工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

栃木県真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
真岡のはり屋さん!どんな症状でもご相談ください!

県トレ修講式に思う

2015年02月28日 21時10分57秒 | 工藤家の日常
娘は朝からAリーグ・・・へ行く予定でおりましたが、急遽予定を変更。午前中は県トレの修講式へ行く事になりました。私はお仕事なので、紘子さんと一緒に鹿沼自然の森へ。



今年度はチームでの活動を最優先させたいという娘の意向もあり、県トレの選考がある芳賀トレへの参加も見送っていた娘。しかし順調にZEROの戦術を身に付けつつあった初夏、県トレ女子コーチから県トレの枠をひとつ空けて待っていると告げられ、地区トレにも参加していないのにほぼ強制的に県トレでの活動が始まってしまいました。



そもそも「男子の中で勝負したい」という娘の強い希望で昨年2月にHFC.ZERO真岡に移籍させていただいたという経緯がありました。移籍にあたっては河内SCジュベニールさんには多大なご迷惑をおかけしましたし、無理を言って受け入れていただいたZEROにもご迷惑をおかけしました。それは娘も同じ思いです。一大決心をして男子チームに移籍したのに、なぜ再び女子サッカーに戻らなきゃならないの?という不満も娘の中には少なからずあったようです。



いろんな不満や葛藤はあったようですが、最終的にはZEROを代表して参加すると決心。昨年6月下旬からただひとりの途中参加という複雑な状況下からのスタートでした。
そんな事情もあり、例えパスが出なくてもZEROで教わった事を県トレでも根気よく継続し、その中で何が出来るか考える場にしようと約束して来ました。



彼女なりにいろんな事を考えて臨んだ半年間だったと思います。



愛するクラブ、HFC.ZERO真岡を代表して参加しているという意識が大きなモチベーションとなりました。



当初、ZEROへの移籍はいろんな方に反対されていました(私も反対していましたけれど・笑)。女子と男子は違うんだから、ZEROに行ったら絶対試合に出られなくなる。女子の中で試合に出ていた方が絶対伸びる。そんなアドバイスをいただいた事もありました。



だからこそ、県トレ女子でやるからには必ず結果を残さなきゃならない。男子チームへの移籍という決断が間違いではなかったと証明しなきゃならないという気負いもあったのかも知れません。「県トレはおもしろくない、つまんない」という娘の言葉はいろんな不安を拭い去るための強がり半分だったような気もします。おそらくあとの半分は本音だったのだと思いますが(;^^)



そんな中、この半年間を通してしっかり結果を残せたという自負があるのは大きな自信にもつながったんじゃないかと感じています。



でもこれだけは忘れないで欲しい。ひとりピッチ内で自由にプレー出来たのは、チームメイトが上手くあなたを生かしてくれたからです。



ひとりじゃサッカーは出来ません。仲間があなたを支えてくれたから結果を残せたのだという部分は決して忘れないで欲しいです。



いろんな思いが交錯した栃木県U12トレセン女子の活動はこれで終了となります。最後の修講式も出たくない、Aリーグに行きたいと不満を口にしていた娘でしたが、何とか無事に出席してくれました。HFC.ZERO真岡という愛するチームの看板背負っているわけですしね(;^^)

県トレに関しては私もいろいろと思うところはございます。本音を言えば、もっとしっかりとした指導をしていただけた方が子ども達にとってはプラスになったんじゃないかという思いも残ります。しかし何度辞退しても県トレに誘っていただき、様々な場所でお世話になったコーチの皆さんには本当に感謝しています。この場を借りて御礼申し上げます。



で、午後は市貝でチームに合流。とても楽しそうにプレーしていました。



今日は急遽娘が抜けたので、午前中のAリーグを7人で戦う羽目になってしまいました。
チームに迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ありませんでした。県トレ修講式の時間帯、何とかならんもんかねぇ。



明日は朝からチームのために全力で走ろう!
コメント

今夜はサッカー談義

2015年02月27日 23時02分37秒 | 工藤家の日常
いろいろと考えている事があり、お話をしながら飲んでます。
思うところはたくさんあります。どうにもならない事も理解していますが、自分が納得出来ないならそれでいいかなぁとも思います。
コメント (2)

サッカーを楽しみたい!

2015年02月26日 21時53分26秒 | サッカー馬鹿
Jリーグマスコット総選挙2015の結果が続々と発表されておりますが、本日トッキーの20位が発表されました。昨年は33位だったので謎の大躍進ですね(;^^)



SCチアーズと一緒にダンスを踊るなど、機動的な一面を見せてくれた昨シーズン。今季も活発なキャラクターで押し通して欲しいです!



さて!



我らが栃木SC、日曜日は開幕直前の実戦の場、PSM松本戦でございます。練習もTMもろくに見ていない私としては、今シーズンの戦力の把握すらままならない状況です(;^^)
昨シーズンまでならこの状況にモヤモヤしていたでしょうけど、今シーズンはもう割り切っている部分が大きく、シーズンはじまってから覚えりゃいいかと半ば開き直っているありさまです(笑)。
まぁ監督が同じなのだからやることは大きく変わらないはず。相手に応じてシステムを使い分け、堅守速攻で戦うというイメージは何となく湧いて来ます。

昨シーズン序盤はその戦術が機能したものの、研究され尽くした2週目となる後半戦、特に夏場は非常に苦しみました。今シーズンはその状況が開幕から1年間続きますから、例年になく苦しいシーズンになると覚悟しています。とにかくJ3降格だけは何としても避けていただきたいものです。
個人的には何かとネガティブ思考の現状ですけれど、気負いがない分今シーズンは選手に対して前向きで温かい言葉をかけ続けたいと思っています。そして阪倉監督がいい意味でこの覚悟を裏切ってくれる事に期待したいです。

今シーズンはサッカーを楽しみたい。それが今季のテーマです。
コメント

みんな、がんばれ!

2015年02月25日 20時10分13秒 | サッカー馬鹿
我らが栃木SC、週末の大宮とソニー仙台とのTM2試合に連勝し、チームは順調に開幕に向けた準備を整えつつありますね。
そんな中、昨シーズンの所属選手で唯一今シーズンの所属先が未定となっていた重松選手の移籍先が決まりました。

『重松健太郎選手 FC町田ゼルビアへ完全移籍のお知らせ』(栃木SC公式)

『重松健太郎選手 加入のお知らせ』(FC町田ゼルビア公式)

重松選手はまだ23歳。この若さで5クラブを渡り歩き、今シーズンは所属6チーム目となる町田で再起を図ります。技術的にはJ1でも十分通用する選手ですけれど、とにかく精神的なムラが大きいのがネックでした。メンタル面で成長すればJ3では大暴れできると思います。最後のチャンスだと自覚して、しっかり成長を遂げて欲しいものです。



そして過去の所属選手の動向も気になるところ。一昨年栃木でプレーした元日本代表の三都主選手、今季は生まれ故郷であるブラジルの地元クラブでプレーする事が決まったようです。

『元日本代表、三都主選手が故郷で第2の人生。パラナ州選手権1部のマリンガFCと契約 』(Mega★Brasil)

栃木に来た時から現役最後はブラジルの地元で・・・という話をしていたそうなので、その願いが叶って本当に良かったです。

>最後の2年、1年ずつ所属したJ2(2部リーグ)の栃木SCやFC岐阜にも忘れがたい思い出がある。
>「優勝を争うチームじゃなかったけど、監督やチームメイトとの出会いや、自分の経験を活かして
>チームを上げていく助けをする経験は得がたいものだった」と振り返る。

こう語ってくれるのは本当に嬉しいです( ;∀;)
アレック、後悔のない選手生活の最後を送ってください!
コメント

良いのか悪いのか・・・

2015年02月24日 19時06分08秒 | サッカー馬鹿
愛媛FCの粉飾決算問題にJリーグからの制裁が下されました。制裁内容はけん責と罰金。想像以上に軽い処分に落ち着いたという印象を受けました。

『不適切な会計処理に対し 愛媛FCに制裁を決定』(Jリーグ公式)

元経理担当者の独断による行為で組織の関与が認められないと判断しての制裁であるため、このような軽い処分となったようです。しかし処分は軽く済んでも、愛媛FCがこの一件で今後の経営に大きなダメージを受けた事は確かであり、信頼回復のための苦労は想像以上だと思います。
これが良かったのか悪かったのかはわかりませんが、今回の件では愛媛FCの選手やサポーターにはまったく落ち度はなく、この程度の処分で済んだ事はJリーグを愛する仲間としてちょっとだけ安堵したというのが正直なところです。
とにかく今季もJ2で共に戦えるようになって本当に良かったです。瀬沼選手や河原選手、西岡選手との対戦を楽しみにしています!



はいこんばんは、院長でございます。



昨年のW杯ブラジル大会で話題となり、2014Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝でも試験的に導入されたバニシングスプレー。今季Jリーグでの正式使用が決まったようですね。

『「バニシング・スプレー」の導入を決定』(Jリーグ公式)

FKの際のボールの位置や壁の位置を示すために主審が使用するスプレーで、文字通りすぐに消えてなくなります。南米ではメジャーな存在だそうで、最近は欧州の一部国内リーグでも使用されています。



上手に線を引くにはコツがあるようで、不慣れだとこうなります。



練習しててもこうなります。



最近では勝手に線を引き直す選手まで出てくる始末(;゜∀゜)



導入の是非が問われるのはシーズンオフ。Jリーグでも思いもよらないハプニングの種になるかも知れません(;^∀^)
PSMや開幕戦、グリスタでのバニシングスプレーの初使用を見届けるのが楽しみです!
コメント

サッカーを知って欲しい!

2015年02月23日 20時11分21秒 | 工藤家の日常
週末は娘がガールズエイトで大変お世話になりました。あらためて栃木県サッカー協会、県トレ女子コーチの皆さん、そしてJFAに感謝申し上げます。貴重な体験をありがとうございました。
冠スポンサーのキヤノンのサイトを見たら、この大会の意義が記されておりました。将来の日本を背負って立つ女子小学生選手の発掘のための大会、という位置付けなんですね。JFAが費用を負担してくれる大会なので、何かしらの意図があるんだろうなぁとは感じていました。

『キヤノンガールズ・サッカーウェブ』(キヤノン公式)

5月には全国の地域で開催されたガールズエイトから選考された13歳以下の女子選手を招集する日本女子代表選手の登竜門となる育成プログラム、キヤノンガールズ・キャンプを開催するそうです。



この中から未来のなでしこが大勢誕生してくれると嬉しいですね。



大会全般を見て感じた事。



リフティング世界一の選手がサッカー選手としても世界一になれるかといえば、それはまた別問題です。サッカーが上手くなりたければサッカーを知り、サッカーを教わらなければなりません。

あの場にいる選手の皆さんは基礎的な技術はしっかりしているんです。止める・蹴るという基本的なプレーにおいて高い質を持っている事は、試合を見ていてもよくわかります。ただ、サッカーを教わっていないと感じる選手が非常に多く、もったいないなぁという印象を受けました。



これは娘が昨年夏に参加した1対1のゲームです。対戦相手は非常に優れた足元の技術を持つ選手でしたが、これは少なくとも勝つためのサッカーではないんですよね。個人技中心の大会でひとりサッカーに徹した娘の成績は4勝1分3敗、足元のスキルでは完敗でしたが成績は勝ち越しでした。

個人のスキルアップはもちろん大切です。しかしそれを試合で生かすためには、やはりサッカーを知るべきだと思いますし、指導者がサッカーを教えるべきだと思っています。
昔お話した方で「女子はどうせ教えても出来ないから」という指導者がいましたけれど、それでは教わる子ども達がかわいそうです。やるからには高い意欲を持って指導にあたっていただきたいですし、女子の指導者もこの意識はしっかり持って欲しいです。



娘も昨年2月にHFC.ZERO真岡に移籍してからはじめてサッカーを教わった類です。サッカーを知り始めている段階で、まだまだ多くのことを学び、指導していただく必要があると感じています。
でも今後に関してその点は全く心配していません。ジュニアのHFC.ZERO真岡、そしてジュニアユースのHFC真岡には質の高いサッカーを教えてくださる指導者がいますし、所属選手もサッカーを理解する意識が高い子ども達ばかりです。
HFC真岡の選手達はこれからどんどん伸びて来ると思います。娘も含め、子ども達が育って行く様子を見守るのが楽しみで仕方がありません(^^)

昨日とおととい、HFC.ZERO真岡の6年生は第1回明野少年サッカー大会に参加しておりました。県トレへ行っていた娘と故障で離脱中の選手を除く6年生7名に5年生(?)を加えて戦い、しっかり優勝して来たみたいです。みんなやったね!おめでとう!
娘もうかうかしていられません。明日からまたしっかりトレーニングに集中して取り組み、チーム内で切磋琢磨して欲しいです。同じピッチに入れば性別は関係ありませんからね!
コメント (3)

第12回 JFA関東ガールズエイト 2日目 その3

2015年02月22日 19時41分26秒 | 工藤家の日常
決勝トーナメントに進めなかったため、栃木県トレセンはもう試合がありません。



とりあえず我々は大洗においしいもの食べに行きました(;^^)



帰って来て決勝を観戦。



子ども達も真剣に(?)試合を観戦。
あのピッチに立っていたかったねぇ・・・。



優勝は千葉県選抜U-12イエローさんでした。



おめでとうございます!



閉会式。
優勝、準優勝のメダルが届かず授与式が中止となる(;^^)



2日間みんなよく走りました。



中学でもみんなサッカーを続けて欲しいです。



栃木県トレセンのメンバーはほとんどが栃木SCレディースか河内SCジュベニール、小山LFCへ進みます。



第3種登録で男子の中でプレーするのは娘を含めて3名のみ。中学での対戦、楽しみにしてるよ!



がんばれ!未来のなでしこ達!



最後に紘子さんが撮影した写真を。







コメント

第12回 JFA関東ガールズエイト 2日目決勝リーグ その2

2015年02月22日 19時32分30秒 | 工藤家の日常
残念ながら消化試合となってしまいました。2試合目は茨城選抜Tiaraさんとの対戦でした。



立て続けに右サイドをきれいに崩してゴールに迫りましたが、得点ならず。



#9のゴールで先制!



その後、危ない場面もありました。



何とか無失点で耐え、1-0で1本目が終了。



2本目にも追加点。



3本目はしっかり守りました。



最後までゴールを死守し、試合終了。



2-0勝利で大会を終えました。
残念ながら決勝トーナメントには進めませんでしたが、みんながんばりましたね。
コメント

第12回 JFA関東ガールズエイト 2日目決勝リーグ その1

2015年02月22日 19時16分29秒 | 工藤家の日常
昨日の1日目、グループリーグを1位で突破した栃木県トレセン。昨夜は勝田ワークプラザで水分補給セミナーがあったそうで、その様子がJFAのサイトにありました。



さりげなくZEROジャージで写真に見切れる娘とチームメイト。ナイスアピール(笑)。
寒い季節でも適切に水分補給ができるように考えなきゃね。

そして本日はガールズエイトの2日目、決勝トーナメントです。3チームずつ4グループに分かれ、各グループ1位が決勝トーナメントに進みます。決勝リーグは2試合しかないのでひとつも落とせません。

リーグ戦初戦は東京選抜AYAMEさんでございます。東京選抜AYAMEさんは先に1試合消化し、終了間際のゴールで1-0勝利。すでに1勝を挙げております。栃木県トレセンはこの試合で敗れれば即敗退が決まってしまいます。勝利、もしくは最低でも引き分けが絶対条件です。



ロングフィードに抜け出した娘にビッグチャンス!



決め切れず・・・。
1本目はスコアレスでしたが、ずいぶん押されていました。

2本目は一進一退の攻防となりました。



2本目もスコアレス。

3本目は防戦一方でした。



集中して守る栃木県トレセン。



ほとんど攻められっぱなしでしたが、耐えに耐えました。



そしてスコアレスドローかと思われた残り2分。



とうとう失点。
そしてこのまま試合終了。



東京選抜AYAMEが2勝で勝ち点6とし、この時点でグループ1位が確定しました。
栃木県トレセンは残念ながら1試合を残しながら決勝リーグ敗退が決まってしまいました。
コメント

第12回 JFA関東ガールズエイト 1日目予選リーグ

2015年02月21日 19時39分02秒 | 工藤家の日常
今日から娘は関東ガールズエイトでひたちなかにお泊りです。明日の2日目を見に行く予定で今日は見に行くつもりはありませんでしたが、急遽時間が出来たので、大急ぎで行って予選リーグの最後の試合だけ見に行って参りました。
試合は12分×3本。栃木県U12トレセン女子 空、ここまで2試合の成績は1勝1分らしいです。

東京選抜 SAKURA 2-2 栃木県U12トレセン女子 空

栃木県U12トレセン女子 空 6-0 埼玉U-12 DX

最終節は神奈川トレセン U-12 リヤンさんがお相手でございます。
勝てば決勝リーグ進出が決まります。



今日3試合目ですし、みんなしっかり体は動くはず!



#9からのパスを受けた#29が素晴らしいループシュート!



栃木県トレセンが先制し、1本目が終了。



2本目に大ピンチ。



GKを中心によく守りました。



その後もスコアは動かず、2本目はスコアレス。



3本目はお互いに攻撃的なサッカーでした。



娘の決定機はGK正面。



次のチャンスはしっかりゴールにつなげました。



右サイドからの素晴らしい崩しでトータル2-0とリードを広げました。



ところがその直後、あっさり失点。



娘は幾度となく右サイドを突破。
1、2試合目は見てませんが、3試合目は非常に攻撃的で良かったです。



#10がこちらまで音が聞こえてくるほど強烈なハイキックを食らう場面もありました。
大きなケガだけはしない、させないように気をつけましょう。



試合は2-1で終了。



予選リーグE組の結果は以下となりました。

1位 栃木県U12トレセン女子 空 2勝1分 勝ち点7 +7
2位 東京選抜 SAKURA 2勝1分 勝ち点7 +4
―――<決勝リーグ進出>―――
3位 埼玉U-12 DX 1勝2敗 勝ち点3 -3
4位 神奈川トレセン U-12 リヤン 0勝3敗 勝ち点0 -8

『キヤノン ガールズ・エイト 〜 JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会 〜 日程・結果』(JFA)

栃木県トレセンは予選リーグを1位通過。明日の決勝リーグへ進みました。対戦していただいたチームの皆さん、ありがとうございました。
栃木県からはもう1チーム、宇都宮選抜の宇都宮JFC ソフィアが出場していますが、こちらも予選リーグ2位で明日の決勝リーグ進出が決定。栃木県勢がんばりましたね!



ひたちなか滞在時間1時間弱。でも行って良かったです(*^∀^)
とにかく明日の試合がフレンドリーにならなくて良かった(笑)
明日は朝から応援しに行きます。優勝して帰りたいですね!
コメント