勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

スター・トレック

2009年05月31日 | 洋画(アメリカ系)
『クローバー・フィールド/HAKAISHA』のJ.J.エイブラムスが描く『スター・トレック』。しかも、TNGとか、DS9とか、VGRとかの新しい時代の話ではなく、いわば、“エピソード0”とでも言うべき、カークや、スポックの若かりし頃を描いています。“リ・イマジネーション”だそうです。

良い! 良いです。J.J.エイブラムスの『スター・トレック』と聞いて、スター・トレックの世界が壊されないかと心配しましたが、大丈夫でした。『スター・トレック』の世界を充分描いていてトレッキーでも充分見れる作品になっていると共に、これまで『スター・トレック』を見たことが無いスター・トレック初心者でも、宇宙活劇(表現古!)となっています。

一応この作品の主人公はクリス・パインが演じたジェイムズ・T・カークの筈なのですが、実は、そうでは無いのではないかと思うほどザッカリー・クイントが演じたスポックが光っています。裏主人公と言っても良いと思います。『スター・トレック』のその後の話では、スポックが感情を露にする事は殆どなくなっていますが、この若かりし頃はまだ感情の制御が難しかった様で、取り乱すスポックを見ることが出来ます。それから、あの左眉を動かすスポックの表情も出ていました。

ウフーラを演じたのは、ゾーイ・サルダナ。彼女は、トム・ハンクスが主演した映画『ターミナル』で、トレッキーの入国審査官ドロレス・トーレスを演じています。はまり役ですかね(笑)。

その他の主要登場人物として、マッコイを忘れてはいけません。今回マッコイを演じたのはカール・アーバン。マッコイが、カークから“ボーンズ”と呼ばれるようになった訳が、この作品で明らかにされます(笑)。その他、スコッティや、スールー、チェコフなど、この時既に、全ての人物がそろっているんですね。

ここから、少しネタバレ。

物語の最後に未来から来たスポックが出てくるんですが、未来から来たスポックは、レナード・ニモイその人が演じています。事前に聞いていなかったので知らなかったのですが、画面を見て「あれっ?」と気が付きました。

最後に。
始めに「良い!」と書きましたが、続編は望みません。J.J.エイブラムス自身はトレッキーでは無いそうなんですが、このまま続編を作ると、何か全然世界が違っていきそうで・・・。この作品はこの一つで、完結にして欲しいです。それが、傑作に繋がる道だと思います。突っ込みどころを言えばキリがありません。それを指摘する事は、止めて置きます。

タイトル スター・トレック
原題 Star Trek
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 J.J.エイブラムス
出演 クリス・パイン(ジェイムズ・T・カーク)、ザッカリー・クイント(スポック)、カール・アーバン(レナード・マッコイ)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、エリック・バナ(ネロ)、ウィノナ・ライダー(アマンダ・グレイソン)、サイモン・ペッグ(モンゴメリー・スコット)、ジョン・チョー(ヒカル・スールー)、アントン・イェルチン(パヴェル・チェコフ)、ブルース・グリーンウッド(クリストファー・パイク)、ベン・クロス(サレク)

[2009/05/31]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (46)

消されたヘッドライン

2009年05月24日 | 洋画(アメリカ系)
元はイギリスで製作されたTVドラマ「ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~」。元となったドラマは、全6時間の作品であったのですが、映画化に際して、2時間の物語に再構成されています。

6時間を2時間にしたわけですが、それが功を奏したのか、ちょっと小忙しい感は若干あるものの、中々テンポのよいリズムで物語が進みます。冷静に考えると、ありえないスピードで話が進んでいるんですけどね。物語の中での日数は、実は2~3日なのではないでしょうか?

ラッセル・クロウが演じるカル・マカフリーと、ベン・アフレックが演じるスティーブン・コリンズ議員は、大学時代に寮で同部屋と言う設定なのですが、この2人、8歳の歳の差が有るので、見た目の違い的にもちょっと無理があるのでは? もっとも、日本とは違うので、カルが遅くなってから大学に行ったとかであれば、話は別ですが。ちなみに、コリンズ議員は、Senatorではなく、Congressmanと呼ばれていたので、下院議員と言うことですね。

ヘレン・ミレンが編集局長役で出ているのですが、ちょっと勿体無い気が・・・。折角なんでね、もう少し重要な役回りでも良かったのではないかと。

時代を反映して、インターネット版の記者と、通常の紙面版の記者がいるのは興味深いです。そのインターネット版の記者デラ・フライは、レイチェル・マクアダムスが演じています。彼女、誰かに似てるんですが・・・。

民間戦争会社が話に出てくるというのは、こちらも時代の問題点を鋭く捉えていて中々興味深いです。でも、それにしても、最後の最後の結末は、そうなるんですか。そう言うのは、有り? 結局のところ、誰も救われないと言う話になってしまってますね。ちょっと残念。

タイトル 消されたヘッドライン
原題 State of Play
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 ケヴィン・マクドナルド
出演 ラッセル・クロウ(カル・マカフリー)、ベン・アフレック(スティーブン・コリンズ)、ヘレン・ミレン(キャメロン・リン)、レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ)、ジェイソン・べイトマン(ドミニク・フォイ)、ロビン・ライト・ペン(アン・コリンズ)

