直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

絶対に行ってはいけないインプラント医とは、言ってはいけないことを明言します

2019年03月20日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
インプラントが金儲けに繋がる、と考えて、ただやたら埋めてる所。

歯周病管理、メインテナンスは自院では一切しないで、お近くの医院でどうぞと言う。

こう言う所には絶対に行ってはいけません。

埋めたきりで、その後の責任は取らない、と明言してる訳ですから、そんな所に行ってはいけない、です。


ところがです、そう言う所を、メーカーはヘビーユーザーで表彰してしまうと言うことをしてたりします。

ヘビーユーザーは、メーカーも超割引しますから、当然治療費も下げられ有利になる、と言う訳です。

これでは、業界が悪くなるのをメーカーが助長してると言う、洒落にもならない現実、になってしまってます。


やり逃げ、で埋めまくり、後は知らない、そんな医院には絶対に行ってはいけません。
コメント

この論文を直ぐに報告しなかったことを、恥じます。すみません。アルツハイマーを減らすには歯周病予防が有効、のようです!

2019年03月20日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

歯周病の菌産物がアルツハイマー病の患者さんの脳から検出された、と言う報告は、とても歯科界にとって大きなニュースだと思います。

 

恥ずかしながら、この重大ニュースをご報告するのが今になってしまうと言う失態を演じてしまいました。

 

すみません。

 

歯周病菌は、誰もが持っている常在菌で、これをなくすことはできません。

 

なので、これは増えてしまうこと、プラーク(歯垢)が付着することを予防するしかないんです。

 

良くうがい薬とか何かでプラークを楽に取れないか、と患者さんに聴かれるのですが、できません。

 

プラークはバイオフィルムと言って、ネバネバして歯に付くからです。

 

台所のゴミを入れる三角コーナーってヌルヌルしますよね。

 

あれがバイオフィルムです。

 

あれは幾ら水流しても取れません。

 

機械的に、物理的に、取り除くしかないんです。

 

つまり、歯ブラシです。

 

そして、歯周ポケット内のプラークは、定期的に専門家に取っていただくしかないんです。

 

プラークコントロールすること、歯周病菌を増やさないようにすること、がアルツハイマーの予防になるとしたら、これは一所懸命にしていただくのが良い、と思います。

 

医学が進んで、次々と口腔内常在菌の全身への悪さが明らかになりつつあります。

 

健康寿命を伸ばし、健康長寿を実現する為にも、口腔内を清潔にする習慣を!

 

その為には、定期的に歯科医院へ、です。

 

但し、歯周病治療がちゃんとできる所ですよ。

コメント

3月19日(火)のつぶやき

2019年03月20日 | Weblog
コメント