勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years / The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

2016年10月01日 | 洋画(イギリス系)
オノ・ヨーコやポール・マッカートニー、リンゴ・スターの協力の下に制作された、ザ・ビートルズの公式ドキュメント映画。

ビートルズのヒットナンバー満載ですよ。って言うか、わたしが生まれる前の出来事のはずなのに、出て来る曲の殆どが判るというのはどういう事なんでしょうね?やっぱりビートルズは、50年の時を経てまで影響力が有る、唯一無二で空前絶後のグループだったということなんでしょうね。

公式ドキュメント映画なので、ネガティブなことについてはあまり触れられていません。その一つが、“5人目のビートルズ”の事。メジャーデビュー前に居たはずのメンバーに全く触れていません。そうなっちゃうのかな。

それと、後に『ビートルズを解散させた女』と非難される事にもなるオノ・ヨーコについても、全く触れていません。彼女に関しては、この作品の制作に協力しているので当然なのかもしれませんが、それでも、ビートルズの後半の活動に関しては大きな影響があったと思うんで、なにがしら触れても良かったんじゃないかと思いますがね。

この作品で描かれているのは、メジャーデビューの頃から、ライブ活動を止めてしまうまでの頃で、ライブ活動終了後から解散までの活動についてはほとんど描かれていません。唯一とも言っていい映像は、『ルーフトップ・コンサート』と言われるアップル社の屋上での映像のみ。あれを見ると「彼らは本当は自由に音楽を奏でたいんだな」と言う気持ちになりますね。束縛なく演奏している彼らは楽しそうでした。

それと思ったのは、ビートルズだけではなく、多くのバンドやグループ、歌手に当てはまることだと思うんですが、デビューしたての頃は、只々音楽が楽しくて、みんなに自分の音を聞いてもらうのが楽しくているんですが、商業的に成功すると、業界の様々なしきたりや、群がってくる有象無象から、いろんなプレッシャーを受けたり、自分自身でしがらみを感じたり、あるいは、音楽性に迷ってしまったりするんだなぁと。ビートルズの場合も、始めの頃は本当に楽しそうに演奏しているんですが、後半のライブ活動を止める頃になってくると、なんか苦しそうに演奏しているように見えました。

本編終了後、1965年のニューヨーク、シェイ・スタジアム公演の映像が流れますので、本当に最後になるまで席を立ってはいけません。

いやぁ、でも、数々のヒットナンバーを聞いて気分が高揚してしまいました。ビートルズファン必見です。

タイトル ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years / 原題 The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/イギリス
監督 ロン・ハワード
出演 ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ブライアン・エプスタイン、シガニー・ウィーバー、ウーピー・ゴールドバーグ、エルビス・コステロ、浅井慎平
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハドソン川の奇跡 / Sully | トップ | コロニア / Colonia »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(イギリス系)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years (♪HAVE A NICE DAY♪)
ビートルズの最初の頃から まだ解散前の映像のドキュメンタリー 驚いたのは知ってる曲ばかりで そう考えるといつも生活してる中で日頃、どこからか 曲が流れてる事もあるし、それ......
「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」:偉大なバンドのツアー時代 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years (風に吹かれて)
あんな事やこんな事でも先駆者だったへぇ~、へぇ~、へぇ~ 公式サイト http://thebeatles-eightdaysaweek.jp 監督: ロン・ハワード 1963年から4人が最後に観客の前
「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」 (或る日の出来事)
ビートルズの前期、ライブをやっていたころの日々を映画に。
人気者の事実。『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』 (水曜日のシネマ日記)
1960年代に絶大な人気を誇るザ・ビートルズのツアーを追ったドキュメンタリー映画です。
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK (映画好きパパの鑑賞日記)
ビートルズがライブを行っていた1963年から66年までの様子を、当時の貴重な映像と、現在のポール・マッカートニー、リンゴ・スターをはじめとする関係者のインタビューで作ったド......
ショートレビュー「ザ・ビートルズ 〜EIGHT DAYS A WEEK・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ビートルズとは、何者だったのか? 冒頭に映し出される青リンゴのロゴ。 1995年の「ザ・ビートルズ・アンソロジー」以来、実に21年ぶりにリリースされた英Apple Corps公式作品。 ビ......
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years (あーうぃ だにぇっと)
ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK - The Touring Years@角川シネマ有楽町
ビートルズをライブで見る (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「ザ・ビートルズ 〜EIGHT DAYS A WEEK」を鑑賞しました。 題名を読めばわかる通りのビートルズのドキュメンタリー しかも「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタ......