こんな映画見ました~

ブログは開店休業状態です。スミマセン~。
水彩スケッチの作品展が終了しました。
少しは映画が見られるカナ・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タロットカード殺人事件

2007年11月30日 | タ行

『タロットカード殺人事件』
---SCOOP---
2006年(イギリス/アメリカ)

監督:ウディ・アレン
出演: スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン、ウディ・アレン


ブルックリン生まれのサンドラ(スカーレット・ヨハンソン)は、ジャーナリスト志望の野心あふれる女子大生。
休暇でロンドン滞在中の彼女はある日、観賞していたマジックショーで老マジシャン、シド(ウディ・アレン)に指名され、人が消える箱“チャイニーズ・ボックス”に入れられる。彼女はその中で、なんと3日前に急死した敏腕新聞記者ストロンベルの幽霊と遭遇、彼からロンドンを震撼させている“タロットカード殺人事件”の真犯人を耳打ちされる。
その名は、ハンサムな英国貴族ピーター・ライモン(ヒュー・ジャックマン )。世紀のスクープにやる気満々のサンドラは、同じブルックリン出身だというシドと手を組み、父娘になりすましてロンドン上流階級に潜入、ピーターへの接近を試みるが…。


---------------------------------------------------------------------



ウディ・アレンが描くスカーレット・ヨハンソンを見たくて、映画館に行きました。
普通の女子大生がなんと可愛い~スカちゃんでした。
会話も展開もまさしくウディ・アレンの世界を楽しませてくれる映画です。

サスペンス仕立てのコメディです。
スリルはありません(笑)。
ウディ・アレンのファンには、嬉しい作品だったと思います。
スカちゃんも思ったとおり素晴らしく、楽しめました♪






コメント (10)

ライフ・イズ・ベースボール

2007年11月29日 | ラ行

『ライフ・イズ・ベースボール』
---GAME6 ---
2005年(アメリカ)

監督:マイケル・ホフマン
出演:マイケル・キートン、ロバート・ダウニー・Jr 、キャサリン・オハラ、アリ・グレイノール、グリフィン・ダン

86年のワールドシリーズ、68年間も優勝から遠ざかっているレッドソックスが王手をかけて迎えた第6戦、メジャーリーグ史上最悪といわれる逆転負けを喫し、レッドソックス・ファンの心に長く傷として残るドラマが起った。
本作はそんなレッドソックス・ファンにとっての歴史的な1日を舞台に、レッドソックスを愛してやまないひとりの劇作家が、負け犬人生返上を期して取り組んだ新作の初日を迎える中で繰り広げる悲喜こもごもをオフビートに綴るコメディ・ドラマ。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



今では、レッドソックスは日本でも人気のチームです。
1986年のワールドシリーズ第6戦での劇的な逆転負けは、ファンには悪夢の試合として有名だということです。
この映画は、そんな悪夢の日の出来事だったというのですが、野球とは関係のない話なんですね。

マイケル・キートン(ニック役)とロバート・ダウニー・Jr(スティーヴン役) 出演というので、もう少し面白いかと思いましたが・・・。
ロバートの奇人ぶりは、さすが~でしたが(笑)、マイケル・キートンは彼のオーラが出てなかったように思います。





コメント (2)

ブレイブ ワン

2007年11月26日 | ハ行

『ブレイブ ワン』
---THE BRAVE ONE---
2007年(アメリカ/オーストラリア)

監督:ニール・ジョーダン
出演: ジョディ・フォスター、テレンス・ハワード


ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約者デイビッドとの挙式を間近に控えていた。
そんなある日、2人は愛犬を連れた散歩中に3人組の暴漢に襲われ、デイビッドが命を落としてしまう。
幸せの絶頂を目前に絶望の淵へ突き落とされたエリカ。そんな彼女とは対照的に、警察の事件への取り組みはおざなりだった。
そこで彼女は、自分で我が身を守るしかないと一挺の拳銃を手に入れる。そしてある時、偶然入ったコンビニの中で銃殺現場に遭遇、自分も狙われたエリカはとっさに引き金を引くのだった。その瞬間、彼女の中で何かが目覚め、やがて深夜の地下鉄では恐喝してきた2人の悪党を躊躇なく撃ち殺すのだが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------


最近のジョディ・フォスター主演の映画は、ちょっとはぐらかされたりしてガッカリ~って思っていましたが、この映画はジョディの良さがピッタリはまって良かったです!

映画序盤恋人と楽しそうに歩くエリカ演じるジョディが、あまりに可愛くてビックリでした(笑)。
でも、その後恋人が殺害されたあとの恐~いエリカが映し出され、ジョディのすごさを久しぶりにジンジンと感じた映画でした。

展開も面白く、ラストも意外だったです。
私は違うラストを考えてましたね・・・。
やっぱり罪は罪・・・。
ワンちゃんの存在がなんともいい味出してます。
あっ、テレンス・ハワードも力ある演技でした。
オススメです♪




コメント (8)

ドリームガールズ

2007年11月25日 | タ行

『ドリームガールズ』
---DREAMGIRLS ---
2006年(アメリカ)

監督:ビル・コンドン
出演:ジェイミー・フォックス ビヨンセ エディ・マーフィ ジェニファー・ハドソン アニカ・ノニ・ローズ ダニー・グローバー

モータウン(デトロイト市に設立されたソウル音楽やブラックミュージックを中心としたレコードレーベル)によってブラック・ミュージックが白人文化へと広く浸透していった60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを背景に、女性ボーカル・グループが辿る波瀾万丈のサクセスストーリー。

 1962年、アメリカの自動車産業の中心地、デトロイト。
エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)の3人は音楽での成功を夢見て“ドリーメッツ”というグループを結成し、新人オーディションへの挑戦を繰り返していた。
中古車販売会社のカーティス(ジェイミー・フォックス)はそんな彼女たちに大きな可能性を見出し、マネジメントを買って出る。
そして、地元で抜群の人気を誇るジェームズ・アーリー(エディ・マーフィ)のバック・コーラスに抜擢されると、彼らのパワフルなステージはデトロイトのみならず全米中の注目を集め、一躍スター街道を歩み始めるのだったが…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



とにかくジェニファー・ハドソンの歌声が素晴らしかったです。
解説にもありますように、60年代から70年代、ブラックミュージックが浸透していくアメリカ音楽の背景というのにも、とても興味惹かれます。
ジェイミー・フォックス、エディ・マーフィ、ダニー・グローバーなどそうそうたるメンバーで迫力満点でした。
音楽がお好きな方なら、尚更オススメします。


コメント (6)

サイレンサー

2007年11月20日 | サ行

『サイレンサー 』
---Shadowboxer ---
2005年(アメリカ)

監督:リー・ダニエルズ
出演: ヘレン・ミレン,キューバ・グッディング・Jr、スティーヴン・ドーフ



女ヒットマンのローズ( ヘレン・ミレン)は末期ガンに冒され、今度の仕事を最後に引退して静かに余生を送ろうと心に決めていた。
そんな彼女に対し組織のボス、クレイトン(スティーヴン・ドーフ )が依頼した殺しは、彼の妻ヴィッキーの暗殺だった。恋人であり仕事のパートナーでもあるマイキー(キューバ・グッディング・Jr )と共に、さっそくヴィッキーの屋敷に忍び込むローズだったが…。
(allcinemaより)



---------------------------------------------------------------------



ヘレン・ミレンの女ヒットマンという役に興味を持ってレンタルしました。
スリル満点という展開ではなかったです。
ただ、ヘレン・ミレンとキューバ・グッディング・Jrの共演を楽しむ映画って感じでしょうか・・・。
キューバ・グッディング・Jrの抑えた静かな演技にちょっとびっくりです。

思っていた映画とは違ってました。ちょっと期待はずれカナ。



コメント

オール・ザ・キングスメン

2007年11月14日 | ア行

『オール・ザ・キングスメン 』
---ALL THE KING'S MEN---
2006年(アメリカ)

