勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ビリギャル

2019年06月16日 | 邦画
2015年に公開当時、見に行こうと思っていたものの、なんやかんやで実現しなかった作品。Amazonプライム・ビデオで鑑賞。

有村架純カワイイ・・・・

いや、違った(笑)。

この作品、原作が出た時点でも話題になりました。原作本の表紙は、さやか本人とは別人で、単なるモデルであったとかね。

所々、意外にウルっと来ます(笑)。映画作品なので、当然、“色々と”脚色はされているでしょうし、すべてがこんなにキレイ事では無いと思います。ですが、やっぱり、努力しているさやか本人の姿が、周囲を何かと巻き込んでいったんでしょうね。

しかし、凄い。偏差値を40も上げるとはね。まぁ、ある意味、と言うか実際に、伸びしろがあったと言えばそうなんですが、普通上がりませんよ。

中々面白かったです。

タイトル ビリギャル

日本公開年 2015年
製作年/製作国 2015年/日本
監督 土井裕泰
原作 坪田信貴『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
出演 有村架純(工藤さやか)、伊藤淳史(坪田義孝)、野村周平(森玲司/さやかが通う塾の同級生)、松井愛莉(本田美果/さやかの同級生)、蔵下穂波(香川真紀//さやかの同級生)、阿部菜渚美(岡崎結衣/さやかの同級生)、安田顕(西村隆/さやかの高校の担任)、大内田悠平(工藤龍太 /さやかの弟)、奥田こころ(工藤まゆみ/さやかの妹)、田中哲司(工藤徹/さやかの父)、吉田羊(工藤あかり/さやかの母)
コメント

空母いぶき

2019年05月25日 | 邦画
20XX年12月23日。日本の離島に正体不明の武装集団が上陸して、占拠した。その事態に、出動を命じられた日本初の“空母”「いぶき」、日本政府、そして、市井の人々の姿を描く。

うーん、良くも悪くも“かわぐちかいじ”作品ですね。途中までは、まぁまぁリアルっぽくも感じるんですが、最後の最後に、終わり方がマンガ・・・。まぁ、そもそも、その通りのマンガなのですが(苦笑)

いや、悪くは無いんですよ。でも、なんか、こう、グッと来るリアルさに今一歩欠けるんですよねぇ。どこがどうとは、敢えて記しませんが・・・。

でも、こういう事態、あり得ますよね。こういう事の、シミュレーション、頭の体操は、必要なのだと思います。

ネットニュース会社のプロデューサーとして、斉藤由貴が出ているんですが、なんか意外に良いです。

タイトル 空母いぶき

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2019年/日本
監督 若松節朗
原作 かわぐちかいじ『空母いぶき』
出演 西島秀俊(秋津竜太/護衛艦「いぶき」艦長)、佐々木蔵之介(新波歳也/護衛艦「いぶき」副長)、村上淳(中根和久/護衛艦「いぶき」船務長)、石田法嗣(葛城政直/護衛艦「いぶき」砲雷長)、戸次重幸(淵上晋/第92飛行群司令)、市原隼人(迫水洋平/アルバトロス隊隊長)、平埜生成(柿沼正人/アルバトロス隊パイロット)、玉木宏(瀬戸斉明/護衛艦「はつゆき」艦長)、高嶋政宏(滝隆信/潜水艦「はやしお」艦長)、堂珍嘉邦(有澤満彦/潜水艦「はやしお」船務長)、山内圭哉(浮船武彦/護衛艦「いそかぜ」艦長)、和田正人(岡部隼也/護衛艦「いそかぜ」砲雷長)、工藤俊作(浦田鉄人/護衛艦「あしたか」艦長)、横田栄司(清家博史/護衛艦「しらゆき」艦長)、藤竜也(湧井継治/第5護衛隊群司令)、本田翼(本多裕子/ネットニュース記者)、片桐仁(藤堂一馬/ネットニュースディレクター)、 斉藤由貴(晒谷桂子/ネットニュースプロデューサー)、土村芳(吉岡真奈/ネットニュースAD)、小倉久寛(田中俊一/新聞記者)、佐藤浩市(垂水慶一郎/内閣総理大臣)、益岡徹(石渡俊通/官房長官)、 中村育二(城山宗介/副総理兼外務大臣)、 佐々木勝彦(沖忠順/防衛大臣)、吉田栄作(沢崎勇作/外務省アジア大洋州局局長)、中井貴一(中野啓一/コンビニ店長)、深川麻衣(森山しおり/コンビニアルバイト)
コメント

かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

2018年12月16日 | 邦画
RAILWAYSシリーズ第三弾。今回は、鹿児島県の薩摩おれんじ鉄道が舞台。ある日突然シングルマザーとなってしまった女性が、夫の連れ子と、義父との共同生活を通じて懸命に生きようとする姿を描く。

有村架純かわいい・・・(笑)

確かに、有村架純はかわいいですが、話自体が、きちんと作られています。冒頭の節夫宅への訪問のシーンの描写は、ちょっとアレかと思いましたが、その後の話はきちんとしています。

ちょっと思ったのが、実際にも賛否があると言う“半成人式”の件。ここでの描写は、映画と言う事でもあるので、極端な方向に話を振ったのは明らかですが、でもやっぱり、一律に10歳の子どもに半成人式と言う『単に親が喜ぶためだけのイベント』を強いるのは、無しじゃないかなぁと思いました。この作品、所々笑いも出るような作品なんですが、その半成人式のシーンは、ウルっと来ますね。

作品全般としては、悪く無いです。敢えて苦言を呈すると言えば、冒頭に“かわいい”と言ったばかりの有村架純。彼女、やっぱり演技派と言う訳じゃ無いですねぇ。残念ながら。まだ25歳なので、これまではかわいいだけでも行けたかもしれませんが、これからの女優人生、物語の設定ではなく、演技で泣かせるようにならないと厳しいかなと、見終わってしばらくしてから思いました。

作品は、悪くありません。新しい家族の誕生の物語です。

タイトル かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 吉田康弘
出演 有村架純(奥薗晶)、國村隼(奥薗節夫/晶の義父)、桜庭ななみ(佐々木ゆり/駿也の担任教師)、歸山竜成(奥園駿也/晶の息子)、木下ほうか(相羽雅樹)、筒井真理子(楠木幸江/節夫の妹)、板尾創路(水嶋徹/晶の先輩運転士)、青木崇高(奥薗修平/晶の夫)
コメント

カメラを止めるな!

2018年08月04日 | 邦画
300万円の予算で制作され、当初は2館での上映だったが、口コミで徐々に評判が広まり、全国での拡大公開になった作品。

なるほど、そう来ましたか。何といっても圧巻は、作品冒頭の30分以上にもわたる、ワンカットの長回し。ワンカット・長回しのドラマと言えば、三谷幸喜脚本・監督、竹内結子主演の『大空港2013』を思い出します。『大空港2013』よりも時間が短いとはいえ、何といってもワンカット。いやぁ、よく撮りましたね。

それに加えてもう一つ思ったのが、この作品、そもそもゾンビドラマ撮影中に本当のゾンビが出たと言う設定の作品な訳ですが、①劇中ドラマの撮影、②この作品としての撮影、と要するに、二本作品と撮ったのと同じ手間ですよね?実際、エンドロールの撮影模様を見ると、作品中で描かれていた模様と、実際の撮影の様子が異なっていて、あるシーンを撮っているシーンを撮ると言う事になっていましたからね。いやぁ、作るの大変でしたね。

はっきり言ってC級作品な訳ですが、口コミで面白さが広がるのは判る気がします。

タイトル カメラを止めるな!

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 上田慎一郎
出演 濱津隆之(日暮隆之/監督)、真魚(日暮真央/日暮監督の娘)、しゅはまはるみ(日暮晴美/日暮監督の妻)、長屋和彰(神谷和明/劇中ドラマの俳優役)、細井学(細田学/劇中ドラマのカメラマン役)、市原洋(山ノ内洋/劇中ドラマの助監督役)、山崎俊太郎(山越俊助/劇中ドラマの録音マン役)、大澤真一郎(古沢真一郎/ラインプロデューサー)、竹原芳子(笹原芳子/テレビプロデューサー)、吉田美紀(吉野美紀/監督助手)、合田純奈(栗原綾奈/監督助手)、浅森咲希奈(松浦早希/監督助手)、秋山ゆずき(松本逢花/劇中ドラマ主演の女優役)、山口友和(谷口智和/撮影スタッフ)、藤村拓矢(藤丸拓哉/音響効果スタッフ)、高橋恭子(相田舞/劇中ドラマのメイク役)、イワゴウサトシ(黒岡大吾/劇中ドラマの監督役)
コメント

