勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

パッセンジャー / Passengers

2017年03月25日 | 洋画(アメリカ系)
ネタばれあり。

120年の航海の予定で地球を離れて旅立った宇宙船の中で、予定よりも90年前に目覚めてしまった男女。絶望的な状況の下、生き残る方法を模索する二人の姿を描く作品。

まず一言。ジム、最低!

オーロラが目覚めてしまうのは、そう言う経緯ですか。そりゃないよ、ジム。酷すぎ!サイテー。

目覚めた経緯を知ったオーロラも、どうなんでしょうね。よくジムと一緒にいられますね。って言うか、一緒に居るしか無いんですが、ある意味殺意を覚えても良いような状況。まぁ、そう思っているなあと思うようなシーンはありましたが、それでも、最後はよりを戻しています。人の怒りのポイント、怒りを治めるポイントは、人それぞれですが、オーロラは、怒りを治めるスレッショルドが低くて、優しい人なのかな。それと、オーロラの職業が作家で、好奇心旺盛と言う事もあったのかもね。

“宇宙船版タイタニック”と言うコピーがありますが、全然違うと思います。だって、タイタニックは遭難の運命に身を任せざるを得ない二人でしたが、この二人は、自分で道を切り開いていますからね。全然違いますよ。

色々と、突っ込みたくなる所もあります。この物語の設定では、冬眠に入るには特殊な装備が必要で、船の冬眠ポッドには冬眠を維持する機能しかなく、冬眠自体には入れないという事になっています。乗り込んでいるクルーも冬眠しているんですが、じゃぁ、出航する時は誰が操船していたの?自動操船?だったら、120年後の入港も自動化できそうなもので、船にクルーが乗っている必要がありません。まぁ、出航クルーが別にいて、出航した後に、地球の近傍で下船したのかもしれませんけどね。

それと、バーには、アーサーと言うアンドロイドバーテンダーがいるんですがレストランのウェイターは、何の味気もないロボット。レストランのウェイターも、人間味あるアンドロイドにしても良いのではないかと思うんですけどね。

悪くは無いですが、微妙な作品だと思いました。

タイトル パッセンジャー / 原題 Passengers

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 モルテン・ティルドゥム
出演 ジェニファー・ローレンス(オーロラ・レーン)、クリス・プラット(ジム・プレストン)、マイケル・シーン(アーサー/バーテンダー)、ローレンス・フィッシュバーン(ガス・マンキューゾ/甲板長)
コメント   トラックバック (30)

未来よ こんにちは / L'avenir

2017年03月25日 | 洋画(フランス系)
仕事にも、家庭にも、充実した生活を送っていると思っていた女性が、ある日突然、夫から離婚を切り出され、母は亡くなってしまい、気が付けば“おひとり様”になっていた。そんな女性が、新しい人生に向かって進んでいくさまを描いた作品。

日本との違いに驚いたのが、ナタリーは高校教師ではあるんですが、高校の哲学の教師であると言う事。フランス特有なのかもしれませんが、欧米人が、大人で、且つ、自分で物事を考えるのは、高校時代から哲学とかをきちんと学んでいるからなんだと思わされました。小学校の道徳の教科書で、“パン屋はダメで、和菓子屋にする”とか言う低レベルな話をしているようじゃ、かなわないですね。

もう一つ驚かされたのが、ナタリーが離婚する理由は、夫が浮気をしたからと言う事なんですが、泥沼になる事もなく、且つ、浮気を告白されても大人の対応をしている事。もちろん、心の奥底でどう思っているのかわかりませんが、日本の陳腐な脚本ならば、泥沼になったり、女性が泣き叫んだりするところなのかもしれませんが、そうじゃない!やっぱり、大人。それと、オランド大統領が不倫しても、それほどの大問題にもならなかったというお国柄も感じました。この問題、逆に不倫を暴かれた側が、キレているくらいだもんなぁ。

いやぁ、大人の映画です。主人公が、哲学の教師であると言う事も影響したのかもしれませんが、たとえ相手が不倫した夫であっても、あるいは、意見の異なる教え子であっても、それが故に気まずくなると言う事もそれ程無く、ちゃんと一人の人間として対応する。フランスの個人主義の影響もあるのかな。

PG12の映画ですが、どのあたりが?と言う気がします。セクシャルなシーンも無いですしね。あまりにも、個人主義過ぎて、子供には難しいと言う事?『フランスを見た』と言う気になりました。

タイトル 未来よ こんにちは / 原題 L'avenir

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/フランス、ドイツ
監督 ミア・ハンセン=ラブ
出演 イザベル・ユペール(ナタリー・シャゾー)、アンドレ・マルコン(ハインツ)、ロマン・コリンカ(ファビアン)、エディット・スコブ(イベット)、サラ・ル・ピカール(クロエ)、ソラル・フォルト(ヨアン)、エリーズ・ロモー(エルザ)、リオネル・ドレー(ユゴー)、グレゴワール・モンタナ=アロシュ(シモン)、リナ・ベンゼルティ(アントニア)
コメント (1)   トラックバック (5)

素晴らしきかな、人生 / Collateral Beauty

2017年03月12日 | 洋画(アメリカ系)
順風満帆だった人生から、娘の死を切っ掛けに一気に人生のどん底に落ち込んでしまった企業経営者の男性が、自分の人生を取り戻すまでの話。

錯誤によって取締役会を主導するのは、法的に許されることなんですかね?だって、取締役会で流されたビデオは、ねつ造だよね?「騙された!」って、ハワードが出るとこ出たら、勝てると思うんだけどね?

そこのところだけがちょっと引っかかったけど、全般的には非常にいい話。ハワードだけじゃなくて、その仲間、ホイットも、クレアも、サイモンも、みんな自分の人生に色んなトラブルを抱えていて、それが“解決”していく。そういう流れは良いと思います。

ラストは、ちょっと意外でした。まぁ、なんか、ハワードとマデリンが良い感じにも見えたので、そう言う事になるのかなぁと思っていたんですが、実際にはそれ以上の事でした。そう来たか・・・と。

ウィル・スミスって、メン・イン・ブラックシリーズの、賑やかで楽しい役のイメージがありますが、実は、『幸せのちから』や、『7つの贈り物』の様な、結構深い役もやっているんですよね。この作品も、その流れの作品。表情で、上手く演じていました。大した俳優ですね。

原題の“Collateral Beauty”とは、『しあわせのおまけ』と作品の中では訳されていました。ハッピーではあるけど、ビターなハッピーエンディングなので、邦題よりも原題の方が良さげな感じですね。

タイトル 素晴らしきかな、人生 / 原題 Collateral Beauty

日本公開年 2017年
製作年/製作国 2016年/アメリカ
監督 デビッド・フランケル
出演 ウィル・スミス(ハワード)、エドワード・ノートン(ホイット)、ケイト・ウィンスレット(クレア)、マイケル・ペーニャ(サイモン)、ヘレン・ミレン(ブリジット)、キーラ・ナイトレイ(エイミー)、ジェイコブ・ラティモア(ラフィ)、ナオミ・ハリス(マデリン)
コメント   トラックバック (12)