工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

天才です

2008年05月31日 19時46分39秒 | その他
皆さんご存知かと思いますが、本日5月31日は世界禁煙デー、本日から1週間は禁煙週間でございます。
私も今年に入ってから禁煙しているわけですが、この手のイベントが実は禁煙中の身には一番堪えるという事を関係者の皆さんにはご理解頂きたい。そのように思っております。
禁煙中の人に向かって禁煙を訴えるというのは非常に酷ですよ、あなた。「禁煙」っていう言葉を聞かなきゃ思い出さないのに、聞いた途端にタバコ吸いたくなるんだもん。逆に禁煙者に対して喫煙を煽る結果になっている側面もあろうかと、そんな事を勝手に思う今日この頃でございます。

なだぎ武がスミス夫人の人だった事にさっき気付きました。
どうもこんばんは。何とか禁煙続行中の院長でございます。

さてさて私、明日のSAGAWA SHIGA FC戦を前にしてテンション上がりっぱなしですよ。明日は力いっぱい選手達の後押しをして参ります。夜9時からは録画中継もございますから、昼はスタジアムでチャントを歌い、夜はテレビの前で試合の流れを確認するというたまらない一日になりそうです(^^*)
お天気も良くなるそうですしね、栃木県民の皆さんは明日午後1時にグリスタ集合という事でよろしくお願い致します。

さておき。

昨晩のプレミアム10、皆さんはご覧になりましたでしょうか。今年の3月、4月にBSで放送された番組らしいのですが、ありゃ近年稀に見る傑作でございましたよ。
漫画家・赤塚不二夫氏のギャグマンガを各分野の専門化が大真面目に分析するという、実は日本で一番挑発的なテレビ局であるNHKの本領が発揮された秀逸な番組でございました。

様々なコーナーがございましたが、中でも私が敬愛して已まないみうらじゅん氏をはじめとした、しりあがり寿氏、喜国雅彦氏のトークにやられてしまいました。
昔は常識があったからこそ非常識な表現がウケた。でも今は常識がないから非常識な表現がウケなくなってきている。そんな事を話している一場面がございましてね。三者三様にものすごくいい事を言ってるはずなのに、その題材が『天才バカボン』であったり『もーれつア太郎』であったりするわけですよ。このミスマッチ感ったらないです。ギャグマンガ題材にして何を真面目に語ってるんだと。

精神科医が出てきて赤塚作品の笑いを大真面目に解説するコーナーや『バカボンパパ脳内プロファイリング』というコーナーなどは、もうシュールすぎて笑えません。
不眠症になったパパと、偶然出会った不眠症のヒツジ。
不眠を治すべくパパがとった行動はかなり衝撃的でございます。
仲良くなったヒツジを突然カナヅチで殴り殺して食し、ヒツジは永眠、パパはおなか一杯になって寝られる、という結末・・・。
普通に考えればギャグでも何でもなく、むしろスプラッター系に限りなく近いような過激な内容ですが、なぜかこれで笑えてしまうところに赤塚作品の計算され尽くした笑いに対する深みとある種の恐ろしさを感じました。

そして番組のクライマックス。

2002年に脳内出血で倒れ、今も意識不明の状態が続いている赤塚不二夫氏。
氏の意識がなくなる直前に発した最後の言葉。

「あ、おっぱいだ」

氏の生き様は神の域に達している。
そう思わざるを得ない、不朽の名言だと思います。

赤塚作品の魅力を思う存分堪能すると同時に、赤塚不二夫という漫画家の偉大さを思い知らされました。非常に良い番組でした。ぜひ地上波でも再放送をお願いしたいですね。
氏の意識が回復する事を心より願っております。
コメント

日曜日まで待てない!

