勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アビエイター(2004年)

2005年03月26日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル アビエイター

---感想---
2005年、アカデミー賞5部門(助演女優賞(ケイト・ブランシェット)・撮影賞・編集賞・美術賞・衣装デザイン賞)受賞。残念ながら、前評判の高かった、作品賞の受賞は逃
しました。主演男優賞も。

この映画は、ハワード・ヒューズと言う人物を知らなければ、楽しめない映画です。彼は後年、極度の潔癖症と言うか、不潔恐怖症になってしまい、人前には完全に出なくなってしまったのですが、この映画では、その部分の説明が全く無いので、一体どう言うことか知らない人には理解できないでしょう。

気になったのは、終わり方。ああ言う終わり方でよいのでしょうか? なんか、尻切れトンボの様に感じました。この後のハワード・ヒューズを描くのはかなり困難ですが(∵ハワード・ヒューズは、完全に人前に出ることが無くなり、その晩年は謎に包まれているため)。まぁ、部屋の中で狂気と正気の狭間をさまよう人間を描くのは、出来ないのかもしれないですけどね。

171分と長大な映画。まぁ、監督が監督なので、仕方ないのかもしれないですが・・・。とは言え、それほど長い映画には感じませんでしたね。2時間くらいに感じました(笑)。

英語版HP:The Aviator from Yahoo!

日本公開年 2005年
製作国/製作年 アメリカ/2004年
監督 マーティン・スコセッシ
出演 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ケイト・ベッセンキール、アレック・ボールドウィン

[2005/03/26]鑑賞
[2006/01/11]投稿
コメント   トラックバック (4)

ナショナル・トレジャー(2004年)

2005年03月19日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル ナショナル・トレジャー

---感想---
ジェリー・ブラッカイマー作品。期待に違わず、楽しめる娯楽作品に仕上がっている。

インディー・ジョーンズ・シリーズをはじめ、一般に、宝探し物は、ドキドキ・ハラハラと言うストーリーで第一級の娯楽作品であることが多いが、この作品もその中の一つ。しかも、そのお宝の地図がアメリカ合衆国独立宣言書であるとなれば、その期待は高まるばかりである。実際、アメリカ独立の記念碑的な場所が随所に出てきており、さながらアメリカ独立の歴史の復習という感じでも楽しめる。

物語の内容は、まぁ、荒唐無稽の事実ではない事柄。しかし、それを実際の歴史と上手くリンクさせて物語が作り上げられており、中々楽しいストーリーとなっている。この作品は、あまり何も考えずに、娯楽映画として楽しめば良い。あんまり、事実とここが違うなどと悩まないことである。

英語版HP:National Treasure from Yahoo!

日本公開年2005年
製作国/製作年 アメリカ/2004年
製作 ジェリー・ブラッカイマー
監督 ジョン・タートルトーブ
出演 ニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー、ジャスティン・バーサ、ショーン・ビーン、ジョン・ボイト

[2005/03/19]鑑賞
[2006/01/11]投稿
コメント   トラックバック (2)

ローレライ(2005年)

2005年03月05日 | 邦画
タイトル ローレライ

---感想---
『踊る大捜査線』シリーズのプロデューサー亀山千広製作の映画。踊るとは異なり、こちらは戦争映画である。まぁ、普通の戦争映画ではないが。原作は、福井晴敏。福井晴敏の原作では、今年、もう一つ公開が予定されている(『亡国のイージス』)。

映画と言うことで、原作より話のスジは簡略化されており、また、設定も若干異なる。原作を知っている場合は、そのことを肝に銘じるべきであろう。やはり、映画と言うことであるので、物語性が少々強く出されている様な気がするのは、気のせいか?

一応、第二次世界大戦時の設定であるが、その設定は若干、いやかなり甘い。終戦時の海軍軍令部総長は、 豊田副武であるのだが、この物語では、楢崎と言う架空の人物になっている。折角の物語であるので、そのあたりの時代考証は、正確にして欲しいと言うのは、欲張りだろうか? それと、イ507や、アメリカ海軍の太平洋艦隊は、当然CGなのだが、ちょっとちゃちい。CGであることは一目瞭然。最近の技術であれば、もう少し上手く出来る様な気がするのだが・・・。そこがちょっと残念である。

などとは言うものの、まぁまぁ、いい映画である。若干泣かせるような所はあるし。見ても損はしないと思います。

製作国/公開年 日本/2005年
製作 亀山千広
原作 福井晴敏
監督 樋口真嗣
出演 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、堤真一、石黒賢、香椎由宇

[2005/03/05]鑑賞
[2006/01/10]投稿
コメント (1)   トラックバック (6)