勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

マネーボール / Moneyball

2011年11月13日 | 洋画(アメリカ系)
経営危機に瀕したオークランド・アスレチックスを、統計学を野球に持ち込んだセイバーメトリクスを用いて立て直した、実在のGMビリー・ビーンを描いた物語。今やメジャーリーグを代表する名GMになったビリー・ビーンをブラッド・ピットが演じています。

2002年のオークランド・アスレチックスが描かれています。実際の出来事を描いているので、淡々と話が進むかとおもいきや、この年(2002年)アスレチックスは、中々劇的な事をしでかしているようです。シーズン当初は、セイバーメトリクスがチームに浸透せず、鳴かず飛ばずの成績でしたが、ビリーが強権を発動して選手のトレードを行い、結果的にビリーの構想に従わざるを得なくなると、チームは勝ち始め、何とこの年、アスレチックスは20連勝を記録しています。いやぁ、マンガみたいな話ですね。そして優勝まですれば本当にマンガなんですが、世の中それ程甘くはなく、成績は地区優勝に留まっています。

野球を描いている映画ですが、野球のシーンはそれ程多くはありません。むしろ(当然?)、チームを支えるフロント陣の姿が中心に描かれています。仲間でありながら、敵でもある敵チームとのトレード交渉などは、中々興味深いです。これまで、選手を描いた映画はありましたが、スタッフを描いたものは有りませんでしたからね。

結局チームは優勝しないなど、人によってはスッキリしない事もあるかも知れませんが、私は嫌いではないです。中々、面白いです。

タイトル マネーボール / 原題 Moneyball
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/アメリカ
監督 ベネット・ミラー
出演 ブラッド・ピット(ビリー・ビーン)、ジョナ・ヒル(ピーター・ブランド)、ロビン・ライト(シャロン)、フィリップ・シーモア・ホフマン(アート・ハウ)、クリス・ブラット(スコット・ハッテバーグ)、スティーヴン・ビショップ(デービッド・ジャスティス)、ロイス・クレイトン(ミゲル・テハダ)、ケリス・ドーシー(ケイシー・ビーン)

[2011/11/13]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (38)

コンテイジョン / Contagion

2011年11月12日 | 洋画(アメリカ系)
高確率で人を死に至らしめる未知のウイルスのパンデミックを描いた映画。マット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、グウィネス・パルトローなど、錚々たる俳優が出演しています。

近年、SARSや新型インフルエンザが発生し、強ち架空の話とも言い難いストーリーになっています。特に、航空機により全地球的規模で人的交流が流動化している現在、遠く離れた所で発生した疾病であったとしても、あっという間に全地球的規模に広がるというのは、まさにSARSや新型インフルエンザです。

マット・デイモンが出ていますが、彼が主人公という訳ではないのがミソと言って良いんでしょうね。確かに、この新ウイルスのパンデミックに付いて、重要な役どころを演じているわけではありますが、身分は一般市民(笑)です。

高致死の未知のウイルスによるパンデミックが発生し、そのウイルスに対するワクチンが開発されるまでの、ウイルスハンターたちの活躍を描いた・・・と言うと物語的には格好良いかも知れませんが、所謂ドラマ的盛り上がりの要素は余り有りません。むしろ、為す術無く感染が広がっていき、パニック・暴動が発生するという、容易に想像できそうな出来事が淡々と描かれていると言ったほうが良いと思います。

一部には、ホラー映画と言う評も有るようですが、私はそうは思いませんでした。むしろパニック映画ですね。ただ、『アウトブレイク』『アルマゲドン』など、数あるパニック映画では、ハッピーエンディングになることが多いですが、これは、そういう様な典型的ハッピーエンディングでは無いですね。一応、ワクチンも開発され、新ウイルス対策の目処は立つんですが、スッキリとハッピーと言う雰囲気の終わりでは有りません。

内容的には、日本映画の『感染列島』に近いですかね。ただ、こちらの作品の場合は、ブロガー(ジュード・ロウ)と言う事態を引っ掻き回す人物が居たりして、よりリアリティがあり、より緊迫感を感じますね。ブログやソーシャルメディアは、今や無視して進むことはできないですからね。ブログやソーシャルメディアが闇に包まれた出来事の真相を明らかにすると言う場合もありますが、必ずしもそれは常に言えることではない訳で、この作品では、ブログやソーシャルメディアの負の側面を描いていると言って良いと思います。

中々、怖い映画です。ただ、CDCやWHOのウイルスハンターの活躍が垣間見れると言う所は、非常に興味深い所ではあります。

タイトル コンテイジョン / 原題 Contagion
日本公開年 2011年
製作年/製作国 2011年/アメリカ
監督 スティーブン・ソダーバーグ
出演 マット・デイモン(ミッチ・エムホフ)、マリオン・コティヤール(レオノーラ・オランテス/WHO)、ローレンス・フィッシュバーン(エリス・チーヴァー/CDC)、ケイト・ウィンスレット(エリン・ミアーズ/CDC)、グウィネス・パルトロー(ベス・エンホフ/ミッチの妻)、ブライアン・クランストン(ライル・ハガティ/海軍少将)、ジェニファー・イーリー(アリー・ヘックストール/CDC)、ジュード・ロウ(アラン・クラムウィード)

[2011/11/12]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (40)