工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

J最長身選手誕生!

2014年09月30日 22時11分02秒 | サッカー馬鹿
ガイナーレ鳥取がユースからふたりの選手をトップチームに昇格させる事を内定させたというリリースがございました。そのうちのひとり、畑中選手がちょっとスゴイです。身長203cmだって!

『ガイナーレ鳥取U-18 畑中槙人選手 加入内定』(ガイナーレ鳥取公式)

フィールドプレイヤーとしては元千葉のオーロイ選手(現オーレスン)の204cmが世界最長身。203cmはエバートンのFWトラオレ選手(コートジボワール)、ストークシティのFWクラウチ選手(イングランド)と並び世界第2位の長身選手です。ちなみにですが、GKならクリストフ・ファン・フート選手(ベルギー)という208cmの選手が世界最長身らしいです。

Jリーグには以前、鹿島に八木選手という199cmのGKがいましたが、心疾患により2013シーズン途中で引退。それ以降、日本人最長身Jリーガーは名古屋のハーフナー・ニッキ選手(197cm)となっておりますが、畑中選手によってその記録が塗り替えられそうです。
どんなプレーをする選手なのかわかりませんが(想像はつきますけど・笑)、ぜひ活躍して欲しいですね。

我らが栃木SCもそろそろ来季の新加入選手のリリースがあってもいい頃です。育成型を謳っているわけですし、新卒選手を数多く獲るのでしょうか?それとも来季はお金をかけて勝てるチーム作りをするのでしょうか?
ユースからの昇格の噂もチラホラ聞きますけれど、実力がともなった選手でなければお互いに不幸になるだけです。ユースからの昇格は慎重に検討していただきたいものです。
コメント

ライセンスは交付されるけど・・・

2014年09月29日 19時59分24秒 | サッカー馬鹿
昨日のダービーは0-2での完敗でした。現地に行けなかった悔しさ、後ろめたさもあり、何とも申し上げにくいのですが、試合後の監督のコメントを読んで愕然としました。阪倉さん、もうJ1昇格は諦めちゃったんですか?

『【J2:第34節 群馬 vs 栃木】阪倉裕二監督(栃木)記者会見コメント(14.09.28)』(J's GOAL)

Q:6位との差が勝点差2ケタになりましたが?
「勝点差は初めて聞きましたが、実際はそんなところを目指せる状況ではないです。いまのチーム状況からは非現実ではなく現実を見なければいけない。1試合1試合の結果が大切なので、あきらめるとかじゃなくて、1試合1試合積み重ねられるようにやっていきたいと思います」

・・・。

残り8試合という現時点で6位との勝ち点差10は確かに厳しいです。J1昇格が非常に厳しい状況になっているのは誰の目からも明らかです。でも、それでもね、チームを預かる監督がそれを口にしちゃダメだと思います。ウソでもいいから可能性がある限り上を目指すと言って欲しいですし、言うべきではないでしょうか。

諦めるとかじゃない、とおっしゃっていますが、そういう煮え切らない雰囲気は選手達に伝わっているような気がします。昨日の試合の内容然り。こんなに戦う気持ちが伝わって来ないダービーははじめてです。
3年前、0-4で草津に敗れたあの試合でさえ、選手達からは戦う気持ちが最後まで伝わって来ました。当時の松田監督の謎采配が炸裂した試合でもありましたが、それもすべては勝利への執念の賜物です。なのに昨日の試合は心に響くものはありませんでした。テレビで観ていてもこれなのだから、きっと現地で応援していたサポーターもそういう気持ちになったんじゃないでしょうか。

何ともやるせない気持ちになった一戦でしたし、今後のモチベーションの保ち方が問われる一戦となりました。
今シーズンも残り8試合。阪倉監督は今後どこを見据えて戦うのでしょうか。その答えを次節ホーム京都戦に見出したいと思います。



はいこんばんは、院長でございます。



さて本日、Jリーグから来季のライセンスの発表がございました。J1&J2全40クラブとJ3の数チームに来季のクラブライセンスが発行されました(鳥取は停止条件付です)。

『クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2015シーズン Jリーグクラブライセンス交付について』(Jリーグ公式)

我らが栃木SCにも無事にJ1ライセンスが交付されました。3年連続赤字回避、そして債務超過解消を実現させたクラブ関係者、ファン・サポーター、皆さんに感謝です。本当にありがとうございました。

『クラブライセンス交付第一審査期間(FIB)による2015シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について』(栃木SC公式)

ただね・・・ゲキサカにちょっと心配な内容が出てました。来季までに練習場の確保を実行しない場合、2016シーズンはJ2ライセンスとなるらしいです。

『鳥取は「停止条件付き」のJ2ライセンス…北九州はプレーオフ圏内でもJ1昇格はなし』(ゲキサカ)

栃木SC【J1ライセンス】
・栃木県グリーンスタジアム 屋根不足
・練習場 2015年6月のライセンス申請時までに練習場の確保を実行に移さない場合、来期J2ライセンス判定
・債務超過
・12・13年度赤字

「専用」でも「練習場の確保」でもなく「練習場の確保を実行に移さない場合」なので、専用練習場の確保のための対策に乗り出すかどうかが焦点になるのだと思われます。
要するに、今までは宇都宮市や提携先の市町から目先の練習場を提供していただいていたわけですが、年間を通していつでも練習に使用できるピッチを確保するための努力をしろと、そういうご指摘なのだと解釈しています(間違ってたらごめんなさい)。

その一方で、トイレの数を観客1000人に対し少なくとも洋式トイレ5台、男性用小便器8台を備えなければならないという、いわゆる「トイレ基準」は指摘がありませんでした。以前はトイレの少なさを指摘されていたと記憶していたのですが、私の勘違いかな?それともグリスタはすでに改修済み?
コメント (2)

関東女子トレセンリーグ 第1節~第3節

2014年09月29日 08時29分55秒 | 工藤家の日常
昨日は朝から鹿島ハイツで関東女子トレ戦リーグがございました。
子ども達はバスで鹿島へ。我々はクルマで現地へ向かいました。
北関東道大洗ICから国道51号線で南下。このルートだと1時間ちょっとで鹿島まで行けるんですね。



一週間前に県トレメンバーで練習をしているらしいのですが、娘は運動会があり不参加でした。



みんなとは久々の実戦です。



・・・と言っても、練習会ではおそらくチームとしての戦術練習はやっていないのだと思います。



というわけで、第1節は千葉戦。



12分ハーフで3ピリオド制でした。動画は各試合第1ピリオドだけです。
1-2で敗戦でした。



第2節、東京戦。



1-1ドロー。



お昼ごはん。



第3節、埼玉戦。



1-2でしたが、スコア以上に内容に差がある試合でした。



どのチームも寄せ集め感たっぷりで、チームとしてまとまっていたのは埼玉くらいでした。



ナショナルトレセン選考会を兼ねているらしいので、ナショトレ見本市としてはこれでいいのかも知れませんが・・・どうせやるなら「球蹴り」ではなく「サッカー」をさせてあげたいです。



参加された皆さん、お疲れ様でした。



第4節以降は10月?11月?
コメント

試合終了

2014年09月28日 19時56分16秒 | サッカー馬鹿
0ー2

ダービーなのに完敗。
現地にも行けなかったし、余計凹むわ。

iPhoneから送信
コメント

前半終了

2014年09月28日 18時52分33秒 | サッカー馬鹿
0ー1

勝ってくれ。

iPhoneから送信
コメント

関東女子トレセンリーグ

2014年09月28日 15時12分42秒 | 工藤家の日常
鹿島ハイツで関東女子トレセンリーグでした。
1分2敗。内容もつまんない試合でした。
うーん、このリーグ戦、疑問だ。

iPhoneから送信
コメント

明日はダービー!!

