直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

抜歯即時インプラント、私が始めたのは1993、4年から

2019年03月19日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

昔、抜歯即時インプラントは、同時にゴアの非吸収性膜を使った骨造成GBRとやらなければならないものでした。

私が初めて手がけたのは、上顎の犬歯の歯根破折でした。

とても難しい手術で、難儀したことを良く覚えています。

しかし、幸いにも歯肉の状態の良い方で、上手く行きました。

その時、私が工夫したのが、膜をヒーリングキャップで止める、と言うやり方をしたこと、そして、できるだけ歯肉を寄せて被せるように縫ったと、でした。

膜が露出してしまう、と言う問題点が指摘されるゴア膜でしたが、ヒーリングキャップの高さがあったことが幸いし、骨造成には悪影響なく治せたのです。

その当時、ゴア膜は完全に歯肉に包ませて中に入れるべき、と言われてましたが、私は初めからそのルールを守らないで、少しだけですがヒーリングキャップが見えてる状態で治したのです。

多分、運が良かっただけ、だと思いますが、それで綺麗に治り、これがキッカケとなり、抜歯即時インプラントを手掛けるようになりました。

そして、自分の経験から、抜歯即時インプラントでゴア膜要らないんじゃない?と思うようになり、使わずにやり始めて、更に良い結果を出せるようになりました。

ポイントは、出来るだけ歯肉を寄せて被せる、でした。

それから、即時荷重インプラントを2000年から出かけるようになり、抜歯即時インプラントで即時荷重をするようになり、同時に骨造成GBRするようになりなったのです。

コツは同じです。

歯肉を寄せて被せるように縫う、です。

そこから、更に改善改良して、2003年からMI低侵襲な外科でできるようになり、今に至ってます。

私が始めた頃は、教えてくれる方も本も論文も余りありませんでしたので、殆ど自分の創意工夫でして来ました。

苦労はしましたが、今となっては、先駆者と言われますので、良かったと思います。


コメント

3月18日(月)のつぶやき

2019年03月19日 | Weblog
コメント