勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

容疑者 室井慎次(2005年)

2005年08月28日 | 邦画
タイトル 容疑者 室井慎次

---感想---
今年の踊るレジェンド第2作。今度は、室井管理官が逮捕されると言う衝撃的内容です。物語も、室井管理官が拘置所にいるところから始まります。内容が内容だけに、全体的に暗いイメージの映像です。それだけに、踊るシリーズには珍しく、重く、静かに話は進みます。こう言うトーンであるのも、室井の性格を現しているのでしょうか?

劇中で、室井の学生時代のエピソードの一つが語られます。これも、踊るレジェンドの賜物でしょうか。彼にそんな過去があったという事は結構衝撃的です。これまでに語られてこなかった彼の過去が気になりますね。また、今回室井は容疑者なので、刑務官に連行されるシーンが結構あるんですが、室井のそう言う姿を見るのは、「今回はそう言うテーマだ」と言うことがわかっていても、衝撃です。

とあるシーンで、「和久さんも心配している。」と室井が言われるところがあるんですが、これは、故いかりや長介氏を偲んで、敢えて挿入されたそう。和久さんは元気に踊るの世界で活躍しているようです。

室井の弁護士役の田中麗奈ですが、あの歳で弁護士と言うことは、凄い若さで司法試験に合格したと言うことですよね。全く語られることの無い背景ですが、これは特筆しても良いのではないでしょうか?

今年、二つの作品で気運は盛り上がりました。そのうち、踊る第三作と言うのはあっても良いのではないでしょうか。

日本公開年 2005年
製作年/製作国 2005年/日本
製作 亀山千広
監督・脚本 君塚良一
出演 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、矢嶋智人、吹越満、柄本明、佐野史郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、真矢みき、筧利夫

[2005/08/28]鑑賞
[2006/01/14]投稿
コメント   トラックバック (6)