2014年09月27日 20時17分24秒 | サッカー馬鹿
昨日の記事なんですけど、ニッカンスポーツに明るい話題がありました。我らが栃木SCを含め、3年連続赤字or債務超過でクラブライセンス剥奪の危機にあったJクラブが多数ございましたが、来季は全クラブにライセンスが発行される見通しだそうです!

『J1、J2全クラブにライセンス交付へ』(ニッカンスポーツ)

J2クラブライセンスに留まるチームもございますけれど、J1を目指せる位置にいられるという事が現時点では何よりも大切です。特に北九州は残念ですね。J1昇格プレーオフに参加できるだけの実力はあると思いますが、今季は残念ながら参加資格がございません。参加させてあげたいという思いもございますけれど、決まり事なのでしょうがないですね。柱さんは本当、全権任せればいいチームを作って来ますね・・・。



はい、そんなわけで明日はダービーでございます!!



宿敵・群馬の正田醤油スタジアムへ乗り込んでの一戦です。とにかく我々は群馬にだけは絶対に負けてはいけません。負けたくないんです!!
栃木同様経営に苦しんでいた群馬でしたが、赤字&債務超過も解消の目処が立ち、チームの調子も上向きになってきたこのタイミングで、突如秋葉監督の今期限りでの退任の意思が報じられました。成績不振がその理由らしいのですが、秋葉さんは群馬の規模でよくがんばっていたと思います。責任なんて感じる必要はないのに・・・もう一年くらいは続てもよかったんじゃないでしょうか。

『【トップチーム】秋葉忠宏監督 今季限りで退任のお知らせ』(ザスパクサツ群馬公式)

前々節、3-0で快勝したホーム札幌戦後に退任の意思を表明し、前節は富山に1-0で競り勝ち2連勝。チームの士気は非常に高まっている気配です。



しかし、我々だって群馬には負けるわけには行きません。リーグ戦での前回対戦時は3-0で我々が快勝しておりますが、天皇杯2回戦ではPK戦で敗れております。今節での今季の完全決着を望みます。



ただね、私・・・明日は鹿嶋にいるんですよ( ;∀;)



明日は関東女子トレセンリーグの今季初戦があり、娘の応援で鹿嶋まで行って来る予定です。夕方までには帰って来たいと思うのですが、そこから正田スタまで行ってキックオフに間に合うかどうか・・・難しいなぁ(;´д`)
何とか早く帰って来れたら大急ぎで行きます。でも今のところ何とも言えません。ダービーですし何とか行きたいのですが・・・行けなかったらごめんなさい。皆さんに勝利を託します。
コメント

中学校の新人戦見学

2014年09月26日 17時46分04秒 | 工藤家の日常
今日から中学校の新人戦がはじまりました。芳賀地区でも数ヶ所で試合をやっていると聞き、早速お昼休みに市貝の城見が丘運動公園へ見学に行って参りました。
我が家の娘も来年から中学生です。アカデミーがダメなら今まで通りZEROのジュニアユースであるHFC.真岡でお世話になる予定でおりますが、念のため部活サッカーの現状視察という事で。



中学校の公式戦を見るのは実に20数年ぶりです。何となく新鮮ですね。



お次は益子南運動場へ。



ZEROの代表が来ていて、少しお話しながら観戦。
短い時間でしたが、非常に有意義なお昼のひとときとなりました。



芳賀郡市の中学校には数名の女子選手が在籍していると聞いていましたが、残念ながら見つけられず。プレーしている姿を見てみたかったです。



新人戦なので1、2年生のチームだと思います。この中なら女子がいてもさほどフィジカル面で劣っているという印象は受けないだろうなぁと感じました。フィジカルの差が一番の不安材料だったのですが、我が家の娘が中学男子の中でプレーしてもある程度やって行けそうな気がしました。
コメント

素敵な試み!