2008年05月30日 20時13分51秒 | サッカー馬鹿
先ほどご来院頂いた患者さんに、「来る途中にクルマの中でラジオを聴いていたら栃木SCの選手がしゃべってましたよ~」と教えてもらいました。NHK宇都宮放送局の『とちぎ6時です!‐栃木SC応援スタジアム』でしょうか。今日は確か石舘選手が出演するんだったなぁ・・・なんて話をしたら、「ああ、そうそう、その選手でした」と申しておりました。あぁ、聞きたかったなぁ(;∀; )
その患者さん、サッカーにはそんなに興味はなかったみたいで、栃木SCがそんなに盛り上がっているとは知らなかったそうでございます。サッカーに興味のない方にとってはそうなんだろうなぁ。
でもそのラジオを聴いてちょっと興味を持ってくれたみたいで、私も嬉しくなって栃木SCに関するお話をいろいろしてしまいました・・・ダメだ、この話始めると朝になっても終わんないです(^^;)

はいどうもこんばんは。
ちょっぴり熱く語り過ぎて反省しております、院長でございますm(_ _)m

さて!!いよいよあと2日でSAGAWA SHIGA FCとの一戦でございます。そろそろ私のテンションも上がって参りましたよぉ。
次節からはいよいよキャプテン佐藤選手も帰って参りますし、これで久々に主力が勢揃いする事になります(サブの深澤選手が出場停止なのは痛いですが)。

佐藤選手が不在の3試合は何とか1勝1敗1分で乗り切りましたが、この3試合で挙げた得点は石舘選手のすばらしいミドルのみ、わずかに1得点。セットプレーからの得点源を失ったのは非常に辛かった・・・。攻撃の軸が帰って来るのは本当に心強い!!

一方、その間の副産物として、守備力の向上という成果も得られました。ここ3試合ではわずかに1失点。GK小針選手に助けられる場面も目立ちますが、試合を追うごとにDF川鍋選手が成長し、その川鍋選手が体調不良の際にはDF田村選手もしっかり仕事をしてくれました。
DFラインが安定すれば、負けない試合運びが可能となります。攻撃も大事ですが、JFL優勝のためにはここが生命線。今後も安定した守備を期待したいところです。

そして、忘れちゃいけないボランチ鴨志田選手の大活躍。栃木に欠かせない選手となっていた向選手が2試合出場停止となり、その間にレギュラーポジションを奪ってしまうほどの働きを見せてくれています。
次節の先発は向選手か、それとも鴨志田選手か・・・。こういう悩みが出てくるようなチームになった事が非常に嬉しいです(^^*)

JFL前期も残りあと4試合。全勝して首位でターンしましょう!!
おっしゃ~テンション上がってきた~!!栃木Fighting!!
コメント

朝から・・・

2008年05月30日 07時38分51秒 | 工藤家の日常
自転車の練習が始まっております。何でまたこんな朝っぱらから(^^;)
コメント

何でも聞きます

2008年05月29日 20時51分58秒 | 工藤鍼灸院の出来事
ここのところ様々なものが値上がりしてますよねぇ。身近なところでは食品や暫定税率復活後のガソリンなどが思い浮かびますが、先日発生した中国での大地震の影響もあって漢方薬やもぐさ(お灸)などの値上がりも今後は懸念されております。

お灸の値上がりも気になるところではありますが、実は私、それ以上にものすごく困っている事がございます。

石油価格の高騰によりプラスチック製品が全体的に値上がりしているのは皆さんもご承知のところと思いますが、開院当初から愛用していたカルテ整理用のプレスファイルがどうやらその煽りを受けてか生産中止になったらしいんですよ。今まで取り扱っていたお店にも在庫はなく、取り寄せなどもできない状況なんですよねぇ・・・。
今後はどのファイルを使おうかと試行錯誤しておりますが、使い勝手のいいファイルがなかなかないんですよ。石油価格高騰の影響なのか、そもそも安くて丈夫なファイルがどんどん市場から姿を消しておりましてね。今まで使用していたようなコスト面&使い勝手に優れた理想的なファイルは皆無といっていい状況でございます。
中を確認しやすいように半透明のファイルを使いたいのですが、比較的安価なファイルだと半透明のものはなく、理想に近いファイルはコスト的にやや厳しゅうございます。本当、どうしたものか・・・。

