こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わらの犬

2007年07月31日 | ワ行


『わらの犬』
---STRAW DOGS ---
1971年(アメリカ)

監督:サム・ペキンパー
出演:ダスティン・ホフマン、スーザン・ジョージ


イギリスの片田舎に越して来た学者夫婦。
暴力を否定する夫は周囲の仕打ちにもひたすら耐え続けるが、ある夜、かくまった精神薄弱者に牙をむく村人相手に遂にその怒りを爆発させる……。
鬼才サム・ペキンパーが人間の心の闇に眠る暴力を描いた心理サスペンス。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



ダスティン・ホフマンの「真夜中のカーボーイ 」の次の作品で、前から見たいと思っていました。
アメリカの暴力が横行する社会から、平和を求めてイギリスの片田舎に妻エミー(スーザン・ジョージ)とやってきた数学者デビッド(ダスティン・ホフマン)。
温厚な彼が、自分と妻を守るために暴力で戦わざるをえなかった姿を描いています。
う~ん、始めは静かな出だしで、何が言いたいのかハッキリしなくて、ちょっとイライラ・・・。
何かに目覚めたように暴力的になっていくデビッドを演じたホフマンは、さすがです。
若いときからやっぱり説得力があります。


原題のSTRAW DOGS(わらの犬たち)は、中国の思想家老子の語録の中からとった言葉で、超人間的存在である天から見れば、人間の行動は護身のために焼くわらの犬のようにちっぽけな存在にすぎないという意味である。
(キネマ旬報データベースより)




コメント (4)

父の祈りを

2007年07月26日 | タ行


『父の祈りを』
---IN THE NAME OF FATHER ---
1993年(アメリカ)

監督:ジム・シェリダン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、エマ・トンプソン、ピート・ポスルスウェイト、ジョン・リンチ


IRAの抗争が激化した北アイルランドとロンドンで“ギルフォード・フォー事件”と呼ばれた衝撃の実話に基づくフィクション。
1974年10月5日、ロンドン郊外の町ギルフォードで起きた爆弾テロ事件。
多くの市民を巻き込んだこの事件の犯人として、いわれなき罪に問われた父と息子。獄中での気の遠くなるような歳月の中で、息子は、静かなる闘いに魂を投じる父の姿をはじめて正視する。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



1974年のロンドン郊外での爆弾テロで逮捕されたジェラード・コンロン(ダニエル・デイ=ルイス)は、冤罪で15年間刑務所で暮らします。
テロに恐怖を感じた市民への、パフォーマンス的なでっち上げでした。
その後真犯人が捕まっても、その事実が覆われていたというから、驚きです。
政府のご都合主義で犠牲になった4人の青年とコンロンの家族。
その冤罪をはらすべく立ち上がったピアース弁護士(エマ・トンプソン)の闘いが描かれています。
真実のお話です。
今も続く世界各地でのテロ行為、そして冤罪で犠牲になった人もあるんでしょうかね・・・。

映画のテロップで紹介された4人のその後の中で、ポールが後にロバート・ケネディの娘と結婚、というのが印象的でした。



コメント (2)

リトル・ミス・サンシャイン

2007年07月21日 | ラ行


『リトル・ミス・サンシャイン』
---LITTLE MISS SUNSHINE ---
2006年(アメリカ)

監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
出演:グレッグ・キニア 、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン

崩壊寸前の“負け組”家族の再生の道のりを皮肉な笑いと感動で綴るハートフル・ロード・ムービー。
サンダンス映画祭で評判を呼び、インディ作品としては異例の全米スマッシュ・ヒットを記録、大きな話題を集めた。
監督は夫婦でもあるジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。

アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を抱え崩壊寸前。
そんなある日、9歳の娘オリーヴに念願の美少女コンテスト出場のチャンスが訪れる。
そこで一家は旅費節約のため、オンボロ・ミニバスに家族全員で乗り込み、はるばる開催地のカリフォルニア目指して出発するのだが…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)

---------------------------------------------------------------------



私はロード・ムービーと呼ばれる作り方はあまり好きではありません。
でも、この映画はとても良かったです!
黄色のおんぼろバスで、皆それぞれに思い通りに行かない家族が一緒に旅をするはめになる・・・。
哀しくて、可笑しくて、楽しい映画でした~♪
バスに乗り込んだ家族6人が、み~んな主人公のようにはっきり描かれていて、皆好演しています。