監督:スティーヴン・ザイリアン
出演: ショーン・ペン、ジュード・ロウ、アンソニー・ホプキンス、ケイト・ウィンスレット、マーク・ラファロ


ロバート・ペン・ウォーレンのピュリッツァー賞受賞作を49年に続いて豪華キャストで再映画化した政治ドラマ。
政治の腐敗に憤り知事選に名乗りを上げた理想に燃える一人の男が、いつしか自らも悪の道へと落ちていく姿を描く。
1949年、ルイジアナ州メーソン市。新聞記者のジャック(ジュード・ロウ)は、役人の汚職を告発して職を追われた実直な男ウィリー(ショーン・ペン )に興味を抱く。
やがて汚職が原因の欠陥工事で大惨事が起こり、ウィリーは一躍注目の存在となる。その人気に目をつけた役人の後ろ盾を得て、ウィリーはついに知事選への出馬を決意するのだが…。


---------------------------------------------------------------------



キャストの面々を見ただけで、どんな映画だろう~!って興味津々でした。
1949年に映画化されていたというのですが、そちらは未見です。
政治に携わる純粋な気持ちが、次第に澱み、濁った水を飲むのが当たり前になっていくという展開です。
政界への第一歩は、本人は純粋な気持ちでも回りが仕組むのが、本当のところなんでしょうね~。
どこの国でも同じようなことが・・・。
ピュリッツァー賞なのですから・・・。
しかも半世紀も前の・・・。

ショーン・ペン、ジュード、アンソニーと期待して見たのですが、
意外にも熱演していたのはマーク・ラファロ だったかもしれません。






コメント (4)

ガーディアン -ハンニバル戦記-

2007年11月13日 | カ行

『ガーディアン -ハンニバル戦記-』
---HANNIBAL Roma's Worst Nightmare ---
2006年(イギリス)

監督:エドワード・バザルゲット
出演:アレクサンダー・シディグ 、アレクサンダー・シディグ、ベン・クロス

ローマ帝国を震え上がらせた英雄・ハンニバルの生涯を描いたスペクタクルアクション。
紀元前218年。地中海を拠点にする小国・カルタゴの若き将軍・ハンニバルは、10万の兵と37頭の戦闘巨象を従えてローマ帝国へと進軍、時の巨大帝国を驚愕させる。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)

---------------------------------------------------------------------



イギリスのTV映画です。
史実に忠実に描いたという前書きのように、まるで歴史の参考書のような映画でした。
歴史ものはエピソードをあまり強調し過ぎない方が好みなのですが、
ここまで歴史の参考書のように作られると、面白くないものです。(^_^;)
映画の作り方の難しいところでしょうか・・・。
歴史のお好きな方にはとても興味深い映画だと思います・・・。




コメント (2)

今宵、フィッツジェラルド劇場で

2007年11月12日 | カ行

『今宵、フィッツジェラルド劇場で 』
---A PRAIRIE HOME COMPANION---
2006年(アメリカ)

監督:ロバート・アルトマン
出演: メリル・ストリープ、リリー・トムリン、ギャリソン・キーラー、ケヴィン・クライン、リンジー・ローハン、ヴァージニア・マドセン、ウディ・ハレルソン 、トミー・リー・ジョーンズ、ロビン・ウィリアムズ


巨匠ロバート・アルトマン監督の遺作となったシニカルでハートウォーミグな群像ドラマ。
実在の人気ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」をモチーフに、番組の名物司会者ギャリソン・キーラー本人が手がけた脚本を豪華キャストで映画化。

ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場。毎週土曜の夜、ここで長年に渡って公開生中継が行われてきた人気ラジオショウが、この日、ついに最終回を迎えた。司会のキーラーはじめ、出演者たちは様々な思いを胸に最後のステージへと上がるのだったが…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)

---------------------------------------------------------------------



この映画、今まで見た映画にはない雰囲気を感じました。
実在の人気ラジオ番組の司会者ギャリソン・キーラーが脚本を手がけ、出演しているからでしょうか。
そして、その人気ショーの様子がまるで生の舞台を見ているように、豪華で迫力がありました。
その華やかな舞台の裏の人間の寂しさ、辛さも上手く描かれていて、私はとても好きな作品です。
出演者が多いのですが、それぞれにインパクトがありましたネ。



