教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

早春の小さな生き物

2011年03月31日 | 教室風景

ビロードツリアブを目撃した日は
気温が上がっていたため、アブは飛び回り
撮影はおろか観察することもできませんでした。
春の限られた時期にしか会えないこんな虫を求め
今度こそ、と近くの草むらを探索しました。



今年初のキチョウ♪
本格的な春が始まったのですね。



またまたテントウムシ
黒い点がうっすらと見えました。
ナミテントウは色のバリエーションが豊富ですね。



結局ビロードツリアブには会えず
このハナアブさんだけ・・
アブ類は注目してきませんでしたが
よく見るととても種類が多いのですね。



遠くの切り株にルリタテハ♪
翅が千切れてしまっていています。
もっと近くで見たいな・・と思いつつ移動したら



座っていたベンチに飛んできた!嬉しい~♪
前出とは違う個体です。

手をかざして日光をさえぎったら



とても近づくことができたので
日向で見たり角度を変えて見たり
美しい姿をしばらく堪能させてもらいました。
このルリタテハも越冬生活が厳しかったようで
翅が傷ついていました。



蜘蛛も出てきていました。
腹部は5mmほどでしょうか、とても小さい。

昆虫たちが目覚めれば春本番♪
忙しくなりそうです。




コメント

サクラ咲く

2011年03月30日 | 散歩

ようやく暖かくなってきましたね♪
近所のソメイヨシノはどうかな?



う~ん。
今にも開きそうですが
お花見で満開の姿を楽しむなら
今週末より来週末といったところでしょうか?



濃い青ピンクが魅惑的な
公園の河津桜は満開をすぎ、妖しささえ漂っていました。



今花盛りなのはこのオウトウ。
6月ごろ美味しそうなサクランボが実るのですが
公園のものなので食べたことはありません。



こちらも満開。
名前はわかりませんが
中心が赤く花びらもピンクに染まった
早咲きの桜。小鳥たちに人気です。



小さめのうつむいた淡いピンクの花が可憐なしだれ桜。
あと3~4日で満開かな?



先日人々がお花見をしていたのはこの木の下

ほぼ満開のアンズ♪
これは前出のものと品種がちがうようです。



ほんとうに良い香りです。ヒヨドリはもう夢中!
たしか6月中旬、橙色の大きな実がなるので
その時にまたご紹介しますね☆

コメント

木の花

2011年03月29日 | 散歩

帽子マスク眼鏡着用ですが、少し暖かさが増して
久しぶりにのびのびと歩けました。
花粉になど負けていられません。



あるお宅の庭先にあった
素敵なピンクのシデコブシ・・?
どうやらベニコブシという名前のようです。



オカメザクラは散り始め



トサミズキは満開です♪
この花は上郷森の家まわりにたくさんあり
毎年キブシとともに早春の森散策の楽しみ
のひとつだったのですが・・
11日の地震以来教室はお休みになっているので
今年は近所でガマンです。



ミツマタの奥には早くもツツジが。ミツバツツジでしょうか?
遅れていた木の花が
今一気に開いてきた感じがします。



スズメたちは賑やかにおしゃべりしながら
皆で食事。見ていると面白い♪



ツグミさんは視線をくれました♪
これから北へ渡っていくなら
被災地方で頑張っている人々を癒してほしい。
早く上着要らずの陽気になるといいですね。

コメント

球根の花

2011年03月28日 | その他

今月撮影した球根の花々を
出会った順に並べてみました。



よく行く公園で
ニホンスイセンに次いで咲いていた黄色い水仙。
グランドソレドールという名前だそうです。



クロッカス
花びらも葉も表情豊かですね。



甘~い香りのヒヤシンス
小学生のとき水栽培しましたっけ。



葡萄の房のようなムスカリ
色も形も好きな花♪



このハナニラが咲いたら
春本番という感じがします。
花色にけっこう変化があるのですね。



鮮やかな黄色のオオキバナカタバミ
前出のハナニラと同じく
植えたらあっという間に増えていきます。



恥ずかしげにうつむいているようなバイモ。

バイモだけは知りませんが
いい香りの花ぞろい♪
好みでカメラをむけているためかもしれませんが
春は青紫系の花が多いように感じます。
気持ちを明るくするこんな花姿を見ると
今年の秋こそ計画的に球根を植えるぞ!
と気持ちが熱くなります。

コメント

何の卵?

2011年03月27日 | 生き物

母や姉が撮った画像の中で
繰り返し出てくる水辺の生き物。



母はこのカイツブリがお気に入りで
ヒナが生まれる日を楽しみにしているそう。

気になったのは



接写の鬼(姉)がペンタックスistDLで
今月24日に撮影したこの光景、
積み重なったアシの上に
アオサギとたくさんの卵!

