和やか-散歩

「こんな映画見ました~」から「和やか-散歩」へ

ウィンブルドン

2006年05月31日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ウィンブルドン』
---Wimbledon---
2004年(イギリス/フランス)

監督:リチャード・ロンクレイン
出演:キルステン・ダンスト、ポール・ベタニー、サム・ニール

ウィンブルドン選手権。世界ランキング11位だったこともあるイギリス人選手ピーター(ポール・ベタニー)だったが、この大会で引退するつもりだった。
しかし、女子の優勝候補であるリジー(キルステン・ダンスト)と一瞬にして恋に落ちたピーターは力が湧き出て、大会を徐々に勝ち進む事になった。


---------------------------------------------------------------------


この映画は、こういうラブコメだったんですね~。
キルステン・ダンストのテニス選手っていうのも意外でしたが、けっこう合ってました。
DVDのメーキングのテニスのスーパーショットの撮り方などの方が、興味ありましたが・・・。
テニス選手をヒロインにした映画も、たまにはいいかもしれません。
ウィンブルドンのセンターコートを撮影で使ったそうです。
これはやっぱりすごい事だと思います。
コメント (6)

エントラップメント

2006年05月31日 | こんな映画見ました~(洋画)
『エントラップメント』
---Entrapment---
1999年(アメリカ)

監督:ジョン・アミエル 
出演: ショーン・コネリー、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ 

美術品泥棒のマック(ショーン・コネリー)は世界最高。
そのマックを罠にはめるため、保険会社の優秀な調査員ジン(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は新たな盗難計画を持って近づく。
やがてコンピューターの2000年問題を利用した大きな銀行強盗を実行することになった。


---------------------------------------------------------------------



コンピューターの2000年問題、という言葉すら懐かしい言葉になってしまいました。ずっと見そびれていた映画、TV放映で見ました。
その当時に見ていれば、もっと興味深かったでしょう。
ショーン・コネリーは007のボンド役より年を重ねてからの映画の方が好きです。
2000年問題で、ビデオのレンタル料を何十万円も請求されたなんて話を新聞で読みましたね~。
映画は、どんでん返しありで面白かったです。
今になって特にオススメはしないですが・・・。
コメント

ワン・ナイト・スタンド

2006年05月31日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ワン・ナイト・スタンド』
---One Night Stand---
1997年(アメリカ)

監督:マイク・フィギス 
出演:ウェズリー・スナイプス、ナスターシャ・キンスキー、 ロバート・ダウニー・Jr 

ロスで働くマックス(ウェズリー・スナイプス)はニューヨークに親友のチャーリー(ロバート・ダウニー・Jr )を訪ねた。喧嘩別れしたあと5年ぶりに会うのは、チャーリーのHIV感染を知ったからだ。
そのときに街でカレン(ナスターシャ・キンスキー)という女性と出会い惹かれあうがその場限りで別れた。
その一年後弱ったチャーリーを訪ねると、そこでカレンと再会することになる。
カレンはチャーリーの兄の妻だった・・・。

---------------------------------------------------------------------



ロバート・ダウニー・Jr 出演ということでレンタルした映画です。

彼の出番は多くはないですが、存在感のある役でした・・・。
幸せなのに、何かどこがちょっと違う、、、という心が動く映画で派手な感じはありませんが面白かったです。
とてもスタイリッシュにまとめられていますね。

ロバートは同性愛で、エイズ患者という役を演じています。
病気で死が目前に迫っているのに、友人であるマックスに自分に正直に生きることを助言する姿、胸打たれました。
ロバート、すごい・・・。
いや、演じていたのですけどね。。。

コメント

迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-

2006年05月27日 | こんな映画見ました~(洋画)

『迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-』
---Rumor Has It...---
2005年(アメリカ)