コメント (8)

グッド・シェパード

2007年11月10日 | カ行

『グッド・シェパード』
---THE GOOD SHEPHERD---
2006年(アメリカ)

監督:ロバート・デ・ニーロ
出演: マット・デイモン 、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、タミー・ブランチャード、ロバート・デ・ニーロ、ウィリアム・ハート、ティモシー・ハットン、ジョン・タートゥーロ


第二次大戦間近のアメリカ。
イエール大学に通うエドワード(マット・デイモン)は、FBIとの接触やサリヴァン将軍(ロバート・デ・ニーロ )からスカウトされたことを機に、国の諜報活動に従事していく。
また一方、耳の不自由な女性ローラ(タミー・ブランチャード)と運命的な出会いを果たすが、友人の妹クローバー(アンジェリーナ・ジョリー )を妊娠させたことから彼女と結婚する人生を選ぶことに。
しかし、ほどなく戦略事務局OSS(第二次世界大戦中のアメリカ軍の戦略諜報局のこと)の一員としてロンドンへ発ち、クローバーとは疎遠状態になってしまう。
1946年、エドワードは久しぶりに家族のもとへ戻り、息子と初めて対面、改めて幸せな家族を築くことを誓うのだった。だが時は冷戦時代、OSSの流れを汲んで創設されたCIAで働き始めたエドワードは仕事に没頭し、家庭との溝がますます深まっていく。
やがて、成長した息子もCIAに。そして61年、CIAを揺るがす大事件が発生する…。
(allcinemaより)


---------------------------------------------------------------------



久しぶりの映画館鑑賞となりました。
これは、前から公開を楽しみにしていた映画の一つです。
時間が長かった分、説明シーンも多く分かり易い展開でした。

マット・デイモンが普通の顔して超人を演じるのは、見ててワクワクします。
今回は超人といっても変身~するわけではありませんが(笑)。
CIAの前身であるOSSという機関の存在が映画化されるっていうアメリカらしさ?もいいですね。

ジョー・ペシはデ・ニーロと親しいとのことで8年ぶりに映画出演したということらしいのですが、私は見落としました(汗)。
どこに出てたのかな?特徴ある人なのに・・・(^_^;)

私はこの映画好きですが、誰にでも楽しめるという感じではないかな~。




コメント (12)

ナイロビの蜂

2007年11月09日 | ナ行

『ナイロビの蜂』
---THE CONSTANT GARDENER ---
2005年(イギリス)

監督:フェルナンド・メイレレス
出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ

ケニアのナイロビ。
ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。
事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動には深く立ち入らず、見ない振りを通していた。
ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。
しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら調査に乗り出す。
やがて、事件には国際的陰謀が絡んでいたことを知るジャスティンだが、そんな彼にも身の危険が迫っていた…。
(allcinemaより)

---------------------------------------------------------------------



レイチェル・ワイズが砂漠へ行くというと、「ハムナプトラ」のフラッシュバックじゃあないですが、得体の知れない生き物がゾロゾロ出てきそうで、嫌~な予感がしてたんですヨ。
ところが、これは全然タッチが違いましたね(笑)。
こんなに社会派っぽく描かれているとは思いませんでした。
さすが、アカデミー賞助演女優賞です。このオスカーにやっと納得です。(^_^;)

レイフ・ファインズは相変わらず口数少なく、説得力のある演技でした。




コメント (4)

ラブソングができるまで

2007年11月07日 | ラ行

『ラブソングができるまで』
---Music and Lyrics ---
2007年(アメリカ)

