勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ヒトラーを欺いた黄色い星 / Die Unsichtbaren

2018年07月29日 | 洋画(ドイツ系)
台風一過!と言う程クリアには晴れていませんが、台風の後の日曜日に行って見ました。

事実に基づく作品。

1943年6月19日、ナチスドイツの宣伝相ゲッペルスは「ベルリンからユダヤ人を一掃した」と宣言したが、実は生き残っていた約7000人ものユダヤ人の生きるための戦いを、4人の視点で描いたドキュメント作品。

ナチスに積極的に抵抗したレジスタンスの姿を描いた作品は、数多ありますが、息をひそめて生き延びようとしたユダヤ人を描いた作品は、数少ないのではないでしょうか?“アンネの日記”くらいしか思いつきません。ただ、“アンネの日記”の場合は、結局、アンネは捕まってしまう訳ですが、この作品に出ていた4人は、最後まで生き延びています。全体で生き延びたのは1500人ほどと言われているので、元々残っていたと言われる7000人に対しての生存率は21%ほどだったようです。それが高いのか、低いのかはわかりません。

興味深かったのは、ユダヤ人を守ろうとしたドイツ人も少なからずいた事。ユダヤ人を守ったドイツ人と言う事では、『シンドラーのリスト』のオスカー・シンドラーが有名ですが、それ以外にの街中の人にも、そう言う人が居たんですね。また、そういう人物の中の一人に、ドイツ軍将校が居たのも興味深かったです。

ナチスへの蜂起があるとか、どういうドラマティックな事はありませんが、逆にそういう静かな潜伏が、生き延びた彼らのおかれていた緊迫した状況をよく伝えています。

タイトル ヒトラーを欺いた黄色い星 / 原題 Die Unsichtbaren

日本公開年 2018年
製作年/製作国 2017年/ドイツ
監督 クラウス・レーフレ
出演 マックス・マウフ(ツィオマ・シェーンハウス)、アリス・ドワイヤー(ハンニ・レヴィ)、ルビー・O・フィー(ルート・アルント)、アーロン・アルタラス(オイゲン・フリーデ)、ビクトリア・シュルツ(エレン・レヴィンスキー)、フロリアン・ルーカス(ヴェルナー・シャーフ)、アンドレアス・シュミット(ハンス・ヴィンカー)、ロベルト・フンガー=ビューラー(フランツ・カウフマン/会計検査院高官)、ルーカス・ライバー(ヨッヘン・アルント)、セルゲイ・モヤ(ルートヴィッヒ・リヒトヴィッツ)

コメント   この記事についてブログを書く
« ウインド・リバー / Wind River | トップ | ミッション:インポッシブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

洋画(ドイツ系)」カテゴリの最新記事