勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

M:i:III(2006年)

2006年07月22日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル M:i:III

---感想---
人気シリーズの第三弾。日本でのプロモーションでは、船を使ってお台場に上陸したり、新幹線をチャーターして東京から大阪に向かったりと、派手なパフォーマンスを繰り広げました。

アメリカでの評判はイマイチの様ですが、アクションあり、人間的なハントありと、わたし的には、このシリーズの中では一番の作品ではないかと思います。アメリカでの低評価の理由の一つに、トム・クルーズがケイティ・ホームズにデレデレと言うことが、女性ファンの反感を受けてしまったと言う説もありますが、真相はわかりません。

このシリーズを見ていつも思うんですが、必ず裏切り者がいると言うスパイ組織は、スパイ組織としてどうなんでしょうかね? 今回もまた然りです。

ローレンス・フィッシュバーン、存在感ありますねぇ。主役を張るタイプではないかもしれませんが、いい役者です。

見て損しないと思います。映画館で見たほうが、迫力は楽しめますね。

英語版HP:Mission: Impossible III from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/アメリカ
監督 J.J.エイブラムズ
出演 トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、ローレンス・フィッシュバーン、ミシェル・モナハン

[2006/07/22]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (26)

日本沈没(2006年)

2006年07月15日 | 邦画
タイトル 日本沈没

---感想---
1973年の作品「日本沈没」のリメイク。このところ大災害が多く、災害に関する関心が高まっているところですが、昨今の科学的知見、観測方法の進化を背景にシナリオの内容が更新されています。

この手の映画には付きものの自衛隊のほか、新潟県中越地震の際に大活躍した東京消防庁ハイパーレスキュー隊も撮影に協力しています。それにしても、自衛隊は力が入ってましたね。LCAC(輸送用エアクッション艇)なんて出てくるし・・・。その他、JAMSTEC(海洋研究開発機構)や、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、経済産業省など、多くの公的機関が撮影に協力しています。

結末が、オリジナルとは全く変わっています。うーん、どうかなぁ。私的には納得行かないですねぇ。ああ言う結末で、良く小松左京もリメイクに許可を出したと思います。その他、突っ込みどころも満載です。中でも、石坂浩二演じる山本首相の髪型が、小泉首相に似た感じなのは、狙いなんでしょうね? でも、ちょっとやり過ぎだと思います。あと、大地真央の演技が、ちょっと・・・。こう言うパニック映画には似つかわしくない演技だと思います。折角いい作品なのになぁ・・・。

それと・・・、あんまり書くとネタバレになるので書かないことにしますが、草と柴崎の恋の件は、あそこまで描く必要は無いんじゃないですかね。折角のいい映画なのにちょっとゲンナリです。

等と、沢山の苦言を言いましたが、まぁ、感動するかと言えば、それなりに。人に依っては、良いと思う人も居ると思います。

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2006年/日本
監督 樋口真嗣
出演 草剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、石坂浩二、及川光博

[2006/07/15]鑑賞・投稿
コメント (1)   トラックバック (53)