勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マイ・ブックショップ / The Bookshop

2019年03月17日 | 洋画(イギリス系)
1959年のイギリスの小さな港町。戦争で夫を失った女性が、夫との夢であった書店を開く。軌道に乗りかけた書店であったが、地元の有力者夫人の妨害に遭い、彼女の運命は変っていく。

途中までは、夢があって、中々心温まる話です。ところが、書店が開店して、店の経営が軌道に乗ったあたりから、雲行きが怪しくなります。日本でも、所謂“地元の有力者”と言う層が居ますが、それは、洋の東西を問わないんですね。書店が“自分の計画を妨害している”と思っている所謂“有力者”は、権謀術数の限りを尽くして、書店の妨害をします。そして、最終的には・・・。

いやぁ、若干、救われないなと思わないことも無いですね。まぁ、本好きを育てて、後の世に送り出したという事も言えるかもしれませんけどね。

公式HPや、パンフレットの宣伝文句に騙されちゃダメです。最後は、ちょっと悲しくなりました。

タイトル マイ・ブックショップ / 原題 The Bookshop

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2017年/イギリス・スペイン・ドイツ
監督 イザベル・コイシェ
原作 ペネロピ・フィッツジェラルド『The Bookshop(原題)』
出演 エミリー・モーティマー(フローレンス・グリーン)、ビル・ナイ(エドモンド・ブランディッシュ)、パトリシア・クラークソン(ヴァイオレット・ガマート夫人)
コメント

運び屋 / The Mule

2019年03月10日 | 洋画(アメリカ系)
御年88歳のクリント・イーストウッドが、自身の監督作で銀幕復帰。レオ・シャープと言う87歳の老人が、ひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事に着想を得た作品。

クリント・イーストウッドも年を取りましたねぇ。ですが、まだまだその演技は健在。家庭を顧みなかった、“古い男”を見事に演じています。この映画のモデルとなったレオ・シャープは87歳であったわけですが、それを演じたクリント・イーストウッドも88歳。殆ど再現ドラマ?

冷徹な麻薬カルテルを相手にしてしまっていた訳ですが、なぜだか、そのハンドラー達を味方に?付けている感じですね。恐れを知らないその態度と、そもそも、高齢のおじいさんだったので、流石にカルテルの人間たちも、気を許してしまったのかもしれません。

気を許したと言えば、DEA捜査官もそうなのでしょうか?アールが、逮捕前にベイツ捜査官と接触するシーンがあるのですが、そこでも、人生の大先輩としてベイツに人生のアドバイスを行っています。

「こんな高齢者が運び屋であるはずがない」と言う思い込みが、結果的に、アールの運び屋家業を成功に?導いたのでしょうか。でも、こう言う風に、普通に車であっちこっち行く普通の人が、麻薬の運び屋をやるんですね。なんか、怖いな。

タイトル 運び屋 / 原題 The Mule

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
出演 クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツDEA捜査官)、ローレンス・フィッシュバーン(DEA主任特別捜査官)、マイケル・ペーニャ(トレビノDEA捜査官)、ダイアン・ウィースト(メアリー/アールの妻)、アンディ・ガルシア(ラトン/カルテルの頭目)、イグナシオ・セリッチオ(フリオ)、アリソン・イーストウッド(アイリス/アールの娘)、タイッサ・ファーミガ(ジニー/アールの孫)、ユージン・コルデロ(ルイス・ロカ/カルテルの内通者)、ローレン・ディーン(ブラウンDEA捜査官)、グラント・ロバーツ(DEA捜査官)、ピート・バリス(DEA地方担当官)、ロバート・ラサード(エミリオ)、ソウル・ウエソ(アンドレス)、リー・コック(突撃銃の男)、ノエル・G(ボールド・ロブ)、クリフトン・コリンズ・Jr.(グスタボ)、ダニエル・モンカダ(エドアル)、ポール・リンカーン・アラヨ(サル)
コメント

グリーンブック / Green Book

2019年03月03日 | 洋画(アメリカ系)
実話に基づく作品。

2019年第91回アカデミー賞において『作品賞』、『助演男優賞(マハーシャラ・アリ)』、『脚本賞』を受賞。同じく2019年第76回ゴールデングローブ賞では、『作品賞(ミュージカル・コメディ部門)』、『助演男優賞(マハーシャラ・アリ)』、『脚本賞』を受賞。

ジム・クロウ法がまだ存在した時代。黒人ピアニストのドナルド・シャーリーと、彼のドライバー兼用心棒を務めたイタリア系アメリカ人トニー・リップが、アメリカ南部に演奏旅行に出かけたエピソードを描いた作品。

アカデミー賞で作品賞を受賞した訳ですが、アカデミーの作品賞と言えば、小難しい作品な事が多いですが、この作品はそうでもありません。確かに、描いているのは才能に恵まれているにも関わらず差別を受ける黒人と言う、アメリカの嘗ての負の歴史です、ですが、時にはコミカルに、時にはシリアスに、粗野な男と才能に恵まれた男が、旅を通して友情を培っていく様が描かれています。実際、時には劇場内で、クスっと笑いが起きるシーンが、何度かありました。

ちなみに、作品では、二人の旅は8週間と言う事になっていますが、実際には1年半ほど一緒に回っていたようです。最終的に仲良くなって良かったですが、打ち解けなかったら、地獄ですね(苦笑)

いや、中々面白い作品でした。

タイトル グリーンブック / 原題 Green Book

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/アメリカ
監督 ピーター・ファレリー
出演 ビゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)、リンダ・カーデリニ(ドロレス/トニーの妻)、ディミテル・D・マリノフ(オレグ/シャーリーの楽団の一員)、マイク・ハットン(ジョージ)
コメント