勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

2018年振り返り

2018年12月31日 | 振り返り
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。
と言う事で、2018年鑑賞映画の振り返りです。

2018年の観賞作品ですが、以下のとおりです。

今年は、「鑑賞本数が少ないかなぁ」と思っていたんですが、
56本と、まぁまぁな数を鑑賞しましたね。
平均で、週1本程度。

記録に残っている2007年振り返ってみると、
鑑賞本数の推移は以下の感じです。

2016年は、何を考えていたのか、80本も見ています(笑)
36本と言う年もありますが、平均すると大体53本くらいなので、
56本と言うのは、平均的な鑑賞数と言う事でしょうか。

さて、2018年で一番印象に残った作品ですが、
月並みですが、『ボヘミアン・ラプソディ / Bohemian Rhapsody』ですかねぇ。
まぁ、年初に見たものよりも、最近見ているので、
印象にも強く残っているという影響は否定しませんが、
それを割り引いて考えても、中々凄い映画でした。
何が凄いって、この作品はQueenの歴史そのものですからねぇ。
それと、フレディ・マーキュリーや、ブライアン・メイなど、
Queenメンバーの事は、当然別人が演じているはずなのですが、
どう見ても、本人にしか見えないと言う・・・・(笑)
音楽も、流石にご本人たちが監修している事もあって、
中々凄かったですしね。
そりゃ、ヒットしますよ。

邦画では、『万引き家族』とか、
カメラを止めるな!』とか言いたいところですが、
みなさん、それらを上げるでしょうから、敢えて外して、
今夜、ロマンス劇場で』にしておきます。
綾瀬はるかが可憐で・・・。
中身も純愛で・・・。
年甲斐もなく、泣きそうになりました(笑)

可憐と言えば、『DESTINY 鎌倉ものがたり』の
高畑充希も可憐でしたねぇ。
あんな奥さんいたら、そりゃ、冥界にでも、どこにでも、
助けに行きますよ(笑)

その他、『バッド・ジーニアス 危険な天才たち / Bad Genius』や
クレイジー・リッチ! / Crazy Rich Asians』。
アジアを描いた作品なのですが、どちらも、中々面白い。
特に前者の『バッド・ジーニアス』。
タイの作品ですが、物語に吸い込まれました。

逆に、“ダメだこりゃ”と思ったのは、
オーシャンズ8 / Ocean's Eight』。
ちょっと酷い。
すべて女性でやると言う企画を立てた段階で、
力尽きたとしか思えない作品でした。

それと、もう一つ思い出しました。
マンハント / 追捕 Manhunt』ですね。
監督が、ジョン・ウーだったので期待していたのですが・・・。
確かに、グルんグルん回るような、ジョン・ウーの映像はありましたが、
中身は・・・、微妙でしたね。
まぁ、あれを日本で撮影したと言う所は評価してもいいかもしれませんが。

と、2018年は、こんな感じです。
2019年は、どんな作品が見られるのか。
楽しみです。

コメント   この記事についてブログを書く
« かぞくいろ RAILWAYS わたし... | トップ | 未来を乗り換えた男 / Transit »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

振り返り」カテゴリの最新記事