和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

Xmas-小さなスケッチ---11/27---

2022年11月27日 | 暮らしの中の季節

---2022年11月27日(日)--- 

今年の私のクリスマスの楽しみ方は、身の回りの小さなクリスマスを描くことです。
華やかなイルミや大がかりの装飾ではありませんが、細やかな楽しみです。(A4透明水彩)
近所の大型店のツリーです。

     

 

 


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Xmas-小さなスケッチ---11/23---

2022年11月23日 | 暮らしの中の季節

---2022年11月23日(水)---

毎年我が家の玄関に置くクリスマスの飾りのライトハウスです。
いつも仕舞う時になって、来年はこれらを描こう~と思っていました。
やっと実現しました。
私の一番身近なクリスマスですね💛

 

 

この他、キャンドルハウスも描ければ描きたいと思っていますが、来月はちょっとバタバタしするのでどうなるかしら~?

 


 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マーシャル 法廷を変えた男

2022年11月22日 | こんな映画見ました~(洋画)
『マーシャル 法廷を変えた男』
---Marshall---
2017年(アメリカ)

監督:レジナルド・ハドリン
出演:チャドウィック・ボーズマン、ジョシュ・ギャッド、ケイト・ハドソン
 

アフリカ系アメリカ人として史上初めてアメリカ合衆国最高裁判所の判事に任命された弁護士サーグッド・マーシャルを題材にした伝記映画。
 
「ブラックパンサー」「42 世界を変えた男」のチャドウィック・ボーズマンが主人公となる弁護士マーシャルを演じ、「美女と野獣」「オリエント急行殺人事件」のジョシュ・ギャッド、「あの頃ペニー・レインと」のケイト・ハドソンらが共演。
 
アンドラ・デイとコモンが歌う主題歌「Stand Up For Something」が、第90回アカデミー賞の歌曲賞にノミネートされた。
1941年の米コネティカット州。黒人運転手が白人女性への強姦と殺人未遂の容疑で逮捕され、全米黒人地位向上協会の弁護士マーシャルが容疑者の弁護を担当することになる。
差別主義者の判事から発言権を奪われ、マスコミからも激しいバッシングを受けるなど、マーシャルは次々と困難に直面するが、やがて事件に隠された嘘が明るみになり……。(映画.comより)
   
 
      
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
 
サーグッド・マーシャルはアフリカ系アメリカ人として史上初めてアメリカ合衆国最高裁判所の判事に任命された弁護士です。それをチャドウィック・ボーズマンが演じています。
チャドウィック・ボーズマンは、アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなった伝記映画、ジャッキー・ロビンソン(背番号42)を演じていますよね。
チャドウィック・ボーズマンが史上初めてのアフリカ系アメリカ人の偉業を演じている、ということに惹かれて見ました。
こういうお話は細かく紐解けばいっぱいあるのだと思います。
今でもなお、同じことが繰り返されているのかも知れませんし・・・。
 
映画化されて、多くの人が鑑賞することに深い意義があるように思いました。
事実のお話ですがエンタメとしても楽しめました。
 
 

 
 
 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Xmas-小さなスケッチ---11/20---

2022年11月20日 | 暮らしの中の季節

---2022年11月20日(日)---

ハロウィンが終わったとたん、街はクリスマス🎄の飾りに入れ替わってました。
以前は少し間をおいてからの飾り付けだったように思いますが、11月の始めから飾りが替わっててビックリしました。
今年も美しいイルミネーションや街の賑わいの中に身を置くことは出来そうにないので、身近で小さなシーンを描いてみることにしました。

クリスマスまで何枚描けるか分かりませんが、アップ致しますね。
始めは過去作で、南大沢のショッピングモールを簡単スケッチしたものです。

     

以前はこの正面2階にあるお教室に通っていました。
その頃のスケッチなので4年以上前に描いたものですね・・・。

 


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マザーレス・ブルックリン

2022年11月16日 | こんな映画見ました~(洋画)
『マザーレス・ブルックリン』
---Motherless Brooklyn---
2019年(アメリカ)

監督:エドワード・ノートン
出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォー

エドワード・ノートンが「僕たちのアナ・バナナ」以来となる約19年ぶりの監督業に挑んだ作品で、1950年代のニューヨークを舞台に私立探偵が殺人事件の真相を追うアメリカンノワール。
ノートンが監督のほか脚本、製作、主演も務めた。
 