エンジンのかからなくなったバスを皆が押して、次々と走って飛び乗るシーンに、拍手~!
オートマ車しか知らない世代には、あの絶妙のタイミング分かってもらえるかな~(笑)。



コメント (10)

ゾディアック

2007年07月12日 | サ行


『ゾディアック』
---ZODIAC---
2006年(アメリカ)

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演: ジェイク・ギレンホール 、ロバート・ダウニー・Jr、マーク・ラファロ 、アンソニー・エドワーズ 、クロエ・セヴィニー


 
アメリカ犯罪史上最も危うい連続殺人鬼と言われる“ゾディアック・キラー”を題材にした話題作。ゾディアックに関わり、人生を狂わされた4人の男たちの姿を描く。監督は『セブン』のデビッド・フィンチャー。『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが、事件の謎を追い続ける風刺漫画家を演じる。徹底したリサーチを基に練り上げられたサスペンスとしても、4人の男たちの生き様をリアルにつづった人間ドラマとしても楽しめる。

1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる。手紙を受け取ったサンフランシスコ・クロニクル紙の記者ポール(ロバート・ダウニーJr)、同僚の風刺漫画家ロバート(ジェイク・ギレンホール)は事件に並々ならぬ関心を寄せるが……。
(Yahoo映画より)


---------------------------------------------------------------------




実際に起こった連続殺人の犯人を追いかけた男たちのドラマです。
ジェイク・ギレンホール とロバート・ダウニー・Jr が両方とも良かった~☆
ジェイクは今までと違う役柄で、犯人を探し出そうとする強い執着心がとてもよく出ていました。
ロバート・ダウニー・Jr はお得意の狂気じみた役が上手かったデス(笑)。
マーク・ラファロは事件に翻弄されながらも自分の仕事はキチンとやり遂げる強い意志の刑事を演じています。

これは未解決事件なので、当然この映画で決着はつきません。
殺人事件を扱ったというのではなく、その事件に振り回された4人の男たちをじっくり見てください。
私は、とてもずっしりと彼らの生き様を感じました。
172分も長くは感じませんでした。

ロバート・ダウニー・Jr 、このまま順調に、もっともっといい作品に巡り会えるよう、問題を起こさず頑張って欲しいです!




コメント (10)

ヘイヴン -堕ちた楽園-

2007年07月11日 | ハ行


『ヘイヴン -堕ちた楽園-』
---HAVEN---
2004年(アメリカ/イギリス/ドイツ/スペイン)

監督:フランク・E・フラワーズ
出演: オーランド・ブルーム、ビル・パクストン、ゾーイ・サルダナ、アグネス・ブルックナー


住民の税金が免除されているタックス・ヘイヴンとして知られるカリブ海のケイマン諸島を舞台に繰り広げられる愛憎ドラマ。
主演は自ら製作も努めたオーランド・ブルーム。
有能なビジネスマンのカール・リドリー(ビル・パクストン )は、脱税容疑で家宅捜査が入るとの情報を掴み、愛娘のピッパ(アグネス・ブルックナー)を連れて、ケイマン諸島へと逃亡を図る。
状況も分からないまま、強引に連れてこられたピッパは父への反発を募らせる。
一方、この島で観光客を乗せる船で働いている青年シャイ(オーランド・ブルーム)は、美しい少女アンドレア(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちるが、それを快く思わない彼女の兄から執拗な反対にあっていた…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



二つの物語が平行して展開していく手法で進められていきます。
内容はサブタイトルのように-堕ちた楽園-なのですが、内容の割には淡々とした展開でした。
今までと感じの違うオーランド・ブルームに少し戸惑いながら見ていました。
税金の取られない、美しいケイマン諸島は天国のようで、実はドロドロだったりで、人間の世界を浮き彫りにしているという事なのでしょうか・・・。
全体的に暗く、あまり好きにはなれない作品でした。


コメント (4)

ダイ・ハード4.0

2007年07月08日 | タ行


『ダイ・ハード4.0』
---LIVE FREE OR DIE HARD---
2007年(アメリカ)

監督:レン・ワイズマン
出演: ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモシー・オリファント、メアリー・エリザベス・ウィンステッド


アメリカ独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に、何者かが全米のあらゆるインフラを監視するシステムにハッキングを仕掛けてきたとの情報が入り、ブラックリストに載るハッカーたちの一斉捜査が開始される。
一方その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補(ブルース・ウィリス)は、久しく顔を見ていない娘ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うため、ニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。しかし、意に反してルーシーの冷たい対応に気落ちするマクレーン。
おまけに、たまたまそこにいたばかりに、上司から、近くに住むマット(ジャスティン・ロング)というハッカーをFBI本部まで連行せよ、とのヤボ用まで仰せつかるハメに。
不承不承マットのアパートへと向かうマクレーンだったが、それは、またもや始まる不運の序章にすぎなかった…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



最近ヨレヨレ役の多いブルース・ウィリスですが、頑張ってくれました!
しっかりとタフでかっこいいアナログ小父さんを演じていました。
CG多様は仕方ないのかな~、まあ許せる範囲ってことで納得します(笑)。
それでも、ちょっとスーパーマン的な命拾いし過ぎですよ・・・。
今回はサイバーテロという設定ですが、パニックになる中アナログ派の小父さんは強かった~!デス。
ちょっと重いテーマの作品が心に負担なときは、スカッとしていいですね~。

ダイハード4.0の「4.0」が気になってYahooの知恵袋で検索したところ、サイバーテロってことで「4.0」となったのでは、とかドコモ2.0のように未来へと繋がる意味を持たせたとか上げられていました。
オリジナルシリーズではDIE HARD→DIE HARD 2→DIE HARD: WITH A VENGEANCE→LIVE FREE OR DIE HARDとなっています。





コメント (11)

ラッキーナンバー7

2007年07月06日 | ラ行


『ラッキーナンバー7』
---LUCKY NUMBER SLEVIN ---
2005年(アメリカ)

監督:ポール・マクギガン
出演: ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ



仕事をクビになり、恋人にも裏切られ、不運続きの青年スレヴン(ジョシュ・ハートネット)は、友人ニックを頼ってニューヨークへとやって来た。
しかしニックは不在で、スレヴンはひょんなことから知り合った隣に住む女性リンジー(ルーシー・リュー)と一緒にニックの行方を捜し始める。そして、いつしか2人は恋に落ちる。
そんな矢先スレヴンは、彼をニックだと思い込んだギャングによって拉致され、親玉“ボス”(モーガン・フリーマン)の前に引き出される。ニックがつくった多額の借金の返済を迫られ、それを帳消しにする条件として、敵対するギャングの親玉“ラビ”(ベン・キングズレー)の同性愛の息子を殺害することを強要されてしまうスレヴンだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



久しぶりにスマートなブルース・ウィリスを見ることが出来ました!
ブラック・ダリアのDVD鑑賞したすぐ後に見たジョシュでしたが、こちらの方が私はずっーと良かったと思いました。
二転三転する話の展開が好きな私は、是非オススメしたい作品です♪
初めのシーンが最後に繋がるので、出だしちょっと分かりにくくてもしっかり見てくださいね。


コメント (10)

ブラック・ダリア

2007年07月02日 | ハ行


『ブラック・ダリア』
---THE BLACK DAHLIA ---
2006年(アメリカ)

監督:ブライアン・デ・パルマ
出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート 、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク、ミア・カーシュナー

40年代にロサンジェルスで実際に起こった有名な猟奇殺人事件を基に、捜査に当たる2人の刑事が、次第に事件の背後に広がる妖しく深い闇の中に呑み込まれていくさまをスタイリッシュに描く。
共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェルス市警の名物コンビ、バッキー(ジョシュ・ハートネット)とリー(アーロン・エッカート)。
ある日、市内の空き地で腰から切断された若い女性の死体が発見される。以来、リーはこの事件に異常なほどの執着を見せ始める…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)



---------------------------------------------------------------------



「ブラック・ダリア事件」として世を震撼させた殺人事件を書いた小説の映画化です。実際に起こった事件なのです。
話の展開、テンポもよく私は楽しめました。
DVDの特典では人物相関図もありましたので、分かり易かったです。

スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンクと対照的な二人で演じてたのが良かったかな~。
それにしても、スカーレット・ヨハンソンは違う役柄どれもいいです!
「ロスト・イン・トランスレーション」ではそれほど魅力を感じなかったのですが、 「真珠の耳飾りの少女」ですっかりファンになりました。
「モンタナの風に抱かれて」では怪我した少女が彼女だったのですが、私の中では結びついてないです・・・。機会があったら確かめてみなくちゃ!



