工藤鍼灸院・院長のひとりごと2

真岡市(ハローワーク向かい)
電話 0285(83)3182
あなたの街のはり屋さん
お灸もやってます

パティーク11PROが・・・

2024年05月22日 20時09分01秒 | サッカー馬鹿

本当に辞めちゃうの?

レアル・マドリー所属のドイツ代表、トニ・クロース選手が6月開催のEURO2024を最後に現役を引退することを表明しました。自身の全盛期で引退したいという美学を貫くそうです。いやぁ・・・そうですか・・・全然衰えていないのに・・・。


クロース選手といえば、スパイクマニア界隈ではアディダス・パティーク 11PRO FGの愛用者として超有名です。パティーク 11PROは2013年に発売されたアディダスのフィッティングスパイク。アッパーにはカンガルーレザーを採用し、ソフトなボールタッチと快適な履き心地を実現しています。何かに長けているというよりも、どんなプレーにも対応できるバランスが良いスパイクでした。
若い頃はプレデターやアディピュアシリーズを着用していましたが、2014年から11PROを着用を開始。廃盤となった後もアディダス社が特注で彼のためだけに11PROを作り続けていました。


スタッドの色がブラックからホワイトになったり、シューレースの色がホワイトからサックスブルーになったり、細かいマイナーチェンジを経て2015年春頃に廃盤。11PROを着用していた選手はエックスやエースなどの新モデルに履き替える中、それ以降も引退までの10シーズンに亘りずっと同じモデルを履き続けていました。11PRO 2が発売されても初代モデルを一途に着用し続け、クラブでも代表でも数々のタイトルを獲得して来ました。

スパイクのお手入れも自ら行うなど、スパイクに対する愛着は相当なものであることが窺えます。


実は2015年の廃盤以降も数年間、日本国内のみでパティークシリーズは日本人仕様として継続されていました。我が家の次男も小学5年生の頃、日本企画のパティーク 11クエストラ AI1 J Jr.を着用していた時期がありました。



ずいぶん気に入って着用していましたが、つま先の接合部分が弱く、ずいぶん履き潰したものです。



買っても買っても間に合わず、まとめて数足購入したりしてましたっけ(笑)。懐かしいですねぇ。



数年前には復刻版の発売などもありましたけど、来月にはTKモデルのゴールドバージョンが限定販売されるそうです。引退に合わせたのでしょうね、きっと。

クロース選手の引退でついにオーダーメイドによる11PROの製作も終了してしまいます。残念ですが、デッドストックではない11PROを購入できるのはこれが最後のチャンスです。

スパイクは選手が唯一こだわりを持って選べるサッカー用具です。着用スパイクを知ることで、その選手のプレースタイルやサッカーに対するこだわり、試合運びの意図など様々な情報を読み取れます。
高性能ではなくとも、足にフィットするスパイクを見つけ、現役中はずっとそれを着用し続けた一途なクロース選手。自身の美学を貫くその姿勢は最高にカッコイイです。EURO2024で素晴らしい最後を飾れるといいのですが・・・。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

思い出のピンセット

2024年05月21日 19時29分00秒 | 工藤鍼灸院の出来事

先日の経絡治療学会関東支部講習会では妊産婦への施術に関する講義をさせていただきました。妊産婦には安全な施術が第一というお話をさせていただきましたが、それは妊産婦への施術に限った話ではありませんね。どんな患者に対しても安全な施術が第一です。当然ながら。

いやそんでね、その講義の中で『医心方』の写本を使用いたしました。

日本最古の医学書である『医心方』に記載されている図解では臨月でも胎児の頭が上を向いています。実はわりと近年まで、赤ちゃんは出産直前に向きを変えて頭から生まれてくると考えられていたみたいなんです。現代のように機械を使ってお腹の中を見たり出来ませんからね、まさか頭を下にして成長しているなんて考えもしなかったのだと思います。ですから江戸時代の頃までは妊娠中の逆子という概念はなかったはずです。逆子治療はいわゆる安産治療の一環だったわけで、両者が似たような施術を行うのはそういう事情からなのだと思われます。



この『医心方』は15年?20年位前だったでしょうか?大阪の久保俊英先生からお譲りいただいたもので、その他にも素問や霊枢などもまとめてお譲りいただきました。当時の私にはとても購入できないような高価な古典の数々。それらは今も日々の臨床に活用させていただいています。私の宝物です。


今から26年ほど前の学生時代、大阪にある久保先生の治療院を見学に行かせていただいたことがありました。誰と行ったか、いつ頃だったかはまったく記憶にないのですが(笑)、久保先生の凛とした佇まいやお話いただいた内容はとてもよく覚えています。

その際、「万が一の折鍼事故への対応ために、必ずピンセットを持ち歩きなさい」と言われたのを鮮明に覚えていて、私は今でも臨床に立つ際には必ずピンセットを一本、白衣のポケットに忍ばせるようにしています。


そもそも経絡治療では鍼を深く刺すことはほとんどないので折鍼事故が起こりませんし、開業して24年目になりますが緊急でピンセットを使ったことは一度もありません。それでも私は2001年の開業以来、安全な施術を行うため、自分への戒めとして、今でも施術の際にはいつも白衣のポケットにはピンセットを一本入れています。

久保先生の言葉が、四半世紀以上経過した今もなお、私の心の中で生き続けています。今朝、往診へ行く準備をしていた時にふと、このことを思い出しました。

久保先生は先日、つい3週間前に74歳でご逝去されました。26年前は今の私と同じご年齢だったんですね。心よりお悔やみ申し上げます。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

同じ負けでも・・・

2024年05月20日 20時47分00秒 | サッカー馬鹿

監督交代から数日で迎えたホーム仙台戦。小林監督体制といえば私は4バックのイメージしかありませんが、昨日の試合はシステムを大きくイジることなく従来通りの3バックで戦いました。それでも前からのプレスのかけ方やセットプレーの守り方は田中前監督だった頃からずいぶん変化しており、負けはしたものの久々に栃木の試合でわくわくしたように思います。前を向ける負け試合でした。

2失点はPK絡み、そしてセットプレーからでした。決定機を作られた場面もあるにはありましたが、意外と落ち着いていましたし、安定していたと思います。朴選手が入り中盤での対人守備の強度が上がったこと、セカンドボールの回収率が増えたことなどがその要因になっていることは間違いありません。

機が熟すのを見て、おそらく練習でも取り組んでいるであろう4バックを採用する日が来ると思います。朴選手や福島選手がチャンスをもらえたように、また新たな選手がチャンスを活かせる日が来るはずです。少しずつ小林色が強くなり、前監督体制の色が薄くなって行けば、降格圏脱出はそこまで難しくないような気もします。

ただ個人的にはですね、現時点で下位に沈んでいる事実はしっかり受け止めて、降格覚悟で残りのシーズンを戦う準備はできています。今シーズンが終わった時にどんな状況になろうとも、小林監督と数年かけて強い栃木SCを作り上げてほしいです。

というか、そうすべきです。

シーズン途中とはいえ実績がある素晴らしい監督が来てくれたんだから、こんなチャンスはなかなかないです。フロントもそうですが、ファンやサポーターも含め、みんなが間違った判断をしないことを願いたいです。



そして・・・つくばFCレディース。2連勝からの3連敗で順位は10位にまで後退しております。昨日の試合でシーズンの半分が終わりました。

昨日の試合はYouTubeのアーカイブで確認しましたが、解説で入っていた男子選手がつくばの問題点を終始指摘し続けているのが非常にわかりやすく勉強になると同時に、その問題点に佐藤監督はもしや気付いていないのか?というモヤモヤした思いも抱える事になっています。

実はつくばが抱えている問題も栃木SCと非常によく似ています。

もちろん選手個々の力不足もあるでしょうし、戦術や采配だけが悪いわけではありません。でもやはり相手に対する戦術的なミスマッチは毎試合気になりますし、中盤で戦えていない、セカンドボールが拾えないあたりは早急に改善しなければならないポイントです。試合後のコメントで「負けから学ぶ」と言っているだけで実際には何も変わらないところに、早くも佐藤監督の限界を感じてしまいます。



今シーズン残りあと半分、11試合。一巡目が終わり、つくばFCレディースは対戦相手のスカウティングで丸裸状態です。今までと同じことをしていたら降格圏に落ちる日もそう遠くはないかも知れません。そうならないためにどうすれば良いか。選手は本当によくがんばっています。昨日の試合を観た多くの方々が、きっと気付いているのではないでしょうか。






















































































コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どうかしら?