はい、そんなわけで悩める院長の本日の日記、スタート。

不妊治療でご来院頂いている若い女性がおりましてね。
最近人工授精を実施致しまして、現在は経過観察をしているところでございます。

女性の不妊治療の場合、妊娠を継続できる状態にし、それを維持する事が主な目的でございます。鍼灸治療は決して『妊娠させるための治療』ではないんですよ。ですからね、私はタイミング療法直後や体外授精、人工授精、顕微授精などを行っても特別治療を変えるという事はしません。体が妊娠に耐えうる状態になれば、特別な事はしなくてもそのうち妊娠する時期はやって来るものです(そこまで持って行くのに長い月日を要するわけですが)。

本日もいつものように脈を拝見して治療を始めたのですが、その直後、突然その女性はわーっと泣き出したのでございます。
聞くと、今度の人工授精も失敗するんじゃないかと。もう不安でしょうがないと。そんな事を申しておりました。

不妊治療において、こと女性は男性よりも精神的・肉体的な負担は非常に大きいものです。期待よりも不安やプレッシャーが大きくなってしまう、その心情はお察しします。不安があればいつでも私なり、副院長なりをとっ捕まえて、何でも思っている事をお話ししてください。
悩みすぎると気が停滞しますし、不安で悲しくなると気が巡らなくなります。これは体にとってあまりよろしくない状態です。愚痴のひとつでも言えれば、気分もすっきりしてまた気の循環が盛んになりますしね。

私だってこうしてカルテが高いだのガソリンが高いだの愚痴る場があるからこそ日々元気でいられるわけですよ(^^;)
ブログやってて良かったなぁ(笑)。

ご家族の方や主治医の先生にも相談しづらい事はたくさんあると思います。
私達には話を聞く事しかできませんが、いつでもお話は伺いますよ(^^ )
・・・あ、あと治療もね(^^;)

まだまだ治療を始めたばかりですし、年齢的にもあせる時期ではないと考えています。今日の脈だって前回の人工授精の時よりずーっと良いです。
少しずつ状態は良くなって来ますよ。地道な治療が確実です。しっかりと治療を継続しましょう(^^)/
コメント (2)

目指せ、母乳育児!!

2008年05月28日 19時56分20秒 | 工藤鍼灸院の出来事
昨日は日本代表の試合があったんですね。すっかり忘れてました。
どうやらDF寺田選手に代表初キャップがついたそうで。それだけでも観たかったなぁ。
試合内容は観てないので何とも言えませんが、そんなにいい内容じゃなかったみたいですなぁ。観なくても大体想像つきます(-_- )
6月2日からはいよいよW杯アジア3次予選が再開されます。まぁここでずっこける事はないでしょうけど、低レベルのサッカーでギリギリ通過→岡田監督解任→大木新監督誕生・・・っていう流れを期待しております(笑)。

お昼休みにCD借りにツタヤへ行ったら半年前の延滞料をとられました。
こんばんは、どうも納得いかない院長でございます。

本日午後、妊娠中期の妊婦さんにご来院頂きました。妊娠の経過は順調だそうですが、昔から肩が凝って辛いとの事でございましてね。妊娠してからさらに肩こりがひどいのだそうでございます。
脈を拝見致しますと、これがまぁ教科書のようなきれいな滑脈(妊娠時に診られる脈です)。体調そのものは悪くない様子でしたし、足がよく攣るという事も伺っておりましたもので、脈に随って肝虚陰虚証として本治法を行いました。

聞くと、お子さんは3人目との事。
ふたりのお子さんの際には母乳が出なくて苦労なさったそうでございます。

母乳に関係する経絡(気の流れ道)は肩と胸を通っています。ですからね、慢性的な肩凝りがあると母乳の出具合に影響が出やすいんですよ。
肩が凝っているというのは、単純に考えれば肩を通る経絡がつまった状態なんですね。ですからそのつまりを解消してあげれば凝りは軽減し、母乳もよく出るようになるというわけでございます。
ほら、よく「胸が大きい人は母乳が出にくい」って聞きませんか?それはきっと肩が凝っているからだと思います。

肩凝りを軽減させる事。
そして胸を通る胃の気をよく巡らせる事。
これさえできればあとは乳腺を開く努力だけ。この痛みに耐えればしっかり母乳は出るようになりますよ(^^*) 今度こそ母乳育児ができるといいですね。
今後も定期的な治療は必要となりますが、ご主人さんにしっかり肩を揉んでもらって、胃の気を巡らせるためにたくさんおいしいもの食べさせてもらってください(^^)。

・・・あ、あと全然関係ない話なんですけどね。

急遽決まった事なのですが、今年の経絡治療夏期大学において高等科の教室助手を担当する事になりました。
高等科を受講される皆さん、どこかでお会いする事もあるかとお思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
ちなみに今年の夏期大学は第50回という記念すべき節目に当たります。東京ドームホテルでの盛大な記念祝賀会もございます。これは楽しみです♪
それにしても50回ですよ・・・日本鍼灸の歴史を感じますなぁ。
コメント

乗れた!!

2008年05月28日 17時40分34秒 | 工藤家の日常
補助輪をはずして自転車の練習をする娘。
呼ばれて行ってみると、2日目にして早くも乗れてました( ̄o ̄ )

おまえ、運動神経いいなぁ(^^)
コメント (2)

技術は伝えるものである

2008年05月27日 22時07分16秒 | 鍼灸・東洋医学
本日はZARDの坂井和泉さんの一周忌でございます。私はそれほど熱心なファンではありませんけどね、ZARDの楽曲を改めて聴いてみるとどれも聞いた事のある、知っている曲ばかり。何でもない事のようにも思えますが、実はこれ、すごい事ですよねぇ。
最近は懐かしの名曲なんかも聴いておりますが、作詞や作曲、歌い手が亡くなってもその楽曲は未来永劫残ります。その当時にリアルタイムで聴けなかった人が後になってからでも聴く事ができるのは、その人の才能が『作品』という形で残っているからに他なりません。

一方『技術』というものは、例え一生かかって身に付けたとしても自分が死んでしまえばそこでおしまいでございます。形として残せない以上、受け継いでくれる人がいなければその技術は消滅してしまうわけです。だからこそ職人は後世に全ての技術を伝えるための努力をするわけです。
この『技術を伝える仕事』は一般的な技術職だけではなく、スポーツ選手とコーチという間柄でも成り立つものですし、我々鍼灸師にも該当致します。どの分野でもそうですが、経験のある者はその技術を後世に残す義務があると思うんです。
ですからね、そのための努力をしない職人は本当の職人ではないと、私はそのように考えております。

人から人へ、手から手へ伝えて行く技術。
この儚さゆえ、我々の技術は時に画一化され、マニュアル化が進められる場合がございます。私の母校でもそのような試みがなされているという噂を聞きますし、その技術を確実に後世に残すためにはこの方法もまた否定されるべきではありません。

ですが、感覚的なものは感覚的にしか伝わらないものです。

例えば脈を診てその脈状を教えるという場合、図解したり文章化したりするのもひとつの手段だとは思いますが、感覚的にこうだ!というものは実際に脈を診て感じる意外に伝えようがないわけです。
その感覚を共有するためには、教える側と教わる側に共通の意識がなければなりません。緊脈と弦脈の違いは明らかなのですが、教える側と教わる側の意識がずれているとこの違いがうまく伝わらないという事態が生じるわけです。

その意識を共通化するには、とにかく数多く脈を診るしかありません。学生さんにはそれ自体をとても難しく感じるかも知れませんが、朝起きた時、電車に乗っている時、走っている時、食前、食後、眠い時・・・自分自身の脈ならいつだって診られます。いつも脈を診続けていれば、どういう時にどんな脈になるかが必ずわかるようになります。その積み重ねから得る経験が大事なんです。

教える側も努力しなければなりません。
教わる側も努力が必要です。
お互いの努力なくしては何も伝わらないのであります。



・・・あー、今日はつまんない事書いちゃった。
ZARDからえらい脱線したなぁ(^^;)
ま、いいか。



近年の鍼灸学校の乱立により、将来的には鍼灸師の数が爆発的に増える事が予想されています。
それを受け、ある人がこんな事を言っていました。

「ライバルが増えるのに何でそのライバルに教えるの?自分だけの技術にしちゃえばいいんじゃない?昔から『秘伝の技術』みたいのもあるんでしょ?技術は独り占めするものじゃないの?」

そういう考えもあるのかも知れませんが、「秘」という漢字を辞書でひくと「隠して内容が知られないようにする」という意味以外にも「人知では知りがたいほど奥深い」という意味が載っております。他の分野はどうかわかりませんが、鍼灸に関する秘伝の技術は「奥深い」という意味が込められているのだと思っています。
ですからね、我々は若い世代に対して隠したりせず、その奥深さをどんどん伝えていかなければならないんだと、私はそう解釈しております。



何だか今日はよくわかんない日記になっちゃったなぁ(^^;)
コメント

こわいこわい

2008年05月26日 19時53分00秒 | 工藤家の日常
我が家には早くも扇風機が登場致しましたよ。
2歳半のおチビにはまだ発音が難しいらしく、懸命に「センペーキ、センペーキ」と申しておりました。おチビには首振り機能とやらも楽しいらしく、センペーキと一緒になって首を振り、時折センペーキにぶつかっては「ごめんしゃい・・・」とセンペーキに詫びを入れておりました。小さい子は面白いものでございます。

はいどーも。院長でございますよ。

昨晩なんですけどね、家族全員で布団に入って眠りに就こうかという頃合に、昔話がたくさん載っているケータイサイトを発見してしまいました。
面白そうなのでね、子ども達にいろいろと読んであげたんですよ。
やれ浦島太郎は竜宮に行って帰ってこないだの、やれ金太郎は毎日熊と相撲とってますだの、あーそういえば琴欧洲が初優勝したなぁとか、まぁ時事ネタなどはさみながらいろんなお話を読んでやりました。
でね、夜も更けて参りまして、そろそろ最後のお話にしましょうかと。そういう事になったわけでございます。
最後に読んだのは、なぜだかあなた、『番町皿屋敷』だったのよ。何でまたそんな怪奇モノを選んだのか自ら理解に苦しむところではありますが、快調に読み進めましていよいよ物語りはお菊が皿を数え始めるクライマックスでございます。

「いちま~い、にま~い、さんま~い・・・はちま~い、きゅうま~いあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あああああぁぁぁぁぁいいいいちまいたりなぁぁぁ~いぃぃぃ~~~~(m゜皿゜)m」

暗闇でうなりをあげる父。
お菊の怨念がにじみ出た迫真の演技でございます。
どうだ!!怖いか!!



娘「・・・おやすみ(-_- )」



無反応かよ( ̄Д ̄;)
今夜は牡丹灯篭かましてやろうか?
コメント

ドローでしたが・・・

2008年05月26日 19時20分15秒 | サッカー馬鹿
さて、昨日の富山戦。結果はスコアレスドローとなった模様であります。
現地組の皆様の反応、そしてニュース映像などから察するに、どうも攻め切れない内容でのドローだった事が伺えます。

左サイドの向選手は攻撃にはあまり絡めなかった様子です。学生時代に左サイドの経験があるそうですが、ボランチが本職ですからねぇ。石舘選手とキャプテンの不在はやっぱり痛いなぁ。
あ、それと私、先日稲葉選手は左ワイドで起用と書いてしまいましたが、実際には高安選手との交代で右ワイドに入ったようです。失礼致しました。

これでアウェー戦は4試合連続勝ち星なし。ホームではしっかり勝っていますが、なかなかアウェーでは勝てないですねぇ。JFL優勝を目指すのなら、アウェーでもしっかり勝ち点3を奪いたいところですが、まぁ今節は負けなかった事を評価したいと思います。守備が安定して来たのは何よりでございますよ。

次節ではキャプテン佐藤選手も戻って来ますが、主力にイエロー累積がたまって参りました。深澤選手は次節出られませんし、その他にも出場停止にリーチがかかっている選手がちらほら・・・。
不安材料は山ほどありますが、鴨志田選手のように控えの選手が奮起してくれると戦力の底上げにもつながります。誰が出ても関係ない!!全員サッカーでJFL優勝を目指しましょう(^^)/

次節はホームに昨年のチャンピオン、SAGAWA SHIGA FCを迎えての一戦でございます。今節、ジェフリザーブスにまさかの黒星をつけられたSAGAWA。昨季の主力がJのチームへ移籍するという事態もあり、なかなか調子が上がらない今季ですが、その実力はあなどれません。
私も久々の参戦でございます!ホームですし、きっちり叩きのめしますよ!!
コメント

キリンカップ vs象牙海岸

2008年05月25日 11時57分29秒 | サッカー馬鹿
昨日のコートジボワール戦、録画で夜中観ました。
1-0での勝利でしたが、この試合をどう判断するか・・・。

まず何が言いたいかってね、コートジボワールの選手達があまりにもかわいそうじゃないかという事。
来日直後に横浜でパラグアイと試合があり、中1日で名古屋で日本戦。この日程でいいサッカーをしろというのは無理があります。事実、コンディションが整っているであろうドゥンビア(徳島ヴォルティス)が一番軽快に動いていましたし。個人的には昨日の試合では、日本の勝利よりこのドゥンビアに代表キャップがついたのが嬉しいです(笑)。残念ながらよほどの事態でもない限りW杯予選には呼ばれないとは思いますが、彼は充分過ぎるほどアピールできたんじゃないでしょうか。

さてさて、そんなコンディション最悪のコートジボワールに当然のごとく勝利した日本代表。昨日の試合は今までのサッカーとは明らかに違う点がいくつかございました。
まずひとつはピッチを広く使えていたという点。これが監督の指示なのかそれとも選手達の判断なのかはわかりませんが、いつものように狭いスペースに人が密集する状況は非常に少なく、大きな展開から一気に攻守の切り替えを行うという意思統一ができていた点は評価できると思います。

次に監督の人選。こちらは非常に興味深いものでございます。
この試合ではGKは楢崎選手が先発していましたが、抜群のポジショニングと安定したセービングで非常に安心して見ていられました。セットプレーの際の壁の指示やコーチングも的確でしたし、もう正GKは楢崎選手でいいんじゃないでしょうか。
過去には市川選手を代表で育て、内田選手や安田選手ををA代表デビューさせたり、昨日は長友選手や19歳の香川選手など若い選手を積極的に起用するなど、岡田監督のこういう若手の起用する姿勢は大いに支持したいところです。しかしベテランの起用においては時折理解に苦しむ場面も多いのも事実です(この辺のやりくりはトルシエが抜群にうまかった)。ベテランと若手の融合、若手ならまだしも過去の実績のある選手が本当に現時点で実力に見合った起用なのかどうか。パラグアイ戦ではその辺にも注目でございます。

選手起用や戦術に関しては今までの悪例がたくさん印象に残っている状況ですし、昨日の1試合だけではまだ岡田監督を信用できません。全てはまぁ次のパラグアイ戦を見てから。そのれらを総合的に判断し、6月のW杯アジア予選を占う材料にしたいと思います。

さ、そんな事より本日はあと一時間ほどでアウェーでの富山戦がキックオフ致します。我らが栃木SC、しっかり勝って首位返り咲きと行きましょう!!
現地組の皆様、速報よろしくお願い致しますよm(_ _)m
コメント