こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2015年04月30日 | ハ行
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
---BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)---
2014年(アメリカ )

監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:マイケル・キートン 、ザック・ガリフィナーキス、 エドワード・ノートン 、 エマ・ストーン 、 ナオミ・ワッツ


「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。
共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。

かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン(マイケル・キートン)。
私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。
ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイク(エドワード・ノートン )の横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サム(エマ・ストーン)との溝も深まるばかり。本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。
(allcinemaより) 
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


旅行中の機内で鑑賞。
日本公開の時期でもあり、ラッキー!
 
機内での鑑賞は、なんとなく落ち着かず細切れに見る羽目になることが多いのですが、この作品は一気に見てしまいました。
シーンから目が離せないような感覚のままラストまで行き着きました。
 
印象的には、すごく感動したとか、楽しかったとかいう感想ではありません。
 
マイケル・キートンがそれだけ上手かったのかな・・・。
はまり役でしたね。
キートンはかつての活躍にすがってるという俳優ではないと思いますが、ダブる面もあり、実に真に迫ってました。
ノートンは相変わらずの迫力!演技力で見せてくれました。
 
キートン扮するリーガンの俳優へのこだわりが、壮絶でもあり滑稽でもあり、何だかどんな人にも被る一面があるのかなって無理やりオスカー作品へこじつけてみました。
舞台ってあまり興味ないので、劇中の劇はほとんど意味わからず、笑うツボも分からず状態でしたヨ。
 
キートンとノートンの好演を楽しみました。
 
 
 
     
 
 

コメント

はじまりのうた

2015年04月29日 | ハ行

 

『はじまりのうた』
---BEGIN AGAIN---
2013年(アメリカ)

監督: ジョン・カーニー
出演: キーラ・ナイトレイ 、マーク・ラファロ、キャサリン・キーナー


アカデミー歌曲賞に輝いた「ONCE ダブリンの街角で」で高い評価を受けたジョン・カーニー監督が、キーラ・ナイトレイとマーク・ラファロを主演に迎えて贈る音楽ドラマ。
崖っぷちの音楽プロデューサーが、恋人に裏切られた失意の女性シンガー・ソングライターと手を組み再起を図る姿をハートウォーミングに綴る。
 
音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)。
かつては人気ミュージシャンを次々と発掘し、ヒットを飛ばしてきた彼だったが、すっかり時代に取り残され、ついには自分が設立したレコード会社をクビになってしまう。
失意のまま飲み明かし、酔いつぶれて辿り着いたバーで、ふと耳に飛び込んできた女性の歌声に心を奪われる。
小さなステージで歌を披露していたのは、シンガー・ソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ )。
ブレイクしたミュージシャンの恋人デイヴに裏切られて別れたばかりで、今も失意のどん底。
そんなグレタに一緒にアルバムを作ろうと提案するダン。
お金のない2人がスタジオに選んだのは、なんとニューヨークの街の中。
ストリート・ミュージシャンたちに参加してもらい、大胆にも路上でゲリラ・レコーディングを敢行してしまう2人だったが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


旅行に行く前に、鑑賞していました・・・。
 
 
キーラが良かったです。
でも、これってマーク・ラファロ演じたダンの話だったのかな・・・。
マーク・ラファロも好きな俳優だったし、彼の好演が光っていたので、肩透かし感はありませんでしたが。
 
予告の印象は、キーラが泣きわめき、ズタズタになるシーンが占めているのかとちょっと嫌かもぉ、、、と見に行ったのですが、もっと前向きな話で楽しかったです。
 
二人の音楽を作っていく過程が楽しくて、サクセスストーリーと分かっていても、ワクワクしました。
あ、キャサリン・キーナーもはまり役で良かったですネ。
 
キーラの歌、押しつけがましくなくて良かったです。
ラストも爽やかでした。
 
 
 
  
 
   
 
  
 
 
 


 

 
 
コメント

旅行記のご案内・・・

2015年04月26日 | ご挨拶&お知らせ
 
暫く振りのブログアップとなってしまいました。
 
新緑の美しい季節となっていますね~。
 
冒頭の写真は、美しい黄葉です。
南半球、ニュージーランド旅行に行って参りましたっ。
 
機内で『ランナーランナー』『 バードマン』『インターステラー』の3本を鑑賞しました。
感想は後日に。。。
 
「ロード・オブ・ザ・リング」や「ラストサムライ」の撮影が行われたというトンガリロ国立公園にも行きました。
ロケ地訪問ではありませんので、背景の山々などを眺めただけですよ・・・。
 
旅行では素晴らしい黄葉を見られて良かったです。
前半は雨に降られてしまいましたが、後半はお天気に恵まれました。
レポ作成の予定です。
 
ご案内のレポは、昨年秋の旅行、ライン・マイン・ドナウ川クルーズのレポです。
今回の旅行前になんとかアップしました。。。(^_^;)
 
長いので、興味のある方はお時間のある時に見て下さいませ。
すでに見て下さった方もいらっしゃると思いますが、改めてのご案内です。
 
こちらデス。
 
                                **小米花**
 
 
 
コメント (2)