障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネル・エスログの人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランク・ミナが殺害された。
事件の真相を探るべく、エスログがハーレムのジャズクラブ、ブルックリンのスラム街と大都会の闇に迫っていく。
わずかな手掛かり、天性の勘、そして行動力を頼りに事件を追うエスログがたどり着いたのは、腐敗した街でもっとも危険と称される黒幕の男だった。
 
共演にはブルース・ウィリス、ググ・バサ=ロー、アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーらが顔をそろえる。
 
     
 
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
エドワード・ノートン監督・主演という作品ということで見ました。

ノートンが1999年に小説が発表された直後に映画化権を自ら押さえていた企画で、小説の舞台90年代から50年代の香りを感じ取り時代設定が変えられたものだそうです。
そのノートンの時代へのこだわりがアメリカンノワールとして見事に成功していますね。
 
ノートンが演じるライオネル・エスログは、自分の恩人が何故殺されたのかの事実を求めていくうちに、都市開発によって住むところを追われる貧困層の実態に触れていきます。
 
アレック・ボールドウィン、ウィレム・デフォーの好演に惹かれました。
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トップガン マーヴェリック

2022年11月08日 | こんな映画見ました~(洋画)
『トップガン マーヴェリック』
---Top Gun: Maverick---
2022年(アメリカ)

監督:ジョセフ・コジンスキー
出演:トム・クルーズ、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、バル・キルマー



トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編。

アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校トップガンに、伝説のパイロット、マーヴェリックが教官として帰ってきた。
空の厳しさと美しさを誰よりも知る彼は、守ることの難しさと戦うことの厳しさを教えるが、訓練生たちはそんな彼の型破りな指導に戸惑い反発する。
その中には、かつてマーヴェリックとの訓練飛行中に命を落とした相棒グースの息子ルースターの姿もあった。
ルースターはマーヴェリックを恨み、彼と対峙するが……。
 
主人公マーヴェリックをクルーズが再び演じ、「セッション」のマイルズ・テラー、「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、「アポロ13」のエド・ハリスが共演。
さらに前作でマーヴェリックのライバル、アイスマンを演じたバル・キルマーも再出演する。

「オブリビオン」のジョセフ・コジンスキーが監督を務め、「ミッション:インポッシブル」シリーズの監督や「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家として知られるクリストファー・マッカリーが脚本に参加。
 
               
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
レンタルが始まってすぐに登録してあったのですが、前作を見直してから見ようと思って後回しにしてました。
そしたら無料で見られるサイトが出てきてしまって、慌てて前作、今作を見た次第です。
 
もちろんこの作品のみでも十分楽しめるのですが、せっかくなので2作続けて鑑賞しました。
ロードショー見た方の記事で、是非映画館鑑賞を!とありましたけど、未だ映画館は控えているのでせめてと思い、居間のテレビで見ました。
PCより画面が大きいし、ステレオもサラウンドになっているのでより楽しめるかな、と思って・・・。
 
前作監督へのオマージュが感じられて、それが心地よかったです。
空を飛ぶシーンは、大きなスクリーンにはとても及びませんが、それでも楽しめました。
 
前作ラストで大仕事を達成したマーベリックに、上層部は君の望む進路を取らせると言ってる、と言われて『できれば教官の仕事を』と答えています。
なので、私は希望して、理想を持ってトップガンの教官として乗り込んできたものと思ってましたが、実はそうでもなかったのですね。
 
トム・クルーズ、本当にいつまでも変わらず若い!!って思っていましたが、前作を見た後に見るとしっかり年取ってました(笑)。
 
しかし、何十年も経ってからの続編でご当人が変わらずのアクションを見せてくれるのは本当にスゴイと思いました。
ハリウッドの鑑!!
 
