京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『望み』

2020-10-22 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「望み
□監督 堤 幸彦
□脚本 奥寺佐渡子 
□原作 雫井脩介
□キャスト 堤 真一、石田ゆり子、岡田健史、清原果耶
      松田翔太、加藤雅也、市毛良枝、竜 雷太

■鑑賞日 10月10日(土)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

息子が犯罪に関わったかどうか・・・。
加害者なのか、被害者なのか・・・。
息子が人を殺めてしまったのか・・・。

父親の考え、母親の考え、家族の考え、友人の考え等々、
それぞれの立場で何通りの考え方があって、
堤監督にしてはやや控えめの表現j方法だったが、
いや、その方が家族の感情描写が浮きだったのかも。

実際に家族に疑いのある事件が起こったとしたら、
殺めても生きていてさえいてくれればいいと願う母親や、
まさか自分の息子が人を殺めるなんて考えられないと思う父親や、
冷めた目で兄の父母の愛と自分への愛を比較する娘だとか、
そのあたりが「ありかな」って感じさせられた。

どちらかと言うと、もう少し細かく相関関係や成り行きを細かく、
たとえばTVの連ドラでもう一度観てみたい気がする。

取材記者役の松田翔太が効いていたかも。

コメント

『浅田家』

2020-10-21 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「浅田家
□監督 中野量太
□脚本 中野量太、菅野友恵 
□キャスト 二宮和也、妻夫木聡、黒木華、菅田将暉、
      風吹ジュン、平田満、渡辺真起子、北村有起哉、
      野波麻帆、池谷のぶえ

■鑑賞日 10月4日(日)
■劇 場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>


写真家・浅田政志の実話に基づくストーリー。
中野量太監督の作品は以前、『湯を沸かすほどの熱い愛』でお気に入りの監督。
決して派手さはないけれど、人間の感情や機微を上手に表現する。
『湯を沸かすほどの熱い愛』は何度も観て、何度も泣いている。

主人公政志を演じるは二宮和也の演技は地味ながら、人間愛に満ちている。
様々な触れ合いを自身のファインダーを通して、写真に投影している
浅田本人を上手く表現していた。

浅田家の家族を演じる兄・妻夫木聡、父・平田満、母・風吹ジュン。
加えて黒木華、菅田将暉等、演技派の俳優が程良くいいテイスト。

この父親を観ながら、自分の父親もカメラが好きで、子供のころからたくさん
写真を撮りためてくれていた。だから、家族写真の中に父親が写っていない
ことも多かった。昔はみんなそうだったのかもしれない。
3.11被害で写真が水に浸かり、それをキレイに洗って、家族に返す運動。
そういう姿を映画の中で観て、断捨離ではないが、今までのアルバム写真を
全てPCに保存したことが、時間はかかったにしろ、結果良かったと思った。

劇中で少女・内海莉子を演じた後藤由依良ちゃんの涙を忘れない。

コメント

「コスモス」/浜離宮恩賜庭園

2020-10-20 | 公園(庭園・テーマパーク)

「コスモス」/浜離宮恩賜庭園

【2020/10/3撮影】


やぱりピンクのコスモスはカワイイですね〜
特にTOPの写真はコスモスがまるで
秋風に誘われてダンスを踊っている風にも見えます

  

種類も色々ありましたが、まだキバナコスモスが
終わって、バトンタッチするところかな(笑)

  

   

汐留の高層ビル街のまさにオアシスですね

   

コメント (2)

「キバナコスモス」/浜離宮恩賜庭園

2020-10-19 | 公園(庭園・テーマパーク)

「キバナコスモス」/浜離宮恩賜庭園

【2020/10/3撮影】


浜離宮のキバナコスモスは例年夏の暑い時期に
見に来ていましたが、今年はコロナ禍のせいもあり、
この時期になってしまいました

  

キバナコスモスとキイロコスモスの、
コントラストが綺麗ですね
来年はもう少し早い時期に来ないと・・・ですね(笑)

  

  

白い萩も魅力的ですネ〜

   

花 梨

双子の花梨を見つけました(笑)

コメント (2)

「内庭・他」/小石川後楽園

2020-10-18 | 公園(庭園・テーマパーク)

「内庭・他」/小石川後楽園

【2020/10/3撮影】


内庭では「唐門(戦火で焼失)」の復元整備工事が行われていました。
完成は今年7月ごろの予定だそうです。 楽しみですね~ 

  

少しですが白いスイレンも
そういえばこの池は白のスイレンばかりだったような

   

  

白い萩も満開でした
長らく工事中だった「白糸の滝」も復活

   

そして、いつも対岸で望遠を構えて待ちわびているのが、
そう、カワセミです

   

僕のコンデジではこれが精いっぱいです(笑)

コメント (2)