監督:マーク・ローレンス
出演:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア

ラブコメ映画を代表する人気スター同士のヒュー・グラントとドリュー・バリモアが初共演を果たしたキュートなラブ・ストーリー。
監督は「トゥー・ウィークス・ノーティス」のマーク・ローレンス。
80年代に一世を風靡したものの、今ではすっかり忘れられた存在となっていた元ポップスターのアレックス(ヒュー・グラント)。
ある日、彼のもとにカリスマ歌姫コーラから、新曲提供の依頼が舞い込む。
またとない復活のチャンスだったが、作詞が大の苦手のアレックスは悪戦苦闘。そんな時、観葉植物の世話係ソフィー(ドリュー・バリモア)の口ずさむフレーズに心打たれたアレックスは、渋るソフィーを強引に曲作りのパートナーに迎えるが…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



ヒュー・グラントのラブコメは好き嫌いがはっきりしてしまうんです。
同じ監督の作品「トゥー・ウィークス・ノーティス」は好みでしたが・・・。
これはダメだったかも・・・。
ドリュー・バリモアは良かったんですが、ヒューが。。。
ファンの方には申し訳ありませんが、元ポップスターっていうのに無理があったような気がします。
コーラがカリスマ歌姫というのも、私には理解できないし・・・。
若い人に人気の歌手ってああいう感じなんですか~~。

ヒューはラブコメでも、スーツでバシッと決めてくれる役のほうが似合うと思うのですが。



コメント (2)

ママの遺したラヴソング

2007年11月06日 | マ行

『ママの遺したラヴソング』
---A LOVE SONG FOR BOBBY LONG---
2004年(アメリカ)

監督:シェイニー・ゲイベル
出演: ジョン・トラヴォルタ、スカーレット・ヨハンソン、ガブリエル・マクト、デボラ・カーラ・アンガー


長年会っていなかった母の訃報を受けて帰郷した少女が、実家に住み着いていた母の友人の2人の男との奇妙な共同生活を通して心を解きほぐしていく姿を描く感動ストーリー。
主演はスカーレット・ヨハンソンとジョン・トラヴォルタ。
家を飛び出しフロリダで怠惰な生活を送っていたパーシー(スカーレット・ヨハンソン)のもとに、母が他界したとの報せが届く。
久々に実家に戻った彼女を待ち受けていたのは、元大学文学部教授のボビー・ロング(ジョン・トラヴォルタ)と、彼を慕う作家志望の青年ローソン(ガブリエル・マクト)だった。自分たちにも権利があると言って家から出ていこうとしない彼らと、渋々同居を始めるパーシーだったが…。
(TSUTAYA DISCAS :イントロダクション)


---------------------------------------------------------------------



最近スカーレット・ヨハンソンに魅せられている私は、とても楽しめた映画でした。

ジョン・トラヴォルタ、デボラ・カーラ・アンガーも良かったです。
ローソンを演じたガブリエル・マクトは、私は初めて見たような気がしますが、個性あるスカーレット・ヨハンソンとジョン・トラヴォルタの間でいい味出してましたね~。
世の中を捨てた者と、世の中に反発してた者が、次第に心を通わせていく過程が胸に沁みる映画でした。




コメント (6)

ボディガード

2007年11月03日 | ハ行

『ボディガード』
---A Lovely Way to Die---
1968年(アメリカ)

監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ
出演:: カーク・ダグラス、シルヴァ・コシナ、イーライ・ウォラック



夫殺しの容疑者、若い富豪未亡人リーナ(シルヴァ・コシナ)を弁護することになった弁護士フレデリックス(イーライ・ウォラック)は、元刑事スカイラー(カーク・ダグラス)にリーナのボディガードを依頼した。
二人はリーナの無実をはらすべく調べているうちに、隠れた事件が浮かぶ・・・。


---------------------------------------------------------------------



しばらくお休みしておりましたが、また少しずつ感想をアップしていきたいと思っております。
宜しくお願い致します。

「ボディガード」を映画検索すると、ケヴィン・コスナー主演の映画とカーク・ダグラス主演の映画が出てきます。
ケヴィン・コスナーの方は何度も見ているのですが、こちらの映画は見た事が無くて前から見たいと思っていました。
先日昼間のTV放送でやっと見ることが出来ました。
カーク・ダグラスのオーラはさすがでした。
なかなか面白い展開でした。
クラシックのサスペンスは、展開が優雅なのにハラハラさせてくれますネ。



コメント (4)