和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

ケープタウン

2015年05月24日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ケープタウン』
---ZULU---
2013年(フランス/南アフリカ )

監督:ジェローム・サル
出演: オーランド・ブルーム 、フォレスト・ウィテカー
 

南アフリカで繰り広げられる非情な犯罪組織と刑事たちの緊迫の攻防を、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのオーランド・ブルーム主演で描くサスペンス・アクション。共演は「ラストキング・オブ・スコットランド」「大統領の執事の涙」のフォレスト・ウィテカー。
監督は「アントニー・ジマー」「ラルゴ・ウィンチ」のジェローム・サル。

南アフリカのケープタウン。
ある日、元人気ラグビー選手の娘ニコールの惨殺死体が発見される。
捜査の指揮に当たるのはズールー族出身の刑事アリ・ソケーラ(フォレスト・ウィテカー )。
彼が率いる捜査チームには、私生活に問題を抱えた白人刑事ブライアン・エプキン(オーランド・ブルーム )がいた。
酒と女に溺れ、妻にも見捨てられた彼だったが、刑事としてはアリがもっとも信頼を置く部下だった。やがて捜査を進める2人の前には、最新の銃器で武装した凶暴なギャングが立ちはだかる。さらに、事件の背後に潜む麻薬を巡る想像を絶する深い闇が次第に明らかとなってくるが…。
(allcinemaより)
 
 
---------------------------------------------------------------------


私はオーランド・ブルーム出演の映画をあまり見ていないことに、いまさらですが気がつきました(汗)。
今まではコスチュームものの中でのアクションシーンが多かったのでは?
う~~ん、徹底的な汚れ役を演じることもあるのですね。
ま、汚れ役と行っても悪と戦っていたのですが。
 
破天荒な白人刑事の監視役がフォレスト・ウィテカー というものいい感じでした。
 
私の偏見でスミマセンが、舞台となった南アフリカの街は、よく分からないこわーいお話がまだまだいっぱいありそうです。。。
正義の味方が戦う余地が多くありそうだということは、あまりいいことではないのでしょうけど、この街が舞台になると、一種の緊張感が伴うのです・・・。
 
映画はなかなか緊張感があって良かったです。
 
 
      

 

コメント

ランナーランナー

2015年05月18日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ランナーランナー 』
---RUNNER RUNNER ---
2013年(アメリカ  )

監督:ブラッド・ファーマン 
出演:ジャスティン・ティンバーレイク 、 ジェマ・アータートン、 アンソニー・マッキー、
 ベン・アフレック  
  

ジャスティン・ティンバーレイクとベン・アフレックの共演で贈るクライム・サスペンス。オンライン・カジノで大損した大学生が、ひょんなことからその経営者の手伝いをすることになり、やがてFBIにも目を付けられて窮地に陥るさまをスリリングに描く。
共演はジェマ・アータートン、アンソニー・マッキー。
監督は「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン。

プリンストン大学の天才学生リッチー(ジャスティン・ティンバーレイク)は、オンライン・ポーカーで大負けし、学費を全額失ってしまう。
しかしサイトに疑念を抱いた彼は、みごとシステムの不正を見抜くと、大胆にもカジノ王として知られるサイト・オーナーのブロック(ベン・アフレック )のもとへと直談判に出向く。
意外にもブロックはリッチーの抗議を受け入れ、お詫びとして賭けた金の返済と残りの学費の肩代わりを申し出る。
さらに、リッチーの才能を高く評価したブロックは、彼をカジノ経営へと誘う。
こうしてある日突然、札束が飛び交う別世界へと足を踏み入れ、すっかり有頂天のリッチーだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


旅行中の機内で鑑賞しました。
 
サイトで知ったのですが、事実に基づいた映画だそうですね~。
うわ、すごい・・・。
 
こういう速い展開のクライム・サスペンスは、楽しいです。
ま、王道な展開ですが。。。
 
最後のどんでん返しに、胸スカッ~!!
 
キャストも良かったです。
楽しい映画でした!
 
