勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

バーニング・オーシャン / Deepwater Horizon

2017年04月22日 | 洋画(アメリカ系)
実話。2010年にメキシコ湾の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライズン」で発生した、原油流出事故の映画化。湾岸戦争(1991年)を除けば、原油の流出としては史上最大。

原因あるところに結果がある。これは、人災ですね。しかも、やっぱりと言うべきですね、お金が(過剰なコストカット)絡んでいます。事故が起きると、得てして、人の慢心とか、事なかれ主義とかがありますが、これも正にそうですね。

事故の後は、いやぁ、必死ですね。一つ不具合が起きると、連鎖的に雪崩を打ったかのように、最悪の事態まで至っています。正直、何か、もっとドラマチックな話になるのかと思っていたんですが、実話ですから、こういう事でおしまいですね。そこだけちょっと、気になりました。

タイトル バーニング・オーシャン / 原題 Deepwater Horizon

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 ピーター・バーグ
出演 マーク・ウォールバーグ(マイク・ウィリアムズ/ディープウォーター・ホライズン主任エンジニア)、カート・ラッセル(ジミー・ハレル/ディープウォーター・ホライズン管理者)、ジョン・マルコビッチ(ドナルド・ヴィドリン/BP幹部)、ジーナ・ロドリゲス(アンドレア・フレイタス/ディープウォーター・ホライズン運行操作員)、ディラン・オブライエン(ケイレブ・ハロウェイ/ディープウォーター・ホライズン掘削作業員)、ケイト・ハドソン(フェリシア・ウィリアムズ/マイクの妻)
コメント   トラックバック (14)

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 / Jackie

2017年04月01日 | 洋画(アメリカ系)
志半ばにして、ダラスで凶弾に倒れたケネディ大統領の妻であるジャクリーン・ケネディの視点による、ケネディ大統領暗殺事件のその後を描いた作品。キャロライン・ケネディ第29代駐日アメリカ大使は、ケネディ大統領とジャクリーンの娘であり、作品中、子供時代のキャロラインが出てきています。

ケネディ大統領暗殺を描いた映画は、数多ありますが、ジャクリーンの視点で描いたのは、珍しいですね。逆に言えば、数多く描かれている出来事なので、そう言う違った形でなければ映画にはならなかったのかもしれません。

ジャックの弟ボビーをピーター・サースガードが演じていますが、なんか、ちょっと違いますね。昔から思っているんですが、ピーター・サースガードって、目が冷たいんですよね。じょっとボビーのイメージじゃないなと思います。

一方で、リンドン・ジョンソンを演じたジョン・キャロル・リンチは、微妙に似ているというか、何と言うか。全然違うわけでは無いですが、ちょっと太すぎじゃ無いかと・・・。失礼しました。

さて肝心のジャッキーですが、えーっと、ナタリー・ポートマンの筈なんですが、本当のジャッキーに見えてきてしまいました(苦笑)。もっとも、ナタリー・ポートマンが演じているシーンなのに、当時の映像風の加工をしているシーンがたくさんあったので、そう言うところから、誘導されてしまったところもあるかもしれませんが。

“あれっ?”と思ったのが、ジャックJr.が、ジャック(シニア)の棺を敬礼して送るシーンが描かれ無かった事。あれだけジャックの葬儀にこだわっていたので、“これは、出るかな”と期待していたので残念でした。

タイトル ジャッキー ファーストレディ 最後の使命 / 原題 Jackie

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 パブロ・ラライン
出演 ナタリー・ポートマン(ジャクリーン(ジャッキー)・ケネディ)、ピーター・サースガード(ロバート(ボビー)・F・ケネディ)、グレタ・ガーウィグ(ナンシー・タッカーマン)、ビリー・クラダップ(ジャーナリスト)、ジョン・ハート(神父)、リチャード・E・グラント(ウィリアム(ビル)・ウォルトン)、キャスパー・フィリップソン(ジョン(ジャック)・F・ケネディ)、ジョン・キャロル・リンチ(リンドン・B・ジョンソン)、 ベス・グラント(レディー・バード・ジョンソン)、マックス・カセラ(ジャック・ヴァレンティ)
コメント   トラックバック (12)

ムーンライト / Moonlight

2017年04月01日 | 洋画(アメリカ系)
第89回アカデミー賞で、前代未聞の大逆転による(実際には、逆転なんかしていないけどね)作品賞受賞の他、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した作品。

ゲイが主人公の作品と言えば、“アカデミー賞本命!”と言われながらも、受賞を逃した『ブロークバック・マウンテン』を思い起こします。かの作品は、主人公は白人で、地域もワイオミング州と西部である違いがありますが、もっと根本的には、“結ばれない愛”を描いていました。

こちらの作品の場合は、まずもってアフリカ系アメリカ人であり、描かている地域もフロリダ州、ジョージア州であったりと南部と、マイノリティで(アフリカ系アメリカ人が、物理的人口において“マイノリティか?”と言う気もしますが、歴史的には間違いなく“マイノリティ”ですよね)保守的地域の姿です。“結ばれない愛”かどうかについては、最後を見る限り、ちょっとわからないですね。

正直、ゲイの“マイノリティ”を描いていて、物語的に何か盛り上がりがあるわけでもなく、ただひたすらに底辺の人々の姿を描いている作品が、なぜ作品賞に選ばれたのか、理解できません。ただたぶん、多くの人が指摘していますが、カードゲームのような名前の人物が国家元首になってしまい、且つ、差別的政策を遂行しようとしている時代だから選ばれたのかな?と言う気がちょっとしました。それと、2016年の白過ぎるアカデミー賞問題もありましたしね。中身が、比較的暗いんで、作品賞は、平時だったらラ・ラ・ランドだったんじゃないかなぁ。

ラストは、ちょっと予想と違いました。シャロンの死による悲しい終わり方になるのかなと思ったんですが、そうではなかったですね。結構唐突に終わった感じがしますが。

タイトル ムーンライト / 原題 Moonlight

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 バリー・ジェンキンス
出演 トレバンテ・ローズ(シャロン(ブラック))、アンドレ・ホランド(ケヴィン )、ジャネール・モネイ(テレサ)、アシュトン・サンダース(10代のシャロン)、ジャハール・ジェローム(10代のケヴィン)、アレックス・ヒバート(子供の頃のシャロン(リトル))、マハーシャラ・アリ(フアン)、ナオミ・ハリス(ポーラ)
コメント   トラックバック (24)