勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

リスボンに誘われて / Night Train to Lisbon

2014年09月23日 | 洋画(その他)
ふとしたきっかけで手に入れた古書。内容に魅了されたライムントは、その著者の事を知るために、古書の舞台となっているリスボンに衝動的に旅立ってしまう。リスボンで、著者のことを知るにつれ、ライムントは自分探しをしていることに気がつく。

サラザール独裁政権下の出来事と、現在を上手く絡ませて描いている。頻繁に、過去と現代を行き来しているが、ストーリー・映像に違和感はなく、スムーズに物語に入り込むことが出来る。

いやぁ、それにしても、いい年をした大人が、衝動的にスイスからリスボンまで行ってしまいますかね?「それを言っちゃぁオシマイよ」とも言えますが。でも、ライムントが手に入れた本は、そんな衝動を巻き起こすほど、情熱的で心を震わせるような内容だったんでしょうね。

上記にも記しましたが、ある意味、ライムントの自分探しの旅になっています。そして、ライムントが、当時のアマデウの仲間から話を聞いていく度に、ライムントは自分自身のことが判っていき、最後は・・・。いや、最後はそれ以上書かないことにします(笑)。

ところで、映画の原題は『Night Train to Lisbon』で、原作と同じタイトル。何で、わざわざ邦題をそれと違うようにしたんですかね?

ライムントが、冷静に聞き込み(?)を進めていくのですが、その下には、情熱的なライムントが隠れているような気がしました。中々、良い映画だと思います。

タイトル リスボンに誘われて / 原題 Night Train to Lisbon
日本公開年 2014年
製作年 2013年
製作国 ドイツ・スイス・ポルトガル
監督 ビレ・アウグスト
原作 パスカル・メルシエ『リスボンへの夜行列車』
出演 ジェレミー・アイアンズ(ライムント・グレゴリウス)、メラニー・ロラン(エステファニア)、ジャック・ヒューストン(アマデウ・デ・プラド/本の著者)、マルティナ・ゲデック(マリアナ/女医)、トム・コートネイ(年老いたジョアン)、マルコ・ダルメイダ(ジョアン)、アウグスト・ディール(ジョルジェ)、ブルーノ・ガンツ(年老いたジョルジェ)、レナ・オリン(年老いたエステファニア)、クリストファー・リー(バルトロメウ神父)、フィリッピ・ヴァルガス(若きバルトロメウ神父)、シャーロット・ランプリング(アドリアーナ/アマデウの妹)、ベアトリス・バタルダ(若きアドリアーナ)、アドリアーヌ・ルース(メンデス/アマデウに救われたPIDE指揮官)、サラ・ビュールマン(カタリナ・メンデス/ライムントに救われる女性、メンデスの孫)

[2014/09/23]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (10)

バツイチは恋のはじまり / Un plan parfait

2014年09月20日 | 洋画(フランス系)
「一度目の結婚は失敗する」と言うジンクスのある家族。“幸せな二度目の結婚“をゲットするために、『失敗するための一度目の結婚』をしようとした女性をめぐるドタバタ劇。この日は『ウィークエンドはパリで』とハシゴ。『ウィークエンドはパリで』の方は予想を外された内容でしたが、こちらは予想通りの物語。ホッとしました(笑)。

面白いのが、偽装結婚を図るイザベルとその被害者?のジャン=イブは、“今”の時間軸には出てきません。過去にあった事として語られる物語での登場。“今”の時間軸には、イザベルの家族しか出てこないんですよね。面白い作り方です。

それにしてもなぁ。イザベル、酷いよ(苦笑)。あんな女性は嫌です(怒)。それに対して、ジャン=イブは、いい人だ。なんていい奴なんだ。劇中のイザベルのセリフにも「こっちの方が辛くなってきた」とありましたが、イザベルの仕打ちは見ているこっちも辛かったよ(苦笑)。

でも、イザベル、お金持ちですね。飛行機のビジネスクラスチケットを当日購入したり、モスクワに行ったり、何だりかんだり。『ウィークエンドはパリで』の夫婦とは大違い(笑)。

さて、原題の『Un plan parfait』は、『完璧な計画』だそうです。果たしてそのとおりか否かは・・・。

タイトル バツイチは恋のはじまり / 原題 Un plan parfait
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2012年/フランス
監督 パスカル・ショメイユ
出演 ダイアン・クルーガー(イザベル)、ダニー・ブーン(ジャン=イヴ/当て馬?)、アリス・ポル(コリンヌ/イザベルの妹)、ロベール・プラニョル(ピエール/イザベルの本命)、ジョナタン・コアン(パトリック)、ベルナデット・ル・サシェ(ソランジュ)、エチエンヌ・シコ(エドモン)、ロール・カラミー(ヴァレリー)、マロン・レバナ(ルイーズ)

[2014/09/20]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (5)

ウィークエンドはパリで / Le Week-End

2014年09月20日 | 洋画(イギリス系)
結婚30年目。記念日旅行で訪れたのは、かつての新婚旅行先であった隣国のパリ。しかし、夫の仕事が解雇されたと言う告白をきっかけに、旅行は思い掛けない方向に向かいだし、夫婦関係は風前の灯に・・。

って言うか、こう言うもんですか?正直、予想というか、想像とだいぶ違いました。もっとハートフルで、心あたたまる、ハッピーエンドの物語かとおもいきや、そうではありません。って言うか、ハッピーエンドは、作り話でしか無いですからね。現実世界では、こういう感じなのかもしれませんけどね。

それと不思議なのが、モーガンが、やたらとニックを持ち上げるところ。学生時代に、色々と世話になったと言うことなんですけどねぇ、ニックの方は、あまりその自覚は無い様で、ちょっと不思議でした。

って言うか、ニックとメグの夫婦そのものも、不思議なんですよねぇ。って言うか、日本でもよくある、濡れ落ち葉夫?ニックがやたらとメグに擦り寄るんですが、メグがツレナイ(苦笑)。いやぁ、それにしてもなぁ。旅の恥は掻き捨てとは言いますが、「ちょっとやり過ぎじゃね?」と思わないでもないですね。この夫婦、捕まるぞ(苦笑)。

何となく、釈然としない感覚を覚えながら鑑賞終了。『夫婦喧嘩は犬も食わない』と言いますが、本当にそうかもしれませんね。それと、夫婦の仲は、他人には判りません。

タイトル ウィークエンドはパリで / 原題 Le Week-End
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/イギリス
監督 ロジャー・ミッシェル
出演 ジム・ブロードベント(ニック・バロウズ)、リンゼイ・ダンカン(メグ・バロウズ)、ジェフ・ゴールドブラム(モーガン/ニックの友人)、オリー・アレクサンデル(マイケル/モーガンの息子)、ジュディス・デイビス(イブ)

[2014/09/20]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (1)

猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes

2014年09月14日 | 洋画(アメリカ系)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。

冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか?

この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=人類が争っています。これを、資源=石油で、資源の有るところ=中東(イラクとか)、居住しているグループ=イラクの旧フセイン政権、資源の欲しいグループ=アメリカ(多国籍軍)とすると、2003年のイラク戦争そのものの構図に見えるのですが?もっとも、映画では、猿達から攻撃を仕掛けているので、そう言う意味では、アメリカ(多国籍軍)側から攻撃を仕掛けたイラク戦争と完全に一致はしていないですけどね。でも、やっぱり、人類世界の縮図に思えてしまいます。

ところで、昔の猿の惑星は人類視点で描いていたと思うのですが、この作品は猿=シーザー視点での作品だと思います。そういう意味では、前作の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』もそうなのだと思うのですが、その時シーザーはまだ成長の過程だったので、あまりそう言う風には感じませんでしたが、成長し、類人猿のリーダーとして活躍している今回は、ハッキリとそれがわかります。その証拠というわけではないですが、結末は明らかに次に物語が続く作りになっていますが、そこにはマルコムの入る隙はなく、シーザーがこの先どういう風に類人猿を纏め、人類と対峙していくかと言う描き方になっています。続きが見たいです。

それにしても、アンディー・サーキス、凄い。特殊メイクとパフォーマンス・キャプチャーの賜では有るのだと思いますが、猿の動きだし、何と言っても表情が良い。言葉で感情表現をし難いだけに、表情が動作での感情表現が重要になってきますが、物凄く上手く出来ています。

先行公開で、鑑賞しました。続きがあるのなら、早く続きが見たいですね。

タイトル 猿の惑星:新世紀(ライジング) / 原題 Dawn of the Planet of the Apes
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 マット・リーブス
出演 アンディ・サーキス(シーザー/共存派の猿)、ジェイソン・クラーク(マルコム/共存派の人類)、ゲイリー・オールドマン(ドレイファス/対立派の人類)、ケリー・ラッセル(エリー/共存派の人類)、トビー・ケベル(コバ/人類を敵視する猿)、コディ・スミット=マクフィー(アレクサンダー/マルコムの息子)、カーク・アセベド(カーヴァ)、ニック・サーストン(ブルーアイズ/シーザーの息子)、テリー・ノタリー(ロケット/共存派の猿)、カリン・コノバル(モーリス/共存派のオランウータン)、ジュディ・グリア(コーネリア/シーザーの妻)

[2014/09/14]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (42)

フライト・ゲーム / Non-Stop

2014年09月06日 | 洋画(アメリカ系)
ネタバレあり。

上空12000mの大西洋横断中の航空機内。エアマーシャルのビルに「1億5000万ドル用意しろ。さもなくば、20分毎に乗客を殺す。」と言うメールが届く。しかし、振込先は自分名義の口座。時間は経過し、犠牲者が出る。完全な密室。自分以外の乗客乗員、全てが容疑者。原題が『Non-Stop』なのですが、文字通り、ノンストップで物語は進みます。

密室トリックに、アクション、サスペンス、様々な要素盛りだくさんの作品です。航空機での密室トリックと言えば『フライトプラン』がありますが、この作品にも、そのスタッフが参加しているそうです。どうりで、何となく雰囲気が似ていると思いました。

ずっとドキドキハラハラさせられるのですが、やっぱり突っ込みどころはあります。舞台は、イギリス籍の航空機。通常であればイギリスの管轄権が適用されると思うんですが、アメリカの法執行官は公権力を行使できるんですかね?ちょっと変な感じ化しました。それに関連して、機長が指示を受けるのも、アメリカのTSAなんですよねぇ。これはまぁ、まだアメリカの管制圏下であるからと考えることも出来なくはないですが・・・。

もっと突っ込みたいのは、パラシュート。飛行機はB787あたりだとおもうんですが、どうやってパラシュート降下するつもりだったんでしょうかね?B727なら、実際に飛行中にハイジャック犯がパラシュート降下したと言う事件が有ったので分かるんですが、どうしようとしていたんでしょうか?

物語終盤、高圧的な態度で反感を買ったビルは、NY市警警官のオースティン他に制圧されそうになります。そのシーンが、『ユナイテッド93』を彷彿とさせますが、劇中の登場人物のセリフにハッキリと“9.11”と言う言葉が出て来るので、“9.11”を意識したシーンというべきですね。それと、犯人の動機にも“9.11”は影響しています。って言うか、動機に関係するから“9.11”と言うセリフを入れたんでしょうね。

でもまぁ、余計なツッコミはやめて、無敵な強さを誇るリーアム・ニーソンの活躍を楽しむのが正しい鑑賞の仕方だと思います。

タイトル フライト・ゲーム / 原題 Non-Stop
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 ジャウム・コレット=セラ
原作 キャリル・フェリー
出演 リーアム・ニーソン(ビル・マークス)、ジュリアン・ムーア(ジェン・サマーズ)、スクート・マクネイリー(トム・ボーウェン/アムステルダムへ向かう客)、ミシェル・ドッカリー(ナンシー/ビルと旧知のCA)、ネイト・パーカー(ザック・ホワイト/スマホのSE)、ジェイソン・バトラー・ハーナー(カイル・ライス/副操縦士)、アンソン・マウント(ジャック・ハモンド/ビルの同僚)、コリー・ストール(オースティン・ライリー/NY市警警官)、ルピタ・ニョンゴ(グウェン/CA)、オマー・メトワリー(ファヒム・ナジール/医師)、クイン・マッコルガン(ベッカ/一人旅の少女)、フランク・ディール(チャールズ・ウィーラー/破産専門弁護士)、オリバー・レーン(ドイツ人青年/スマホで機内の様子を撮影)、コリー・ホーキンス(トラヴィス・ミッシェル/反抗的な黒人青年)、ライナス・ローチ(デヴィッド・マクミラン/機長)、シェー・ウィガム(マレンニック/TSAの指揮官)

[2014/09/06]鑑賞・投稿
コメント (1)   トラックバック (39)

ケープタウン / Zulu

2014年09月01日 | 洋画(その他)
フランス推理小説大賞を受賞した『ZULU』が原作の渋いサスペンス映画です。舞台が南アフリカと言う事で、かつてのアパルトヘイトの残滓が見え隠れします。明るい内容ではないですねぇ。最後も、スッキリとはしませんでしたしね。

オーランド・ブルームが、ヤサグレたブライアン・エプキン刑事を演じています。イメケンは、どんな役を演じても様になりますねぇ。

他方、アパルトヘイトの嫌な記憶を心の奥底に閉じ込め、民族融和の精神で仕事に打ち込むエプキン刑事の上司、アリ・ソケーラ警部をフォレスト・ウィテカーが演じています。エプキンには女性の影が付きまとうのに対し、ソケーラにはその欠片も見えません。いや、女性を目の当たりにして不思議な行動を示すのですが、その原因は、映画の中で確かめてください。

それにしても、結末は『そう来ますか』と言うか、『そういう結末も有るよね』と言う結末。この手のサスペンスは、ハッピーエンドじゃないよね。渋いサスペンス映画にふさわしい、結末だと思いました。

いい作品です。

タイトル ケープタウン / 原題 Zulu
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2013年/フランス・南アフリカ
監督 ジェローム・サル
原作 キャリル・フェリー
出演 オーランド・ブルーム(ブライアン・エプキン)、フォレスト・ウィテカー(アリ・ソケーラ)、コンラッド・ケンプ(ダン・フレッチャー)、ジョエル・カエンベ(ジーナ)

[2014/09/01]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (9)