 
 
 
     

 
 
 
コメント

インターステラー

2015年05月17日 | こんな映画見ました~(洋画)
『インターステラー』
---INTERSTELLAR---
2014年(アメリカ )

監督:クリストファー・ノーラン 
出演:マシュー・マコノヒー、 アン・ハサウェイ 、 ジェシカ・チャステイン、 エレン・バースティン 、 マイケル・ケイン 、 マット・デイモン  

 
「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が、理論物理学者キップ・ソーン博士のスペース・トラベルに関するワームホール理論を下敷きに描くハードSF超大作。
かつてない危機に直面し、新たに発見されたワームホールを利用した超遠距離惑星間移動に最後の希望を託す人類の運命と、重大な使命と引き換えに永遠の離別を迎えようとしている一組の父娘の絆を壮大なスケールで描く。
主演は「MUD マッド」「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー、共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マイケル・ケイン。

近未来の地球。環境は加速度的に悪化し、植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていた。
そこで人類は、居住可能な新たな惑星を求めて宇宙の彼方に調査隊を送り込むことに。
この過酷なミッションに選ばれたのは、元テストパイロットのクーパー(マシュー・マコノヒー)や生物学者のアメリアらわずかなクルーのみ。
しかしシングルファーザーのクーパーには、15歳の息子トムとまだ幼い娘マーフがいた。
このミッションに参加すれば、もはや再会は叶わないだろう。
それでも、泣きじゃくるマーフに“必ず帰ってくる”と約束するクーパーだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


先日のニュージーランド旅行の際の機内鑑賞です。
見たかったのでラッキー!と思ったのですが、留守中にリストアップしてたレンタルDVDが届いてました・・・。アチャー、、、でした。
 
映画は面白かったです。
時空を超えた作品は少々苦手としています。
辻褄を自分で合わせられないと、ちょっと合点がいかないのよね~。
それでも、楽しめました。
 
マコノヒーの好演がとても好感持てました。
マットくん、今回はなんともかっこ悪い男だったのね。
マットくんなので、もっとかっこいい逆転ホームランがあるのかと思ったのに、残念。。。
 
地球が人が住めなくなって、他の星や宇宙に住居を求めるという展開、私はホントは好きではないデス。
そういうストリーの映画はあまり見ないのですが、この映画はちょっと見たいと思ってました。
 
でも、ダメになる地球は見たくないナ、映画でもね。
 
 
 
 
 
      
 
コメント

ジャージー・ボーイズ

2015年05月07日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ジャージー・ボーイズ』
---JERSEY BOYS---
2014年(アメリカ )

監督:クリント・イーストウッド 
出演:ジョン・ロイド・ヤング 、 エリック・バーゲン、 マイケル・ロメンダ 、 ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン


トニー賞受賞の同名大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルを「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」「人生の特等席」の巨匠クリント・イーストウッド監督で映画化。60年代から70年代を中心に活躍したニュージャージー出身の4人組ヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの栄光と挫折の物語を、『シェリー』『君の瞳に恋してる』はじめ彼らのヒット・ナンバーの数々とともに綴る。
 
出演は、リード・ヴォーカルのフランキー・ヴァリ役にブロードウェイ版のオリジナル・キャストでもあるジョン・ロイド・ヤング、その他のバンド・メンバーにエリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、共演にクリストファー・ウォーケン。
 
ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。
1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(のちのヴァリ)を自分のバンドに迎え入れる。
フランキーの歌声は地元マフィアのボス、ジップ・デカルロも魅了し、サポートを約束する。
最初は鳴かず飛ばずの彼らだったが、才能豊かなソングライター、ボブ・ゴーディオとの出会いによって大きな転機を迎える。
ヴォーカルのフランキー、ギターのトミー、ベースのニックに、キーボードと作曲を担当する最年少のボブが加わり、バンド名を“フォー・シーズンズ”と改めた4人は、『シェリー』を皮切りに次々とヒットを連発、ついにスターダムへとのし上がるのだったが…。
(allcinemaより)
 
 
 
---------------------------------------------------------------------


少し前にお家鑑賞してたのですが・・・。
 
イーストウッド監督作品で映画館に行きたかったのですが、お家鑑賞となってしまいました。でも、ま、それでも良かったかな。
 
事実を丁寧に解きほぐすという、イーストウッドのパターンですね。
サクセスストーリーから挫折、転落へ・・・。
テンポよく進む展開に引き込まれました。
 
聞いたことのある歌は出てきますが、“フォー・シーズンズ”の活躍を知っていたら、もっと感情移入出来たと思います。
活躍してた時代に私は生きていたのにねぇ~。
 
そういうグループのお話だったのね、、、という感想しか書けなくて、スミマセン。
 
あ、クリストファー・ウォーケン の出演が嬉しかったのと、テレビでチラリと見えたイーストウッドの映画シーンに妙に反応してしまいました。
 
 
 
 
 
 
    
 
コメント