教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

タラノキの花と小さな生き物

2021年07月25日 | 生き物

照りつける太陽の力が強すぎて痛く感じるほど。
火ぶくれになっては大変と長袖を着込んで近所を歩きました。


公園の片隅に元気いっぱいに花を咲かせるタラノキの若木が。
後ろの細い葉っぱの木はシラカシだと思います。

タラノキの花をじっくり見たことがないので近づいてみると


花びらはもう散って実になりかけたものがあるようです。
たくさんのアリが集まっていました。


帰宅してから調べると、タラノキは両性花
花序の先端には両性花が、下部には雄花があることが多いそうです。

昨年11月初旬、似たような植物の実を見たことを思い出し並べてみました。


ウドの実


このウドは多年草でセリ目ウコギ科タラノキ属
タラノキは落葉低木でセリ目ウコギ科タラノキ属

草と木、とても似ているけれど並べると葉もかなり違って
ウドの葉の方が丸っこく大きく感じられました。

花盛りのタラノキにはアリのほかにも


ヤブキリや


ヨツスジトラカミキリのペア
ハチ類も来ていました。


隣のシラカシの木にはムラサキシジミ


ハッとする美しさです♪

生き生きと動き回る生き物たちに見とれ一瞬暑さを忘れました。






コメント

ウバユリ咲く森

2021年07月23日 | 生き物

夕方になっても日差しは強烈なまま、暑い日が続きます。
木陰を探して近所の森を歩きました。


まだヤマユリやアキノタムラソウが咲いているクヌギ林で


ウバユリが見頃となっていました。


鉄砲百合のように花はきっちり筒状になっておらず
花びらがばらけていて横から中が見えます。
花片の中心と先端には赤紫色の斑点がありました。


歩道脇の杭に大きなメスのカブトムシが。


地上に出てきたばかりでしょうか、土がついています。

この森は動植物の採集・採取禁止ですが、クワガタやカブトムシを探す
人々によってクヌギの根元が毎夏掘り返され、それに加え近年流行する
ナラ枯れ病によりクヌギの大木がたくさん伐採されています。
年々昆虫が激減しているのでこの出会いは嬉しかったです。


大きな蜘蛛の網が木漏れ日を受けてキラキラ光っていました。


ドーム絹網と呼ばれる大型の網の糸には粘性がなく、この中に入った
獲物は飛びまわっているうちに絡まって動けなくなるという仕組み。


中心には網の主、美しいスズミグモがいました。

もっと暗い杉林のコーナーで


初めましての蜘蛛に出会いました。逆さのハート型☆


帰宅して調べると、サガオニグモのメスのようです。
体長10mmほど。


腹部の肩先がとがっているのはスズミグモに少し似ています。

小さな森で支え合う動植物たち。奥深く知らないことばかりです。


コメント

ヤマトタマムシとの出会い

2021年07月19日 | 生き物

三日前の朝、何か生き物はいないかと森を歩いていたら


んん?
ピカピカ光る虹色の体、あれはもしや!


ヤマトタマムシ!
子供の頃から翅を拾っただけでもワクワクした特別な存在です。


嬉しくなって、右側から


左側からも♪けっこうコロンとしています。
前回出会ったのは3年前の6月末の夕暮れ、近所の公園でした。


つぶらな瞳が愛らしい。見る角度によって色合いが変わり
背中側だけでなく腹側、脚すべてが輝いています。


活発に動き回り、枝の先端にきたので飛ぶかな?と思い
あわてて動画に切り替えたり


じたばたしているうちに手ブレ連発。
それにしても全身色鮮やか、ここまで美しいとは!


頑張れっ!

タマムシは飛び立とうとしてもぽたりと落ち、また茎先端に登って
という動きを繰り返していました。
近くで見ているからいけないのかもしれないとその場を離れましたが。。

成虫の活動期は6~8月、エノキやサクラの葉を食べるそう。
メスは朽ち木に産卵するため低いところに降りてくることがある
ということで、今回出会ったのはそんなメスだったのかもしれません。

短い動画を撮影してみました。

歩くヤマトタマムシ


真夏に汗をふきふき歩くのも悪くない、むしろ楽しい!と思えた出会いでした。

コメント (4)

7月最後の教室 梅雨明けの空

2021年07月17日 | 教室風景

青い空に白い雲、濃い緑。
ようやく真夏らしい風景が見られました。


雨続きだった頃に比べると森の生き物との出会いが多く
朝のうちは暑さが気になりませんでした。

早くも7月最後の教室日でした。


年が明けてから緊急事態宣言のためずっとお休みで
3月末にようやくスタートできた絵画教室ですが前期はこの日で終了です。
酷暑を元気に乗りきりましょう~よい夏を!と皆さん笑顔でご挨拶♪


希望する皆さんのワクチン接種が夏休み中に終了すればよいのですが。。
心軽やかに9月からの教室にご参加いただきたいです。
講師の私には未だ接種券が届いておらずしばらくは無理そうなので
今まで通り免疫力を上げるよう心がけます。

陽射しが強烈で木陰を探して歩きました。


ニイニイゼミの鳴き声は数が増えても涼しげに感じられます。

半透明で緑色の生き物が目の前を横切ったので
はじめ大きなキリギリスの類かと思いましたが


とまった姿を確かめるとヒグラシでした。
今年初めてミンミンゼミの声も聞いて夏が来たな~♪と思いました。

ぐるぐると飛びまわるモンキアゲハ、忙しなく動くアオスジアゲハを
一頭ずつ見ましたが期待していたカラスアゲハやオナガアゲハや
クロアゲハなどはまったく見かけず

何度も出会ったのは


ジャコウアゲハのメス
身体に食草の毒を蓄えて大きくなるジャコウアゲハは
他のアゲハより外敵が少ないのでしょうか、数は多めです。

薄暗いところをフワフワ飛び、産卵場所となるウマノスズクサを
探しているようでした。

試しに通路脇に生えていたオオバウマノスズクサを裏返してみると


卵が三つも!一個ずつ離れた場所に産み付けると思っていました。


7月9日に見たオオバウマノスズクサ
葉に小さな穴が開いていたので裏返すと新しい卵が一個ありました。


7月12日、同じ葉を見ると卵はなく5mmほどの幼虫がいました。
9日に見た卵から孵化したのか定かではありませんが誕生おめでとう!


7月16日、同じ葉を見ると幼虫は7mmほどに成長しジャコウアゲハらしい
姿となっていました。半透明でモチモチ♪ういろうのようです。

この森を次回歩くのは7週間後。その頃蛹が見られるのかどうか、
あちこち探すのが楽しみです。

コメント

クモを狩るハチと3種のクモ

2021年07月14日 | 生き物

雨上がりの森で素敵な出会いがありました。
クモとクモを狩るハチです。

まず小さなクモから


腹部先端がとがっていて風にクルクル回る姿はサモサのよう。


体長5mmほどのこのクモはトガリオニグモのメスで
大きな円網を張るそうなのですが、この時は一本の糸の上の方にいて
雨の雫を払いながら糸を回収しているところでした。

同じ糸の下の方には、不思議なことに別のクモがつかまっていました。


キララシロカネグモなのかな?


上の方にいるトガリオニグモよりずっと大きい。
途中で下の葉にぴょんと降りてしまいました。
偶然トガリオニグモの糸につかまっていただけなのでしょうか。

その後、水辺の砂地でハンミョウがいないか探していると
視界の端で何かが動きました。


大きな徘徊性のクモです。変な動きだな・・と見ていたら


穴から出てきたのはオオモンクロベッコウ!
クモを動かしていたのは狩りバチの方でした。


クモは生きていますがハチに麻酔をうたれ動けなくなっています。
オオモンクロベッコウは麻痺しただけの新鮮なクモに卵を産み付けるそう。


穴にたいしてクモが大きかったようで向きを変え


お尻の方を持って


穴のなかへ


この間1分ほどでしょうか、あっという間でした。


今頃卵を産み付けているのかな~。。と思いながら
傍でしばらく待ちましたが時間切れ。

クモとクモを狩るハチの組み合わせは以前のデータを見直すと
やはり7月に観察していました。
以前も


巨大ハシリグモを運ぶ体長25㎜ほどのオオモンクロベッコウや


クサグモに似た中くらいのクモを運ぶ体長15mmほどの狩りバチ
に遭遇したことがあります。

クモを狩るハチの種類は多く、クモを狩るクモもいて
強そうに見えるクモも無敵ではないのですね。
久しぶりにファーブル昆虫記を読みたくなりました。

コメント

7月四回目の教室 広がる青空に活気づく森

2021年07月13日 | 教室風景

久しぶりにスカッと晴れた朝


木漏れ日の道を歩くのはいつぶりだろう?
吹く風は爽やかで初夏のようです。

それでも立ち止まると汗が吹きだしました。
7月4回目の教室日はしっかり冷房をかけ水分補給に気を付けました。


夏休み目前です。長いお休みの間も家で取り組めるよう
新しい作品を用意しいろいろ下準備をしました。


お昼ごろ中庭では記念撮影をする小学生たちの歓声が響きにぎやかに。
ニイニイゼミの合唱、力強い光。夏らしい活気に嬉しくなりました。

青空のもと見上げる木々の緑は鮮やかで


強い日差しを喜んでいるよう。
アゲハ蝶たちが猛スピードで飛び去ってゆきます。


クモの数が増えました。こんな力作を破壊しないよう気を付けねば!
数mmの小さな体で立派な網をあむものですね。


近づかせてくれたのはちょっと珍しいチャバネセセリ


よくいるヒメウラナミジャノメも光をうけた姿は新鮮♪


すでに精悍な面構えのカマキリ幼虫


日当たりのいいところではこのマメコガネをよく見かけました。
このままではマメコガネだらけになりそうですが


天敵のシオヤアブにつかまるものも。
スズメバチさえ襲うというシオヤアブの天敵は何だろう?
堂々たるもので接写しても微動だにしませんでした。

生き物たちが躍動する夏の森。どんな出会いがあるか楽しみです。



コメント (4)

7月三回目の教室 ヤマボウシの実色づく

2021年07月10日 | 教室風景

朝降っていた雨はじきにやみました。


ヤマボウシを見上げると実が色づき始めていました。
熟したら食べてみよう♪

7月三回目の教室日でした。


7月に入ってから梅雨空が続き雲が垂れこめたこの日も高湿度。
画面が乾いたかどうか何度も手で確かめて慎重に描き進めます。


集中しつつも時々作品と距離をとってのんびりと。
お仲間どうし情報交換をしたり談笑しているとリラックスできますね。

森を歩いた休み時間は結局傘を使いませんでした。
控えめなニイニイゼミの声を聞きながら夏を探しました。


紫陽花いきいき


次々と咲く迫力満点のヤマユリ。辺りが明るく輝いて見えます。


キツネノボタンにツルニガクサ


ツルニガクサはシソ科ニガクサ属


メハジキが花盛りを迎えていました♪
シソ科メハジキ属


このキタキチョウの他ヤマトシジミやアブたちも訪れて
メハジキの蜜は美味しいようです。

木々の葉裏を見上げながら歩くとコロンと丸いクモがいました。


オオトリノフンダマシのメスです♪大きさは10mmほどでしょうか。
毎年梅雨時期から見かけるようになるので気を付けていました。


鳥のフンに擬態しているそう。
濡れ濡れとした質感と模様は確かに似ています。
2mmほどだというオスにも会いたいものですが気づくことができるでしょうか。

飛びまわっていて撮影できませんでしたが、この日はピカピカの
ジャコウアゲハやモンキアゲハに何度か会いました。
梅雨明けも間近な森に華やかな彩りが戻りつつあります。

コメント

マヤラン咲く湿った森

2021年07月07日 | 自然

夕暮れ、クヌギ林を歩くと嬉しい出会いがありました。


マヤランです。
昨年は夏の終わりに残骸を見ただけだったので
7月頃同じ場所に出現するのではと期待していました。


菌類に寄生する植物でラン科シュンラン属
半透明で可憐。。まとわりつく蚊を一瞬忘れます。


すぐ近くにオオバノトンボソウも咲いていました。
こちらも蘭の仲間でラン科ツレサギソウ属


6月下旬の蕾の頃から気になっていましたが
株によっては花盛りを過ぎているものもありました。


アキノタムラソウが満開となっていて


トラマルハナバチが飛びまわっていました。


ヤマトシジミがとまっていた植物はハエドクソウ
毎年見ているはずですが初めて名前を知りました。
ハエドクソウ科ハエドクソウ属
花の形からアキノタムラソウのようにシソ科なのかと思いました。

いちばん感激したのは


ヒカゲチョウの産卵シーン!


葉を裏返すと直径1mmほど、乳白色の産みたて卵がありました。

ヒカゲチョウはよく出会う蝶なのに産卵シーンと卵を見たのは初めて♪
笹の葉に幼虫の姿を探す真夏の楽しみが増えました。

帰宅すると東京都で4度目の緊急事態宣言が発令されるというニュースが。
続く大雨、オリンピック。心配なことが重なります。


コメント

7月二回目の教室日 ニイニイゼミの声を聴く

2021年07月06日 | 教室風景

朝、雨は降っていないものの森は白く霞み


姿は見えないコジュケイとウグイスの声だけが森に響いていました。


正午には日差しが出てきて久しぶりの木漏れ日♪
ぐんぐん気温が上がり夏らしくなりました。

7月2回目の教室日でした。


窓を開けてもガラスが白くくもるほど湿度が高く和紙がふくらみます。
なかなか作品が乾かないこんな日は細かい作業に集中しました。


制作中雨がぱらつきましたが行き帰りは傘の出番がありませんでした♪
晴れるとリスや小鳥たちの声がにぎやかになり楽しく制作できました。

森ではヤマユリの濃厚な香りが漂っています。
今日は花を探そうと決め歩いていると


線香花火のようなシオデの花が咲き出していました。


シオデは雌雄異株でこちらは雄株の雄花のようです。

暗く鬱蒼とした細い道でハタハタとぎこちなく飛ぶものがいて


追いかけるとウスバカゲロウでした。


こんなに大きい羽虫の幼虫時代があのアリジゴクだなんて
会うたびに感動します。


近くにはやはり薄暗いところを好むクロコノマチョウが。


久しぶりのコチャバネセセリ


ススキの葉の上でニホンカナヘビが体を乾かしていました。

太陽が力を増した途端待ってましたとばかりニイニイゼミがなきだしました。
もうすぐ夏本番。強烈な陽射しを早く浴びたいものです。


コメント

7月はじめての教室 雨宿りするお馴染みさんたち

2021年07月03日 | 教室風景

風はほとんどなく暑くもなく寒くもなく
ただひたすらに雨が降った梅雨らしい一日でした。


青空と太陽が出てこないかな~。

7月最初の教室日でした。
天気予報を見てお休みのご連絡をくださる方も。
雪のときは前もって休講にするのですが雨の判断は難しい。


外は大雨でも自分の世界に没頭すれば心は晴れ晴れ♪


デッサンをしたり複数枚を同時進行したり。
なかなか作品が乾かないこんな日は作業の進め方を工夫します。

雨のせいで香りは強くありませんが


この日もあちこちで雫をたたえた豪華なヤマユリに会えました。


ノカンゾウも咲き始めて梅雨も後半ですね。


少しずつ移動しながら雨のあたらない所を探していたコミスジ


オオシオカラトンボは葉裏でじっと耐えていました。


穴だらけのヒルガオにはやはりジンガサハムシ


ラミーカミキリは食草の若葉にくるまっており


セマダラコガネは宝石をまとっているようでした。

さまざまな体勢で雨をしのいでいた小さな生き物たち。
今頃はどうしているのでしょう。

コメント