2014年09月25日 20時18分34秒 | サッカー馬鹿
10月4日(土)のホームゲームでSWERVESと栃木SCレディースのエキシビジョンマッチがあるそうです。SWERVESってどこのチームだろう?と思って調べてみたら、どうやらスキマスイッチの常田さん率いるチームらしいですね。よくエキシビジョンやってるあのチームかな?

『【2014J2第35節vs京都サンガF.C.戦】エキシビジョンマッチ専門サッカーチーム(SWERVES)によるエキシビジョンマッチ開催決定のお知らせ』(栃木SC公式)

もしかしたら普段はサッカーを観ない層がグリスタにやって来るかも知れません。エキシビジョンだけ見て帰る人はあまりいないでしょうし、栃木SCにあまり興味のない方々をどれだけリピーターにできるか。ここは選手達のがんばりはもちろんの事、我々サポーターによるスタジアムの雰囲気作りにかかっている部分です。
ひとりでも多くの新規サポーターを増やすため、現サポーター一枚岩で挑みましょう!

もちろん私もエキシビジョンを含め、その日はグリスタへ行きます!

そして私は試合終了後すぐ羽田へ行き、翌日は徳島で講義をして参ります。日頃いろいろとお世話になっている経絡治療学会徳島部会の定例会です。二つ返事で承諾させていただきました。

『[特別講演]演題:経絡治療による妊娠から出産までの治療』(経絡治療学会徳島部会)

午前、午後合わせてたっぷり4時間もいただきました。妊娠から出産までの治療について講義と実技をさせていただきますが、これは決して婦人科のお話ではありません。妊娠出産は夫婦間の出来事であり、男性にも重要な役割がたくさんございます。その辺のお話を含め、楽しい講義にしたいなぁと内容を思案中です。
コメント

山形戦ドロー・・・

2014年09月24日 21時08分57秒 | サッカー馬鹿
昨日の試合は伊集院光さんもグリスタで観戦していたらしいです。山形戦前日のラジオで栃木SCについていろいろと語ってくれたみたいで、その関係もあるのだと思います。
↓34:40から、栃木SCの財政難に関する話題です。



ネガティブな話ではありますけれど、決して悪く言っているわけではないと思います。情報はちょいちょい間違えてますし、松本山雅の話もそんな訳ねーだろ!?とか思いますが(笑)、どんな理由でもこうして公共の電波に栃木SCの名前を載せてくれた事には感謝したいですね。



はいこんばんは、院長でございます。



さて、昨日の山形戦。私ははじめて子どものサッカーを優先して試合に行かなかったわけですが、娘のジュニアサッカーもあとわずかで終わってしまいますので、昨日の判断はまぁよかったかなぁと思っております。

でもね、やっぱり試合の録画を観ると「あー俺が行かなかったから勝てなかったんだ」とか思うわけですよ(笑)。勝手なもんでね、私の声の後押しが足りなかったのが勝ち点3を奪えなかった要因だと思っております、はい。



今季に限っては阪倉監督には自由に指揮を振るってもらいたいと思っております。昨日の選手交代だって、やっぱり不満はあります。ありますけど、今季は文句は言うまいと心に誓っておりますから、それに関しては多くは語りません。

・・・とか言ってるのがもう文句といえばそうなんですけど(;^^)

得点シーンは選手達が連動した素晴らしい崩しでした。ああいうゴールが増えてくると、残り試合も十分楽しめるような気がします。まだまだプレーオフは諦めていませんが、まずは目の前の試合を如何に勝って行くか。どうやって得点を奪い、どうやって守るのか。阪倉監督2年目、3年目のシーズンで確実に昇格するために今季をどう使うか。そこに重きを置いて残り9試合を楽しみたいと思います。

史上最速でJ1昇格を決めた湘南ベルマーレの皆さん、おめでとうございます。



俺たちだって、いつかは・・・。
コメント