勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ / Hitler contro Picasso e gli altri

2019年04月21日 | 洋画(イタリア系)
第二次世界大戦の際に、ヒトラーに略奪された美術品と、それにかかわる人々を描いたドキュメンタリー。第二次世界大戦の際、ナチスが、美術品を奪いまくったのは周知の話。それの奪還がどの様に行われているかを描きます。

ナチスが、ユダヤ人から美術品を略奪しまくったのは知っていましたが、その数約50万。そして、元の所有者の元に戻ったのが約10万。その差分40万点が、戦後70年以上を経た今でも行方不明なんですね。

戻ってとしても、そこまでたどり着くまでは、中々大変なようです。この作品では、その所は単に「裁判」と言う言葉で表現していましたが、その「裁判」も大変みたいです。

驚いたのが、結構有名で、展覧会などで見た事があるような作品が、そのナチスの略奪を経験していたものが少なくないと言う事。美術館で目にした“あの”作品が、もしかしたらナチスの略奪を経た作品なのかもしれないんですね。

ただ、タイトルが、ちょっとアレでは?しかも、邦題ではなく、原題からして“アレ”なんですよね。確かにピカソも少し話には出てきますが、タイトルにするほどフィーチャーされているか?と言われると、違う気がします。

タイトル ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ / 原題 Hitler contro Picasso e gli altri

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/イタリア
監督 クラウディオ・ポリ
出演 トニ・セルビッロ
コメント

ハンターキラー 潜航せよ / Hunter Killer

2019年04月13日 | 洋画(アメリカ系)
ロシアで起きたクーデター。戦争を回避するため、ハンターキラーには、究極のミッションが命令される。

潜水艦モノは外れがないと言われますが、この作品もその例に漏れません。なんで、潜水艦モノが外れないかと考えてみたんですが、周囲の状況がわからないと言う究極のサスペンスなんですよね、潜水艦って。だからかなぁと言うのが、ひとまずの結論です。

物語のリズムが良いですね。次々と、話が進んでいって、中々気持ちが良いです。

物語の結末は、まぁ、若干都合がよすぎると思わないことも無いですが、あそこまで絶体絶命の状態に追い込まれたら、ああいう解決法しか無いのかな。

統合参謀本部議長が、やたらと好戦的なのは、どうなんでしょうね?実際には、もう少し、リアリスティックにクールに状況を判断して、軽々に戦闘に入るような事を選ばないような気もしますが?

タイトル ハンターキラー 潜航せよ / 原題 Hunter Killer

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/イギリス
監督 ドノバン・マーシュ
出演 ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス/ハンターキラー艦長)、ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン/統合参謀本部議長)、コモン(ジョン・フィスク/海軍少将)、リンダ・カーデリニ(ジェーン・ノーキスト/NSA係官)、トビー・スティーブンス(ビル・ビーマン/特殊部隊隊長)、ミカエル・ニクビスト(アンドロポフ/ロシア海軍潜水艦艦長)
コメント

バイス / Vice

2019年04月07日 | 洋画(アメリカ系)
アメリカ合衆国史上最強の副大統領とも言われた、ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領ディック・チェイニーを描いた作品。

描かれているのは事実らしいのですが、ディック・チェイニーがあまりにも秘密主義であるために、わからないこともあると言う様なクレジットが最初に流れます。

確かに、彼は“史上最強の副大統領”とも言われていますが、これを見ると、むしろ【影の大統領】と言った方が正しい様な気がしますね。まぁ、正大統領であったジョージ・W・ブッシュの方は、その現役当時から“大丈夫?”と思わざるを得ませんでしたが・・・。

ラムズフェルドとの師弟関係は、知りませんでした。ただ、最終的には、チェイニーが副大統領で、ラムズフェルドが一閣僚の国防長官だったので、上下関係は逆転してしまっていましたが。それが故に、ラムズフェルドに引導を渡したのも、チェイニーであったんですね。まぁ、ブッシュには無理な仕事か。

しかし、ブッシュの陰に隠れて、やりたい放題ですね。いまの不安定な世界情勢に陥ったのは、このブッシュ政権時代であったのは間違いないのですが、その中でも、このチェイニーの罪が重いですね。最悪です。

それと、ディック・チェイニーは、いわばパペット使いだったわけですが、そのパペット使いを操ったのが、妻であったリン・チェイニーだったんですね。と言う事は、リンが、一番悪い奴だったのかも?

タイトルは“Vice”なのですが、副大統領のViceと、悪徳のviceの両方の意味なんでしょうね。って言うか、殆ど悪徳の方の意味しかない気が・・・・

タイトル バイス / 原題 Vice

日本公開年 2019年
製作年/製作国 2018年/アメリカ
監督 アダム・マッケイ
出演 クリスチャン・ベール(ディック・チェイニー/第46代アメリカ合衆国副大統領)、エイミー・アダムス(リン・チェイニー/ディック・チェイニーの妻)、スティーブ・カレル(ドナルド・ラムズフェルド/国防長官)、サム・ロックウェル(ジョージ・W・ブッシュ/第43代アメリカ合衆国大統領)、タイラー・ペリー(コリン・パウエル/国務長官)、アリソン・ピル(メアリー・チェイニー/チェイニー家次女)、リリー・レーブ(リズ・チェイニー/チェイニー家長女)、リサ・ゲイ・ハミルトン(コンドリーザ・ライス/国家安全保障問題担当大統領補佐官)、ジェシー・プレモンス(カート)、ジャスティン・カーク(アーヴィン・ルイス・“スクーター”リビー/副大統領首席補佐官兼大統領補佐官)、エディ・マーサン(ポール・ウォルフォウィッツ/国防副長官)、ビル・キャンプ(ジェラルド・フォード/第38代アメリカ合衆国大統領)、ドン・マクマナス(デイビッド・アディントン/副大統領首席補佐官)
コメント