勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

2009年09月22日 | 洋画(アメリカ系)
ハリソン・フォードが初めて出演した、メジャーではないスタジオの作品。メジャーではないので配給が弱く、日本でもロードショー系の映画館ではあまり上映されないようです。

『バベル』で見られたような、異なる人たちが、同じ時間軸を異なる場所で過ごしていく描き方をしています。そして、その人々の運命は物語の結末に向けて、交差していったり、すれ違って行ったりします。原題の『CROSSING OVER』と言うのも納得です。

ハリソンが今回演じるのは、アメリカ移民税関執行局の捜査官。アメリカでは、様々な連邦政府の法執行機関がありますが、そのうちの一つです。それにしても、彼は歳をとりましたね~。物語中でも、年寄り扱いされています。不法移民を取り締まるのが彼の仕事なのですが、なぜか不法移民に甘い彼。なぜ彼が不法移民に優しいのかと言う理由は明かされません。伏線すらありません。

メジャー系の作品ではないので、有名な俳優はハリソン以外は出ていません。唯一知った顔は、ハミード・バラエリ役のクリフ・カーティス。彼は、決してイスラム系の人ではないんですが、役柄的にはイスラム系民族の役柄が多いですね。今回も、そう言う役柄でした。

9.11以降のテロに怯えるアメリカ、様々な民族を受け入れて拡大していくアメリカ、隣国からの流入不法移民が普通にいるアメリカ・・・。今のアメリカを素直に浮き彫りにしています。いろんなドラマが物語上起こりますが、描いているのは超大国アメリカのダークサイドなので、盛り上がると言う感じではありません。見ていて「それで良いのか、アメリカ?!」と言う気持ちにもなりました。

タイトル 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
原題 CROSSING OVER
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督・脚本・製作 ウェイン・クラマー
出演 ハリソン・フォード(マックス・ブローガン)、レイ・リオッタ(コール・フランケル)、アシュレイ・ジャッド(デニス・フランケル)、ジム・スタージェス(ギャビン・コセフ)、クリフ・カーティス(ハミード・バラエリ)、アリシー・ブラガ(ミレヤ・サンチェス)、アリス・イヴ(クレア・シェパード)、サマー・ビシル(タズリマ・ジャハンギル)、ジャスティン・チョン(ヨン・キム)、メロディ・カザエ(ザーラ・バラエリ)

[2009/09/22]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (24)

サブウェイ123 激突

2009年09月04日 | 洋画(アメリカ系)
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。

ガーバーを演じるのは、アカデミー俳優のデンゼル・ワシントン。彼は、わざわざ太って役作りに励んだという。その役作りの成果は、ぽっちゃりとした、中年のサラリーマンと言う風貌ではっきりと画面で見ることが出来ます。

犯人のライダーはジョン・トラボルタが演じています。それにしても彼は、ヒーロー役から、悪役まで幅が広いですねぇ。この作品でも、非情で冷酷、そして少しイってしまっている(?)犯人役を見事に演じています。

CM等で、「なぜ、1000万ドルなのか」「なぜ、1車両だけなのか」「なぜ、59分なのか」「なぜ、市長なのか「なぜ、自分なのか」」と言う感じで謎を煽っていますが、それらの謎は殆ど明らかにされません。謎解きの映画と思うと外されます。その意味で、あのCMはちょっとやりすぎではないかと思いますね。まぁ、CMなどの宣伝と実際の内容が全然違うと言うのは良くあることですが。

デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタと二大俳優が出演していますが、彼らの重厚な演技を楽しむと言うより、サスペンス娯楽として楽しむのが良いと思います。

タイトル サブウェイ123 激突
原題 The Taking of Pelham 1 2 3
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 トニー・スコット
原作 ジョン・ゴーディ
出演 デンゼル・ワシントン(ウォルター・ガーバー)、ジョン・トラボルタ(ライダー)、ジョン・タトゥーロ(カモネッティ警部補)、ルイス・ガスマン(レイモス)、マイケル・リスポリ(ジョンソン[ガーバーの上司])、ジェームズ・ガンドルフィーニ(市長)

[2009/09/04]鑑賞・投稿
コメント (3)   トラックバック (53)