こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

スイミング・プール

2016年11月30日 | サ行
『スイミング・プール』
---SWIMMING POOL---
2003年(フランス/イギリス)

監督: フランソワ・オゾン 
出演: シャーロット・ランプリング 、 リュディヴィーヌ・サニエ 、 チャールズ・ダンス 、 ジャン=マリー・ラムール  
 
 


2人の対照的な女性の間で現実と幻想が交錯し、謎が二転三転していくさまを、幾重もの仕掛けを張り巡らせミステリアスかつ官能的に描いたサスペンス・ドラマ。
監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。出演はいずれもオゾン作品に出演歴のある「まぼろし」のシャーロット・ランプリングと「焼け石に水」のリュディヴィーヌ・サニエ。

創作活動に行き詰まっていたイギリスの女流ミステリー作家サラ(シャーロット・ランプリング)はある夏の日、出版社社長ジョン( チャールズ・ダンス)の勧めで南仏の彼の別荘を訪れる。
そこは明るく静かで、誰にも邪魔されずに執筆できる最適な場所だった。
しかし、サラがいよいよ仕事に取り掛かろうとした矢先、社長の娘ジュリー( リュディヴィーヌ・サニエ )が別荘にやって来る。
裸でプールを泳ぎ、毎夜男を連れ込んでは嬌声をあげるジュリーに苛立ち筆が進まないサラ。だがやがてサラは、ジュリーの若さと妖艶な振る舞いに強い刺激を受け、いつしか彼女をモデルに物語を紡ぎ始めるのだった…。
(allcinemaより)
 
---------------------------------------------------------------------


シャーロット・ランプリング主演の映画が見たくてお家鑑賞。
評判の作品だったのでしょうが、私は今まで未見でした。
ラストでう~んとうなる展開の映画です。
 
シャーロット・ランプリングの上手さは言うまでもなく、引き込まれました。
奔放な若いジュリーも良かったです。
その若いジュリーに振り回されるサラがもっといいのですよ。。。
 
見てる側はラストでそれまでの展開を一気にひっくり返されたような感覚に陥ります。
え?
ええ?
 
サラの妄想?
すべてが自分の作品から来た夢物語?
現実にジュリーに振り回されたとしたら、それは無理がありそうだし。
あの殺人は何?
 
いろいろ思うところはありますが、楽しめた映画でした。
 
 
   
 
 
     
       
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 


 

コメント

まぼろし

2016年11月23日 | マ行
『まぼろし』
---SOUS LE SABLE
  UNDER THE SAND---
2001年(フランス )

監督: フランソワ・オゾン 
出演: シャーロット・ランプリング、 ブリュノ・クレメール 
 
 
本国フランスのみならずアメリカでも好評を得た大人のドラマ。
監督はまだ若手ながら、短編から長編まで次々と話題作を世に送り出している「焼け石に水」のフランソワ・オゾン。
主演には「愛の嵐」のシャーロット・ランプリング。
今なお衰えない美しさと風格を漂わせ、哀しみに耐えて死を受け入れていく女性を巧みに表現している。

マリー(シャーロット・ランプリング)とジャン(ブリュノ・クレメール )は結婚して25年になる50代の夫婦。
子どもはいないが幸せな生活を送っている。
毎年夏になると、フランス南西部・ランド地方の別荘で過ごしていた。
今年も同じようにバカンスを楽しみに来た。昼間、マリーが浜辺でうたた寝をしている間、ジャンは海に泳ぎに行く。
目を覚ましたマリーは、ジャンがまだ海から戻っていないことに気づく。気を揉みながらも平静を装うマリー。しかし、不安は現実のものとなってしまう。
ヘリコプターまで出動した大がかりな捜索にもかかわらずジャンの行方は不明のまま。
数日後、マリーはひとりパリへと戻るのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


先日鑑賞した「さざなみ」シャーロット・ランプリングが素晴らしかったので、他の作品も見てみました。
こういう大人の演技が何とも上手い女優さんです。
もっと劇的な展開の映画かと思いましたが、意外に淡々と進んでいきます。
しかしこの淡々と進む中でも存在感のあるシャーロット・ランプリングが、またいいです。
 
話としては、まあ普通なんですけどね。
 
さななみ出演の時より、かなり若い彼女に会えますネ。
 
          

 

コメント

ミニミニ大作戦

2016年11月19日 | マ行
『ミニミニ大作戦』
---THE ITALIAN JOB---
2003年(アメリカ )

監督: F・ゲイリー・グレイ 
出演: マーク・ウォールバーグ 、 エドワード・ノートン 、 シャーリーズ・セロン、 セス・グリーン 、 ジェイソン・ステイサム 、 ドナルド・サザーランド 

 
金塊を巡って激しいカーチェイスが繰り広げられるクライム・アクション。
69年の同名作品をマーク・ウォールバーグ、エドワード・ノートン、シャーリーズ・セロンら豪華キャストでリメイク。
ロサンゼルスを主な舞台に、犯罪のスペシャリストたちが大がかりな強奪計画のために手を組んでミニ・クーパーを駆り、大胆な作戦に挑んでいく。
監督は「交渉人」のF・ゲイリー・グレイ。

イタリア・ベニス。
天才的な知性を持つ窃盗のプロ、チャーリー(マーク・ウォールバーグ )は、最新型金庫に厳重保管されている50億円相当の金塊を強奪する計画を立て、その道のプロフェッショナルたちを集める。
だが、仲間の一人スティーヴ(エドワード・ノートン)の裏切りで、金塊のみならずチャーリーが父のように慕っていたジョンの命まで奪われてしまった。
1年後、ロサンゼルス。
チャーリーたちは、ジョンの娘で錠前屋のステラ(シャーリーズ・セロン)を金庫破り担当として新たな仲間に加え、スティーヴに奪われた金塊の再奪取を計画。
それはミニ・クーパーを使った大々的なプロジェクトだった。
<allcinema>
 
 
---------------------------------------------------------------------


このキャストなのに見てなかった映画です。
ジェイソン・ステイサムの出演作品を検索してたら、エドワード・ノートンが出演してたというのに見逃してたことに気がつきました。
う~ん怠慢でした、私。(^_^;)
 
それで、レンタルDVDで鑑賞。
1969年のリメイクという作品ですが、オリジナルも見たことがありません。
 
見逃してしまった!と思った私はとても面白く鑑賞しましたっ。
が、そうでない方には特にはオススメしないかも、、、。
 
もちろん、私は楽しめましたよ。
 
 
 

 

 

 

 

コメント