やっと落ち着いて年賀状書きができるかな?

コメント

水辺で輝く♪

2015年12月26日 | 生き物

川沿いの道を歩いていたら、アオサギが畑の中に立っていました。

大きくて綺麗だな~。のんびりしていてまだ若いようです。


コサギは敏感。かなり離れていても飛び去ることが多く


木々の間からそーっとのぞいていると


カワセミ女子が飛んできてくれました♪
光の当たり方が違うのかな?いつもよりも緑がかって写りました。


ピロロロロ~
美しいさえずりのコガモも


角度によってはこんなに華やか!


お尻も可愛い♪
水中の藻などを食べているのでしょうか?

見慣れた鳥も光の違いでずいぶん変わって見えます。
やっぱり晴れると良いですね~!
あぁ楽しかった♪元気になってまた年賀状の続きです。

コメント

Iさんの日本画完成

2015年12月25日 | 教室風景

Iさんは清々しい風景を描かれました。

  日本画  F6

あたたかい色合いの美しい家並みと青い空を映す入り江は風もなく
穏やか。平和そのものの光景です。様々な角度からデッサンして
よい表情をとらえたカラフルなゼラニウムも陽気な南欧の雰囲気を
演出し、見ていると明るくほのぼのとした気分になる華やかな作品です。

近づいてみました。


粗い粒子の岩絵の具を下地に用い、根気強く絵の具を重ね続けて
どっしりとした大地と建造物の堅牢さを表されました。着実な仕事
の結果すばらしい発色も得られ、その心地よい色の響き合いに
安らぎと喜びを、さらに風の囁きとよい香りまで感じることができます。

枚数を重ねる毎に作品に迫力が増しているIさん。次の作品も楽しみ
です☆過去の作品は
HP「上郷の森 日本画教室」内の“作品集”の
中の
Iさんのページに掲載されています。ぜひこちらもご覧下さい。

コメント

クリスマス気分

2015年12月25日 | その他

いつもと同じの金曜日ですが気分を出して♪
ディケンズの「クリスマス・カロル」を久しぶりに読もうかな。


玄関のタヌキさんの隣にはクリスマスカラーのポインセチア


この中央の黄色い部分が花なのですよね。
来年も咲かせることができるのか・・なんとか頑張ってみます。

玄関の扉には今年もリースを飾りました。

赤い実と葉のついたリースは人工物で、金色に着色した松ぼっくりと
金色の葉、ワイヤー入りリボンをあとづけしたもので3年経っても変化なし。
いただいたサルトリイバラで作ったリースは実の色がやや褪色しましたが
新たに母が赤いリンゴの実の飾りをプラスしてボリュームアップしました。
そちらを撮影するのは忘れていました。


公園で実っていたクリスマスホーリー


公園のイイギリの木はほぼ落葉し、真っ赤なクリスマスツリーのように
なっていました。


ヒヨドリが実をつまみに来ていました。お正月まで実が残っているかな?

クリスマスといったらイチゴと生クリーム♪

駅前などでこんなクリスマスケーキを売っているのを見ると、学生時代に
クリスマスケーキをつくる工場で短期バイトをしたことを思い出します。

社員の方が感覚的に?割り振る仕事の中で私は密かに、流れてきた
スポンジを並べる役か、スポンジに蜜をスプレーする役がいいな・・と思って
いたのですがそうは問屋が卸さず、周囲にクリームをつける役になってしまい
疲労困憊したのでした。その後ベテランの女性陣が飾りの生クリームを
絞っていくのですがその速さと正確さに感動しましたっけ。

ペダルをふむタイミングを失敗してクリームが暴発!クリームまみれになったり
転んで腰を打ったり。度々怒られたけれどけっこう楽しかったような・・?
今思えば指導する立場の方の心労はいかばかりかと申し訳ない気持ちです。
色々なクリスマスがあったけれど良い思い出だけが残っていくのでしょうか。

コメント

Hさんの新作パステル画

2015年12月24日 | 教室風景

Hさんは懐かしさただよう光景を描かれました。


「茜色の約束」  パステル画 P20

どこまでも続く夕暮れの土手の道。仲良し親子がおしゃべりしながら
温かいわが家目指して自転車を走らせています。やわらかいタッチが
主題にぴったりで、夕空は広々として美しく優しい風が人も街も包みこみ
大切なひとときや楽しかった思い出がよみがえってくるような作品です。

近づいてみました。


寂しさ、切なささえ感じる湿気を帯びた早春の大気は丁寧につくり
あげたグラデーションで表されています。新芽膨らむ枝先は細やかに、
力強く塗り込まれた大地は微妙な濃淡で広がりと奥行きが表現され、
穏やかに見える画面の中にさまざまな創意工夫がなされています。

大きな作品に挑戦し続けるHさん。次の作品も楽しみです☆
Hさんの作品はHP「上郷の森 日本画教室」内の"作品集"のなかの
Hさんのページに掲載しています。ぜひこちらもご覧下さい。

コメント