2024年05月19日 22時08分00秒 | 鍼灸師会・学会・勉強会
本日は経絡治療学会関東支部講習会の第8回目でした。

午前中の講義では脈診を臨床でどう生かすかについてお話させていただきました。「脈を診て証を立てる」のではなく、「証を立てるために脈を確認する」という逆転の発想が出来るかどうか。もう一段階成長するためにはこの辺りの意識をどう変えられるかです。残り2回で今までの概念をひっくり返し、脈診の呪いから解放されることを願っています。

午後のベッドサイドでは妊産婦の治療についてお話させていただきました。講義の中でお話しした安全な施術を行うためのポイント2つ、それだけ忘れずに取り組めば妊産婦さんの治療は難しくありません。多くの先生方に産科領域の鍼灸治療に取り組んでいただければと願っています。
今日は私、陣痛が始まる際に甚だしい腎虚になる仕組みを「サイフォンの原理」を応用した実験で視覚的に再現するという試みをしてみましたが、いかがでしたでしょうか(笑)。腎を補っているのに最後は甚だしい腎虚になるのはこういうことなんだと実感していただければ嬉しいです。

さて。

つくばFCレディースはディアヴォロッソ広島さんに1-3で力負け。先ほどYouTubeのアーカイブを観ましたが、戦術負けと言っていい内容でした。采配と指導の問題ですから、正直あれでは選手がかわいそうです。



#15工藤古都子は久しぶりのスタメンフル出場。試合終了間際のゴールに絡めたのは良かったですが、やっぱり左サイドでプレーするのが一番持ち味を発揮できるなぁと思いながら観てました。
つくばの試合に関してはまた後日詳しくお話ししたいと思います。

さて、これから今日の栃木の試合も観なきゃならないし、まぁ忙しいですわσ(^_^;)
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

わくわくするね!

2024年05月18日 20時46分00秒 | サッカー馬鹿

U17アジア杯を戦っているヤングなでしこ、昨日の準決勝で韓国を破り、決勝進出を決めると同時にU17女子W杯出場権を獲得ました!おめでとう!

決勝のお相手は北朝鮮です。アンダー世代も非常に手強い相手ですが、アジアチャンピオンとしてU17女子W杯へ挑んでほしいです(^^)



こんばんは、院長でございます。



今年初めに浦和レッズさんからベルギー1部のルーベンへレンタル移籍していた明本選手が完全移籍することになったそうです。彼の活躍は本当に嬉しいですね。おめでとう!栃木は前回のレンタル移籍では数%程度の連帯補償金が受け取れたようですが、今回の完全移籍でも連帯補償金は受け取れるのかしら?

明本考浩がレンタル中のルーベンへ完全移籍「3年間浦和レッズの選手として闘えたことは僕の誇り」 | ゲキサカ

明本考浩がレンタル中のルーベンへ完全移籍「3年間浦和レッズの選手として闘えたことは僕の誇り」 | ゲキサカ

 浦和レッズは18日、ルーベン(ベルギー1部)へ期限付き移籍していたMF明本考浩(26)について、7月1日から完全移籍となることを発表した。 栃木県出身の明本は栃木SCのアカデ...

ゲキサカ

 

まだ途中出場も多く、主力にはなりきれていない様子ですが、完全移籍なのだからその実力は高く評価されているはず。日本代表候補の大きなグループにも入っているという話ですし、このまま活躍すれば代表デビューも夢ではありません。今のところ栃木SCでプレーした選手でA代表経験があるのは横浜FMさんの水沼選手だけです。次はA代表デビューに期待したいです(^^)



さて、明日はつくばFCレディースのホームゲームがございます。残留を争う相手との直接対決です、ぜひ勝点3を!!