自分の目で確かめたくて
先日母にこの場所へ連れていってもらいました。



いたいた・・
母と姉がよく撮影しているアオサギが。
その近くに



誰にも温めてもらっていない白い卵たち。
双眼鏡で確かめたところ16個ありました。
距離を考えると鶏卵より少し大きいようです。



卵の親は?と見回せば
近くで泳いでいるこの大きなアイガモや
カルガモ、マガモあたりが怪しい・・
でも何の卵かわからないままです。



この川沿いは
こんなコサギのほかカワセミに出会える
散歩して観察するのが楽しいところ。



ミシシッピーアカミミガメもたくさんいます。
暖かくなるこれから、
冬眠から目覚めた大きなアオダイショウや
カルガモのヒナたちに会える日が楽しみです。

コメント

庭の仲間

2011年03月26日 | その他

久しぶりに家に帰り
接写の鬼(姉)の撮影した画像を見せてもらいました。

その中から
庭を訪れ、庭で越冬している生き物をご紹介♪

ペンタックスistDL使用
私はまだ会ったことがないまんまる猫。
お腹についた肉はかなりの厚みで
垂れ耳もかわいいおっとりした子だそうです。


昨年秋から我が家でくつろぐようになった
にゃんきちは元気かな?



発泡スチロール箱は飽きたのか
この頃は暖まった土の上がお気に入り。
毎朝来て、ほぼ縁側にいるそうですが
珍しく

キンモクセイの木の上に!



木にやってくる小鳥を気にして
よく上を見上げているそうです。
子猫の時期は過ぎてもう高校生ぐらい?

12月末、一緒に強く剪定した梅は遅咲きのタイプ



少し前にようやく満開になりました。
歌いながら訪れたメジロ



左足に青い印がついていますね。
研究対象なのでしょうか?



遅咲きのシモクレンに集まるスズメたち
ヒマワリの種を置くと
あっという間に蹴散らして食べてしまうそうです。

サツキの鉢をどかしたら



リコーCX-1使用
迷彩柄のニホンアマガエル♪
死んでいるのかと思って近づくと
いきなり高く飛び上がってビックリしたとか。

姉のカメラには春の花々と
小さな喜びや驚きがつまっていました。



コメント

早春の彩り

2011年03月25日 | 散歩

日本の春にぴったりだと思う植物を
勝手に選んでみました。



昨日撮影したボタンの新芽



こちらは2月24日撮影
ひと月前の芽はこんなに堅かったのです!



レンギョウは開きはじめ



派手さのないボケの花
そんなところが日本庭園にぴったり



花色が変化に富むスハマソウ



カタクリも可憐です。
近所の公園で見られるなんて嬉しい!

何年も前、岩手で桜が咲く頃・・
4月下旬に北上展勝地へ行ったとき
みちのく民俗村へ向かう坂道で
群落を見たのが始めての出会い♪感激しました。



サンシュユは満開



ときどきルリビタキがとまっているマンサク
花盛りはそろそろ終わり

昨日は嘴に土粒をつけたシロハラがとまっていました。
かわいいお尻♪
冬鳥に会える間は早春といってよいのでしょうね。

コメント

アンズ咲く

2011年03月24日 | 散歩

日差しが出て少しは暖かくなったでしょうか。
今頃足がしもやけになってしまいましたが
被災地の寒さに比べればたいしたことはありませんね。



ローズマリーの向こうには
花盛りを過ぎたミモザと
ピンクの花。アンズです。



梅に似ていますが
枝振りと蕾のつき方が違いますね。



枝によっては満開に。
甘酸っぱくて良い香り・・

メジロたちは歌いながら集団で



ヒヨドリやエナガも訪れていました。

震災から2週間近く・・
戦い続けている被災地の方々の心に
少しでも暖かい春の風が届きますように。

コメント

震えるミケ

2011年03月23日 | その他

2週間ぶりに都会へ。
学生さんが春休みのためか電車はガラガラ、
街を歩いていてものんびりしたものです。



まだ冬のような冷たい風が吹いているのに
早くもこのハクモクレンは散りはじめていました。

会うのを楽しみにしているミケはいるかな?
地震でパニックになっていないか心配だったのです。



いたいた♪
いつもの場所で毛づくろいをしていました。



よく見るとぶるぶる震えています。



人やバイクが通ったり
カラスが近くを飛んだりすると緊張・・
こんなふうに注意深く機敏だからこそ
都会で長く生きていられるのでしょう。



いつもある程度遊んだらさっと離れていくのに
怖い思いをしたのかお腹がぺこぺこなのか
今日は震えながらこちらを見上げ何事か訴えていました。
言っていることが分かればいいのに!

コメント

心和むもの

2011年03月22日 | その他

冷たい雨が降り続いて
“暑さ寒さも彼岸まで”の慣用句が
ちっともあてはまりませんね。
被災地での寒さはかなりのものでしょう・・



ご近所さんの素敵な紅白椿は
濡れてうつむいていました。

こんなときは気持ちだけでも暖かく♪
心和む画像を探していたら
先日撮影したキセキレイの水浴びがありました。



かなり遠くでボケ気味なのは残念ですが・・



何度も何度も全身を川の水にくぐらせ



気持ち良さそう♪



入浴後は日向で自然乾燥。
見慣れた細身のシルエットとは違う
ふわふわまんまるの姿に思わずほほ笑んでしまいました。

コメント