万引き家族

2018年06月17日 | 邦画
第71回カンヌ国際映画祭でのパルム・ドール(最優秀賞)受賞作品。

なるほど。そう来るわけですか。なんか、朴訥としたリリー・フランキーの演技が光りますね。普段は何となく弱々しい印象を与えつつも、ある局面で冷徹さを見せられると、“ゾクッ”とした怖さを感じずにはいられません。

そこに、安藤サクラの見事な演技。演技をしているはずなのですが、あまりにも自然で、演技をしていると言う事を感じさせません。お見事。

こういう二人を相手にすると、若手では演技派だと思うのですが、松岡茉優の演技も色あせて見えてしまいますね。

その他にも、樹木希林、柄本明、池脇千鶴・・・。こういう人たちが脇を固めての城桧吏なんじゃ無いですかね?城がフィーチャーされていますが、そんな印象を受けました。

って言うか、私的には、城よりも佐々木みゆでは無いのか?とも思いましたが、違うのかな?

“家族”と言う言葉が一つのキーワードだったので、途中まで“家族”なんだな、と思っていたんですが、終盤にその認識が一変させられます。そういう持って行き方、そして、作品の終わり方が、他のパルムドール作品とも共通する感じで、本作品がパルムドールを受けたのもわかる感じがします。

タイトル 万引き家族

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 是枝裕和
出演 リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、松岡茉優(柴田亜紀)、池松壮亮(4番さん)、城桧吏(柴田祥太)、佐々木みゆ(ゆり)、緒形直人(柴田譲)、森口瑤子(柴田葉子) 山田裕貴(北条保)、片山萌美(北条希)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、樹木希林(柴田初枝)
コメント

羊と鋼の森

2018年06月10日 | 邦画
2016年の第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説『羊と鋼の森』の映画化作品。

原作も読んでいるんですが、映像にすると、こんなに抒情的になるんですね。って言うか、抒情的になったのは、脚本、監督の演出のためかもしれませんが。ピアノの音を聞いた直樹が森の中を彷徨って歩いたり、和音も水の中で浮かんでいたりと、ものすごく、抒情的な映像に感じました。

その悩み多き青年、直樹を山崎賢人が中々上手く演じています。うっかりすると、感受性が高く自然と話が出来る、危ない青年にも見えかねないですが(笑)本を読んだ印象では、直樹がここまでナイーブで、悩み多き青年だとは思いませんでした。

上白石萌音と上白石萌歌の実姉妹が、劇中でも姉妹役で出ています。原作では、姉妹は双子と言う設定でしたが、映画では特にその設定には触れられていません。見る人にお任せと言う事なんだと思いますが、実際には双子では無いですし、見た目も双子には見えないので、映画では普通の姉妹と言う事なんでしょうね。ピアノを演奏する引きのシーンがあります。引きの映像では、手元の吹き替えが効かないわけですが、それっぽく演奏していました。二人の実母がピアノの先生であるものの、萌音は小1までしかピアノ経験がなく、萌歌に至ってはピアノ経験がなかったらしいのですが、猛特訓して撮影に挑んだと言う事だそうです。

あと、作品中では、一つのエピソードでしかないのですが、直樹が初めて調律に行ったシーンも印象的ですね。位牌が二つ置いてあり、犬の首輪を青年が持っているのですが、それらには、いろんな幸せな思い出があると言う、中々印象的なシーン。特に、直樹が青年に尋ねることも無いのが、良かったと思います。あそこでね、青年に話を聞いて、気を遣うようなそぶりを見せたらダメですよね。

先に書いたように、思ったよりも抒情的な演出になっています。そういう演出が苦手な人にはお勧めしませんが、人の成長描いた映画としては、まぁまぁ、面白いと思います。

タイトル 羊と鋼の森

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 橋本光二郎
原作 宮下奈都『羊と鋼の森』
出演 山崎賢人(外村直樹)、鈴木亮平(柳伸二/江藤楽器調律師)、上白石萌音(佐倉和音)、上白石萌歌(佐倉由仁)、堀内敬子(北川みずき/江藤楽器事務員)、仲里依紗(濱野絵里)、城田優(上条真人/Barのピアニスト)、森永悠希(南隆志/直樹が初めて単独で調律に行った家の青年)、佐野勇斗(外村雅樹/直樹の弟)、光石研(秋野匡史/江藤楽器調律師)、吉行和子(外村キヨ/直樹の祖母)、三浦友和(板鳥宗一郎/江藤楽器調律師)
コメント