私は経絡治療学会関東支部講習会があるため、スタジアムへは行けません。アーカイブで夜視聴しますね。
明日の講義では私、経絡治療学会始まって以来初の試みとして、講義中に理科の実験を行う予定です。わくわくしますね、乞うご期待(笑)。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

栃木SC選手スパイクチェック2024 第15節

2024年05月17日 21時21分00秒 | サッカー馬鹿

スパイクは選手が唯一こだわりを持って選べるサッカー用具です。着用スパイクを知ることで、その選手のプレースタイルやサッカーに対するこだわり、試合運びの意図など様々な情報を読み取れます。


それでは、アウェー徳島戦出場選手のスパイクをチェックして参ります。



【川田選手】
ミズノ・モレリアNEO3 JAPAN MIX


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


川田選手の着用スパイクはモレリアシリーズに受け継がれる「軽量、柔軟、素足感覚」のコンセプトをより進化させたミズノのフィッティングスパイク、モレリアNEO3 JAPANのMIXスタッドモデルです。



【ラファエル選手】
アディダス・エックス スピードポータル.1 SG


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


ラファエル選手はアディダスのスピードモデル、エックス スピードポータル.1 SGの2022年10月11日発売、W杯カタール大会公式球「アル・リフラ(AL RIHLA)」のデザインやカラーリングをモチーフとした「ALRIHLA PACK」を着用していました。軽量性とフィット感に優れたスピードスキン2.0アッパーを採用し、部分的に凹凸加工を施すことでボールのグリップ性も向上しているスパイクです。前足部には2本のスタッドを採用したスピードフレーム2.0を搭載し、力強い一歩目の蹴り出しをサポートしてくれます。



【平松選手】
アシックス・DS LIGHT X-FLY PRO 2 ST


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


平松選手は2023年7月発売、DS LIGHT X-FLY PRO 2のMIXスタッドモデルを着用していました。アッパーのインサイドとアウトサイドに走行屈曲時に足とソールが一体化するための補強材を採用。これにより、足のパワーを効率的に地面に加え、プレーヤーのスプリント能力をより発揮できるようにサポートする、アシックスのスピード系スパイクです。



【藤谷選手】
ミズノ・モレリアNEO3 JAPAN


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


藤谷選手はモレリアシリーズに受け継がれる「軽量、柔軟、素足感覚」のコンセプトをより進化させたミズノのフィッティングスパイク、モレリアNEO3 JAPANのホワイトを着用していました。



【神戸選手】
ミズノ・モレリア2 JAPAN


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


神戸選手はモレリア2 JAPANのショートタン仕様を着用していました。1985年に生まれた「軽量、柔軟、素足感覚」がコンセプトであるミズノのフィッティングスパイクで、伝統あるクラシカルなモデルです。ソールはMIXスタッドに加工されています。



【石田選手】
ミズノ・アルファ JAPAN

(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


石田選手は前後半でスパイクをチェンジ。前半はミズノのスピードモデル、アルファ JAPANの2023年6月発売秋冬モデル「RELEASE PACK」のフェアリーコーラル×ホワイト×ボルト、後半は同モデルの2022年11月発売ホワイト×イグニッションレッド×ブルーを着用していました。レビュラの後継モデルで、ミズノサッカースパイクの真髄である軽量・柔軟・素足感覚を継承し、軽量性とフィット感を追求。アッパーには人工皮革が採用された、ミズノ史上最もスピードを追求したモデルです。前後半共シューレースをカスタマイズしています。



【南野選手】
アディダス・コパピュア 2 ELITE FG


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


南野選手はアディダスのラインナンップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュアシリーズの2代目のノーマルタンモデル、2024年1月16日発売の春夏コレクション「SOLAR ENERGY PACK」を着用していました。アッパー前足部のカウレザーには水の浸み込みを抑える加工が施された、より進化したFUSIONSKIN 2を採用。全天候型スパイクに仕上がっています。2代目はヒールや履き口形状が改良されています。



【奥田選手】
アシックス・ウルトレッツァ2


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


奥田選手はアシックスのアジリティモデル、ウルトレッツァ2のブラック×ピュアゴールドを着用していました。アッパーにはカンガルーレザーが採用されており、快適なフィット感を実現。様々な方向に動きやすいように設計されています。細かいステップやターンを行うプレーヤーに向けたスパイクです。



【大森選手】
アスレタ・O-Rei T7


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


大森選手は2024年2月発売、アスレタのフラッグシップモデルであるO-Rei T7のホワイト×ブラックを着用していました。T6から全体のアッパーパターンとGRIDSHELLの素材構成を再調整し、成熟度をさらに進化させています。履き心地に安定感があるスパイクです。ソールはMIXスタッドに加工されています。



