勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / War for the Planet of the Apes

2017年10月14日 | 洋画(アメリカ系)
リブート版『猿の惑星』の第三作目。地球が、猿の惑星と化してしまった最後の理由が明らかになります。

シーザーの妻子が殺されたりしますが、意外に物静かに物語は進みます。タイトルに“聖戦”と入っているのがわかる気がします。まさに“グレート・ウォー”です。

後の・・・と言うか、以前のオリジナルシリーズに向けての伏線?が、色々と埋め込まれています。シーザーの子どもの一人(一匹)が、コーネリア(コーネリアスでは無いが)である事をはじめ、今回出てきた少女の名前が“ノバ”であるとかね。まぁ、それを言うと、このリブート版シリーズのリーダーの猿がシーザーと言う事も、オリジナルとの関連を示すわけですけどね:-p

シーザーサイドが、和解の姿勢を示しているのに戦いを挑んでしまう・・・。まぁ、歴史的に、異なる二つの文明が接触した場合、一方が一方を征服してしまうと言う事が繰り返されてきている訳ですが、この場合も、その歴史の波には勝てなかったと言う事なんですね。

それよりなにより気になるのが、言ってしまえば人類は自滅している訳ですが、今のリアルな世界情勢が、人類自滅に向かっているような気がするんですよねぇ。地球が、リアルな猿の惑星にならない事を切に祈ります。

タイトル 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) / 原題 War for the Planet of the Apes

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/アメリカ
監督 マット・リーブス
出演 アンディ・サーキス(シーザー)、ウッディ・ハレルソン(大佐)、スティーブ・ザーン(バッド・エイプ)、カリン・コノバル(モーリス)、アミア・ミラー(喋られない少女、ノバ)、テリー・ノタリー(ロケット)、タイ・オルソン(レッド・ドンキー)、マイケル・アダムスウェイト(ルカ)、トビー・ケベル(コバ)、ガブリエル・チャバリア(プリーチャー)、ジュディ・グリア(コーネリア)
コメント   トラックバック (15)