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

2018年06月08日 | 邦画
2010年に、「Yahoo!知恵袋」に投稿された“お悩み”が元ネタ。

実話です。元ネタも、リアルタイムで知っているんですよねぇ。もう、そんなに昔の話ですか。確かにね、急に奥さんが死んだふりを始めると、驚きますよね(笑)

「妻が死んだふり」と言う所は事実だと思いますが、その他のところは脚本ですよね?でも、ぶっ飛んだことを仕掛けてくる“ちえ”の人となりが、わかるような話になっていて、中々ハートウォーミングです。

「月がきれいですね」・・・。そうか、そんな事だったんだな。そして、「死んでもいいわ」・・・。なるほど。知らんかった。後者は、都市伝説だと言う話もあるようですが、ロマンティックです。

世の中、パルムドールの話でいっぱいですが、こちらの作品も中々いいと思いますよ(笑)

タイトル 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 李闘士男
原作 K.Kajunsky
漫画原作 ichida
出演 榮倉奈々(加賀美ちえ)、安田顕(加賀美じゅん)、大谷亮平(佐野壮馬/じゅんの会社の後輩)、野々すみ花(佐野由美子/壮馬の妻)、浅野和之(蒲原/じゅんの上司)、品川徹(横山/ちえのパート先のクリーニング店店主)、螢雪次朗(進一/ちえの実父)
コメント

今夜、ロマンス劇場で

2018年02月10日 | 邦画
モノクロ映画の登場人物であるヒロインと、映画監督を目指している現実世界の青年の切ない恋を描いたファンタジー。季節柄、バレンタインデーが近いですからね。

時代設定は、1960年代。まだ映画産業は隆盛ですが、テレビ放送も始まり、その陰りが懸念され始めた頃。映画を愛する青年が主人公の作品の設定としては、良いのではないでしょうか?

映画から出てくるヒロインがモノクロであるためか、現実世界側の色合いは、意識的に鮮やかな色を使っている事に気づかされます。いや、必要以上に色鮮やかなのを、目立たせていたかも(笑)

この作品、やっぱり何といっても、綾瀬はるかに尽きますね。彼女、バラエティ番組とかでは、とんだポンコツな訳ですが(失礼)、ひとたび作品の世界に入ると、キッチリと演じてくるところが凄い。どっちが本当の彼女なんだか。って言うか、今回のヒロインは、お転婆なお姫様と言う事なのですが、キッチリとそう言う雰囲気だしてきますからねぇ。凄い女優さんです。

相手役の坂口健太郎ですが、なるほど。こう言う優しい男の役、似合いますね。まぁ、元々優しそうな人な訳ですが、お転婆なお姫様に振り回される優男を非常にうまく演じています。

結ばれぬ愛?いや、あれは“結ばれた”のかな?純愛ですね。行く前は正直、「まぁ、ファンタジーだしねぇ。」と半分斜に構えていたのですが、予想以上に良かったです。主題歌を歌うシェネルも良かったです。うっかりすると泣きます(笑)

タイトル 今夜、ロマンス劇場で

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 武内英樹
出演 綾瀬はるか(美雪)、坂口健太郎(牧野健司/京映の助監督)、本田翼(成瀬塔子/京映の社長令嬢)、北村一輝(俊藤龍之介/京映のスター)、中尾明慶(山中伸太郎/健司の友人)、柄本明(本多正/ロマンス館主人)、加藤剛(病室の老人)、石橋杏奈(吉川天音/老人が入院している病院の看護師)
コメント

祈りの幕が下りる時

2018年01月28日 | 邦画
加賀恭一郎シリーズの最終章。

キャッチコピーに“泣けるミステリー”とありますが、確かに少しウルっとくるかも。特にね、浅居博美の子供の頃の逃避行の件とかね、泣けますね。

シリーズ最終章と言う事で、このシリーズでここに至るまでのところが凝縮されている感じがします。エンドロールではなぜか、この作品には出ていない人が登場していたりしますしね。まさに、回想シーンと言う事でしょうか。

阿部寛の演技はすごく良いのですが、ちょっとだけ突っ込みを。って言うか、阿部寛への突っ込みでは無く、加賀の母が仙台に居たと言う設定についての突っ込みです。あの、加賀の母が居たところって、仙台市内じゃ無いんじゃね?塩釜とか、多賀城とか、そういう感じがしたんですけど?違いますかね?河口のすぐ近くに建屋がある街なんで、そういう所かなぁと。

それと、一方の松嶋菜々子。「やっぱ、ちょー美人だな。」と言う加賀のセリフはさておき(笑)、なんか、彼女の演技の良いところが、あまり出ていなかったような気がするんですよねぇ。加賀中心に話が進むので、彼女の演技力を試されるシーンが意外に少なかったかなと。なんか、あまりにも淡々とした感じで、もうちょっと演技を見たかった気がします。

いやぁ、それにしても、浅居博美の話は、悲しい話ですね。この話は、ミステリーと言うより、ヒューマンドラマと言う方が、正しいような気がします。

タイトル 祈りの幕が下りる時

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2018年/日本
監督 福澤克雄
原作 東野圭吾『祈りの幕が下りる時』
出演 阿部寛(加賀恭一郎)、松嶋菜々子(浅居博美)、溝端淳平(松宮脩平/警視庁捜査一課刑事、加賀の従弟)、田中麗奈(金森登紀子/加賀の父を看取った看護師)、キムラ緑子(浅居厚子/博美の母)、烏丸せつこ(宮本康代/スナック「セブン」のママ)、春風亭昇太(大林/警視庁捜査一課刑事)、及川光博(苗村誠三/浅居博美の中学時代の担任教師)、飯豊まりえ(20歳の浅居博美)、桜田ひより(14歳の浅居博美)、小日向文世(浅居博美の父)、伊藤蘭(田島百合子/加賀の母)、山﨑努(加賀隆正/加賀の父)
コメント

DESTINY 鎌倉ものがたり

2018年01月08日 | 邦画
『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督が、原作者・西岸良平のベストセラーコミック『鎌倉ものがたり』を実写映画化。

昨年公開だったのですが、やっと見てきました。まだ上映していると言う事なので、実は期待して行ったんですが、期待に違わぬ中々良い作品でしたね。作品を貫く言葉は『愛』と言う事で間違いないです。

その『愛』を演じたのが高畑充希。彼女無しに、この作品は成立しませんね。いやぁ、キュート。立派な大人の女性に使う言葉では無いかもしれませんが、かわいい事この上なし。試写の際、夫を演じた堺雅人が「思わず手を握りたくなった」と言うのも、彼女のキュートさと、そして映画を貫く『愛』を見ると、良く分かります。

それでいて、所々、ウルっとするようなシーンもあるんですよねぇ。ヒットするのが判ります。

それと、意外にいい味を出していたと思ったのが、安藤サクラの死神。なんとも、カジュアルな死神ですが、これが良い。それが、この作品を、柔らかくて優しい雰囲気にしていたともいます。これがねぇ、オドロオドロシイ死神だったらねぇ。あんなにほんわかした内容にはなりませんよね。

それと、一色家の家政婦を演じた中村玉緒も良いですね。

主演の堺雅人の事を忘れていたわけでは無いですが、そういう女優陣の活躍が、非常に目についた作品でした。ほんわかして、幸せになる作品です。

タイトル DESTINY 鎌倉ものがたり

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2017年/日本
監督 山崎貴
原作 西岸良平『鎌倉ものがたり』
出演 堺雅人(一色正和)、高畑充希(一色亜紀子)、堤真一(本田/里子の夫、正和の編集担当)、安藤サクラ(死神)、田中泯(貧乏神)、中村玉緒(キン/一色家の家政婦)、市川実日子(本田里子)、ムロツヨシ(ヒロシ)、要潤(稲荷/鎌倉署心霊捜査課刑事)、大倉孝二(川原/鎌倉署心霊捜査課刑事)、神戸浩(恐山/鎌倉署心霊捜査課刑事)、國村隼(大仏/鎌倉署署長)、古田新太(天頭鬼(声))、鶴田真由(一色絵美子/正和の母)、薬師丸ひろ子(小料理屋の女将)、吉行和子(瀬戸優子)、橋爪功(優子の旦那)、三浦友和(甲滝五四朗)、木下ほうか(金満和夫)、瀬戸たかの(金満麗子)
コメント