勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関ヶ原

2017年08月26日 | 邦画
司馬遼太郎の小説の映画化作品。

うーん。あまり司馬遼太郎の本は読んだ事は無いですが、なんか、司馬遼太郎っぽいなと思ったらだめでしょうか?

いや、個々の映像は素晴らしいんですよ。俳優陣も、岡田君に役所さん、そして平さんと、時代劇の経験が豊富な方々で、所作にも不自然さは無いし、映画と言う事なので、衣装や背景にも(たぶん)お金をかけて良いものを使っている。なので、個々のシーンは、大河ドラマを凌駕する様な、非常に質の良い時代劇映像なんですよ。

でもね。でもね、通してみると、何かモヤモヤとしっくりこない気がするんです。なぜなのか。ここからは、完全に個人的な主観ですが、盛りだくさんの内容の司馬遼太郎の原作のすべてを映像化しようとして、映像に詰めきれなかったんじゃないですかね?だから、なにかぬぐい切れない違和感を感じる。

それと、これは好みの問題ですが、初芽を軸としたラブの話なのか、あるいは、三成の義を通そうとする話なのか、なんか焦点がボケていた感じもします。まぁ、ここで不必要に、初芽とのラブの話に重点を置いてしまうと、誰も期待していないので、完全にダメダメになってしまったとおもいますけどね。

でも、かなり不勉強でした。初芽って、司馬遼太郎の創作だと思ったんですが、インターネット上の情報によれば、本当に居たんですね。正直、このあたりの歴史の知識は、昨年の大河ドラマ『真田丸』によるところが多いので、真田家の話は厚いかもしれませんが、それ以外のところは薄目かも(笑)。でも、『真田丸』見ていて良かったですよ。三成と大谷刑部の友情は、あれで学びましたからね(笑)

最後に。繰り返しになってしまいますが、個々の映像は素晴らしい。でも、通すと?と言う、ちょっと残念な感じでした。

タイトル 関ヶ原

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 原田眞人
原作 司馬遼太郎『関ヶ原』
出演 岡田准一(石田三成)、役所広司(徳川家康)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、伊藤歩(蛇白/阿茶)、中嶋しゅう(赤耳)、音尾琢真(福島正則)、松角洋平(加藤清正)、和田正人(黒田長政)、キムラ緑子(北政所)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、大場泰正(大谷刑部)、中越典子(花野)、壇蜜(尼僧妙善)、西岡徳馬(前田利家)、松山ケンイチ(直江兼続)、麿赤児(島津維新入道)、久保酎吉(本多正信)、春海四方(安国寺恵瓊)、堀部圭亮(八十島助左衛門)、三浦誠己(島津豊久)、たかお鷹(長寿院盛淳)、橋本じゅん(毛谷主水)、木場勝己(語り部)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ギフト 僕がきみに残せるも... | トップ | ザ・ウォール / The Wall »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初芽 (まっつぁんこ)
2017-09-10 21:17:46
フィクションでしょう。
大名の妻女だって不確かなくらいですから確かな記録はないと思われます。(^^♪
歩いた関ケ原 (もののはじめのiina)
2017-09-16 11:34:23
ちょうど去年に、関ケ原を歩いたし 司馬遼太郎の大作はほぼ読んでいるので、興味深かったです。

大河ドラマを映画にまとめようとすると、端折らねばならず消化不足が出てしまうのでしようか・・・。


忍者とのからみも、関ケ原を少しはとらえ易くしょうと努めたのでしょうね。きっと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

邦画」カテゴリの最新記事