勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダンケルク / DUNKIRK

2017年09月10日 | 洋画(アメリカ系)
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。

ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像にしてきた、クリストファー・ノーラン監督が描いた現実世界の話。

現実世界を描いた作品でも、クリストファー・ノーラン監督の映像は、やっぱりすごかったです。元々CGが嫌いで、可能な限りセットを組んで、実際の映像として描き出すと言うポリシーを持った監督ですが、そのポリシーはこの作品でも健在。空中戦も実際の飛行機で撮影されており、CGとは違う本物の迫力を感じました。

作品は、陸(波止場の脱出兵)、海(救出船)、空(戦闘機)の視点で描かれているんですが、ぞれぞれの時間軸が、陸は一週間、海は一日、空は一時間と、全然違うスケールになっています。ですが、スクリーン映像で見てみると、時間軸の違いは全く意識することなく、上手く絡み合って見事な映像作品に仕上がっているんですねぇ。今回は、画面が回転したりはしませんが、時間が絡み合っていました(笑)。

実際の結末は歴史が語っている訳ですが、映像ではハラハラドキドキ。新しいクリストファー・ノーランを見た気がします。

タイトル ダンケルク / 原題 Dunkirk

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/アメリカ
監督 クリストファー・ノーラン
出演 フィオン・ホワイトヘッド(トミー/二等兵)、ジャック・ロウデン(コリンズ)、ハリー・スタイルズ(アレックス)、アナイリン・バーナード(ギブソン/無口な兵士)、ジェームズ・ダーシー(ウィナント陸軍大佐)、ケネス・ブラナー(ボルトン海軍中佐)、マーク・ライランス(ミスター・ドーソン/徴用船船長)、トム・グリン=カーニー(ピーター/ドーソンの息子)、バリー・コーガン(ジョージ/ピーターの友人)、キリアン・マーフィ(ドーソンに救助される英国兵)、ジャック・ロウデン(コリンズ/英軍戦闘機パイロット)、トム・ハーディ(ファリア/英軍戦闘機パイロット)

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 三度目の殺人 | トップ | あしたは最高のはじまり / De... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
、クリストファー・ノーラン監督 (もののはじめのiina)
2017-09-21 09:32:29
>『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像にしてきた、クリストファー・ノーラン監督が描いた現実世界の話。
近未来をCG多用して映画化したと思ってましたが、可能な限りセットを組んで、実際の映像として描き出すと言うポリシーを持った監督だったまでしたか・・・。

CGでないとすると、空車はよく撮られていました。専門の映画論評にもありましたが、巧みにカッティングできるものですね。

クリストファー・ノーラン監督なのに no run なことはなく、走り続けるのでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(アメリカ系)」カテゴリの最新記事