賞取りレース白熱しそうですね~。
 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ステップ

2022年11月06日 | こんな映画見ました~(邦画)
『ステップ』

2020年(日本)

監督:飯塚健
出演:山田孝之、田中里念、広末涼子、余貴美子、國村隼


妻に先立たれて男手ひとつで娘を育てるシングルファーザーと、母親を亡くし父と2人で人生を歩む娘の10年間の足跡を描いた重松清の同名小説を、山田孝之主演で映画化。

結婚3年目、30歳という若さで妻の朋子に先立たれた健一。
妻の父母から1人娘の美紀を引き取ろうかと声をかけてもらったが、健一は妻と時間をともにした妻の気配が漂うこの家で、娘と天国にいる妻との新しい生活を始めることを決める。娘の美紀の保育園から小学校卒業までの10年間、さまざまな壁にぶつかりながらも、亡き妻を思いながら、健一はゆっくりと歩みを進めていく。

山田が自身初のシングルファーザー役を演じるほか、國村隼、余貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈らが顔をそろえる。監督は「虹色デイズ」「大人ドロップ」の飯塚健。

 

                
 
-------私のひと言-------

お家鑑賞(Amazonプライム)。
山田孝之主演というのに惹かれて見ました。

菅田将暉との共演のドラマ『dele (ディーリー)』で見て、映画も見てみたいと思ってはいました。山田孝之さん、CMでは迫力あるシーンをみせてくれてますよね(笑)。

主演映画を見るのは、これが初めてかもしれません。
確かな演技力ですね。
広末涼子は少々苦手としているのですが、この役は魅力的にこなしていました。
余貴美子、國村隼が流石の演技で、しっかりを脇を固めてくれてましたね。

とてもいい映画でした。

 


 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二重生活

2022年11月05日 | こんな映画見ました~(邦画)
『二重生活』

2015年(日本)

監督:岸善幸
出演:門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー

直木賞作家・小池真理子の同名小説を、ドラマ「ラジオ」で文化庁芸術祭大賞を受賞するなど、数多くのドラマやテレビ番組を手がける岸善幸の劇場デビュー作として映画化。
 
門脇麦演じる大学院生が近所に住む既婚男性を尾行することで、他人の秘密を知ることに興奮を覚えていく。
大学院の哲学科に通う珠は、担当教授のすすめから、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する「哲学的尾行」を実践することとなる。
最初は尾行という行為に戸惑いを感じる珠だったが、たまたま近所に住む石坂の姿を目にし、石坂の姿を追う。
一軒家に美しい妻と娘と暮らす石坂を、珠が尾行する日々が始まった。
 
主人公・珠役を演じる門脇は本作が映画単独初主演作。石坂役を長谷川博己、教授役をリリー・フランキー、珠の恋人役を菅田将暉がそれぞれ演じる。
 
 
             
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
菅田将暉出演という興味で鑑賞しました。
 
 
この映画では菅田くんはアニメのキャラを描く仕事をしています。『花束みたいな恋をした』では可愛いイラストを描く仕事を本業としたいと頑張ってました。『キャラクター』では漫画家の役、と漫画を描く役がいくつかあるな~と思いました。

映画は小池真理子の小説の映画化という事ですが、原作とは少し違う角度から見てるようですよ。
映画としては悪くなかったし、展開も面白く感じました。
深読みすれば、いろいろ感じる所もあるのかもしれませんが、私は消化出来なかったです。
原作未読ですが、主演の女優さんがちょっと違うかな?という感じがしましたね。
 
 

 
 
 
 

 

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

零余子ご飯---11/3---

2022年11月03日 | 暮らしの中の季節

---11月3日(木)---

九州の知り合いの方から零余子(むかご)を送って頂き、さっそく零余子ご飯にしました。
ホクホクとして美味しかったです~!
秋の味わいを堪能しました。

       

気温が下がってくると焼き菓子が恋しくなってきます。
久し振りにシフォンケーキを焼きました。

       

泡立てた生クリームをたっぷりかけて食べましたっ!!

 

 


 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハウス・オブ・グッチ

2022年10月30日 | こんな映画見ました~(洋画)

『ハウス・オブ・グッチ』
---House of Gucci---
2021年(アメリカ)

監督:リドリー・スコット
出演:レディー・ガガ、アダム・ドライバー、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ、アル・パチーノ、サルマ・ハエック

巨匠リドリー・スコット監督が、ファッションブランド「GUCCI(グッチ)」の創業者一族の崩壊を描いたサスペンスドラマ。

サラ・ゲイ・フォーデンのノンフィクション小説「ハウス・オブ・グッチ」を原作に、グッチ一族の確執と3代目社長マウリツィオ・グッチ暗殺事件を描き出す。

1995年3月27日、GUCCI創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオが、ミラノの街で銃弾に倒れた。
犯人の特定が難航する中、犯行を指示した驚きの黒幕が明かされる。
マウリツィオの妻で、グッチ家の崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニを「アリー スター誕生」のレディー・ガガ、夫マウリツィオ・グッチを「マリッジ・ストーリー」のアダム・ドライバーが演じ、アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジャレッド・レトが共演。(映画.comより)

      

 

-------私のひと言-------
お家鑑賞(Amazonプライム)。
グッチ製品なんて私に関係のない品物だと思っているので、この映画には関心がありませんでした。
でも、キャストの魅力とほぼ事実というのに惹かれて見ました。
 
レディー・ガガが好演していました。この方の演技の迫力凄いです。
パトリツィア自身のアクの強さはレディー・ガガだから出せたのかなって思いました。
アダム・ドライバーも良かったし、アル・パチーノも流石の貫禄でした。
楽しめる映画でした。
 
 
 

 
 
 
 
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スティルウォーター

2022年10月29日 | こんな映画見ました~(洋画)
『スティルウォーター』
---Stillwater---
2021年(アメリカ)

監督:トム・マッカーシー
出演:マット・デイモン、カミーユ・コッタン、アビゲイル・ブレスリン


マット・デイモンが主演、アカデミー賞受賞作「スポットライト 世紀のスクープ」のトム・マッカーシー監督がメガホンをとったサスペンススリラー。
 
逮捕された娘の無実を証明するため、異国の地で真犯人を捜す父親の姿を描いた。留学先の仏マルセイユで殺人罪で捕まった娘アリソンの無実を証明すべく、米オクラホマ州スティルウォーターから言葉も通じない異国の地へ単身渡ったビル。
現地の協力者を得るも、ほとんどの地元民はよそ者のビルに口をきこうともしない。
何者かの襲撃を受けるなど自らの身にも危険が迫る中、ビルはわずかな手がかりを頼りに前進していくが……。
娘のアリソン役は「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリンが務めた。(映画.comより)
 
        
        
 
-------私のひと言-------
 
お家鑑賞(Amazonプライム)。
マットくん主演映画なのに今まで知りませんでしたよ。
だらしない父親が娘のために立ち上がるのですが、強~い父親ではなく、地道に普通に立ち上がるのです。根気よく立ち上がるのです。
最後は娘の無罪を勝ち取るのですが、最後の最後はハッピーエンドでバンザ~イ、というのと少々違うのですが、マットくんの父親としての役目はちゃんと果たしてくれます。
 
話はマルセイユで展開します。
マルセイユで親切にしてくれた女性に出会い、娘の無実をつきとめるために力になってくれます。その女性の娘ちゃんとサッカーを見に行くシーンがあります。
娘ちゃんがサッカーチームのマルセイユのファンで「パイエ、トヴァン、サカイがいるのよ~」って興奮して話すシーンがあるのですが、そのサカイとは酒井宏樹選手の事でそのころはマルセイユで活躍してたのですね~。
 
アビゲイル・ブレスリン、「リトル・ミス・サンシャイン」から後、見てなかったのですっかり大人になっちゃってました。
 
マットくんのファンにはオススメです。
 
 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Barry's Café

2022年10月27日 | 私のアンテナ

---2022年10月27日(木)---

凜のお散歩仲間だったバリーくんとロッティちゃんのパパさんママさんがカフェを開きました!今月開店です。
カフェの名前は『Barry's Café』です。
コーヒーの専門店ですが、手作りのケーキやパンも楽しめます~!

      

入り口近くにワンコ同伴の席も用意されていました。
もちろん挽きたてのコーヒー豆やカップなども買うことが出来ます。

                   

お店は京王線高幡不動駅から歩いて7分。
☎042-816-2020  
営業時間11:00~18:00 定休日火曜・水曜
インスタでは検索できるようです。(私はインスタ登録してないので・・・)

     

凜もバリーくん&ロッティちゃんも虹の橋を渡ってしまいましたが、お店でラブラドール・レトリバーのミルちゃん(2才)に会えます。

      

大人しくていい子です~💚💛♥️

      

バリー君が懐かしくて写真を探しました。
今から10年前の秋、皆でよく通ったカフェで撮ったバリーくん。

     

そして凜!

    

 

また、コーヒー飲みに行きますよ~。

 

 

 


 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

護られなかった者たちへ

2022年10月24日 | こんな映画見ました~(邦画)
『護られなかった者たちへ』

2021年(日本)

監督:瀬々敬久
出演:佐藤健、阿部寛、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、緒形直人、鶴見辰吾、三宅裕司、石井心咲


ベストセラー作家・中山七里の同名ミステリー小説を「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の主演・佐藤健と瀬々敬久監督のコンビ、阿部寛の共演で映画化。

東日本大震災から9年後、宮城県内の都市部で全身を縛られたまま放置され餓死させられるという凄惨な連続殺人事件が発生した。
被害者はいずれも善人、人格者と言われていた男たちだった。
宮城県警捜査一課の笘篠誠一郎は、2つの事件からある共通項を見つけ出す。
そんな中、利根泰久が容疑者として捜査線上に浮かび上がる。
利根は知人を助けるために放火、傷害事件を起こしたて服役し、刑期を終えて出所したばかりの元模範囚だった。
犯人としての決定的な確証がつかめない中、第3の事件が起こってしまう。

佐藤が容疑者の利根役、阿部が利根を追う刑事・笘篠役を演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都らが脇を固める。

                 
 
-------私のひと言-------

お家鑑賞(Amazonプライム)。

お友達ブログで高評価だった映画、心に重くズシンと来る作品でした。

東日本大震災から年月が経っても尚変わらぬ傷、そして時間が経ったからこそ浮かび上がる傷を社会事情に巧みに絡ませた作品でした。
見る側が深く切り込まれのは、俳優陣の好演が大きかったように感じました。
特に佐藤健、倍賞美津子の演技が素晴らしかったです。
 
辛いけど、エンタメとしての魅力もあるいい映画でしたね。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

CUBE 一度入ったら、最後

2022年10月20日 | こんな映画見ました~(邦画)
『CUBE 一度入ったら、最後』

2021年(日本)

監督:清水康彦
出演:菅田将暉、杏、岡田将生、柄本時生、田代輝、山時聡真、斎藤工、吉田鋼太郎

 

謎の立方体に閉じ込められた男女6人の脱出劇を描き、低予算ながら世界的ヒットを記録したビンチェンゾ・ナタリ監督の密室スリラー「CUBE」を、菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎のキャストによる日本版としてリメイク。

突然、謎の立方体=CUBEに閉じ込められた男女6人。
エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員と、年代も職業もバラバラな彼らには何の接点もつながりもない。
理由もわからないまま、ひたすら脱出を試みる彼らに、熱感知式レーザー、ワイヤースライサー、火炎噴射といった殺人的なトラップが次々と襲う。
脱出するためには仕掛けられた暗号を解読しなくてはならないという極限状態の中、それぞれの人間の本性が徐々にあらわになっていく。

監督は齊藤工プロデュース作「MANRIKI」を手がけた映像クリエイター・清水康彦。

     

-------私のひと言-------

お家鑑賞(Amazonプライム)。

オリジナル映画『Cube』は未見です。
オリジナルもこちらの邦画もあまり興味はなかったのですが、菅田将暉出演という事で見てみました。
撮影は四角の箱の中のみで行われるという作品で、私の好みではないことは分かっていました。

が、、、これが結構面白かったんです。なんか変なスリルと煽られる恐怖心。
ええ?こんなに緊張する映画だったの~?みたいに最後までハラハラしながら見てしまいましたよ。
何が言いたかったのかは最後まで理解することは出来ませんでしたけど。。。
それぞれの俳優さんも好演してたように感じました。
菅田くんは言うまでもなく存在感たっぷりでしたね~。

解説にあった齊藤工プロデュース作「MANRIKI」というもの、ネットで検索して見ましたが、私にはさっぱり訳分からん状態の作品でした。。。💦(-_-;)💦

 

 


 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋を描く ---10/21---

2022年10月20日 | 暮らしの中の季節

---10月21日(木)---

稲刈り中の田んぼ、鷹の絵の凧を描いてみました。

       

これも今月初めころですが、お散歩中にある家の玄関先で売られていた栗で栗ご飯にしました!

       

 

季節の移り変わりにブログも身体も付いて行くのが大変で~す!!

 

 

 


 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする