勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

キングスマン ゴールデン・サークル / Kingsman: The Golden Circle

2018年01月08日 | 洋画(イギリス系)
2015年のヒット映画『キングスマン』の続編。前作で、エグジーの師匠であったハリーは死んだはずでしたが??

劇中では、前回から一年後程度と言う設定の様です。前回の戦いで、壊滅的打撃を受けたキングスマンですが、何とか再興を果たし、エグジーも一線のエージェントとして活動しているところから物語は始まりますが、今回もまたも、キングスマンは、壊滅的打撃・・・と言うか、文字通り壊滅してしまうんですよねぇ。簡単に壊滅する秘密組織は如何なものかと思います(苦笑)

そこで今回、アメリカの類似組織ステイツマンの力を借りることになるのですが、こういう組織、各国にあるんですかね?それとも、UKUSAだけ?なんか、雰囲気的にはUKUSAだけっぽいですね。

元々、冷徹なエージェントを絵に描いたようなハリーでしたが、今回はそれにもまして冷徹。そして、どこで、どう判断したのかわかりませんが、モグラを疑ったりと、その知的能力は、復活しても健在。身体的能力については、作品を見てください(笑)

最後ですが、このシリーズ、人の死に方が中々えぐいですが、今回もえぐいです(苦笑)。よって、PG12指定になっています。

最後になりますが、エルトン・ジョンは、何を考えてこの作品に出たんでしょう?

タイトル キングスマン ゴールデン・サークル / 原題 Kingsman: The Golden Circle

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2017年/イギリス
監督 マシュー・ボーン
出演 タロン・エガートン(エグジー)、ジュリアン・ムーア(ポピー)、エドワード・ホルクロフト(チャーリー)、マーク・ストロング(マーリン)、ハル・ベリー(ジンジャー)、チャニング・テイタム(テキーラ)、ジェフ・ブリッジス(シャンパン)、ソフィー・クックソン(ロキシー)、ペドロ・パスカル(ウイスキー)、コリン・ファース(ハリー・ハート)、エルトン・ジョン(エルトン・ジョン(本人役))

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2017年振り返り | トップ | DESTINY 鎌倉ものがたり »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (onscreen)
2018-01-12 11:59:24

<エルトン・ジョンは、何を考えてこの作品に出たんでしょう?

ですよねー(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(イギリス系)」カテゴリの最新記事