勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

アマルフィ 女神の報酬

2009年07月19日 | 邦画
フジテレビ開局50周年記念作品としてフジテレビが力を入れている作品。フジテレビ史上最高の製作費を掛けて製作された。日本映画として史上初めてオールイタリアロケ。確かに世界遺産を背景にした映像には見とれてしまいます。

織田裕二が演じる黒田が、日本大使館への通勤初日に大使館の門で身分証明書を提示しながら「着任した黒田です」とやるところは、「踊る大捜査線」の青島刑事へのオマージュなのでしょうか(笑)? 結局のところ、彼の本当の身分は何なんでしょう? さしずめ、特命警備対策官とでも言うところなんでしょうかね?

大使役の小野寺昭以下、佐野史郎、大塚寧々、伊藤淳史と、駐イタリア大使館のメンバーは、たくさんいますが、物語上、殆ど意味を成していません。もう少し、大使館との軋轢とかもあった方が、物語的には膨らんだような気もするんですけどね。

そんな殆ど存在の意味の無い日本大使館のメンバーの中唯一活躍(?)したのが、戸田恵梨香が演じる安達。まぁ、活躍と言うより、黒田の雑用係と言った方がいいのかもしれませんが。

被害者の母矢上紗江子は、天海祐希が演じます。天海祐希の母親役って初めてだと思うんですが、まぁ、今時、あんな感じの母親はいますよね。タバコを吸うシーンが何カットかあるんですが、矢上は看護師と言う職業だそうなので、職業を象徴するカットなのかな? でも、あまり意味の有るカットでは無いと思うんですが。

さてさて、この映画、サラ・ブライトマンが本人役で出るのも一応うたい文句なんですが、う~ん、彼女の出演シーン必要ですか? 無くても物語は成立すると思うんですが、どうでしょう。

原作は真保裕一。とは言っても、先に彼の作品があったわけではなく、この映画の企画の方が先で、映画にするのを前提に作品を書き上げています。書き下ろしですね。流石に真保裕一と言えども、突っ込みどころは色々とあります。物語的にも、この映画のタイトルにもなっているにもかかわらず、「何故アマルフィなのか?」と言うことに、全く答えてないですし、「黒田は何者か?」と言うことにも答えていまぜん。また、事前の予告や宣伝などではテロ予告があった事になっているんですが、劇中でその設定はおざなりになっている気が・・・。この辺りの細かい設定などは、本を読めと言う事なんでしょうかね? 本と映画の両方で、ようやく全てがわかるという作りになっているんですかね? でもってフジテレビは、映画と本で二度美味しい?

と、結構辛口になってしまいましたが、気にしなければ、それなりに楽しめる作品だと思います。それにしても、アマルフィは確かにキレイですね。行って見たくなりました。・・・、あっ、これって、もしかして、イタリア観光案内映画?

タイトル アマルフィ 女神の報酬
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/日本
監督 西谷弘
原作 真保裕一
出演 織田裕二(黒田康作)、天海祐希(矢上紗江子)、戸田恵梨香(安達香苗)、佐藤浩市(藤井昌樹)、福山雅治(佐伯章悟)、大森絢音(矢上まどか)、ロッコ・パパレオ(バルトリーニ/ローマ警察警部)、小野寺昭(菊原清文)、佐野史郎(西野道生)、大塚寧々(羽場良美)、伊藤淳史(谷本幹安)、中井貴一(声のみ)、サラ・ブライトマン(本人)

[2009/07/19]鑑賞・投稿
コメント (1)   トラックバック (49)

ノウイング

2009年07月11日 | 洋画(アメリカ系)
50年前に埋められた小学校のタイムカプセル。一つだけ不思議な数列が書かれたモノがあったが、それは、過去50年間の惨事の日時と犠牲者数を示した数字だった・・・。

ディザスタームービー or パニックムービーかと思って見ると外されます。SFムービーです。って言うか、結末は正直「エーーーッ!!」と言う感じです。そう言う終わり方ってアリですか・・・。これじゃぁ、安モンのC級映画です(泣)。

ディザスタームービーの要素も入っているので災害シーンが結構ありますが、人が撥ねられたり、炎に巻かれたりするシーンがはっきりと写りこんでいます。特にR指定はされていませんが、苦手な人にはちょっとキツイかも。

ニコラス・ケイジが主演ですが、ちょっとこれは酷いです。もちろん、ニコラス・ケイジの責任ではなく、脚本の問題。もう少し話を練っても良かったんじゃ無いかなぁ・・・。ハリウッドの地盤沈下が言われていますが、これじゃぁ、そう言われてもしょうがないですね。

タイトル ノウイング
原題 Knowing
日本公開年 2009年
製作年/製作国 2009年/アメリカ
監督・製作・脚本 アレックス・プロヤス
出演 ニコラス・ケイジ(ジョン・ケストラー)、チャンドラー・カンタベリー(ケイレブ・ケストラー)、ローズ・バーン(ダイアナ・ウェイランド)、ララ・ロビンソン(ルシンダ・エンブリー / アビー・ウェイランド)、ベン・メンデルソーン(フィル・ベックマン)、ナディア・タウンゼント(グレース・ケストラー)

[2009/07/11]鑑賞・投稿
コメント   トラックバック (44)