【矢野選手】
アディダス・コパ ピュア 2.1 FG


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


アディダス契約選手の矢野選手は2023年10月10日発売、アディダスのラインナンップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュアシリーズの2代目モデルである2.1の「MARINE RASH PACK」を着用していました。アッパー前足部のカウレザーには水の浸み込みを抑える加工が施された、より進化したFUSIONSKIN 2を採用。全天候型スパイクに仕上がっています。2代目はヒールや履き口形状が改良されています。



【イスマイラ選手】
ナイキ・ファントムGX エリート FG


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


イスマイラ選手はナイキのボールコントロールモデル、ファントムGXのローカットバージョン2023年秋モデル、ブライトクリムゾン×ホワイト×ユニバーシティレッド×ブラックを着用していました。アッパーの素材にはグリップ力と柔軟性と耐久性に優れた新世代のニットアッパーであるNIKE GRIPKNITを採用。ピッチ上で精度の高いボールコントロールを実現させています。スタッドはナイキ史上最多の13本スタッドが採用され、丸型、V型、Y型と異なるスタッドで構成されており、全方向への動きに対応しています。



【大谷選手】
ナイキ・ティエンポ レジェンド 10 エリート FG


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


大谷選手はナイキのフィッティングスパイクであるティエンポ10のFG、2024年1月22日発売の春夏モデル「MAD READY PACK」を着用していました。軟らかさ、軽さ、耐久性に優れ、天然皮革のように伸びすぎない、ティエンポのために新開発された『フライタッチプラス』というエンジニアードレザー(天然皮革風人工皮革)を使用。極めて天然皮革の風合いに近い素材で、より高いフィット感を実現しています。



【森選手】
アシックス・DS LIGHT アクロス PRO 2

<NO PHOTO>

森選手は2022年10月27日発売、DS LIGHT アクロス PRO 2のホワイト×ミッドナイトを着用していました。従来のネクススキンよりも軟らかくてしなやかな新素材「ラッセルメシュ」をベースにした新構造アッパーにより履き心地やフィット感が向上。X-FLY PROと同じ高速スプリントを生み出す軽量ソールを搭載したモデルです。



【宮崎選手】
アディダス・コパ ピュア .1 FG

<NO PHOTO>

宮崎選手はアディダスのラインナップの中で唯一の本革仕様スパイク、コパピュア.1の2023年秋冬モデル、フットウェアホワイト×コアブラック×ルシッドレモンを着用していました。アッパー前足部に採用されたカウレザーは水の浸み込みを抑える加工を施した進化版FUSIONSKINで、全天候型スパイクに仕上がっています。



【青島選手】
アスレタ・O-Rei Futebol T006


(https://www.tochigisc.jp/game/2024051206)


青島選手はO-Rei Futebol T006のシルバーを着用していました。ノンステッチカンガルーレザーを採用、アッパーには天然皮革の過度な伸び防止のため低反発スポンジのフレームを内蔵したモデルです。



【小堀選手】
ナイキ・ズーム マーキュリアル ヴェイパー 15 エリート FG

<NO PHOTO>

小堀選手はマーキュリアルヴェイパー15の2024年1月22日発売、春の新色「MAD READY PACK」を着用していました。着地時に縮み、素早く元の状態に戻ることで爆発的な跳ね返りを生む「Zoom air ユニット」をプレートに内蔵し、爆発的な加速力で他のプレーヤーを圧倒するナイキのスピードモデルです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JPFAチャリティオークション出品スパイクを考察する

2024年05月16日 18時50分27秒 | サッカー馬鹿

今晩午後7時半からNHKで放送される番組で、ツボ特集があるそうです。半年ほど前に当院にもアンケート依頼があって、何となくそれに答えたような気がします。よく覚えてないんですけど(;^^)

放送予定 - あしたが変わるトリセツショー

放送予定 - あしたが変わるトリセツショー

「あしたが変わるトリセツショー」の今後の放送(再放送を含む)予定一覧です

あしたが変わるトリセツショー - NHK

 

お時間ある方はぜひご覧ください。見逃した方はNHK+で配信をどうぞ。



今度の日曜日にもNHKで東洋医学の番組があるそうです。
こんばんは、院長でございます。



さて、JPFA主催の能登半島地震復興支援チャリティオークションが開催中です。入札期限は今月19日までとなっています。栃木SCからは栃木SC選手会サイン入り練習着、そして佐藤選手がスパイクを出品しています。今回は佐藤選手出品スパイクの価値を高めるための解説をしたいと思います。

【チャリティ】佐藤 祥(栃木)サイン入りスパイク109 - Yahoo!オークション

【チャリティ】佐藤 祥(栃木)サイン入りスパイク109 - Yahoo!オークション

サッカーの力で日本を元気に! 日本プロサッカー選手会 災害復興支援 チャリティーオークション 【商品説明】 この商品はチャリティーカテゴリに出品されています。 この商...