監督:ロブ・ライナー 
出演:ジェニファー・アニストン、ケヴィン・コスナー、 シャーリー・マクレーン、マーク・ラファロ、リチャード・ジェンキンス


サラ(ジェニファー・アニストン)はニューヨーク・タイムズで記者をしている。恋人ジェフからのプロポーズを受けてから、心の中ですっきりしない何かに悩まされている。
そんな時、妹の結婚式に出席するため故郷パサデナへと帰ってきた。
そこで彼女は母親についての噂を耳にする。
サラの亡くなった母親はかの有名な映画『卒業』のモデルとなった人物らしい・・・。ということは、祖母のキャサリン(シャーリー・マクレーン)はミセス・ロビンソンか~~?
彼女は、母親の若い頃の事実を確かめたくて『卒業』で花嫁をさらって逃げたベンジャミンのモデルであるらしいボー・バローズ(ケヴィン・コスナー)に会いに行く事にした。

---------------------------------------------------------------------




日本公開を待ちに待っていた「Rumor Has It...」がなんと「迷い婚」なんて邦題で今日から始まりました。しかし、もっとなんとかならなかったのかしら、、この邦題は~!

映画「卒業(1967年アメリカ)」のその後という設定のお話です。
始めはダスティン・ホフマン、アン・バンクロフト出演で考えられていたようですが、アン・バンクロフトは亡くなり、ダスティンは予定が合わず、ケヴィン・コスナー、 シャーリー・マクレーンというキャストになりました。
久し振りにカッコいいケヴィン・コスナーを見ることが出来ましたよ!
シャーリー・マクレーンは相変らずの迫力で、ケヴィンとのやり取りのシーンは本当に良かったです。
楽しいコメディに仕上がっています。
ケヴィン・コスナーのファンでなくても、充分楽しめますので映画館に足を運んで下さったら嬉しいです。
公式サイトはこちら

 

コメント (31)

グッドナイト&グッドラック

2006年05月21日 | こんな映画見ました~(洋画)
『グッドナイト&グッドラック』
---Good Night, And Good Luck---
2005年(アメリカ)

監督:ジョージ・クルーニー 
出演: デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー、ロバート・ダウニー・Jr、パトリシア・クラークソン 

1950年代、米ソ冷戦のさ中、アメリカは上院議員マッカーシーの「共産主義者リスト」の提出に始まり、自白や協力者の告発、密告の強要など「赤狩り」の恐怖へと陥る。
ジャーナリストのエド・マロー(デヴィッド・ストラザーン)は、彼がホストを勤めるドキュメンタリー番組「See it Now」の番組内で、ジャーナリストとしてアメリカの自由を守るべくマッカーシー批判を行った。


---------------------------------------------------------------------



ジャーナリストだった父親から言い聞かされてエド・マローを尊敬していたというジョージ・クルーニーの監督作品です。エド・マローはアメリカの赤狩りへの批判を真っ向から行なったジャーナリストで、彼の勇気ある番組を皮切りに赤狩りへの批判が全国的に広がっていったのです。
私は、ジョージ・クルーニーという俳優は好きです。
しかし、彼の監督・製作した作品は今一合わないというか、う~ん分かる!っという鑑賞が出来ません。
彼の映画にちょっと付いて行き難い・・・のです。
難しいというか、、描き方がしっくりこないというか、、、(汗)。
でも、この映画は事実の映画化ですので、話は分かりやすいです。
また、映画関係・俳優達へ及んだこの赤狩りは『真実の瞬間』で映画化されています。
コメント (8)

ビフォア・サンセット

2006年05月21日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ビフォア・サンセット』
---Before Sunset---
2004年(アメリカ)

監督:リチャード・リンクレイター
出演: イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー 


「恋人までの距離(ディスタンス)」の続編。
前作では、偶然ウィーンで出合った ジェシー(イーサン・ホーク)とセリーヌ( ジュリー・デルピー) は意気投合し一晩だけの激しい恋に落ちるが、半年後の再会を約束して、分かれる。
お互いの人生を歩んでいた二人に9年の月日が流れた。
ジェシーはセリーヌとのつかの間の恋、彼女への熱い思いを書いた小説が世に認められパリの書店でのサイン会を行なっていた。
そのサイン会に現れた彼女と再会をするのだった。


---------------------------------------------------------------------



前作で、半年後の再会を約束して分かれた二人・・・まるで「めぐり逢い」のような設定ですが、お話はそこで余韻を残して終わります。
9年後の再会、ということで映画制作も臨場感をもたせるために、本当に9年をおいて行なわれました。
映画は、再会した二人の会話でほとんどが進行します。
半年後に二人は会いに行ったのか、あの燃えた心は二人にとってなんであったのか、などの会話で終わっていきます。
映画は淡々と男女の心情を描いていて、映像も美しいと思いました。
う~ん、ただ前作をご覧になっていない場合は、淡々とした展開なだけに面白いカナ、と思いました。
コメント (2)

理想の女(ひと)

2006年05月19日 | こんな映画見ました~(洋画)
『理想の女(ひと)』
---A Good Woman---
2004年(イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルグ)

監督:マイク・バーカー 
出演: スカーレット・ヨハンソン、ヘレン・ハント、スティーヴン・キャンベル・ムーア、 マーク・アンバース 

1930年代の南イタリア。ニューヨーク社交界の花形であるロバート(マーク・アンバース )とメグ(スカーレット・ヨハンソン)夫妻は、休暇を過ごしていた。
そこへやって来たのは美しい女性アーリン(ヘレン・ハント)。
アーリンはロバートに言葉巧みに近づいてくる。
清楚な妻メグと魅惑的なアーリンの二人の女性の間で悩むロバート。
思わぬ縁が糸を引くのである。

---------------------------------------------------------------------



オスカー・ワイルドの戯曲「ウィンダミア卿夫人の扇」を原作に、場所を南イタリアの高級避暑地に移しての映画化です。
美しい風景と衣装が楽しめました。
一途な女性と計算ずくの女性を演じた二人の女優たちが、少し色が薄い感じがしました。
お話は綺麗で、展開もなかなか楽しめましたが、女優に少しだけ物足りなさを感じてしまいましたね。
コメント

二十日鼠と人間

2006年05月14日 | こんな映画見ました~(洋画)
HP閉じられてしまったお友達サイトで教えていただいた映画です。
泣きじゃくる、という映画にはなかなか出会えませんが、これはそんな映画の一本でした。


『二十日鼠と人間』
---Of Mice and Men---
1992年(アメリカ)

監督:ゲーリー・シニーズ 
出演:ゲーリー・シニーズ、ジョン・マルコビッチ、レイ・ウォルストン 

ジョン・スタインベックの小説の映画化。大恐慌時代のカリフォルニア。切れ者のジョージ(ゲイリー・シニーズ)と、身体は大きいが知恵も心も子供のままのレニー(ジョン・マルコヴィッチ)の2人は、農場から農場へ渡り歩く労働者。
二人の夢は小さくても自分達の農場を持つことだった。二人の友情と、苛酷な現実に裏切られて起こる悲劇を描く。


---------------------------------------------------------------------



ゲイリー・シニーズの初監督作品です。
大恐慌時代のアメリカで、真面目に必死に生きようとするが、何かが食い違って事件が起きてしまうという二人を、ゲーリー・シニーズとジョン・マルコビッチが見せてくれます。胸打たれる作品です。 
コメント (2)

追憶

2006年05月14日 | こんな映画見ました~(洋画)
先日見た「ミート・ザ・ペアレンツ2」に出演していたバーブラ・ストライサンドを見て、この映画の感激を思い出しました!
いくつになっても変わらない個性のバーブラですね・・・。


『追憶』
---The Way We Were---
1973年(アメリカ)

監督:シドニー・ポラック
出演:バーブラ・ストライサンド、ロバート・レッドフォード

第二次大戦中、大学の創作クラスで同級だった二人が再会し、恋に落ちる。
戦後、ハリウッドで脚本を書き始めたハベル(ロバート・レッドフォード)と結婚後も政治活動を止めることが出来ないケイティー(バーブラ・ストライサンド)はお互いの生き方を通すために別れる。
何年かして、二人は再び街角ですれ違うが、お互いの生き方を変えることはもはや出来なかった・・・。


---------------------------------------------------------------------



memory~♪~♪と流れてくる曲にキュンとする方は、私と同年代です・・・(笑)。
50年代初め、ニューヨークで原爆禁止の署名を求めるビラを配るケイティーと、脚本家として成功したハベルが、街角で再開する最後のシーンが私は大好きです。
これほどまでに、自分の生き方を通すケイティーに思わず涙でした。 
何度も見直すと、ハベルの優しさは男のずるさだったナとも思うのですが、この当時の男女だったら、こうなるしかないのでしょう。
ただバーブラの個性の好みもあると思いますが、何時見てもやっぱりラストシーンは涙ですね~
コメント (10)

フォーガットン

2006年05月14日 | こんな映画見ました~(洋画)
『フォーガットン』
---The Forgotten---
2004年(アメリカ)

監督:ジョセフ・ルーベン  
出演:ジュリアン・ムーア、ドミニク・ウェスト、ゲイリー・シニーズ 

一人息子サム(9才)を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は思い出の中だけに生きている。しかし、気が付くとサムの思い出の品々が身の回りからことごとく消えていく。
サムの存在さえ消し去られ、テリーは精神科医(ゲイリー・シニーズ)に息子は流産していてこの世には生まれてこなかったと告げられる。そんなはずはないとテリーは驚愕する。

---------------------------------------------------------------------




普通の生活が描かれていて、その裏には恐ろしい事実が~、という私の好みの展開でした(笑)。
ジュリアン・ムーアは静かで力強い役が上手いと思います。
出番は多くはないですが、ゲイリー・シニーズがまたいいです。
途中で、えっ?こんなのが登場なのっていうのもありますが(笑)、ラストはほっとさせてもらえるし、なかなか面白かったです。

 

コメント (2)

ミート・ザ・ペアレンツ2

2006年05月10日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ミート・ザ・ペアレンツ2』
---Meet The Fockers---
2004年(アメリカ)

監督:ジェイ・ローチ 
出演: ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライサンド、ブライス・ダナー、テリー・ポロ


パム(テリー・ポロ)の父親ジャック( ロバート・デ・ニーロ)からやっとの思いで結婚の承諾を得たグレッグ(ベン・スティラー)であったが、結婚を目前にジャックと両親を会わせなくてはならない。
パムの両親とは生活パターンが全然違う父(ダスティン・ホフマン)と母(バーブラ・ストライサンド)、両親との顔合わせははたして上手くいくのでしょうか。


---------------------------------------------------------------------



『ミート・ザ・ペアレンツ』の続編です。
今回は前作には出てこなかったグレッグの両親を演じるベテランスターの味がなかなか良かったです。
私はこちらの続編の方が楽しめました。
前作をご覧になってなくても充分楽しめると思います。
バーブラ・ストライサンドの映画をを久し振りで見ました。
独特のキャラクター健在ですね~。
コメント (2)

ハッピー・アクシデント

2006年05月08日 | こんな映画見ました~(洋画)
『ハッピー・アクシデント』
---Happy Accidents---
2000年(アメリカ)

監督:ブラッド・アンダーソン
出演: マリサ・トメイ、ヴィンセント・ドノフリオ 


男運に恵まれないルビー(マリサ・トメイ)は、ある日公園で会ったサム(ヴィンセント・ドノフリオ )と恋に落ちる。今までの男にはない誠実さが彼女の心を引きつけた。しかし、時間が経つにつれ、サムの腑に落ちない行動にルビーは心が引っ掛かる。
女がいるのか、異次元の男か、精神病院から抜け出してきたのか・・・。

---------------------------------------------------------------------



日本未公開の映画です。
未公開で、しかもビデオもDVDもないらしいです。
HNKのBSで見ました。
ちょっと変わった展開のラブコメでした。なかなか面白かったのです。
私はマリサ・トメイが好きなので、番組表を見て予約録画して、見終わってからいつものように削除してしまいました!!(なにせ、録画して未見の映画がいっぱいあるもので・・・。)
後で詳細をネット検索してみたら、なんとDVDがない~~。
しかも感想を書いている人は、良かった~と書いておられる。中にはアメリカのDVDを購入した人もいるのです・・・。
うわ~、なんて惜しいことをしたのか、私!
でも、きっと評判がよければやがてDVDになることとは思いますが・・・。
ということで、オススメしたいがオススメ出来なくなってしまいました(笑)。
最後に一言、マリサ・トメイは綺麗なのに何故男運の悪い役が多いのかしらね。
コメント (4)

プロポーズ

2006年05月08日 | こんな映画見ました~(洋画)
『プロポーズ』
---The Bachelor---
1999年(アメリカ)

監督:ゲイリー・シニョール 
出演: クリス・オドネル、レニー・ゼルウィガー 


ジミー(クリス・オドネル)は独身時代を楽しんでいたいタイプ。
付き合う女性とも結婚となると逃げ腰になっていた。
そんなジミーに祖父の逝去が知らされる。彼に多額の遺産を残していたが、条件は30才の誕生日までに結婚している事だった。
今まで避けて来た結婚式を、なんと明日までに挙げなくてはならないのだ。


---------------------------------------------------------------------



爽やかなクリス・オドネルと、注目され始めて間もないころのレニー・ゼルウィガー のラブコメです。
お話は、いかにもラブコメ~という展開ですね。
爽やかさだけ、という感じのクリス・オドネルではありました・・・。
後先何も考えない男っていう役は彼には合わなかったのかな、、、と思いました。
コメント

イン・グッド・カンパニー

2006年05月07日 | こんな映画見ました~(洋画)
『イン・グッド・カンパニー』
---IN GOOD COMPANY---
2004年(アメリカ)

監督:ポール・ワイツ 
出演:デニス・クエイド、トファー・グレイス、スカーレット・ヨハンソン

スポーツ雑誌の営業部門を任されていたダン(デニス・クエイド)は会社が買収されたために、ポストを失ってしまう。そこにやって来たのは息子ほどの年の若者カーター(トファー・グレイス)だった。
その若者の下で働く事になったダンは価値観とやり方の違いに戸惑うばかりだった。しかもそのカーターと娘のアレックス(スカーレット・ヨハンソン)が知らないところで付き合っていたから穏やかでいられない・・・。



---------------------------------------------------------------------



日本未公開の映画です。
実力ある若者が抜擢されたポジションで、既成概念を断ち切って会社のためにと進んでいくうちに、波に飲み込まれてしまう。
最後はその生き方からちょっと外れて自分を眺めてみるというところに、ホッとさせられます。
デニス・クエイドのラブコメって、ちょっと珍しいでしょうか。
楽しい映画でした。

コメント

黒い瞳

2006年05月06日 | こんな映画見ました~(洋画)
『黒い瞳』
---Oci Ciornie---
1987年(アメリカ)

監督:ニキータ・ミハルコフ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ、シルヴァーナ・マンガーノ、エレナ・ソフォーノワ 

ロマーノ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、船の中で偶然知り合った紳士パヴェルに自分の身の上話を始めた。大銀行家の一人娘エリザ(シルヴァーナ・マンガーノ)と結婚、25年の歳月を迎えた頃、妻と大喧嘩し、家を出た。そして、小犬を連れたロシア女姓アンナ(エレナ・ソフォーノワ)と知り合い、お互い惹かれた。
ロシアまで追いかけて行って再会するが、身辺整理のために妻のもとに戻ってみると、妻は破産しており離れることが出来なくなってしまったという。
パヴェルはロマーノの話を聞き、男の身勝手だと批判するのだった・・・。

---------------------------------------------------------------------



マルチェロ・マストロヤンニが好演してますが、あまり好評ではなかった映画のようです。
チェーホフの短編を基に脚色されたとの事です。
いい加減な男を演じるおどけたマルチェロ・マストロヤンニは、そこまでやるの?というくらい大袈裟な演技でしたが、最後はさすが!と思わせてくれます。
コメント