[2009/05/24]鑑賞・投稿
コメント (2)   トラックバック (30)

天使と悪魔

2009年05月16日 | 洋画(アメリカ系)
『ダ・ヴィンチ・コード』から3年。ロバート・ラングトンシリーズ映画の第二段。ただし、原作では『天使と悪魔』の方が先であり、映画と原作では時系列関係が逆になっています。

『ダ・ヴィンチ・コード』も充分ジェットコースタームービーでしたが、こちらの『天使と悪魔』はそれに輪を掛けたジェットコースター振りです。『ダ・ヴィンチ・コード』は、ほぼ24時間の話ですが、こちらの『天使と悪魔』は、それより短く、ほんの4時間程度での出来事ですからねぇ。原作を読んだときは、正直こちらの『天使と悪魔』の方が面白いかなと思っていたのですが、映画になっても同じ感じですね。

先に記したとおり、『天使と悪魔』と『ダ・ヴィンチ・コード』では、原作と映画で時系列関係が逆になっているので、映画にもそれが反映されていて、原作の『天使と悪魔』と映画の『天使と悪魔』では、可能な範囲で話が変わっています。でもそれは、映画にしてみると気になるよりも、むしろ映画に適した再編と見るべきだと思います。

例によってこの作品もカトリック教会の反発を招き、ローマのいくつかの教会におけるロケを拒否されたらしいです。あと、実際のローマでの撮影の他、LAのセットでの撮影シーンの他、CGも多数あるらしいのですが、それとはわかりませんでした。

先の『ダ・ヴィンチ・コード』は、ラングトン教授の謎解きと言う要素が大きかったですが、今回の『天使と悪魔』は謎解きの要素もあるにはあるんですが、むしろアクション映画としてみるのが楽しいと思います。

タイトル 天使と悪魔
原題 Angels & Demons
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督 ロン・ハワード
原作 ダン・ブラウン
出演 トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、アィエレット・ゾラー(ビットリア・ベトラ)、ユアン・マクレガー(カルロ・ヴェントレスカ/カメルレンゴ)、ステラン・スカルスガルド(マクシミリアン・コーラ/スイス衛兵隊長)、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(オリベッティ警部)、アーミン・ミューラー=スタール(ストラウス)、ニコライ・リー・カース(ミスター・グレイ/暗殺犯)

[2009/05/16]鑑賞・投稿
コメント (1)   トラックバック (61)

デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~

2009年05月04日 | 洋画(アメリカ系)
家庭用品メーカ間の熾烈な“情報戦”を描いた映画。“情報戦”と書きましたが、ジュリア・ロバーツが演じるクレアはCIA出身、クライヴ・オーウェンが演じるレイはMI6出身と、実際にはスパイ合戦と言うほうが正しいですね。

MI6のエージェントがプレイボーイと言うのは、007以来の伝統なのでしょうか? この作品でもその素晴らしき(?)伝統は継承されていて、レイは結構なプレイボーイ振りを披露します。って言うか、クライヴ・オーウェンのきちんとしたスーツ姿って、あんまり見ない気がするんですが、気のせいでしょうか?

他方ジュリア・ロバーツ。彼女って、私的には結構コミカルな印象を持っているんですが、今回はそうではありません。結構セクシーな演技をしたりしています。

TVシリーズ『24』の様に、時折画面・・・って言うかスクリーン上の映像は分割される編集がされています。しかしそれは、『24』の様に同時進行の他のシーンを描くという演出ではなく、結構頻繁に現在と過去を行き来するような編集・ストーリーになっていて、時間帯を過去に遡ると言うのに使うという使い方をしています。ですが、その過去のシーンでも、ついさっきまで現在で話していたようなセリフのシーンだったりして、時間が一瞬、現在なのか過去なのか、わからなくなるような印象を持ってしまいました。これって、脚本家が意図した効果じゃないと思うんですが、どうなんでしょう?

見る前までは、クレアとレイが、互いに騙し騙されと言う話なのかと思っていましたが、全然違いました。最後は書きませんが、かなりの大どんでん返し。いやぁ、やられましたね。って言うか、映画的には、そう言う話の方が面白いですね。しかしながら、ストーリー&時間の動き(過去と現代を行ったり来たり)が複雑なので、話が少し判りにくいです。今のこの話の内容はウソなのかホントウなのかとか、これは今の話なのか過去の話なのかとか、話の流れ・時間の流れはもう少し整理したほうが良いと思いました。

いずれにしても、意外にコミカルな内容は結構面白いです。ただ、もう少し、シリアスな内容の方が、私は良かったかなぁ・・・。

タイトル デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~
原題 Duplicity
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督・脚本 トニー・ギルロイ
出演 ジュリア・ロバーツ(クレア・スティンウィック)、クライヴ・オーウェン(レイ・コヴァル)、トム・ウィルキンソン(ハワード・タリー)、ポール・ジアマッティ(ディック・ガーシック)、デニス・オヘア(デューク)、トーマス・マッカーシー(ジェフ・バウアー)、キャスリーン・チャルファント(パム)、ウェイン・デュヴァル(ネッド・ガストン)

[2009/05/04]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (18)