勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ウォンテッド(2008年)

2008年09月20日 | 洋画(アメリカ系)
冴えない男ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は、1000年続く暗殺組織『フラタニティ』の継承者と告げられる。ウェスリーは暗殺組織に入り、暗殺の奥義を究めるが・・・。

いきなり冒頭に書くのもなんだけど、”マンガ”です。まぁ、本当に原作はマンガなんですけど、それをそのまま映画にする必要は無かったのでは? 言ってしまうと、”駄作”でした・・・(泣)

アンジーも、何でこんな映画受けたんでしょうね? 彼女の経歴に傷が付くのではないかと心配です。作品そのものの質はさておき、アンジーのアクションはやっぱり秀逸です。とても、子供を持つお母さんとは思えません(苦笑)。

他方、ジェームズ・マカヴォイは、情けない男の役が上手いです(苦笑)。でも、立派な(?)暗殺者になった後の表情も、中々いい顔をしていました。

暗殺シーンで流血が多く見られるので、R-15指定は納得です。なんだけど、前述の通り”駄作”なんだよなぁ・・・。

タイトル ウォンテッド
原題 Wanted
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2008年/アメリカ
監督 ティムール・ベクマンベトフ
出演 ジェームズ・マカヴォイ(ウェスリー)、アンジェリーナ・ジョリー(フォックス)、モーガン・フリーマン(スローン)、テレンス・スタンプ(ペクワークスキー)、トーマス・クレッチマン(クロス)、コモン(ザ・ガンスミス)、マーク・ウォーレン(ザ・リペアマン)、ダート・バクタデツ(ザ・ブッチャー)、コンスタンティン・ハベンスキー(ザ・エクスターミネーター)

[2008/09/20]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (48)

おくりびと(2008年)

2008年09月15日 | 邦画
2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3監督の作品が出たと騒いでいる陰を縫って、こちらの作品が、別のところで世界的評価を得ていました。放送作家の小山薫堂が、映画初脚本と言う事でも話題です。

劇中、結構食べ物を食べるシーンがあったような気がするのは、気のせいでしょうか? しかも、静かに食べると言うより、ムシャムシャ食べると言う感じの食べるシーン。モグモグとか、パクパクでは無く、ダイナミックなムシャムシャなんですよね。山崎務のセリフにも「生きるためには、食べなければならない」と言う趣旨の意味のモノがあったのですが、納棺(=静・死)と食事(=動・生)と言う対比を表したかったんですかね? ちょっと印象的でした。

多くは語りません。って言うか、語れません。物凄く、心の奥にジーンと来ます。いいものは、言葉が違っても、文化が違っても通じると言う事が分かりました。それが、モントリオール世界映画祭の評価だと思います。不覚にも、二回ほど泣きそうになりました。それにしても、納棺師と言う職業があるのは、全く知りませんでした。近親者の葬儀に出た事はあるんですが、納棺は全く経験なし。こう言う事をやっていたのかな?

タイトル おくりびと
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2008年/日本
監督 滝田洋二郎
脚本 小山薫堂
音楽 久石譲
出演 本木雅弘(小林大悟)、広末涼子(小林美香)、余貴美子(上村百合子)、吉行和子(山下ツヤ子)、笹野高史(平田正吉)、山崎努(佐々木生栄)

[2008/09/15]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (69)

幸せの1ページ(2008年)

2008年09月06日 | 洋画(アメリカ系)
作家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、”アレックス・ローバー”を主人公にした大人気冒険小説を書いているが、彼女には対人恐怖症で外出恐怖症、そして不潔恐怖症と言う秘密があった。そんな彼女が、煮詰まりつつある執筆中の小説のネタのために出したメールの相手が、人知れぬ南の島に住むニム(アビゲイル・ブレスリン)。幾度かメールのやり取りをしているうちに、ニムが、のっぴきならない窮地に居る事を知り、アレクサンドラはニムを救う為に、決死の覚悟で家を出て、ニムの待つ遠い南の島へと旅立っていく。

この映画の主人公は、ジョディ・フォスターなのかも知れませんが、本当の主人公は、原題にも名前が使われているニムを演じているアビゲイル・ブレスリンでしょうね。一人で島を守ろうとする健気で大人びた少女から、帰らぬ父を待つ心細い少女まで、実に上手く演じています。

そして、やっぱりジョディ・フォスターを取り上げない訳には行かないでしょう。『羊たちの沈黙』や『フライトプラン』、『ブレイブワン』では、シリアスで、タフな演技を見せてくれている彼女ですが、この作品では一転、外界、他人、そして不潔なものを恐れる、不器用な人間をコミカルに演じています。やっぱり彼女は、凄い女優だと思います。

基本的に、子供向けの?ファンタジー小説です。なので、突っ込みどころは満載だし、現実にはありえない事ばかりです。でも、そこはファンタジーなので、特に問題ではありません。むしろ、南の島や南の海の美しさを見たほうが良いと思います。ロケは、オーストラリアのゴールドコーストの辺りで行われたようですが、セットかと思うような美しさでした。ちなみに最後は、お約束のハッピーエンド。まぁ、それも、ファンタジーなので良いことにしましょう。

タイトル 幸せの1ページ
原題 Nim's Island
日本公開年 2008年
製作年/製作国 2008年/アメリカ
監督・脚本 ジェニファー・フラケット&マーク・レヴィン
原作 ウェンディ・オルー
出演 ジョディ・フォスター(アレクサンドラ・ローバー)、アビゲイル・ブレスリン(ニム・ルソー)、ジェラルド・バトラー(アレックス・ローバー/ジャック・ルソー)

[2008/09/06]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (38)