コメント (8)

麦の穂をゆらす風

2007年07月02日 | マ行


『麦の穂をゆらす風』
---THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY ---
2006年(イギリス/アイルランド/ドイツ/イタリア/スペイン )

監督:ケン・ローチ
出演:キリアン・マーフィー、ポードリック・ディレーニー、リーアム・カニンガム、オーラ・フィッツジェラルド、メアリー・オリオーダン

1920年、緑深きアイルランド。
医師になる将来を捨て、兄とともにイギリス支配からの独立を求める戦いに身を投じる青年デミアン(キリアン・マーフィー)。
戦いは終わり、ついにイギリスは独立を認める。
しかし今度は、アイルランド人同志が敵味方になる内戦が始まり、デミアンと兄テディ(ポードリック・ディレーニー )、そして恋人シネード(オーラ・フィッツジェラルド)との絆をも引き裂いていく・・・。
(日本公式サイトより)


---------------------------------------------------------------------



社会派監督ケン・ローチが独立戦争から内戦へといたる1920年代のアイルランドを描いています。
ほどんど史実を描いているとの事で、辛く悲しい現実を映像で見せられます。
独立戦争と内乱という流れが、紛争の絶えない地域を作り出しているんですよね。
映画を見るたび、繰り返されてはならないという映画の作り手の気持ちが痛いほど伝わってきます。
でも、映画は映画、政治ではないので・・・。
こういうこともあったのか・・・と散った人々の無念さを感じれば、それはそれでいいのかと思っています。


あっ、私は社会派映画は好きですから、この映画もオススメします。
デミアンを演じたキリアン・マーフィーが、心の苦しさを大仰ではなく表しているところ良かったです。
同じアイルランドの独立運動に身を投じた『マイケル・コリンズ』(リーアム・ニーソン主演)もオススメします。





コメント (21)

トワイライト

2007年07月01日 | タ行


『トワイライト』
---Twilight---
1998年(アメリカ)

監督:ロバート・ベントン 
出演: ポール・ニューマン、スーザン・サランドン、ジーン・ハックマン


元刑事で探偵稼業もやっていたハリー(ポール・ニューマン)は、ハリウッド・スターのジャック(ジーン・ハックマン )とキャサリン(スーザン・サランドン)夫妻の便利屋として居候をしている。
ある日ジャックに頼まれてある女性に金を届けに行き、事件に巻き込まれた。それはキャサリンを巡るスキャンダルが関係していた。

---------------------------------------------------------------------




日本未公開でレンタル店には無く、ビデオ発売も廃盤になっていたので手に入らず、何年か前にやっとネットで中古を探して見た映画です。
最近DVD化されました!

こんなに豪華キャストでも劇場公開はなかったのですね。
ポール・ニューマン、ジーン・ハックマンが渋くて良かったです。
スーザン・サランドンが綺麗だったし、リース・ウェザースプーンがベテラン俳優の中でも臆することなく演じていました。
私は、けっこう好きな作品ですが、少~し落ち着き過ぎた演出だったかな・・・。




コメント (2)

ウェディング・シンガー

2007年07月01日 | ア行


『ウェディング・シンガー』
---The Wedding Singer---
1998年(アメリカ)

監督:フランク・コラチ
出演:アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア、スティーヴ・ブシェミ、ビリー・アイドル

ウェディング・シンガーとは、結婚式を盛り上げるための音楽を担当する歌い手。ロビー(アダム・サンドラー)は、ロック歌手を夢見ているが生活のためにウェディング・シンガーを引き受けている。
そんなある日、彼は結婚式場でウェイトレスのジュリア(ドリュー・バリモア)と出会う。ロビーは恋人に逃げられ落ち込んでいたが、ジュリアの結婚式のために歌うことを約束した。
しかし、ジュリアの相手の不誠実を見抜き、作った歌を持ってジュリアを追いかける・・・。

---------------------------------------------------------------------


エエ~、これがアダム・サンドラーなの?というくらい歌が、甘くて素敵でした。これは、びっくりでした。
まあ、お話が進むにつれて、ああ、やっぱりアダム・サンドラーだわ~なのですが。
ラブコメディとして、なかなか楽しかったです♪





コメント (4)