Yahoo!オークション

 

【佐藤選手】
ペナルティ・ジョガドールNEO プレミオ


(https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f1135544577)


佐藤選手はペナルティのトップモデル、ジョガドールNEO・プレミオのブラックを出品しています。オーストラリア、パッカーレザー社の最高級カンガルーレザーが採用され、3Dジャパンラストと一体成型されたヒールカウンター×アウトソールの組み合わせがスムーズかつ極上の足馴染みを実現しているモデルです。ソールはMIXスタッドに加工されています。

(https://www.tochigisc.jp/game/2023072205)

公式戦で最後に着用したのが2023年7月24日、第27節ホーム清水戦。それ以降は主に練習で使用していたスパイクで、多少の傷みがあるものの比較的美品です。大切に手入れしながら使用していた形跡が窺えます。佐藤選手の性格が垣間見える貴重な一品です。

興味がある方はお早目のご入札くださーい(^^)

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

昇格請負人が来た!

2024年05月15日 11時24分20秒 | サッカー馬鹿

最初からこれでよかったじゃない!

昨日の監督契約解除から一夜明けた本日『Jリーグの日』、我らが栃木SCの新監督に小林伸二氏の就任がリリースされました。
皆さんもご存知の通り、昨シーズンまで関わっていた北九州さんでは選手の引き抜きに苦しみ、昇格のみならず、降格や下位低迷も経験しています。それでもなお、昇格請負人としての実績は揺るがない信頼できる人物です。シーズン頭から小林氏にしておけば良かったじゃない、とも思いますが、このタイミングがお互いにベストなのだと解釈したいです。

小林氏の人物像や人柄、サッカー観などは、以下の記事をご拝読いただければある程度把握できるかと思います。

Jリーグ昇格請負人が悲痛な叫び「移籍の速さについていけない」 J2・J3「沼」の正体をギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督が明かす

Jリーグ昇格請負人が悲痛な叫び「移籍の速さについていけない」 J2・J3「沼」の正体をギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督が明かす

ギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督インタビュー 前編ギラヴァンツ北九州で5年間スポーツダイレクターと監督を務めた小林伸二氏をインタビュー。J3最下位から優勝&J2昇...

集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 
Jリーグで進む残酷なヒエラルキー ギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督「国内では1~2チーム、超ビッククラブを作る流れにある」

Jリーグで進む残酷なヒエラルキー ギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督「国内では1~2チーム、超ビッククラブを作る流れにある」

ギラヴァンツ北九州・小林伸二前監督インタビュー 後編ギラヴァンツ北九州で5年間スポーツダイレクターと監督を務めた小林伸二氏をインタビュー。後編ではJ2やJ3などJリ...

集英社 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 

選手起用はこれでまた一旦リセット。田中監督体制で出場機会に恵まれていなかった選手にとっては再起のチャンスですし、若手にとってもこれはまたとないアピールチャンスです。
次の試合まであと数日しかない現時点では次節はどんな選手器用になるかはわかりませんが、原点に立ち返るなら栃木と言えば4バック。ここ数年続いていた3バックから原点回帰、ただ上手いだけでなく走れる選手が起用され、攻守に亘りアグレッシブなチームに生まれ変わることが期待できます。

すぐには結果が出ないことも想定内です。もしかしたら今季はJ3降格となるかも知れませんが、実績十分の小林氏なら将来的には必ず強いチームにしてくれるという安心感があります。
栃木SCが強くなるためには長い目で見た継続したチーム作りが必要です。サポーターも一緒になって、慌てず騒がず、今度こそ我慢強くチームの強化を図ってほしいです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょっと怒ってます

2024年05月14日 19時46分00秒 | サッカー馬鹿

今更日ビビってんじゃねーよ!

我らが栃木SC、田中監督と柳下ヘッドコーチの契約解除をリリースしました。とにかく田中監督と柳下コーチにはお疲れ様と伝えたいです。でもありがとうとは言いたくないです。

「解任」ではなく「契約解除」なので、違約金が発生していたとしても満額ではないのかも知れません。この点に関しては、おふたりのご配慮には心から感謝したいです。

田中監督には正直、指導者として良い印象はありません。それは開幕戦のあのグッダグダな試合を観た時から思っていることです。それでもクラブのためだと思って今日まで生暖かく見守って参りました。

今シーズン開幕戦直後の感想を、私は以下のように書き綴っておりました。

『田中監督は試合前のインタビューで「やってもらわなきゃ困る」と言っておりました。実際にそうなった時、あー困ったなぁで終わるのか、それとも修正する力があるのかを見ていましたが、どうやら今日は困って終わるパターンだった模様です』

『田中監督の中にはこう守って欲しいっていう理想があって、実際にその通りになればゼロで行ける自信があるのでしょうけど、実戦ではそう上手くはいかないことの方が多いはず。選手にも当然責任はありますけど、今日に限っては監督の采配と指導力で負けた試合だと思っています』

『内容の悪さの責任を選手に丸投げするような指導は、選手の成長を促すという言い訳が効くユース世代までしか通用しません。指導者の質が問われます。さあどうする、田中監督』

強化部が田中監督&柳下ヘッドコーチを連れて来た時、私はてっきり今シーズンは降格覚悟、たとえJ3に落ちたとしても田中&ヤンツー体制でやりきるんだという覚悟の現われだと感じたんです。
2年、3年かけてでも田中誠というレジェンドを立派な監督に育て上げるという強化部の心意気を買っていましたし、クラブがその気なら降格しようが何だろうが田中監督の成長を静かに見守るつもりでした。ところが今回の監督交代劇・・・。

まだシーズンの序盤、たった3分の1が過ぎたところで新人監督の交代に踏み切るなんて、それじゃあどういうつもりで監督としての実績がゼロの人を連れてきたんだよ?今更ビビってんじゃねーよ!飾りじゃないのよ涙は!ハッハー!と強化部に対して私も少しお怒りです。

前回の監督解任劇が2015年シーズン。阪倉体制から倉田体制へとシフトし、チーム内部はぐちゃぐちゃに崩壊、結局J3降格となったシーズンでした。
まぁ今更降格したところで驚きませんけど、もし仮に今シーズン終了後そうなった場合、現場を引っ掻き回した上で降格させるような人事をした強化部の責任は重大です。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おめでとう!

2024年05月13日 19時43分51秒 | サッカー馬鹿

私にはふたつの夢があります。ひとつは栃木SCのACL出場を見届けること。そしてもうひとつがオーロラを見てみたい!ということです。
栃木のACL出場はあと50年くらいあれば大丈夫だと思うのですが(その頃にはほぼ確実に死んでますけど)、まぁオーロラなんて北極圏にでも行かないと見れないじゃないですか。飛行機好きじゃないので外国行くのも躊躇してる時点で非現実的な夢だとは思っておりました。
ところが先日の太陽フレアの影響で栃木でも観測できたというニュースが。

これを先ほど知った私、「早く言ってよぉぉぉ・・・」と咽び泣いております。見てみたかった。まだチャンスはあるのかな。

 


栃木がACLに出るなら飛行機乗って外国にも行きます。
こんばんは、院長でございます。



今日も女子サッカーの話題を。



大きく報じられていないのであまり知られていませんが、昨日今シーズンのWEリーグの優勝チームが決まりました。三菱重工浦和レッズレディースさん、ACL優勝との2冠達成です、おめでとうございます!


先日優勝したACLはプレ大会でしたが、今回のリーグ戦優勝で来季から正式に始まる第1回女子ACLへの出場権も獲得しています。来季のACL初代女王を目標に、リーグ戦2連覇も目指してください(^^)

 

 

はいそして、先ほど終わったU17アジア杯GL第3戦。リトルなでしこはU17中国相手に4-0完勝、GL1位通過を決めています。

この結果、ノックアウトステージ準決勝の対戦相手はU17韓国代表に決まりました。勝てばU17W杯出場権を獲得となる大事な一戦です。この試合に勝つこともそうですが、優勝してアジア1位でW杯を戦えるようにがんばってほしいです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする